パスワードを忘れた? アカウント作成
336638 story
変なモノ

下水汚泥から作る「うんこバーガー」 104

ストーリー by hylom
一部の人にはごほうびかも? 部門より

cheez 曰く、

下水汚泥から人工肉を作る日本の研究が本家/.で取り上げられている(inhabitat記事)。

この研究を行っているのは岡山の環境アセスメントセンターの池田満之社長。下水汚泥に含まれているタンパク質を取り出し、反応材加え装置にかけることで人工肉を作り出すことに成功したそうだ。人工肉の主成分はタンパク質が63%、炭水化物が25%、灰分が9%、脂質が3%であり、油分が少ない分低カロリーを実現しているとのこと。また味の向上のため大豆タンパクも混ぜ込んでいるという。

研究段階では市価と比べ何十倍から何百倍となるかもしれないが、市場に出せるほどに技術が完成すれば通常の肉と同程度の価格を実現できるのではないかとのこと。

社長は「人間が出したものに対してそれを食べたいと思う人はいないだろう」と心理的なハードルの高さがあることを認識しているという。そう思うならば、動画のいたるところにでてくる「うんこ(turd)バーガー」という名前を変えるところから始めるのはいかがだろうか。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

読み込み中...