パスワードを忘れた? アカウント作成
1664619 story
電力

ドイツの研究所、青果から自動車の燃料を作り出すプラントを開発 22

ストーリー by hylom
ゴミはエネルギー 部門より
danceman 曰く、

独Fraunhofer研究所は、青果卸業者や食堂などから排出される青果廃棄物を発酵させて、自動車の燃料となるメタンを作り出すプラントの試験設備を開発したとのこと(本家/.Gizmag記事)。

映画「Back to the Future」に登場するタイムマシン、デロリアンにはバナナの皮やビールといった家庭から生じたゴミを燃料に変える「Mr.Fusion」が搭載されていた。このような装置が実現する日は近いのだろうか。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

読み込み中...