パスワードを忘れた? アカウント作成
790994 story
軍事

Arduino を利用した時限爆弾型目覚まし時計キット 9

ストーリー by reo
こんな目覚ましで大丈夫か? 部門より

ある Anonymous Coward 曰く、

Arduino を使った様々なキットを作っている Nootropic Design の Mike Krumpus 氏は、Defusable Clock という「時限爆弾型目覚ましキット」を発表した (Project Lab のページMake: magazine の記事より) 。

このキットはごく一般的な目覚まし時計の機能を実装しているが (ビープ音アラーム、スヌーズ機能など) 、キット左上の赤いボタンを押すとハリウッド映画における時限爆弾爆発シーンを彷彿させる 10 秒のカウントダウンモードとなる。キットからは 4 本の線が延びており、うち 1 本がこのカウントダウンを停止させることができる。2 本はダミーで、残りの 1 本はすみやかに爆発 (を模したビープ音) を生じせしめる。

使われているキットは ATmega328。Nootropic Design のページでは物騒なダイナマイト的なものやプラスチック爆弾的なアレにこのキットが接続されている図があるが、ダイナマイト的なものは木製だぼに紙を巻いたものであり、プラスチック爆弾的なアレはただの粘土である。何ら危険のないただの時限爆弾風目覚ましキットだが、このご時世、くれぐれもこれらをセットにして空港の搭乗手続きカウンターへ向かうことのないよう留意されたし。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

読み込み中...