パスワードを忘れた? アカウント作成
3224935 story
サイエンス

ホッキョクグマは 1 回平均 154 km 泳ぐ 34

ストーリー by reo
集中線を脳内補完してください 部門より

maia 曰く、

米地質調査所がホッキョクグマのメス 52 頭を追跡調査したところ、50 km 以上の遠泳が計 20 頭、合計 50 回観察されたそうだ。1 回の遠泳の平均は時間にして 3.4 日、距離にして 154 km だったとのこと (朝日新聞デジタルの記事doi:10.1139/z2012-033 より) 。

ちなみに最高記録は 10 日間で 687 km を泳いだという固体。「氷の上で休息したとみられるケースもあったが、ほとんどは連続した移動」というから、そのタフネスに驚嘆するしかない。

北極の氷が解けたことによりホッキョクグマたちは、そのしわ寄せでこんな遠泳を、強いられているんだ、とのこと。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • とおもったら

    > オスは首が太すぎて首輪をはめられなかった。
    どんだけでかかったんだ。

    首輪じゃなくてタグ打ち込みとかできなかったのかな。

  • もうあのネタ(?)が出てから幾月がたとうとしていますが、
    あれそんなに面白いのかなあ…あと集中線も

    もうフリット編なんてとっくに終わってフリットもおじいちゃんになってるのに、
    その時に出てきたチョイキャラが未だにネタにされるとは…トホホ
    そんなネタでしかガンダムAGEが取り上げられない現状が残念でならぬ一ファン

    --
    一人以外は全員敗者
    それでもあきらめるより熱くなれ
  • by flutist (16098) on 2012年05月15日 10時45分 (#2153275)

    先月の Science の表紙 [sciencemag.org]に、氷上から海を見つめるホッキョクグマの写真が載ってましたね。見方によって、疲れてるように見えたり、餌を探してるようにみえたり。てういかよく撮ったな、とも。

    ちなみに学名 Ursus maritimus は「海のクマ」ですね。まぁ泳ぎは得意なんでしょうけど。

  • by Anonymous Coward on 2012年05月15日 11時08分 (#2153291)

    自分も150km遠泳したことがあるのであえていうけど、
    ホッキョクグマってめちゃくちゃ泳ぎうまいわけだよね、、、

    人間が20km泳ぐ程度のことじゃないのか?

    • そのうちシロクマの手足がヒレに変化するか水かきが生えたりして。
      後のクマクジラである(違

      親コメント
    • >自分も150km遠泳したことがあるのであえていうけど、

      確かにあなたにはいう権利がありそうですw
      ちなみに、150kmというとどのあたりを泳いだのですか?
      親コメント
    • 昔、ムツゴロウさんがヒグマと一緒に暮らしていたころのエッセイにあった話。

      ヒグマと地上で遊ぶと、人間の体力でも相手できる程度で暑がって遊びをやめるが、
      海で遊ぶと、水冷で体温上がらないから際限なく遊ぼうとして大変だ、とか。

      口ではぁはぁする大型動物は、長時間の運動なら水に入っているほうが有利だそうな。
      それにつけてもシロクマはかわいいな、見てるだけなら。

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2012年05月15日 11時20分 (#2153305)

      ひたすら泳ぎ続けて疲れはてたところで人間は衣食住が保証されてますが、
      ホッキョクグマは自分で確保しなきゃいけません。

      私は20kmも泳げませんが、仮に泳げたところでたぶんそのまま野垂れ死んでるでしょう。

      親コメント
      • 根本的に食えない(主食となるアザラシが獲れない)から泳いでいるわけですしね.

        しかも水温はほぼ0℃. 人間なら数10秒~数分で低体温で死ぬレベルですし, 毛皮も完全防水じゃありませんから水中での保温は期待できず, 皮下脂肪による断熱(飢餓で痩せていれば断熱効果が落ちる)と体内での継続的な熱発生(これまたなけなしの養分を消費)に頼るほか無い. ってところで, 行き着く先は凍死, 溺死, 餓死の三点セットというわけです.

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          >毛皮も完全防水じゃありませんから水中での保温は期待できず

          ホッキョクグマ [wikipedia.org]
          体毛内の空洞も蓄熱の役割を果たすという巧みな保温機構を成立させている。
          体温が殆ど外に逃げないため、体から輻射される赤外線の量が非常に少ない。
          この特性から、赤外線カメラによる空中撮影の際は雪の反射光に遮られる為、ほぼその姿を捉えられないことが知られている。

        • by Anonymous Coward

          凍死, 溺死, 餓死のいずれでもなく
          長時間泳ぐことで、シャチに襲われることが増える点が
          懸念されているようです。

          • by Anonymous Coward
            じゃあ逆にシャチが飢えて死ぬよりずっといいことなんじゃね。欧米の狂信的イルカ保護団体的に考えて。
    • by Anonymous Coward

      150kmって、どっからどこまで、どれぐらいの時間で泳いだの?
      ちょっとぐぐったら、与那国から台湾ぐらいの距離らしいが…。
      ちなみに時速6kmで泳いだとして1日かかるらしいが…。
      ちなみに北島の平泳ぎ100mの記録が57秒だか58秒だかぐらいらしいが…。

      • プールで泳ぐときは起こりえない離岸流とかその逆とか海流を利用すればもっと時間あたりの距離を稼げるでしょうからもう少し視野を広く持って再考してはどうでしょうか?

        親コメント
        • by donadona (37711) on 2012年05月16日 3時44分 (#2154009)

          別人だけど再考してみました。

          まず、大元のACさんがオリンピック級の人と仮定して、静水中の泳ぐ速度を男子1500m自由形の世界記録:6km/hの2/3である4km/hとします。
          #2/3の根拠は噛み付かれたら書きます

          次に、離岸流や海流の速度を調べてみると、
          離岸流:時速3.6km/h程度
          海流:早いものでは6km/h程度(黒潮)
          のようでした。

          さて、仮に泳ぎ始めから泳ぎ終わりまで黒潮にのっていたとすると、実際の速度は時速10km。
          15時間泳ぎ続ける必要があります。ぶっちゃけ、無理な気がしますね。
          カロリー計算してみると、約13メガカロリーと出ました。ごはん53杯分だそうで。やっぱり無理な気がしますね。
          5回ぐらいに分割すればカロリー的にはなんとかなりそうですが、今度は黒潮に乗るための往復移動が大変です。
          離岸流でもたかだか3.6km/h。しかも沖合に出るとこれは弱まります。例えば沖合10kmを流れる黒潮に乗るには2時間程度かかるでしょう。
          帰りも同様に2時間かかるとすると、この往復に必要なカロリーは・・・3.5メガカロリー。ご飯14杯分です。
          あらら残念、黒潮に乗って距離を稼ぐのは体力的に難しそうです。
          そうすると・・・大元のACさんが極力体力使わずに150km遠泳をするには、離岸流や海岸流が充分早い海域でちまちまと往復するしかなさそうです。
          さて、一日あたりに消費可能なカロリーを仮にご飯12杯分とすると、一日に泳げるのは3時間半。
          離岸流の速さとあわせて8km/hで泳げたとすると、28km/日。
          6日あれば行けるようですね。
          フルマラソンを6日連続で全力疾走できるだけの体力があれば、ですが。

          親コメント
        • by Anonymous Coward
          その海流から離脱して泳ぐのが結構な難事だが。 まあ船で拾ってもらったのかもね。でもそれって遠泳なのかね。
    • by Anonymous Coward
      プールで泳ぐのと海流のある海で泳ぐのとは根本的に違うと思う。
      人間が歩くのだって、ウォーキングマシーンの20km とクロスカントリーの20kmじゃ全く違うし。
      • by Anonymous Coward

        そだね。波もあるから大変だと思う。
        #そもそも水温が氷点下って時点で、人間なら即死レベル。w

    • by Anonymous Coward
      ホッキョクグマならば(おそらくは)どの個体でも150km泳げる。

      人間の場合は,よほど訓練・鍛練した人だけが150km泳げるのでは。
      つーか,水分やエネルギーの補給無しでは,150kmを歩く事すら不可能でしょう。

      20kmだって70m/分で計算すれば5時間近くかかるわけで…。
      かなり大変な事です。

  • by gonzo (38147) on 2012年05月15日 16時22分 (#2153559)

    流されているだけというオチだったりして

  • by Anonymous Coward on 2012年05月15日 11時57分 (#2153341)

    >北極の氷が解けたことによりホッキョクグマたちは、そのしわ寄せでこんな遠泳を、強いられているんだ、とのこと。

    氷の上を150キロ歩くより楽なんじゃない? 動物園で見ていても泳ぐほうが速いと思った。

    • by Anonymous Coward

      ホッキョクグマは氷上で空気を吸いに来たアザラシとか捕まえて食べてるはず
      氷が十分にあれば150キロ泳がなくとも狩りが出来るんじゃないの

  • by Anonymous Coward on 2012年05月15日 13時55分 (#2153453)

    最高記録の「10 日間で 687 km」のようなものが平均を押し上げてないか?

  • by hishakuan (32621) on 2012年05月15日 16時32分 (#2153566) 日記

    なぜメスだけでオスは追跡されてないのだろう。
    オスの方が大きいみたいだけど、行動も違うのかね。

typodupeerror

犯人はmoriwaka -- Anonymous Coward

読み込み中...