パスワードを忘れた? アカウント作成
282059 story
テクノロジー

富士通、太陽光発電と熱電変換の両方を行える素子を開発 10

ストーリー by reo
二層構成で安心 部門より

ある Anonymous Coward 曰く、

富士通が 1 つのデバイスで太陽光発電と熱電変換による発電の両方に対応可能な素子を開発したそうだ (日本経済新聞の記事より) 。

「n 型と p 型の有機半導体を組み合わせたものを複数個,配線でつなぎ合わせた素子」とのことで、状況に応じて素子間をつなぐ配線を切り替えることで太陽光発電と熱電変換の両方に対応するという。ただし、両方の機能を同時に使うことはできないそうだ。医療用センサなどでの利用を想定しているとのことで、「皮膚に貼り付けて使用する」ようなデバイスがサンプルとして紹介されている。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2010年12月14日 12時23分 (#1873565)
    用途によっては、 1 つのデバイスで太陽光発電と熱電変換の二者択一より、太陽光発電素子の裏に熱電変換素子を張り付けた方が効率がいいかもね。実際、太陽電池パネルの発電効率は温度が上がるにしたがって下がるというので、太陽電池パネルを冷却し、その冷却水で給湯システムに予熱するシステムもあるようです。光で発電し、熱で発電し、予熱も回収するとなれば、バランス次第では効率がいいのではなかろうか?
  • by nemui4 (20313) on 2010年12月14日 12時36分 (#1873574) 日記

    肌に貼り付けて体温で発電しつつ体温を測定してBTだかなんだかで送信し続ける半永久体温ロガーとか?

    #体温以外をモニターしたほうが有用なんだろうけど。

    • by delta-keeper (31927) on 2010年12月14日 14時12分 (#1873622) 日記
      BTだと電力が心配かもね。

      #補助電源は神経から微弱な電力を・・・
      親コメント
      • by cat-did-it (34864) on 2010年12月14日 15時15分 (#1873644)

        電源供給が止まったらUPSばりに大音量の警告を… 意外に役立つか?

        親コメント
        • by bit (41221) on 2010年12月14日 19時10分 (#1873766)

          >大音量の警告を

          そんな音をたてる電力があるなら、蘇生とか医療系への電話とかしてほしいよな。

          ひとりで静かに死を迎えるのもアレだが、大音量警告を聞きながらというのも嫌なものだと思う。

          親コメント
        • by Anonymous Coward
          そんな作りにしたら、
          救助のために軌道エレベーターを上っていく途中で、
          外気で体を冷やされたらアラームがなっちゃうじゃないですか。
  • by Anonymous Coward on 2010年12月14日 12時17分 (#1873561)

    太陽光って熱と共にくるので、両方とも利用出来ればかなり効率いいんじゃないかと思いましたが

    ただし、両方の機能を同時に使うことはできないそうだ。

    ですか、そうですか…

    • by Anonymous Coward

      両方使えますよ。効率とかそういう問題はおいておけば

      ほぼ、伝統芸能というぐらいに

  • by Anonymous Coward on 2010年12月15日 9時12分 (#1873922)

    苗字は「光・体温発電」でいいのかな?

typodupeerror

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

読み込み中...