パスワードを忘れた? アカウント作成
257469 story
ゲーム

「日本は酷いゲームばかり作っている」カプコンの稲船氏、日本のゲーム業界を斬る 141

ストーリー by kazekiri
とにかく前進 部門より

あるAnonymous Coward 曰く、

カプコンの稲船敬二氏曰く「日本は酷いゲームばかり作っている」とのことだ(本家/.)。稲船氏はストリートファイターやロックマンを手掛けたゲームクリエイター。東京ゲームショー2010に合わせて受けたThe New York Timesのインタビュー(原文)にて、日本のゲーム業界に対し「古いコンソール向けに、皆同じようなオリジナリティのないゲームばかりを開発しており、日本は世界から5年遅れている」とバッサリ切った。
稲船氏曰く「ゲーム業界で日本は孤立している」とのことで、「何かが変わらないと将来はない」とまで言っている。また、「日本のゲーム業界は死んでいる。こういうことを言うと裏切り者呼ばわりされるが、自分は日本が大事で、救いたいと思っているんだ」とも述べた。

稲船氏は日本のゲーム業界における問題点を次のように指摘した。

多くのゲームデザイナーは、自分に合ったジャンルを見つけるとそこから離れることはなく、決まった型に沿ってゲームを作っている。それではもう駄目だ。グラフィックをいじったり、画像のクオリティを上げたりと、それだけで競うことはできない。また、ビジネスが投資に追いついていない。ゲームを作るのに40億円、プロモーションに20億円を投じる必要があるが、日本の企業はこれをできない。ここでもう欧米に投資面で負けている。投資なしにゲームを売ることはできず、ゲームが売れなければ、投資することもできないという悪循環、デフレスパイラルを生んでいる。

インタビューではまた、日本でブレイクしたモンハンが欧米では売れなかったり、その逆もあったりと「グローバルなゲーム開発」が一筋縄ではいかない難しさも語っている。

日本のゲーム業界はそれほどまでに「終わっている」だろうか?時代とともに日本でも欧米でも「大ヒット」というゲームはもはや無くなりつつあるのではないだろうか?それとも欧米のゲーム業界はまだまだ元気なのだろうか?

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2010年09月23日 13時09分 (#1829290)

    ※ただし任天堂は除く。
    原文にも(Note: Excluding Nintendo.)と書かれてますね。
    発売2日で255万本を売り上げたポケモンブラック/ホワイト、350万本以上売れているNewスーパーマリオWii、
    新機軸でWii Sports/Fit、海外向けにゼルダとメトロイドとまさに無双状態です。

    なぜ日本のゲーム開発者が任天堂の存在抜きで「日本のゲームはもう駄目だー」と行っているのか理解に苦しみます。
    あまりにも巨大すぎて存在を忘れ去られているのか、意図的に除外しているのかは定かではありませんが…

    何故任天堂のゲーム開発が上手くいっていることが多いのか、研究したことはないのでしょうか?

  • 「萌え」が全ての元凶 (スコア:3, おもしろおかしい)

    by duenmynoth (34577) on 2010年09月23日 12時49分 (#1829277) 日記
    萌えというジャンル自体を否定するわけではないですが、
    ときメモ以降のコナミ然り、ゲームのようでゲームではない物ばかり氾濫しすぎていると思います

    #とりあえず顔とか全部同じで、髪型や服装でしかキャラを判別できないとかね
  • by Anonymous Coward on 2010年09月23日 13時47分 (#1829309)

    原文を読んだけど、カプコンのゲームへの投資がないことの恨みつらみばかりで、義憤のように書かれてますが私憤にしか見えない。
    そんなに不満があるなら、まずカプコンをやめたらどうなんだろう、この人。

    • by Anonymous Coward on 2010年09月23日 19時17分 (#1829473)

      >多くのゲームデザイナーは、自分に合ったジャンルを見つけるとそこから離れることはなく、決まった型に沿ってゲームを作っている。それではもう駄目だ。
      ほうほう。
      >稲船氏はストリートファイターやロックマンを手掛けたゲームクリエイター。
      おいおい。

      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2010年09月23日 14時38分 (#1829330)

    PS(PS2の前のやつですね)の頃までは、技術的には日本が世界のトップを走っていました。
    PS2になって、マシンのスペックは上がったけど、なぜかハードを直に叩くようなスタイルに逆戻りしたことで、
    日本のメーカーは似たり寄ったりの自社製ゲームエンジンを作ることに夢中になってしまいました。
    その間、海外では、もともと映画のような派手なCGを好んでいたこと、
    (日本ではアレを除いてほぼ壊滅してしまった)PCゲーが生き残ってたこと、
    等の背景があって、技術力が逆転してしまいました。
    DirectXやいわゆる物理エンジンのようなミドルを使って車輪の再開発を避け、
    エンジニアは最新のCG表現を取り入れることに力を注ぎ、
    デザイナーは映画のような見せ方を研究したことで、迫力のある絵作りができるようになりました。
    別に映画のようなリアルなゲームが全てだとは思わないけど、PS3やXBOX360の多くのゲームは
    そういう路線にいっちゃってるんですよね。PS2から「上ってきた」日本勢とPCから「降りてきた」海外勢では
    スタートラインに開きがある。おまけに日本人が英語苦手なので向こうの文献もなかなか読まず差が縮まらない。

    じゃーアイデアで勝負すればいいのか、というとそれも今一パッとしない訳であります。
    ハイビジョン出力に商機を求めなかったWii、細かい作品がリリースしやすいPSPやDSにおいても、
    任天堂を除く国内メーカーは苦戦しています。
    これの原因については…色んな見方があると思うのであえてこれ以上掘り下げません。

    個人的には、ドット絵・ローポリで表現するようなコストのかからないゲームなら、
    いろいろ冒険できて昔のような意欲作が増やせるんじゃないかなー(ハズレも増えるが)、
    昔の活気が戻ってこないかなーと思ってるんですが、その辺の軽いゲームは
    すぐにモバイルとかソーシャルゲームになるんですよね…

    • by Anonymous Coward on 2010年09月23日 15時36分 (#1829373)
      20年ほど前から停滞してる気がする。10年ほど前に、携帯電話用ゲーム作成ベンチャー企業を興した方と話す機会があった。

      「いろいろ作ってるんですよ。例えばこれは映画とタイアップしたゲームなんだけど、
      『体力』と『気力』がここのメーターで、このアイテムを取ると体力、こっちは気力が回復して・・・」と、
      熱心に自社製品の一部を説明してもらい、すごいですね、と適当な相づちを打ったんだけど、内心では絶望した。

      え? もしかしてゲームってファミコン時代から全く進化してない?
      ハードウェアが進歩して出来ることが増えて絵が綺麗になっただけ?
      ハードウェアがファミコンレベルに戻ると、結局、当時の典型的なゲームを焼き直すことしか出来ないの?

      と。「このルールは新しい。当時のファミコンのゲームにこれを実装出来ていればバカ売れだったろうに」というような
      革新的なアイデアはこの10年全く出てこなかったのか、と。
      今、最先端のゲームのアイデアをぱくりまくっても良いから全力でファミコン向けにゲームを作ったとして、
      スーパーマリオよりおもしろいものが出来るんだろうか?

      そんな思いから、最近はアイデアが斬新なゲームばっかりに手を出してるけど、
      アイデアは斬新だ・・・だがおもしろくない、という作品にしか行き当たらず、ゲーム離れが進行中。
      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2010年09月23日 15時34分 (#1829368)

    >「日本は酷いゲームばかり作っている」カプコンの稲船氏、日本のゲーム業界を斬る
    それがどうした、愚痴ってる間に良い物作れ

    もうほんとそんだけの話でさ、ほかになんと言えと?
    環境くださいとか投資してくんないとか愚痴たれても会社飛び出す気もないんだよね?
    インタビュー後に投資家集めて飛び出したとかいうなら諸手を挙げて支援されるかもしれないけど、内側でガーガーがなったってみっともないからやめとけとしかいえない。

  • by Anonymous Coward on 2010年09月24日 6時24分 (#1829587)

    一般的なインタビューの中で稲船氏が自発的にそういう発言をしたというより、
    日本のゲーム業界の低迷について(喋りそうな人に)あれこれ喋らせることがそもそもテーマのインタビューなんだ。
    それは更にこのインタビュアーが書いた、日本のゲーム業界低迷についての記事 [nytimes.com]のフォローアップなのであって
    NYT側の結論は最初から出ているという印象。

  • 一般論 (スコア:2, おもしろおかしい)

    by the.ACount (31144) on 2010年09月24日 11時02分 (#1829649)

    「○○を斬る」に見るべき内容を見た記憶がない。

    --
    the.ACount
  • 海外? (スコア:1, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2010年09月23日 12時55分 (#1829281)

    海外では同じようなFPSばかり作っているイメージだけどな。

    • Re:海外? (スコア:5, 興味深い)

      by esuyan (7005) on 2010年09月23日 21時30分 (#1829511)

       中国のオタクの集う掲示板の紹介記事で、この稻船氏の発言を取り上げていたのですが、「日本のゲーム業界は終わった? 何言ってるんだ、中国のゲーム業界なんか始まってもいねえよorz」ってコメントに中国オタクがこぞって同意してるのを見て、リアルで(^^;な表情をしてしまったんですが。
       ただ、「はじまってもいない」という中国ユーザーから見れば贅沢な発言だろうな、と思ったんですが、そもそもよく考えると稻船氏の発言って開発費の高騰から世界市場を狙わないといけないって、制作会社側の事情があるだけで、「ゲームをする人」の方を全然見てないのですよね。日本のユーザーは海外ユーザー化すべきなのか、だとしたらそれは(国内向けと外界向けで同じものを作ればいいという作り手側の事情意外で)どんな理由があるのか。
       それともはたまた国内市場を見捨てて海外メーカーかしたいのか、さっぱり見えてこないのですよね。
       商売は勿論大事なんですが、結局の所「市場」を見てるだけで「ユーザー」を見てない発言じゃないかと思いました。

      親コメント
    • by satomi (9415) on 2010年09月24日 9時55分 (#1829620)
      そうですね。せいぜいOblivion、Mass Effect、FallOutみたいな
      FPS視点RPGぐらいでしょうか。

      単発で言えばCiv、WoWみたいにもあるっちゃあるんでしょうけど、
      少なくとも任天堂やセガが負けてるイメージは全く無いですね。
      親コメント
    • by w1allen (21025) on 2010年09月23日 14時05分 (#1829317)

      激しく同感。

      親コメント
    • by wosamu (4952) on 2010年09月23日 19時54分 (#1829483) 日記

      稲船氏が想定しているような世界基準のゲームってFPS/TPSだけのような気がします。

      nintendogsとかワールドワイドでバリバリ売りまくったけど、たぶん「酷いゲーム」ですよね。
      いや僕もオブリビオンみたいなの日本でも作らないかなあとは思うんですけど。

      親コメント
    • Re:海外? (スコア:1, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward on 2010年09月24日 1時08分 (#1829574)

      たしかに同じようなFPSは腐るほどあるが、そうじゃないものもたくさんある。
      たいていは見た目が日本人受けしないものだから日本人がやってない(だから知らない)だけ。
      単純にゲーム部分だけを見ると面白いものはたくさんあるし、技術的にも優れています。

      親コメント
      • Re:海外? (スコア:1, 興味深い)

        by Anonymous Coward on 2010年09月24日 2時29分 (#1829580)

        >そうじゃないものもたくさんある。
        知っていますよ。
        ミラーズエッジなんて良い例ですね。
        バカのように銃で撃ち合うFPSではなくFPSというシステムを利用してはいるが独創的な物ですね。
        ただしミラーズエッジに代表されるような独創的なのはあまりない現実。
        所詮は、銃で撃ち合うのを楽しむという根本は変わらないものばかり。

        日本においても独創的なゲームはありますよね。
        ただしそれの続編でマンネリ化している場合もあります。
        絶体絶命都市なんて良い例でしょう。
        1は地震、2は水害で良いとして3でまたまた地震に戻り先日発表された4でもまた地震?のようにマンネリ化してしまった作品もあります。
        他にも最初は新鮮でもマンネリ化に陥った作品としては「ぼくのなつやすみ」シリーズもそうですね。
        下手に続編を作らないとしてはICOとワンダと巨人でしょう。この作品ははっきりとはゲーム内で述べられていないけど共用の世界が舞台の様です。
        ただしゲームシステムは両作品には共通がなく新鮮な感じでゲームができることと乱発してゲームの続編を作らないことですね。

        親コメント
  • by Anonymous Coward on 2010年09月23日 13時09分 (#1829289)
    日米どちらがというわけでもなく言わせてもらえば、
    ここ近年のゲームはゲーム本来のゲーム性等はなく、単なるアミューズメントアプリケーションじゃないですかね?
    娯楽大作という視点で見ればそれなりの規模だし、収益もあるんでしょうけれど。
    ネット対戦系のものはソーシャルネットワークと結びついたというだけであって、他人と遊べる楽しさはあっても
    ゲームのゲーム性を拡張するものではないですし。
  • 需要が違う (スコア:1, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2010年09月23日 13時31分 (#1829301)

    日本人に合った需要ならそれでいいんじゃないの?
    なんでもかんでも3Dにしてムキムキマッチョが銃持てばいいわけじゃないし。

    日本と海外じゃ需要が全然違うんだから同じものが同じだけ売れるわけがない。
    海外に売りたいんならゲーム作るんじゃなくて、日本人のセンスを海外と同じにするために
    日本文化を全部捨てさせるような政治したらいいよ。

    でもまあ現状だと技術が進化するわけはないけどね。
    売れないゲームを作って技術を進化させるか
    売れるゲームを作って現状維持を続けるか
    企業ならどっちを選ぶかってことでしょ。

    • by Anonymous Coward on 2010年09月23日 13時51分 (#1829311)

      それだと、儲けが出ないから、海外市場と日本市場をどっち取るといったら、海外市場なんでしょう。
      任天堂になると8割が海外からの売り上げ。任天堂は良く日本を見捨てないなと感心します。岩田は、「日本で起きた事が数年後海外でも起きる」と言っているので、実験市場の扱いなんでしょうけど。
      一方でゼルダなんか、海外の方が売れ(評価含む)がいいみたいですけどね。

      今のゲーム市場で「日本に専念しろ」なんて、大きな会社ほど言えなくなる。
      日本のゲーム好きに取っては辛い事だろうけど。

      親コメント
      • Re:需要が違う (スコア:1, すばらしい洞察)

        by Anonymous Coward on 2010年09月23日 17時42分 (#1829447)

        > 任天堂になると8割が海外からの売り上げ。任天堂は良く日本を見捨てないなと感心します。

        売り上げの二割をわざわざ捨てる経営者なんているの?

        親コメント
      • by greentea (17971) on 2010年09月24日 9時50分 (#1829617) 日記

        その海外で売れているゲームも、初めから海外向けに開発しててそれができたかというと疑問ですね。
        あるいは、海外ではこんなピカチュウ [rocketnews24.com]にしてた方が売上がよかったのでしょうか。

        --
        1を聞いて0を知れ!
        親コメント
    • by s02222 (20350) on 2010年09月23日 13時56分 (#1829314)
      欧米のゲームメーカーのような、いわゆるハリウッド型の大型開発は今の日本のメーカーでは出来ない。あっちの開発方法の方が楽しそうなので(より儲かる可能性があるので?)悔しい。という悩みを、業界全体の問題にすり替えようとしてるように読めた。
      親コメント
      • by USH (8040) on 2010年09月23日 15時13分 (#1829357) 日記

        しかし、映画業界と同じで、結局ハリウッド型は、Part-2 やリメイクスパイラルに陥って
        じり貧という気がするぞ。

        最近、ハリウッド映画を見たいという気がほとんど起きない。
        日本映画の方がよっぽどバリエーションも魅力もある。

        もちろん、日本映画が世界で売れるかというと難しいとは思うが、
        先のないハリウッド型目指してもしかたがない。
        もし世界へ売って出るなら、欧米よりも中国や東南アジア、インドで売ることを
        考えた方がおもしろいと思う。映画もゲームも。

        親コメント
        • by slashushushu (40742) on 2010年09月23日 17時24分 (#1829440)

          >最近、ハリウッド映画を見たいという気がほとんど起きない。

          え?最近?
          オレは昔っから毛唐の金ばっか使って薄っぺらい映画がキライだな。
          #全米が震撼した。でもオレにはピンと来ない。
          #全米が泣いた。でもオレは泣かない。
          ハリウッド至上主義も、ディ○ズニーの醜悪なアニメも、ちっともいいと思わない。
          日本のアニメの方が、ずっとジャンルのバリエーションやストーリーの多様性があって面白いじゃん。

          ハリウッドなんて、既にネタ切れで何かと言うと日本の作品をネタに映画を作ろうとしてるし、それで失敗ばっかしてる。
          そういう意味で、
          >先のないハリウッド型目指してもしかたがない。
          ってのには同意する。

          でも、
          >もし世界へ売って出るなら、欧米よりも中国や東南アジア、インドで
          この辺、特に中国は著作権侵害がゴニョゴニョで、あんまり利益が期待できないと思うんだよね。

          結局のところ、やっぱり金持ちに沢山売ってガッポリ儲けたいんだよ。
          ってことを考えると、このおっさんが願望を垂れ流した、と見るのが妥当じゃないかな。

          親コメント
          • オレは昔っから毛唐の金ばっか使って薄っぺらい映画がキライだな。

            ハリウッドなんて、既にネタ切れで何かと言うと日本の作品をネタに映画を作ろうとしてるし、それで失敗ばっかしてる。

            そうですよねぇ、金ばかりかけて、薄ぺらい感動を押し売りして、しかも日本のアニメやマンガを実写化したり、日本の昔の映画のリメイクとかばっかりですよねぇ。
            これ [wikipedia.org]とか、これ [wikipedia.org]とか、これ [wikipedia.org]とか、これ [wikipedia.org]とか、これ [wikipedia.org]とか、これ [wikipedia.org]とか……ってアレ?

            親コメント
  • by Anonymous Coward on 2010年09月23日 13時38分 (#1829303)
    「皆同じようなオリジナリティのないゲームばかりを開発してる」という印象はあるけど
    5年先に進んでるというか、今の時代のゲームを作ってる国ってどこだろう?とも思う。
    • ゲーム業界は知りませんが、OSの世界では先進的と評された NEXTSTEP や OS/2 が商業的に失敗しているところを
      みると、あまりに先を進みすぎているモノというのは一般の認知度が低いというか単に目立たないだけなのかも。

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2010年09月23日 16時23分 (#1829406)
        >あまりに先を進みすぎているモノ

        セガのことかーーー!?

        #メガドラで通信ゲームやったり、DCにモデム標準で付けたり,今思うと
        #割と未来に生きていたような気がする
        親コメント
        • by Anonymous Coward on 2010年09月23日 20時57分 (#1829502)

          セガ : 未来を見る力があるけど、現実で戦う力が無い
          ソニー: 未来を見る力は弱いけど、現実で戦える
          任天堂: 未来を自分で作る力がある

          メガドラ~SS,DC時代だとこんなイメージ

          親コメント
  • by Anonymous Coward on 2010年09月23日 14時51分 (#1829345)
    一年前は日本・欧米製ゲームの出来の差に圧倒されていたけれども、
    最近はそんなに悲観することはないんじゃないかと思えてきた。

    http://game.watch.impress.co.jp/docs/series/3dcg/20100922_395310.html

    言われているほど負けてるとは思えないんだけどなぁ。
    • by uhyorin (10375) on 2010年09月23日 15時33分 (#1829366) ホームページ 日記

      上記コラムより引用。まとめより、

      「重鉄騎」、「Project Dark」、「龍が如くOF THE END」、「Child of Eden」、「人喰いの大鷲トリコ」などなど、本稿では全てを紹介して切れないほど、この先もラインナップが充実している。日本のゲームスタジオはやはり、成熟期に達してからが強い。

      ってことで、据え置き機ゲーマー向けタイトルはこれからなんですよ。
      買ってくれる人がどれだけいるかによるのでしょうけど…。

      親コメント
  • 【CEDEC 2010】遠藤雅伸氏がライトゲームの現状を語る [famitsu.com]

    開催2日目に行われたセッションのひとつとして行われた、モバイル&ゲームスタジオの遠藤雅伸氏による“ライトゲームなう”。日本のゲームプレイヤー人口分布は、ライトゲームに偏っているとして、ライトユーザーにとってのゲーム性といまのゲームデザイン手法のキーワードが紹介された。

     まず、遠藤氏は最近の家庭用ゲームソフトの売り上げが減少している原因は、ゲーム人口の減少だと考えられるが、むしろプラットフォームの多様化によってゲーム人口は増加。その増加したゲーム人口がライトユーザーであると提言し、ライトゲーマーと対極の存在であるゲームエリート(コアゲーマー)と対比しながら説明を行った。

    (中略)

     では、ライトゲームとはいったいどういうものなのか? ということで、実際のプレイ映像を交えながらケータイアプリの『チャリ走』と『糸通し』、PC向けFlashゲームの『GROW』に加え、ゲーム性はないがライトゲームに含まれるとして『脳内メーカー』や『Google Earth』なども紹介された。そして、これらに共通するライトゲーム指向ゲームデザインのキーワードとして以下の6つが挙げられた。

    ・ライトゲームには女性が多い
    ・ライトゲーマーには若年層が多い
    ・ライトゲーマーにゲームのための時間はない
    ・ライトゲーマーはゲームよりメールが大切
    ・ライトゲーマーのケータイはパケ放題
    ・ライトゲーマーはインストールしない
     これらを踏まえて、ライトゲーマーが好むライトゲームは..(以下略)

    昔、2ちゃんに降臨したときに話していた内容とだいたい一緒ですが、
    最近も活動されていて、懐かしいー&がんばってんなーって感じ。

    全てのゲームがこっち向いちゃうのも寂しいですが、
    そういう見方もあるってことで

  • by Seth (1176) on 2010年09月24日 19時12分 (#1829895) 日記

     とかでも散々カキコされるし、前世紀のファミコン初っ端から、
    当時の運を天に任せた堂の会社の社長さんとかが、
    「ガキどもの小遣い巻上げて、
     えばっちゃイカん」
    と某似非国営系テレビ放送で叫んでいたような系のトップの人たち
    が自らの自戒を込めて発言している言葉のひとつってコトですなぁ(メディア違い)

     今、テレビとかの所謂マスゴミのまじめな?経済番組で、そんなコトを
    叫んでいるトップの人とかいないからね(走召糸色木亥火暴)

    --
    ------------------------------ "castigat ridendo mores"
typodupeerror

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

読み込み中...