パスワードを忘れた? アカウント作成
1852137 story
Ruby

松江市、市立中学で Ruby プログラミングの授業を開始へ 81

ストーリー by reo
ruby-bye 部門より

ある Anonymous Coward 曰く、

2012 年 2 月 24 日に発表された平成24 年度松江市長施政方針の中で、松江市では新年度から市立中学校で Ruby 言語を使ったプログラミングの授業を開始することを明らかにした。

同方針によれば、中学生 Rubye-Learning (原文ママ) 事業に取り組み、自宅のパソコンで気軽に Ruby に触れられる環境づくりを進めるとのこと。継続して興味、関心が持てるよう、例えばクイズ形式にするなどの工夫を凝らし、進捗度合いに合わせたフォローアップができるように検討を加えるようだ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by manmos (29892) on 2012年02月27日 11時23分 (#2106689) 日記

    私の記憶では、数学で「場合分け」が出てくるのは、高校からだと思う。

    プログラミングは、場合分けのやりつづけるみたいなところがあるわけで、それが身についていないと結局何をやっているのかわからないまま無駄な時間を過ごすだけだ。

    • by epgrec (43527) on 2012年02月27日 11時44分 (#2106698)

      そんなに難く考える必要もないんじゃないかな。中学生は中学生なりにできる
      プログラムというのもあると思う。適性がある子なら、自力で色々考えついたり
      もしくは学ぶもんですよ。

      かつての投稿雑誌(I/Oとかベーマガとかいろいろ)に投稿してくるのも下は中学生くらい~
      だったかと。早めにやれば才能や適性がある子は伸ばせるし、そうじゃな子は早めに
      別の道を目指せるし、いいんじゃないかと

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        俺が中学生の時には技術の授業でBASICやったよ。
        PCはFM TOWNSだった。

        で簡単なプログラムと同じく技術の授業で作った車の有線リモコンで動く物を
        を専用の機材でリモコンの代わりにプリンタポートに繋げてBASICで動きの制御をやったよ。

        まぁ俺自身はその前からMSXでBASICをやっていた。

        中学生でもできるよね。

        • by Anonymous Coward

          BASICとかLOGOぐらいならいいけどね
          こういうプロジェクトやりたがる人たちはRubyでいきなりオブジェクト指向バリバリを教えたがったりするから
          最初はTiny BASICで十分だよ

          • by Anonymous Coward

            最初にそんなもの教えたら余計に矯正が面倒になるだけ。懐古補正でBASICを美化するのはマジやめてくれ。

            • by Anonymous Coward

              Rubyみたいな変態言語の方が矯正は面倒ではないか?
              やるならアセンブラだよ

    • 出るであろう意見に対する反論です。

      まず、数学における場合分けを習ってからやった方が良い理由は、プログラミングレベルでそれが使えるくらい身につけようと思うと、それが一般にはかなりトレーニングが必要であるからです。

      例えば、ある整数があって、それを3で割る。その後の処理で3で割りきれる場合と、割り切れない場合で場合分けすべきであるは、余りが1、2で場合分けすべきであるかをすぐに判断できるかは、それなりのトレーニングを積んでいないと出来ないと思うからです。

      そのトレーニングは、数学の問題を多く解くことでつまれるものであると考えます。

      もちろん、それが中学から出来る子はいるのは承知していますが、そういう子は自分で学べば良いわけで、むしろ授業でやるレベルは苦痛になるやもしれません。

      #まあ、大人のプログラマでも、「おめぇ、高校の時に場合分けのトレーニングしてこなかったろう」と思う奴は少なくないですけどね。

      親コメント
      • by epgrec (43527) on 2012年02月27日 13時39分 (#2106789)

        >そのトレーニングは、数学の問題を多く解くことでつまれるものであると考えます。

        それほどのもんでもないと思いますが

        >むしろ授業でやるレベルは苦痛になるやもしれません。

        できる子にとっては授業はレベルが低すぎてつまらず、合わない子にとっては苦痛になるという
        ことはあるかもしんない。

        学習指導要領で必修とされてない科目なので、課外授業的なものになると思いますが
        成績評定には含めないとか、あわないと思う人は別の科目を選択できるようにするとか、
        できる子はどんどん勝手にいろいろ作っちゃっていい、というような風にしないと、できる人できない人
        両方にとって、つまらず苦痛しか残らないという最悪な状況になる可能性は結構あるか。

        でもプログラムを書かないと何もできないに等しかった昔のコンピュータと違って、
        いまはPC買ってもらっても、プログラミングという世界があることに気づかない状況、
        なんで、PCにはプログラミングという楽しい世界があるんだよ~、というのを誰かが早いうちに
        見せてあげることには意味がある気がしますけど。

        コードが書ける親や友人に恵まれてればいらないことではありますね。

        親コメント
        • > プログラミングという楽しい世界があるんだよ~、というのを誰かが早いうちに
          > 見せてあげることには意味がある気がしますけど。

          それは、合意するのですが、授業でやるより、課外でよいと思うのです。そして、プログラミングを楽しむためには、より数学が必要であり、数学は楽しい世界であることを授業でやるべきなのです。

          親コメント
      • by Anonymous Coward on 2012年02月27日 13時52分 (#2106803)

        数学は数学、プログラムはプログラムだと思いますがね。

        プログラムを作っていると、アルゴリズム等の数学的考え方が必要な場合もあれば、ベクトルの座標変換の数式が必要な場合もありますが、それぞれ十分に習得してなくても、十分にプログラムは書けると思います。

        プログラムを学ぶに当たって、何かの学問の知識を必要とするのではなくて、プログラムはプログラムで新しい言語、新しい学問という立ち位置の方がしっくりくる。

        無論、プログラムにおいても、数学と同じく、様々な段階を経て、考え方・方法論に慣れるというステップは必要ですので、やたらに子供の頃から高度なステップを教えて意味があるのかどうかは疑問ですが。

        その意味では、数学という学問はやたらに古いので、小学生で学ぶこと、中学生で学ぶことと段階を経て考える力を身につける方法論がそれなりにできあがっているので教育という意味では安心感はあります。

        それに対して、プログラムはそういう小学生向けのプログラム教育、中学生向けのプログラム教育のような段階を経て学ぶような教育方法がおそらくまだどこにも存在してない。プログラムはこう学ぶべきだ!という方法論と、初等教育と中等教育でどの段階でどれをどのように学ばせるべきか?という論法は異なると思います。

        その意味では、数学を学んでからという意見は実にごもっとです。数学的考え方がある程度あれば、プログラムの初等的な教育はある意味できているとしても良いかと言う気もします。基礎教育としての数学の重要性は最たるものかと思います。

        ・・・ただ、小学生を終えれば中学生になれば、個人的には、プログラム教育は十分に可能だとは思います。無論、先に述べたように問題は教育方法も含めて、方法論が一切確立されてない点かと思います。

        (教える側の教える方法論の習得も含めて)現場と教えられる側(生徒の側)はノウハウが蓄積されるまで酷いことになりそうだなと思います。ノウハウが確立される前に終わりそうで、逆に長期的に見てプログラム教育に悪影響があるかもとちょっと心配してます。

        親コメント
      • > 例えば、ある整数があって、それを3で割る。その後の処理で3で割りきれる場合と、割り切れない場合で場合分けすべきであるは、余りが1、2で場合分けすべきであるかをすぐに判断できるかは、それなりのトレーニングを積んでいないと出来ないと思うからです。

        それを例として出すなら、小学校で十分に学ぶから中学校ではプログラミングへ進んでよい、と言う事になりますね。

    • 別に「場合分け」を習うのが、高校数学より先に中学プログラミング(?)になったというだけの話でいいんじゃないですかね?

      小学校の算数で、中学校で習う方程式と同じような問題を解くのと、同じような話ではないでしょうか?

      --
      Yasuda
      親コメント
    • by Anonymous Coward

      私の記憶では中学からでした。
      と言うか、簡単なBASICが中学の数学の教科書に含まれてた。

      それに、希望者は小学校でもBASIC入門的な授業を受けられました。
      小学校の図書室には絵や図をたくさん使った(まるで絵本のような)小学生向けの入門書がありましたし、

      時代の違いでは?

    • Re: (スコア:0, 荒らし)

      by Anonymous Coward

      そうやって集団授業で一人たりとも落ちこぼれが出ないようにしようと矛盾した無駄な努力を重ねるからどんどんゆとっていく一方なわけだ。
      もうドラえもんに出てきたどっかの惑星みたいに、小学校で足し算中学校で引き算高校で掛け算大学で割り算を教えればいいよ。大学生の4人に1人は平均すら理解していないんだし。もちろん掛け算の交換法則は大学からな。

    • by Anonymous Coward

      たとえ数学で習う場合分けが高校以降だからといっても、生徒が場合分けの概念を全く知らないということは無いんじゃない?

      「もし○○が、××だったら△△して、◇◇だったら☆☆する」
      程度の言葉なら、小学生でも分かるでしょうに。

    • by Anonymous Coward

      歴史は形を変え、繰り返す。
      LL教室ってのが導入されたのを知らない人は/.Jではもう少数派になったのかな?
      視聴覚教室としてそのあとも利用されたけれどもね。

      予算が付いたら使え!

  • by Anonymous Coward on 2012年02月27日 11時13分 (#2106683)

    > Rubye-Learning (原文ママ)

    「Ruby e-Learning」が正解?

  • by miyuri (33181) on 2012年02月27日 16時32分 (#2106912) 日記

    ナントナク察しがついて調べると、まつもとゆきひろ [wikipedia.org]が松江市名誉市民とかナントカ。
    あー
    そういうことか・・・

    • まぁそういうことなのですが、
      それは周知の事実という前提で皆さん話してると思いますよ。

      スラドでも随分以前から何度か松江とRubyの記事がありましたし、
      IT系のニュースサイトでもよく話題にあがりますしね。

      http://srad.jp/story/07/04/20/0744217 [srad.jp]
      http://srad.jp/story/09/10/13/0139248 [srad.jp]
      http://www.atmarkit.co.jp/news/200710/01/ruby.html [atmarkit.co.jp]

      親コメント
    • by deleted user (45276) on 2012年02月27日 17時08分 (#2106943)

      普通Pythonなのか。
      Pythonはほぼ知らないのだけれど、こういった用途で向いているのかしら。

      多くの生徒にとってこの授業が初めてのプログラミングとなると思いますが、
      最初に覚えるのがRubyというのはどうなのだろう。
      Rubyは初学者向きとはよく耳にするものの。

      シンプルに書くことができて分かりやすい点は、
      気軽にプログラミングに触れてもらう目的にも合致していると思う反面、
      最初がRubyだとその後に他の言語が書けなくなってしまうような気もしつつで。

      # はじめてはCと思ってしまうのは今やオールドタイプなのか

      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2012年02月27日 11時12分 (#2106682)

    子供に関心を持ってもらいたいなら授業にするべきではありません

    • by Anonymous Coward

      RubyeでRubyにByeなんてことにならなきゃいいけど。

    • by Anonymous Coward

      世の中は君みたいに学校が嫌いな子供ばっかりじゃないのよ。

      • by Anonymous Coward

        教えかたが問題な予感
        便利さや楽しさから教えられれば良いけども・・

        • by Anonymous Coward on 2012年02月27日 21時40分 (#2107117)

          言語はなでしこで、小学生のときにプログラムをやってみる授業があったけど、
          当時はサンプルプログラムをコピペしてこういうことができるんだー程度でした。
          変数が変数とわかったけど、それを一体どうやって使うのかがよくわかったのは中学になってからでした。
          x=x+1っていうのが分かったときは感動でした。

          これも小学生のときですが、家では子供の科学にのってるjavascriptとかやってみたけど、
          英語の略語が含まれているということがわからなかったから、
          意味なんかわからずにうちこむだけだったなーと思い出しました。

          良い先生に出会ってよくわかるようになったので、
          良い先生に教えてもらうことが非常に大事であると思います。

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          rubyに限らず、コンピュータとかプログラミング言語の不便さや苦しみを通り越した先の
          達成感を体験することが出来てこそ、アレゲの道が開ける、というものです。

        • 教えかたが問題な予感

          なんつーのかな。教え方は工夫すべきだけど、教える側のせいばかりにしても仕方ないと思うけどな。

          便利さや楽しさから教えられれば良いけども・・

          例えば算数って、便利さや楽しさから教えてもらうわけでも無いと思うけどな。

  • by Anonymous Coward on 2012年02月27日 11時32分 (#2106692)

    今の中学生ってパソコン1人1台持ってるレベルなのかな。
    家族と共用がほとんどなのかな。
    宿題とか出されたら困りそう。

  • by Anonymous Coward on 2012年02月27日 12時06分 (#2106714)

    市立中学にそんな自由度があることが驚愕なんだけど、何かの特区だったりそういう内容を自由に学校が選んで教えていいような制度がいつの間にかできてたりするの?

    • 17進数で10代の若者ですが、私のいた町中学ではPC88でBASICを教えてくれましたよ。
      中3の時に選択授業というのがありまして、技術、家庭科、美術、体育の中から好きなものを選んで、
      1年間履修するというものでした。
      それで技術を選択すると、BASICの学習となりました。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      授業の時間外に希望者に対して教える分には自由ですよ。
      それと、現実として現場の教師達は指導要領以上の事を教えてますよね。
      子供が社会に出る上で何を知っているべきか、は、国が決める事ではなく、
      社会を構成する大人達一人一人が考える事です。
      指導要領はその最低ラインを定めているに過ぎない。

    • by Anonymous Coward

      ある程度の裁量が許される枠というのは公立にもありますよ。
      時間割に「LHR」とかありませんでした?(年代によって呼び方は違うかも)

      # 今回の枠は「情報」を拡大解釈したのかもしれませんが

typodupeerror

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

読み込み中...