パスワードを忘れた? アカウント作成
790282 story
著作権

EU、録音に関する著作権保護期間を 70 年に延長することで決着。 85

ストーリー by reo
守りたいものがあるということで 部門より

cheez 曰く、

2009 年に欧州議会は音楽演奏者の著作権保護年数を 50 年から 70 年に延長する法案を可決したが (/.J 記事) 、欧州理事会はこの案を賛成多数で可決したそうだ (BBC News の記事本家 /. 記事より) 。これにて正式決定となる。

この案が可決されたことで、作曲に限らずスタジオ録音された音源に対する著作権が延長されることになり、現行のままでは今後数年内に著作権が切れるとされていたビートルズやローリングストーンズなど 60 年代の録音がこの先も守られることになるとのことだ。yebo blog の記事では「ヨーロッパにおける「ミッキーマウス保護法」ならぬ「ビートルズ保護法」と呼ばれるようになるのかも。」と述べている。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 歴史的な価値はあるかも知れないけど、商用レコードとしての価値はまた別物だろう。
    そんな音源に著作権料金はらうなら、買いきり契約で打ち込み屋雇って新しく作り直した方が安くでいいものができると思うけどなぁ。

    ピュアオーディオみたいに宗教的価値に青天井の価格がつくならいざ知らず、年々目減りする一方の回顧主義者相手の商売をそこまで大事にする理由がわからん……。

    • 演奏に価値を認めるのであれば、別に商用としての価値を認めても問題は無いと思いますよ。
      私は意外と格安ジャズとか買いますが、半世紀以上前の録音って普通に有りますし。

      いやまあ、その権利が切れているから安いんだろうから、権利切れに依って得はしているんですが、
      かといって当時の録音自体に価値が無いと見ているかと言えば、見ていないからお金を払いる訳で。

      親コメント
      • パブリックドメインだからといって価値がなくなるわけ出ないでしょう。
        どんなに価値があるものでも、みんなが持ってれば売れないわけで、50年前の演奏データをこれから新しくほしがる人が商売になるほど居ますかね、って話ですよ。

        親コメント
        • >そんな音源に著作権料金はらうなら、買いきり契約で打ち込み屋雇って新しく作り直した方が安くでいいものができると思うけどなぁ。
          これを読んで
          『パブリックドメインでも価値が有る。』
          と言っているとは、少々難が有る解釈法だと思いますが…。

          >どんなに価値があるものでも、みんなが持ってれば売れないわけで、
          >50年前の演奏データをこれから新しくほしがる人が商売になるほど居ますかね、って話ですよ。
          貴方の後ろのレスは皆、
          『その時代の録音に対して新規録音とは別の価値を認める。』
          という意味で書かれています。

          それに駅なんかで格安CDとか見た事無いですか?
          普通に市場が形成されている、つまり、
          『今現在演奏データを欲しがる人間が多々存在する。』
          という事は既に証明されている訳なので、自分の好みで疑問を挟まれても困りますが。

          親コメント
          • なんか誤解されてるようですが、ツリーの最初のコメントに書いた通り、理解できないと言ってるのは原盤権の商用レコードとしての価値ですよ。
            格安でないと売れない商品の権利を著作権法改正してまで守る意味があるんですか?

            いや、少し乱暴な言い方だとは思いますが、原盤権の期間を延長するってことはそれなりの規模で売れると言う目算があるはずですよね。

            ところが、作者の著作権は改正がなくても作者の死後70年あるので、原盤権がきれただけでは格安版が氾濫するわけでもない。

            そんな権利を後生大事に握っていたところで再販商法で稼ぐくらいしか使い道はないでしょう。
            単純に楽曲のネームバリューに頼るような商売なら、打ち込み直したような商品と変わらない。
            いかに演奏が素晴らしくても、音質が悪いと市場での評価はどうしても落ちますし、新規性も商品価値には重要な要素です。

            おっしゃるように、多少音質に難があろうと当時の演奏でないとだめって人も一定数いるでしょうけど、同じ音源のデータを毎年買ってくれるわけでもない以上、50年が70年になったところで権利者にさほどの恩恵があるとはとても思えません。

            親コメント
            • >なんか誤解されてるようですが、ツリーの最初のコメントに書いた通り、理解できないと言ってるのは原盤権の商用レコードとしての価値ですよ。
              何か勘違いしている様ですが、私は経年後の権利保護の解除には賛成ですよ。

              その上で
              >格安でないと売れない商品の権利を著作権法改正してまで守る意味があるんですか?
              と言うのが間違っている、と言っているだけです。
              なんで格安でしか売れない製品を商品として並べているのかと言えば、それには価値を認める人が居るから。
              いや、そもそもそれらは「格安でしか売れない」のではなく、「格安で売れる」だけというのが、
              同録音の高額CDも有ったりするので、確かでしょう。

              そもそも、貴方は多分音楽を単なるデータだと思ってませんか?
              それではクラッシックなりジャズなりで、沢山の人が同じ曲を演奏しているという現実自体が理解できていない
              としか思えません。

              貴方が言う「古い録音」とか「新しい打ち込み」とい認識自体が、文化を理解していないという事でしょう。
              貴方的にはそれは同じものなのかも知れませんが、市場にとっても購入者にとっても、それ等は
              「全くの別物」
              という事を、先ず理解する必要が有ります。

              半世紀も前から残っているのは、ネームバリューだからじゃない。
              半世紀を超える歴史による風化さえも耐え抜いたクオリティが有ったが故に、ネームバリューを得たんですよ。
              そこを勘違いしてはいけない。
              つまり、
              >おっしゃるように、多少音質に難があろうと当時の演奏でないとだめって人も一定数いるでしょうけど、
              と思っている様ですが、そうは言ってません。
              「多少音質に難が有ろうと、当時の演奏の方が優れているものも多い。」
              と言っているのです。
              もっと言えば
              「音質なんて単なるコンテンツ品質の一要因に過ぎず、本質ではない。」
              と言っているのです。

              貴方の言っているのはまるっきり、
              「恋愛小説は最新のラノベでも有るから、ロミオとジュリエットには価値が無い。」
              と言っているのと一緒ですよ。

              それに対しては断固として、
              「過去から継続して支持され続けている物には、確固たる価値は有る。」
              と答えているだけです。

              親コメント
              • なるほど、オフトピックな話だったわけですね。
                ストーリーが財産権の話なので権利商売としての音源の価値の話だとばかり早合点してました。

                それならおっしゃる通りです。
                優れたものがあることと、財産権保護の話は別の話です。

                親コメント
              • 音源の価値、そのもののお話ですが。
                ですので、保護の解除に賛成だと言う立場の上に置いても、それは現状で、
                「権利商売としての音源の価値は有る。」
                と言っているのですが。

                貴方的には50年の価値があるものが、1日過ぎると価値がゼロになると言う。
                しかし、それは保護期間の規定に立っての判断では?
                なら、その期間が70年であっても、それは同じはずなのに何故かそれは無いと言う。
                ちょっと理解に苦しみますよ。

                実際原版として使用されている物が有る以上、保護期間が20年増えれば今まで利益かされなかった
                20年間分の録音に付いては、現状ですら価値が認めれているのに、
                「権利商売としての音源の価値が無い」
                って事は、絶対に無い筈なのですが。

                保護期限切れの音源というのは法律での優先的権利が認められていないってだけで、
                見つけ次第持ち主を無視して奪い取って使って居る物じゃないですよ。
                ちゃんと持ち主との間で大なり小なりの価値認めて金銭を払って使って居るものです。
                つまり法的保護の範疇外であっても、金銭価値としては存在するんです。

                法律は価値による商売に便宜を図っているものだとして、価値自体の成り立ちが法律によるものでは
                ありません。
                特許を申請しなくとも、技術の価値は無い訳じゃ無いと言えば解り易いかな?

                親コメント
              • >貴方的には50年の価値があるものが、1日過ぎると価値がゼロになると言う。
                著作権法を変えてまで守りたい利権なのか、とは言いましたが価値がゼロになるなんて一言も言ったつもりはありませんが……。わざわざ法律変えてまで守りたい利権って、そうとう稼げるもの(たとえばディズニーのミッキーマウスのキャラクター権とか)ってイメージがあるんですが、もしかしてそう思ってるのは自分だけですか?

                あ、いや、そんなつもりはないですと言うことさえわかっていただければ良いのでいいので、ここでこう書いた、みたいな指摘は結構です。
                とにかく、それは誤解ですということだけ。

                親コメント
              • ほんの少し、ちょっとでも想像力が有れば解る事ですが、少しでも価値を認める人間が居れば、
                法律を変えてもも守りたいと思う人が居るのは、まず確実ですよ。

                そもそも価値判断の基準を法規にしているのか、商業価値にしているのか、都合で分けているのが、
                噛み合わない理由だと思うんですよ。

                芸術的価値も商業的価値も、たった一人が認める・お金を払うだけで、それは成り立つ。
                それを、自身が興味が無い・好きでは無いという理由で認めないのであれば、それはもう、
                権利の話をする前提に立って居ないとしか思えません。

                権利保護期間のお話と言うのは、個々の価値に対する、個人利益と公共利益の調整の話の筈。
                ですから、価値を認めると言うのは最低限の前提の筈ですが、自身が興味が無いとか好きでは無いというだけで、
                沢山の人が「価値を認める」という物を否定する様では、単なるご都合主義と見られても仕方ないでしょうね。

                ライブ盤なんて明らかに音質の悪い物が商業ベースで流れているのを見ても、市場はデータでなくプレイを
                価値としているのは一目瞭然なんですが。

                親コメント
              • その話が本当なら、著作権法って月に何回も改正されてそうなものですが……。

                それ、本当に想像力の問題ですか?

                親コメント
            • >単純に楽曲のネームバリューに頼るような商売なら、打ち込み直したような商品と変わらない。
              >いかに演奏が素晴らしくても、音質が悪いと市場での評価はどうしても落ちますし、新規性も商品価値には重要な要素です。

              誰の演奏か、という要素をなぜ無視できるんでしょうか。
              50年前、70年前に録音について、同じ奏者に録音しなおしてもらうのって相当難しいと思いますが。
              それに、同じ奏者でも時期が違えば演奏も変わりますよ。そのときの演奏のスナップショットという点でファンには重要(=商品価値あり)で、代替は利かないものです。
              権利者としては権利を保持し続けられたほうがいいに決まってるでしょう。
              私は蝋管の録音をリマスタしたCDを持っています。
              音質はお世辞にもいいとは言えませんが、そのジャンルでは歴史上重要な人物の演奏で、いまなお色褪せない魅力があります。
              扱いの厄介な媒体での録音をちゃんと残していてくれた音楽出版社に大変感謝してます。

              >同じ音源のデータを毎年買ってくれるわけでもない以上、50年が70年になったところで権利者にさほどの恩恵があるとはとても思えません。

              なんで、同じ人たちに売り続ける前提なんでしょうか。20年延びたら、プラス一世代いけると思いません?
              親コメント
  • by Emc2 (14960) on 2011年09月14日 13時43分 (#2019428) 日記

    日本で映画の著作物に関する著作権の保護が延長・強化され、「マリオ保護法」と呼ばれるようになるのだろうか・・・

    --
    RYZEN始めました
    • by oguma (17986) on 2011年09月14日 15時31分 (#2019490)

      日本で映画の著作物に関する著作権の保護が延長・強化され、「マリオ保護法」と呼ばれるようになるのだろうか・・・

      2004年1月1日に日本において映画の著作物の保護期間が延長(50年→70年)されたときには、東京物語(1953年公開)保護法だと実しやかに言われておりました。実際、文化庁は奇妙な解釈を打ち立てて1953年公開の映画の著作権は延長されると訴えましたが、裁判の結果、1953年公開の映画は2003年末で期限切れと決しました。(1953年問題 [wikipedia.org])

      --
      Nullius addictus iurare in verba magistri
      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2011年09月14日 14時25分 (#2019456)
  • フルトヴェングラーの音源とかはどうなるんだろうね?

  • by Anonymous Coward on 2011年09月14日 12時11分 (#2019346)

    等の今後の展開はなさげ?

  • by Anonymous Coward on 2011年09月14日 12時52分 (#2019384)

    日本での影響はどうなるの?

  • by Anonymous Coward on 2011年09月14日 12時54分 (#2019386)

    そりゃ、著作権者が強力なロビー活動をしたからに決まってるじゃないですか。
    それ以外に誰得?
    #誰言?

  • by Anonymous Coward on 2011年09月14日 13時07分 (#2019395)

    ×数年無い
    ○数年内

typodupeerror

ナニゲにアレゲなのは、ナニゲなアレゲ -- アレゲ研究家

読み込み中...