パスワードを忘れた? アカウント作成
279814 story
ロボット

いちご収穫ロボット、世界の農業を変える? 88

ストーリー by hylom
農業も自動化が進む 部門より

danceman 曰く、

本家/.で、苺の熟し具合を色で見極めて収穫を行う、日本のいちご収穫ロボットが取り上げられている(本家/.SingularityHub記事)。

農業機械化研究所が開発した同ロボットは、カメラで熟した苺を見つけ、収穫を行う。苺一粒の収穫に要する時間は9秒程。開発者は、苺収穫の所要時間を4割程度短縮できると話しているそうだ。例えば、一キロ平方メートルの苺畑で収穫を行うと、通常500時間程かかるが、苺収穫ロボットだと約300時間で済む。また時間の短縮のみならず、収穫される苺の熟れ具合やサイズが揃うこと及び傷つきにくいことも、同ロボットが高く評価される理由だそうだ。

「第4回ロボット大賞」を受賞しているところを見ても、効率化を目指す日本の農業にはもってこいのロボットなのだろう。だが、本家/.では、「人の仕事を奪う」ロボットになりかねないといったコメントもあり、手放しに「素晴らしい」とは言っていない。「凄いロボット」であることには違いないのだろうが、どこの国でも売れるとは限らないようだ。

第4回 ロボット大賞はこの経済産業省らが主催するコンテストだそうだ。そのほかの受賞ロボットも興味深い。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2010年12月07日 12時48分 (#1869892)
    アグリビジネス創出フェア 2010 で展示しており、デモをみました。
    • カメラは2台あって、それによって奥行きも画像判定しているとのこと。
    • サイズ・色合いで、収穫するイチゴを選定しているとのこと
    • 地面に植えているイチゴではなく、1m程度の高さで工場のように並べて育てているイチゴが対象でした
    • デモはその植えている台の上のイチゴではなく、台から外れて中に吊されているイチゴを収穫しました
      (状況説明しにくい)
    • 実から数センチ程度上の茎の部分を切って収穫しているように見えました。きれいに実だけをとることはできない?

    余談ですが、宮崎駅のそばの科学館にも、宮崎大学作成のイチゴ収穫ロボットありました。
    ロボット開発スタート時のイチゴ単価が高かったのでしょうか?

  • カメラで認識しやすいんだろうな。
    トマトとかにも応用が利きそうだね。茄子もアリかな。

    しかし胡瓜にはどうだろうか。
  • 来るぞ来るぞ! (スコア:1, 参考になる)

    by Anonymous Coward on 2010年12月06日 22時15分 (#1869558)
    イチゴの苗を盗んだ次はロボット盗むぞ…
  • 「機械が作ったトマトを食べますか?」というCMが劇中に出てましたね。

    現実的にLEDと水耕栽培で、いちごを工業的に生産できるようになるのも、あと少しなんでしょうかね。

    --
    #壮大なストーリ。空転するアイディア。
    • by Anonymous Coward on 2010年12月06日 23時54分 (#1869616)

      LEDと水耕栽培

      LEDではなく蛍光灯ですが(現時点では蛍光灯の方が効率がいい)すでにイチゴなどの高付加価値の分野では普通に行われてますよ。これによって収穫時期を調整しています。
      蛍光灯までいかないにしても、水耕栽培はすでに当たり前の技術です。というか品種によっては水耕栽培じゃないと育ちません。地域によっては水耕栽培でないイチゴの栽培ハウスを探す方が難しいくらい。

      ただ工業的かどうかと言うとそんなことは全然ありません。何故かというと農業は規模を上げて工業的に人を雇うようになると(=超低賃金の家族労働力以外を使うようになると)一気に採算が悪化するからという性質が絡んでいるのと、やはり植物自然相手なので人のノウハウに依存するところが大きいからですね。(完全管理できる半導体工場のような建物を建てれば別かも知れませんが当然採算は合わない)

      ちなみに、よく工業的にやればだとか、規模を大きくすれば採算が合うようになるとか言う論者がいますが、彼らはこういう「超低賃金の家族労働力によって採算ラインが下がってようやく成立している」という性質を無視してます。家族経営から一気に採算がとれるレベルにまで大規模化できればいいですが、多くの場合人を雇うようになってできる不採算の時代を突破できませんし、そもそも分野によっては日本の土地ではそこまで高効率や大規模化が望めない作物もあります。(米、麦のような炭水化物・主食で食べられる重要な食物のほうがよりそういう傾向が高い)

      そういう意味では、こういった省力化機器が普及するのが日本の農業で現実的に採算性を上げていく事で重要だと思いすばらしいことだと思うのですが、しかしこれも結局家族労働力に勝てる所まで値段が下がらないと、普及しないでしょう。いくらすばらしくてもコストが命です。

      ちなみに似たような話で「兼業農家が存在しているおかげで、採算割れするような安い作物を作らせる補助金が少なく済んでいる」と言うのもあります。これも多くの大規模推進論者は無視していますが…。
      今怖いのは土地を受け継ぐという思想を持っていて、サラリーマン収入などで農業の赤字を補填しながらやっている年齢層が高齢化してきて、一気に離農が進むこと。
      これにより急速に農業の環境が悪化すると言う可能性もあります。
      これも、このようなロボットが安価に普及し、兼業農家が多少赤字でも副業をやれる余裕を生み出せるような環境ができれば良いことだと思います。

      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2010年12月07日 10時29分 (#1869764)
    確かに、装置の性能や使い勝手など、結構出来たロボットのようですが、問題は採算性ですよね。
    問題点1:イチゴ農家にこれだけの設備をする体力があるかと、コストパフォーマンスの問題。前に聞いた装置価格を考えると、現時点では絶対ペイしない。
    問題点2:この開発が実は平行して複数同時進行している事実。性能向上には複数コンペで開発進めるのも一つの手だが、この様なニッチ製品の開発にはどうかな?事業仕分け逃れとしか思えないのだが。。。 足をちょっぴり入れているのでAC
    • まだ、研究、試作機の段階だから、販売時の価格をどうこう評価するのは酷じゃないかな。ただ、量産というほどの台数は出荷できないだろうから、量産効果は期待できないけど。

      それと、他の農業と同じでいちご農家も法人化は避けられないでしょう。農産物も長期的には市場開放が避けられないでしょうから、経営を効率化しないと。そう考えると、1,000万、2,000万程度の価格なら導入できるんじゃないかな。稲作農家でもその程度の機材は(返済に苦しみながらも)購入しているし。

      親コメント
  • 自動生成 (スコア:1, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2010年12月07日 10時31分 (#1869768)

    これがイチゴを摘むロボットじゃなくて、自動で設計書やコードを生成してくれるロボットだったら、ここで危機感を覚える人も多いんじゃなイカ?

    • by nmaeda (5111) on 2010年12月07日 12時09分 (#1869847)

      そうでもない。現状でもみんなが使っているコンパイラは要するにコードの自動生成だから。コンパイラにできない部分を人がソースコードとして書いている。要するに、今のところは社会の要求の方が先に高度化しているので、プログラマの仕事は増えている。コンパイラ・コンパイラのようなコード生成の技術が大幅に進化しない限り、この状況は変化しないと思う。

      親コメント
      • 職を機械に奪われる事の恐怖をここに居る人に多い職に当てはめてみろ、というだけでは?

        自分達は機械にできないような複雑労働だから知ったこっちゃないね、ってのはよく考えた上での1つの考えとしてはアリかもしれんが、
        そこまで考えてる訳じゃなければ、あんまりにもひでえや。

        親コメント
  • >本家/.では、「人の仕事を奪う」ロボットになりかねないといったコメントもあり、手放しに「素晴らしい」とは言っていない。
    「フェアトレード」を無視してる国の人に・・・

  • by Anonymous Coward on 2010年12月06日 20時29分 (#1869494)
    該当のページはありません
    • by Anonymous Coward
      http://brain.naro.affrc.go.jp/iam/Team/iam_team_robo00.html
      http://hardware.slashdot.org/story/10/12/05/1859239/Japanese-Robot-Picks-Only-the-Ripest-Strawberries
      http://singularityhub.com/2010/12/04/japans-robot-picks-only-the-ripest-strawberries-video/
      • by njt (4968) on 2010年12月10日 11時28分 (#1871781) 日記

        ストーリーの最初のリンクがおかしくなっているのは、ダブルクォートが全角になっているからのようですね。編集者にこの言葉を捧げます。

        プレビューしよう!リンクは実際に辿ってみてチェックしよう!

        親コメント
  • by Anonymous Coward on 2010年12月06日 20時48分 (#1869504)
    ロボットが活躍するようになると、人手が余る、つまり
    余暇が増えるはずなんだけど、どうして今こうなってるの?

    映画ウォーリーにでてきた「遊んで暮らせる宇宙船」のような
    世界はいつ実現するんだろう。そもそも人類はこれを
    実現するつもりがあるんだろうか。
    • by nofuture (17983) on 2010年12月06日 21時53分 (#1869543)
      社会全体として効率があがる、ということで、個人の立場で見ると
      損する人もいるよね。
      ロボットにできるような仕事はなくなるけど、全体としては生活がよくなる。
      昔の人は朝から晩まで重労働をしてお米も食べられなかった。
      もっと昔の人は冬になると食べ物が無くなって...
      少なくとも苺は安くなるよね。
      たまにはみかん以外の果物も食べたいものです。
      親コメント
    • >ロボットが活躍するようになると、人手が余る、つまり
      >余暇が増えるはずなんだけど、どうして今こうなってるの?

      人手が余ると、余った人は不要になるだけだと思う。
      余暇を許すほど社会は優しくない。
      ユートピアじゃないから。

      --
      屍体メモ [windy.cx]
      親コメント
    • by boxfox (22352) on 2010年12月07日 6時08分 (#1869689)

      算盤が電卓になり、今やコンピュータのおかげで電卓を叩いて計算をする仕事は大幅に減っています。
      また当のプログラマにしても一昔前の、パンチカードに穴を開ける仕事はなくなりました。
      同様の事は他の分野でも起こっているはずです。
      今更何を言ってるんだろうという感じですね。

      とは思えど、それは部外者の視点でもあるわけで。
      実際に無くなろうとしている職に就いているにとっては、歓迎せざることに違いないでしょう。
      こういうことって、どうしたら良いんでしょうね。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      人手は余ってるじゃない。失業者も多いし、「社内失業」と呼ばれる予備軍もたくさんいる。
      ただ共産主義じゃないから働かないやつは収入がないだけ。
      遊んで暮らせる世の中にしたけりゃ、中国や旧ソ連みたいな失敗をしない共産主義国でも作ればいいよ。

    • by Anonymous Coward

      逆にその発想が無かった。

      効果はあるよ。
      あるけど人工が足ないけど常時雇う程の金がないっつーか。
      農機自前で持つ程金出せないから農繁期にお互いに人工出したり農機を借りて運用とかしてると、こういうロボットが出来て発生した余暇分で少しだけ充足できるんだよね。

      とりあえず遊んで暮らすレベルになるためにはロボットの能力を上げた上でコストをもっともっと下げないと。

  • ロボットでいいんじゃね?
    考える頭がいる?ならそっちはAIでいいんじゃね?

    # そして訪れる一億総リストラ社会。コンピュータ様どうか貧しい人間たちにお恵みを・・・

  • by Anonymous Coward on 2010年12月06日 21時11分 (#1869518)

    「こうして収穫できるいちごは全体の60~65%で、採れなかった果実は翌朝人手で収穫しなければなりませんが、寝ている間に3分の2の作業が終わっているのですから大助かりです。」 [affrc.go.jp]

    たとえば掃除で3個に2個のゴミを拾う機械があったとして、残りの1/3のごみを人手で拾い集める手間は、
    はたして最初から全部人手でやるより楽になるだろうか?

  • by Anonymous Coward on 2010年12月06日 21時11分 (#1869519)

    >本家/.では、「人の仕事を奪う」ロボットになりかねないといったコメントもあり、手放しに「素晴らしい」とは言っていない。

    経営者はどこの国でもそんなこと気にしませんよ。

    こういうロボットが普及するためには、トータルコストが人間を雇うより安くならなければなりません。逆にそうなれば、どんどん普及するでしょう。慈善事業でやってるんじゃありませんから。

    • by saitoh (10803) on 2010年12月07日 11時33分 (#1869819)
      そもそも日本ではイチゴ農家はほぼ家族労働で、たいして雇用を生んでないとおもいますが。だからロボットを入れたからと言って奪われる雇用そのものがあまりないのでは?と思って調べてみたら、 栃木のハローワークの資料 [tochigi-roudou.go.jp]だと、7時~16時で働いて月給12~13万のイチゴ収穫の求人がありますね。
      親コメント
      • by digoh (17917) on 2010年12月07日 16時04分 (#1870015) 日記

        仮に農家一戸単位では家族労働だったとしても
        各農家がこれを導入することにより農場の拡大が可能になるわけですから
        生産性が3倍……とは言わないまでも2割3割上昇したとすれば
        結果的に競争激化によるいちご農家の減少、という可能性はありますね。

        親コメント
  • by Anonymous Coward on 2010年12月06日 21時30分 (#1869523)
    ラッダイト運動くるー?
  • by Anonymous Coward on 2010年12月06日 21時40分 (#1869530)

    SingularityHubでは手放しで褒めているみたいだけど。

    アメリカに限らずどこの国でも、ロボットに職を奪われるとか、無機質でつまらないとか、反乱を起こして人間に取って代わるとか考えて、嫌う人はいるもんだ。

    • ロボット・フォビアというより、「世の中には、誰にでもできて低賃金しかもらえないような仕事しかできない階層があって、その人達の雇用を奪うのは良くない」という考え方があるんだと思う。

      日本では家庭でも職場でもゴミは捨てる人が分別して出すのが当然だが、米国の職場でその話をしたらゴミを分別する仕事をしてる人の雇用を奪うから良くない、と本気で言われたことがある。

      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2010年12月06日 22時20分 (#1869562)
    一平方キロメートルだろ
typodupeerror

犯人はmoriwaka -- Anonymous Coward

読み込み中...