パスワードを忘れた? アカウント作成
274392 story
アメリカ合衆国

日本郵政、全ての 453g 以上の米国向け航空小包禁止 47

ストーリー by reo
他業者は航空便じゃないとか ? 部門より

kickno 曰く、

郵便事業株式会社は 12 日、日本から米国に向けた 16 オンス (453 g) 以上の全ての航空郵便物の輸送を見合わせる模様 (日本郵政のプレスリリース (PDF)) 。

米国への航空輸送で 453 g 以上の荷物が禁止されたのは、プリンターのカートリッジだと聞いてますが、なぜ全ての品物が対象になったかが不明です。他企業のクロネコや日通からは、現在時点では 453 g 以上の全ての品物国際空輸制限についてのプレスリリースは確認できません。

船便はまだ出荷可能ですが、和服など絹製品には水濡れが心配なので極力船便は使いたくないです。やはり他企業にお願いするか、若しくは落ち着くまで待った方が良いのでしょうか ?

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Canadian (31348) on 2010年11月17日 12時08分 (#1860200)
    郵便事業(株)のプレスリリースを読む限り,料金後納または料金計器別納の郵便物なら差し出せるみたいですね。
    • by Anonymous Coward
      とっても焦りましたが、
      先ほど料金後納で、
      米国宛1KgオーバーEMSを
      無事集荷してもらえました。
      ふ~ヒヤヒヤさせるぜ。
  • by deleted user (3598) on 2010年11月17日 17時35分 (#1860399)

    アメリカ大陸向け国際宅急便についてのお知らせ
    http://www.kuronekoyamato.co.jp/info/info_101116.html [kuronekoyamato.co.jp]
    (1)特定地域向け(北米、中米、南米)のトナー・インクカートリッジが入っている貨物は受付することができません。
    (2)すべての荷物に対し、X線検査を実施するため、上記特定地域では通常よりお届けに日数をいただく場合があります。
    (3)上記の中でも米国向けについては、以下の情報をインボイスに記載する必要があります。
         インボイスの合計欄の下部(送り状サンプル参照)へ以下の番号を記入して下さい。

    --
    =^..^=
    Enjoy Computing, Skiing, as much as Horse Racing.
  • 全てではない (スコア:1, 参考になる)

    by Anonymous Coward on 2010年11月17日 12時07分 (#1860199)
    料金納付方法が「原則、料金後納又は料金計器別納でないもの(切手貼付等)」に該当するものだけです。
    • by Anonymous Coward

      これを解釈すると、差出人が確認できるものはOKとも読めますね。
      誰が出したかもわからず、ポストに放り込まれたものはダメですよと。

      「郵便ポスト終了のお知らせ」って言いきれるほどではないですけど、国際郵便に関しては限りなくそうなのかも。

  • ぎりぎりセーフ (スコア:1, 参考になる)

    by Anonymous Coward on 2010年11月17日 12時14分 (#1860204)

    eBayで売ってるんだけど、バイヤーの半分以上がアメリカ。eBayからのお知らせがきたときにはびっくりしたけど、よく読むと重さが軽ければ大丈夫だった。自分の出品物は最大でも200gなので、2つまで同封できる。でも、郵便局の話では、航空便はかなり遅れることになるという。

    中国向けもEMSのトラブルが多いという話を聞いた。中国の工場からはUPSかDHLにしてくれとメールが来た。

  • by Anonymous Coward on 2010年11月17日 12時20分 (#1860206)

    「和服など絹製品には水濡れが心配なので極力船便は使いたくないです」
    大航海時代じゃあるまいし、いまどき積荷が水濡れなんてないっての。
    そんなに心配なら自分で防水の包装をしておけばいいだろう。

    問題なのは配達期間だろう。
    いままで数日で届いていたものがいきなり数週間かかるようになると、
    いろいろ業務に支障を来たす所がでてくるだろう。

    他の輸送業者もそのうち同じ処置を始めるんだろうか。
    個人だと、amazonなどで日本から書籍を購入する場合など
    引っかかりそうだ。

    ところで16オンスってどこから出てきてるの?
    16オンス未満の重さで破壊力のある爆発物を作るのは不可能
    という研究結果でもあるのだろうか?

    • by jerry_fish (32739) on 2010年11月17日 12時39分 (#1860222) 日記

      >大航海時代じゃあるまいし、いまどき積荷が水濡れなんてないっての。
      >そんなに心配なら自分で防水の包装をしておけばいいだろう。

      水濡れだけが問題じゃないのですよ。
      着物は月に1度は箪笥に風を通しなさいと言われていますが、
      雨の日、湿度の高い日は逆効果です。
      梅雨時などは袷(裏地付きの着物、帯)を収納している引き出しは
      必要が無い限り開けません。

      タレコミ主としても防湿対策は行うでしょうが、
      気分的に船便は避けたいのでは?

      #着物にダメージあっても悉皆屋に持ち込めば大抵はなんとかなりますが、
      ##海外で悉皆屋なんてありませんから

      --
      ☆大きい羊は美しい☆
      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2010年11月17日 12時59分 (#1860239)

        水濡れだけが問題じゃないのですよ

        水濡れすることは否定しないんですね……(笑
        # 今西暦何年だったっけ…

        親コメント
        • 千石船に小包をバラ積みして航行してるんでしょうかねぇ。。(千石船は外洋航海は出来ませんって)。

          コンテナ船で雨ざらしのコンテナを積んで航行している写真なんかをよく見ますが、国際小包もあんな感じの雨ざらしのコンテナに入って運ばれるんでしょうか?

          親コメント
          • by Anonymous Coward on 2010年11月17日 14時35分 (#1860298)
            > 国際小包もあんな感じの雨ざらしのコンテナに入って運ばれるんでしょうか?
            船便を使う国際小包は、いまはほぼ全量がコンテナ輸送です。ご想像通り、コンテナ自体は雨ざらしです。
            もちろんコンテナの扉部分はゴム製のパッキンなどで防水処理が行われていますが、密封構造ではありませんし、貨物自身から発生する水分もありますから、コンテナ内部はかなりの高温多湿になります(受動ベンチレータはありますから最低限の換気は行われますが)、外気との温度差によってコンテナ内側にはかなりの結露も発生します。
            不幸にしてコンテナの壁際だったりすると、水濡れのような被害を受けることもあるかもしれませんね。
            親コメント
        • by Anonymous Coward
          船便のコンテナが密封されてエアコン完備だとでもおもっているのか?
          • むしろコンテナ一杯の和服を輸送するのか?

            #たぶん混載便
            親コメント
            • by Anonymous Coward

              某どじっ子巫女PGがついうっかり大量の巫女服を発送するかもしれません。

          • by Anonymous Coward
            航空便だって同じですよ。
            旅客機の貨物室だって上空ではかなり減圧しちゃうし温度の昇降も激しいですよ。
            いはんや貨物機をや、です。

            和服のように湿気を嫌う品なら、航空便でだって自前でしっかりパッケージングしなきゃダメです。
          • by Anonymous Coward
            そこは
            「きさまー今まで何個の積み荷をダメにしてきた?」
            と前フリを付けてほしかった
    • by Anonymous Coward on 2010年11月17日 14時18分 (#1860288)

      > 大航海時代じゃあるまいし、いまどき積荷が水濡れなんてないっての。
      > そんなに心配なら自分で防水の包装をしておけばいいだろう。

      いやいや結構ひどいですよ.
      ビニールで防水包装して木箱に入れてコンテナ積載するわけですが,
      特に赤道を通るようなルートだと高温多湿の状況が続くので,結露で水濡れ状態になり,木箱はカビだらけ.
      防水包装しているので中身は一応大丈夫ですが,かなり不安な気分にはなります.

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2010年11月17日 16時58分 (#1860382)
        日本-欧州間だと、微妙に赤道は横切りませんが、木箱がカビだらけなんて、見たことないですよ。カートンの梱包のものもありますが、カビていたことはないですね。 結露はしますが、結露するのはコンテナの壁の方で、そこから水滴が落ちることがあるものの、普通にビニル袋に入れた後、梱包すれば、濡れる心配はありません。

        むしろ、陸路での扱いのほうがひどく、雨でも屋外で作業する人たちがいるので、陸路の方を心配した方がいいでしょう。コンテナを開けたときに、かびていたとしたら、それは積む前に濡れていたと言うことでしょう。欧州で、トラックを開けたら、積荷に雪が積もっているというのは、たまにあるし、雨の日に配達された郵便が濡れているのは普通のこと。
        親コメント
        • by Anonymous Coward on 2010年11月18日 0時00分 (#1860563)

          日本-欧州間だと、微妙に赤道は横切りませんが、木箱がカビだらけなんて、見たことないですよ。

          カビを持ち込むと防疫でとんでもない事になるので、木材は全て防カビ処理されています。

          # どの国でも草木類についてはやかましい事はご存知かと思います
          # コンテナの中からカビが見つかったら、コンテナごと即送り返されるでしょうね

          親コメント
    • by Anonymous Coward on 2010年11月17日 13時26分 (#1860261)

      大航海時代じゃあるまいし、いまどき積荷が水濡れなんてないっての。
      そんなに心配なら自分で防水の包装をしておけばいいだろう。

      海上コンテナ自体は密封されていませんから、水が入る可能性は皆無じゃありません。
      # そうじゃないと、中に人が入って来るなんてできません(笑)

      直接水に触れるかの問題の他に、温度・湿度の問題もあると思いますよ。
      コンテナ船を見れば解るとおり、コンテナの大半は船倉外に積まれています。
      ルートによっては高温多湿や氷海の海域を通りますから、温度変化による結露も要注意です。

      精密機器とかは定温コンテナとかを使いますが、特殊コンテナはそれなりの対価がかかります。
      重量物ならともかく、衣類程度ならリスクを考えると航空便の選択は十分アリだとおもいます。

      # 国際物流の仕事している知人から聞いた話です

      親コメント
      • by jerry_fish (32739) on 2010年11月18日 12時45分 (#1860790) 日記

        物流関係の友人の体験談を

        温度管理していないコンテナで玉ねぎが到着したのだが、
        赤道を越えたせいで素晴らしい悪臭がorz

        大陸からの密入国者を発見。
        コンテナの中で死人が出たんだか、死にかけた人がいたのだかで周囲は騒然。

        不審な白い粉を発見。
        調査の為に到着した麻薬探知犬が可愛かった。

        ……快適とは言い難い環境のようです。

        --
        ☆大きい羊は美しい☆
        親コメント
      • by Anonymous Coward on 2010年11月17日 13時52分 (#1860279)
        工場の生産設備の一部として、大きな機械類と一緒に情報機器の入った制御盤を
        船便で送るときは、大量の乾燥剤と一緒にビニルシートで梱包していますね。
        行く先がヨーロッパでもアメリカでも、途中、熱帯海域を通過する場合は、特に
        厳重な梱包になります。
        親コメント
      • それで海外生産のHDDには防湿剤?見たいなのが入っているのか?

        #違うような気もするが・・・

        --
        人事を半分尽くして天命を待つ
        親コメント
    • by Anonymous Coward

      16オンス=1ポンド

      きりがいいからじゃないのかな。

      • by Anonymous Coward
        あっちはどうしてこんなに基数がちぐはぐなんだろう。 正確に10等分するより 1/2、1/4、1/8 してく方が簡単だったから?
        • by Anonymous Coward

          12インチ=1フィート、3フィート=1ヤードとか、もうね。
          てめえらの指の数は何本だ!!とか。

          • 12インチ=1フィート、3フィート=1ヤードとか、もうね。

            さて、1マイルは何インチ?

            親コメント
          • by Anonymous Coward
            知ってるアメリカ人の数字の数え方を見てると薬指と小指が使いにくそうなので3本で意外に合ってるかもw
            1=親指
            2=親指と人差し指
            3=親指と人差し指、中指
            とやると自然に薬指が上がってきてしまうのでw
          • by Anonymous Coward
            日本でも業界によっては尺貫法が残っているように、業界内の適した纏め方から単位が確立していった、とか民族・文化の栄華盛衰に伴い混じっていった、とか想像すると面白そうな話題ですよね。

            フィートも尺も「足」が元になっているのも面白い。
    • by Anonymous Coward
      >ところで16オンスってどこから出てきてるの?

      航空輸送が主要な流通経路の製品があり、A社製が15オンス、B社製が17オンスで、A社がロビー活動で勝利を収めた、みたいな陰謀論は無しかな。

      なんかこういう新規規制を見ると、なんかの非関税障壁? とか疑ってしまう。
      • by Anonymous Coward

        普通に非関税障壁でしょうね
        ほぼ一方的にアジア、特に日本が損する構図ですよ、これ

    • by Anonymous Coward

      >大航海時代じゃあるまいし、いまどき積荷が水濡れなんてないっての。
      ルフィが溺れるジャマイカ

  • by Anonymous Coward on 2010年11月17日 13時56分 (#1860282)

    液体や電池なども規制されてたりしますが、危険物輸送の免許を持っている
    民間宅配業者に頼めば問題ないです。もちろん航空便など複数の手段から選べて、
    最短3日とかで届くのは郵便のEMSなどと変わりません。

    ただ、送料高いけどね。
    あと荷物の扱い荒いから、相当しっかり梱包(数メートルなげても壊れない梱包)するか
    保険かけた方がいいかも。

    #日本国内は問題ないけど、そこから先、そこまで、が問題。
    #アマゾン先生の海外通販(日本→海外)でDHLを使ったら箱がぺしゃんこで本がはみ出てホコリ塗れで届いた。
    #EMSですら、ネスカフェのあの瓶が粉々で届いた。ハンマーで徹底的に叩いてから詰め直しただろ?って聞きたくなるくらいに。

    • by Anonymous Coward on 2010年11月17日 16時40分 (#1860371)
      ウチの商品、約800g梱包の重さ込みで
      アメリカ西海岸までEMSで2.040円
      UPSを保険掛けて使うと19.000円
      常識的に負担してもらえる金額じゃ無いですわ

      円高&規制で本気でヤバイ
      親コメント
    • by Anonymous Coward

      > #アマゾン先生の海外通販(日本→海外)でDHLを使ったら

      海外→日本じゃなくて日本→海外?
      いつからco.jpは海外配送対応になったんだろう...

      あと、amazon.comで空輸を選んだ時にDHLになるかUPSになるかは指定できないと思ったのですが
      どこかで指定できるんでしょうか?

      amazon.comは年に何回かつかってますが(UPS or DHL)破損とかのトラブルは見たことないですね。

    • by Anonymous Coward

      私の場合は海外向け通販なので、高すぎて使えません。
      だいたい今回規制された航空郵便は、小型包装物あつかいがほとんどだと思う。
      小型包装物は、最低150円から送れるサービスなので、UPSなどの国際宅急便に変更するのはコスト的に無理。
      たとえば500gを小型包装物でアメリカに送ると960円。DHLだと1万円以上かかってしまう。
      送料に1万円以上かかると誰も買おうとしないよ。

  • 逆パターン (スコア:1, 参考になる)

    by Anonymous Coward on 2010年11月17日 19時11分 (#1860455)

    逆にアメリカから日本への郵便は数年前から航空便だけになってて船便が廃止。
    このせいである程度以上の荷物(バイヤーの人たちが仕入れた荷物や、自転車などの大型物品)を日本へ送るのがめんどくなってた。

    • 船便で衣類を送ってもらった事があります。(カリフォルニアとハワイ) 3ヶ月位かかったけど問題なし。 いつもSAL便でワカメやジャコを送ってもらってたけど 5日もあれば届いて便利だった。
  • by Anonymous Coward on 2010年11月17日 12時10分 (#1860203)
    つか、郵便だけじゃなくて、日通かくろねこでも通らないとこあるよ。米税関の問題だとか聞いた。

    ネットのプレスリリースが全てじゃないんだから、勝手に断定するのはよくない。

    • by Anonymous Coward

      そこは「米税関の問題だとか聞きました」と言っときゃ済む話。
      タレコミに完璧を求め過ぎると、慎重な人ほど敬遠してかえって質が下がることになるやもしれん。

typodupeerror

ソースを見ろ -- ある4桁UID

読み込み中...