パスワードを忘れた? アカウント作成
813223 story
アメリカ合衆国

泥棒に入ったら児童ポルノをみつけてしまった。どうしよう 35

ストーリー by reo
CV:納谷悟朗 部門より

ある Anonymous Coward 曰く、

米カリフォルニア州で盗みに入った泥棒の通報により、窃盗の被害者である家主が児童ポルノ所持の容疑で逮捕されていたそうだ (The Huffington Post の記事CNN.co.jp の記事) 。

盗みに入ったのは 19 歳と未成年の 2 名。被害者である Kraig Stockard 氏の物置から 50 枚の CD を 9 月 12 日に盗み、後日この CD に音楽ファイルを焼こうとしたところ、既にこの CD には児童ポルノがたっぷり焼かれている事に気付いたという事の次第。警察が Stockard 氏宅を家宅捜査したところ、その他の児童ポルノコンテンツは見つけられなかったという。当初 Stockard 氏はその所持を認めなかったが、警察の発表によるとその後自分のものである事を認めたという。捜査官によると氏は少なくとも 2004 年から収集していた模様。

この被害者は起訴されたが、通報した泥棒については未だ検討中という。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2011年10月10日 14時34分 (#2032222)

    >通報した泥棒については未だ検討中という。

    CD-R(?)50枚の窃盗罪(しかも既遂)でしょ?
    意味わからん

  • by Wingard (37819) on 2011年10月10日 23時27分 (#2032482)

    自分たちは盗みに入ったくせに
    「他人の犯罪は許さない(キリッ」
    とか雑魚すぎるにもほどがある

  • by PEEK (27419) on 2011年10月11日 10時17分 (#2032579) 日記

    勝手に他人の家の箪笥を開けたら児童ポルノが出てきた。

    --
    らじゃったのだ
  • by Anonymous Coward on 2011年10月10日 15時28分 (#2032260)
    児童ポルノを根絶するためなら少額の窃盗程度ならば免罪される(かもしれない)。
    過去にも冤罪が結構な数発生してたし、そういう価値観を是とする国なんだよ。
    これをそっくりそのまま日本に適用出来るかどうか、そこをちゃんと考えないとね。
    • まだ審議中とのこと?で、できれば司法取引は避けて欲しいところですね。
      窃盗は直接的な被害を与える1次犯罪。(こんな言葉ないでしょうが)
      児童ポルノは、それを撮影している人などが本来捕まるべきで、それを助長している2次犯罪。
      (個人的には本来は性癖なだけで所持くらいは犯罪ですらないと思っている)

      世の中が平和すぎると、物事の道理ではなく平和ボケした道徳観によって
      功罪の順序などがひっくり返ることがありますが、出来る限り避けて欲しいところです。
      テロとか、より大きい1次犯罪を防止したならあってもいいと思いますが。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      1.嫌なヤツの家に行って、CDを盗んでくる。
      2.CDから音楽をリッピングして、CD-Rに焼き直す。このときセッションを追加して、児童ポルノデータも加えておく。CDのレーベルも印刷する。作業は手袋をして!
      3.焼き直したCDをヤツの家に戻す。
      4.しばらくは放っておく。
      5.チクる。

      こうやられたら、かなりの確率で陥れられるのではないだろうか。
      ちょっと手がかかり過ぎ?

      # /.er 諸兄は、オリジナルのCDではなく、データをサーバーにいれてますかね。

      • 1. どこかに盗みに入る。
        2. そろそろばれそう。捕まりそう。
        3. どこからか児童ポルノ入りCD-R入手。盗品の中に入っていたことにする。
        4. 児童ポルノありましたと通報する。
        5. 窃盗は不問となり無罪放免。

        こんな感じですかね。
        今回の窃盗の被害者、物置に児童ポルノ入りCD-Rがたっぷりあったのに、家宅捜索したら他にはなかったという辺りも気になるし。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        そんな面倒なこと考えるくらいなら、素ポケットにクスリでも忍ばせるような。

        ふとジョブズの名言を思い出した。
        >LSDに対して:私が人生で行ったもっとも大事だった2、3のうちの1つだ

        警官「あ、こいつ2つもってやがる」
        チクられたやつ「ちくしょう! もう2つしかないのか! 我慢しなければ良かった」

  • by Anonymous Coward on 2011年10月10日 16時01分 (#2032276)
    • by digoh (17917) on 2011年10月12日 11時00分 (#2033223) 日記

      「裁判で本人が有罪かどうか、量刑がどの程度が妥当か」を考える際に証拠として使えないというだけで
      捜査の端緒としてはアリ、という話なのでは?

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      むしろ、アメリカを見習って日本も導入した。
      そのリンク先にも書いてある。
      >しかし、学説上は、アメリカ法の影響を受け、少なくとも収集手続に重大な違法がある証拠の証拠能力は否定すべきとする見解が有力になっていた。

      • by Anonymous Coward

        いや、そうじゃなくて。

        遠回しに「これどうなっとんねん」といってるわけで。

        • by Anonymous Coward

          元々々コメは日米憲法に対する規定でしょ?

          日本人で育つと勘違いするんだけど、英米的な「憲法」は「国家と国民」の「契約」であって、
          国民が「この契約守らない国家なんてねーよw」って条項が並んでる。
          「国民が果たす義務」とか、そもそも憲法に書いてあるわけない。

          違法収集証拠排除法則は、司法の権力に対して令状主義の制限を加えているもので、
          公権力が証拠を集めるときには、ちゃんと司法手続きにのっとった方法をとれ
          (事前に裁判所から「こいつ、怪しいって客観的に言っていいから証拠集めしていいぉ」っていう令状をとれ)ってこと。

          民vs.民は別枠でしょ。「こいつ、怪しいって客観的に言っていい」証拠を集めるまで何もできなかったら
          いったもの勝ちな交渉になってしまうわ。

          • by Anonymous Coward on 2011年10月10日 17時41分 (#2032335)

            >日本人で育つと勘違いするんだけど、英米的な「憲法」は「国家と国民」の「契約」であって、
            >国民が「この契約守らない国家なんてねーよw」って条項が並んでる。

            なんか…いろいろんな「憲法」の概念(固有の意味の憲法・立件主義的憲法等)を一緒くたにしてますね。

            日本国憲法も「名宛人(義務の主体)」は国家ですよ。

            あと、「国家と国民との契約」というのもおかしいな。
            国民主権の本質は「国民が国家に権力を授ける」ものであって、これは「契約」ではないし。

            なので、ここらへんは英米とか日本人がどうのではなく、憲法を学問として学んだか否かでしょう。

            親コメント
  • by Anonymous Coward on 2011年10月10日 17時50分 (#2032343)
    トミーガンもったマフィアが裏で売り買いする。

    #イエスロリータだが、アンタッチャブル
    • 欧米での児童ポルノの制作過程は、子供を誘拐して、撮影して、最後は口封じ、というのがお決まりのパターンらしいので、冗談ではなくマジにそうだと思います。
      # トミーガンはともかく。

      だって、児童ポルノの通報先が、「全米行方不明・被搾取児童センター」ってNPOなんだぜ……。
      そんなのと比べたら、日本で問題になってるイメージビデオなんか違法性無いようなもので、そりゃ温度差あって当然だなぁ、って思います。

      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2011年10月10日 21時29分 (#2032441)

    貿易センタービルに児童ポルノを発見したので消去しときました^^

    とか言い出しかねない

typodupeerror

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

読み込み中...