パスワードを忘れた? アカウント作成
2103557 story
ビジネス

シャープはまだ本気を出していない? 次期社長曰く「本気になればまだチャンスがある」 97

ストーリー by headless
発言 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

今期、過去最低の赤字になる見通しと言われているシャープは現社長が辞任、新たに奥田隆司常務執行役員が社長となることが発表されたが(東京新聞)、氏曰く「本気になればまだチャンスがある」(日経新聞)だそうだ。

CNET Japanの記事によると、「ここ数年、海外の最前線で仕事をしてきたが、シャープが海外事業の強化に本気で取り組めば、十分にビジネスチャンスがあると確信を持っている」という発言だったようだ(会見詳報)。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 過去最低の赤字 (スコア:5, すばらしい洞察)

    by fareast (45345) on 2012年03月17日 14時20分 (#2119017) 日記
    赤字幅が過去最低に縮小したのか!この逆境ですげー!と思ったら、
    ソースでは「過去最大の赤字」だった。ですよね……。

    っていうか、このタレコミはこんな本気うんぬんって言葉尻だけを捉えて、いったい何をいいたいの?
    • by btr (33574) on 2012年03月17日 18時39分 (#2119100)
      「過去最低の赤字」なら「過去最大の黒字」じゃないか?
      親コメント
    • by Anonymous Coward

      「新型iPadの液晶パネルはサムスン製だった」

      Appleとサムスン(とソフトバンク)が日本叩きに走るには絶好のタイミングだろうね。

      • by Anonymous Coward

        無理に買い叩かれて赤字になる可能性があるから撤退したとか?w

        #理由なんて幾らでもつけられる気がするぞ

  • by epgrec (43527) on 2012年03月17日 15時30分 (#2119040)

    X68000、Linux Zaurus、Netwalkerと、アレゲ脳を刺激するブツを作り続けてきた
    シャープ様の本気が見たいですな。

  • by Anonymous Coward on 2012年03月17日 16時08分 (#2119056)

    シャープは過去の経営戦略として、まず国内の液晶パネルの需要を満たすことを選択しました。
    今回のはそういう過去の経緯を振り返っての発言かもしれません。

    国内で重点を置いて海外を軽視した結果、北米にブランド価値を築くことに失敗したのは、
    その後、サムソンなどとの競争で劣勢に立たされる大きなハンディキャップになったと思います。
    日本国内だと、亀山ブランドなどともてはやされて、飛ぶように売れていた時代もあったのに、
    今ではアメリカのウォールマートあたりでは、サムソンより安く値づけをしないと振り向いてもらえないわけですから。

    過去の経営戦略を反省するという意味では適切な発言でしょう。ただ、本気を出すにしても、もう時期を逸しているかもしれません。
    得意とする液晶パネルや太陽光発電パネルのどちらも薄利多売のビジネスになってしまいましたから。

  • 「ウチは、本気を出さないコトを…強いられているんだっ!」
    --
    にゃんぱすー( ´ ▽ ` )ノ 器の大きな人の唄を歌います!
  • by patagon (1453) on 2012年03月17日 13時43分 (#2119007) 日記

    コーヒー飲んだら本気出す。
    明日から本気出す。
    みたいなもん?

  • by Anonymous Coward on 2012年03月17日 14時06分 (#2119011)

    「明日からがんばろう」という発想からは…
    どんな芽も吹きはしない…!
    そのことに20歳を越えてまだ…わからんのか…?

    明日からがんばるんじゃない…
    今日…
    今日だけがんばるんだっ…!
    今日をがんばった者…
    今日をがんばり始めた者にのみ…
    明日が来るんだよ…!

    • by Anonymous Coward

      明けない夜はないし、止まない雨も無い。
      どんな奴にも死が平等に訪れるように、生きている限りどんな奴にも明日が訪れる。

      #明日死んでいるとか生きているかとか、そんな事は知らん。

  • by Anonymous Coward on 2012年03月17日 18時24分 (#2119093)

    【1月】 初っ端から飛ばすと後でばてる。2月から本気を出す
    【2月】 まだまだ寒い。これではやる気が出ない。3月から本気出す
    【3月】 年度の終わりでタイミングが悪い。4月から本気を出す
    【4月】 季節の変わり目は体調を崩しやすい。5月から本気を出す
    【5月】 区切りの良い4月を逃してしまった。6月から本気を出す
    【6月】 梅雨で気分が落ち込む。梅雨明けの7月から本気を出す
    【7月】 これからどんどん気温が上昇していく。体力温存の為8月から本気を出す
    【8月】 暑すぎて気力がそがれる。9月から本気を出す
    【9月】 休みボケが抜けない。無理しても効果が無いので10月から本気を出す
    【10月】 中途半端な時期。ここは雌伏の時。11月から本気を出す
    【11月】 急に冷えてきた。こういう時こそ無理は禁物。12月から本気を出す 
    【12月】 もう今年は終わり。今年はチャンスが無かった。来年から本気出す

    参考文献 [amazon.co.jp]

  • 需要の先食いをしてしまえば、その後は奈落の底が待っていることは
    過去の例でも明白なのに、シャープやパナソニックは危機感がなかったですね。
    日立なんか読み切って、メモリ、テレビ、HDDと早めに手放して逃げ切ったのに、
    タイタニック号状態で目の前に氷山が現れて、舵を切っても惰性が付いて
    避け切れなかったって感じでしょうか。

    過去の例
    ・オイルショック時の製紙業界
    千載一遇のチャンスとばかり、競って設備投資をした結果
    何年も続く不況で、設備を廃棄する羽目に
    ・杜仲茶
    テレビでみのもんたが杜仲茶はいいと一言褒めたため、売上倍増。
    取り次ぎからせっつかれて、供給能力を増やした後、需要急減、
    会社は身売り。テレビで翻弄された例は他にもたくさんある。
  • by Anonymous Coward on 2012年03月17日 14時05分 (#2119010)

    さすがに記者会見で「弊社はもう先がありません」とは言わないでしょ。

  • by Anonymous Coward on 2012年03月17日 14時50分 (#2119024)

    国内ではある程度強いかもしれないけれど、海外では押し負けているイメージ。
    世界に通用しつつあったソーラーも生産量世界一の座を明け渡して久しい。

    既存の製品について世界視点での今の遅れを挽回することは難しいような気がするので、
    新しい事業ドメインを産み出す位でないと海外にビジネスチャンスはないのでは。

    • インドネシアを始めとした東南アジアの白物家電とか、それなりに成功している分野もあるはずだけど。洗濯機がほとんど屋外に設置されるから筐体を金属でなく、強化プラスチック製にするとか、ローカライズもやってるし。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      そこでガラパゴスですよ・・・・(´・ω・`)

      • by Anonymous Coward

        シャープって、「目のつけどころがシャープでしょ」ってキャッチコピーの割には、
        液晶といい太陽光発電といい、一点集中主義過ぎる気がする。今月発表したメガソーラー発電所の計画は、
        変更予定はないんだろうね。もう少し幅を持たせる余裕はないか。

        # 企業トップで奥田って言うと、トヨタとか大丸(ふたりはプリ・・・違った、兄弟か)とか思い出してしまう。

    • 靴のセールスマンが南の島に靴を売りに行く、例のマーケティング小話を思い出した。

typodupeerror

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

読み込み中...