パスワードを忘れた? アカウント作成
5453015 story
おもちゃ

スコープドッグの原寸大ペーパークラフト、製作進行中 15

ストーリー by hylom
普通の家屋で作っているのがすごい 部門より

あるAnonymous Cowardのタレコミによると、ワンダーフェスティバル2012[夏]において、「PDFクラフト」(ペーパークラフト)による「原寸大スコープドック」が出展されるという(ITmedia、制作者の大日本技研)。

「スコープドッグ」はアニメ「装甲騎兵ボトムズ」に登場する二足歩行型兵器。夏のワンフェスには下半身およびシートまでを制作して展示し、続く来年冬のワンフェスで完成、展示及びPDFデータの販売を行う予定だそうだ。

ちなみに「PDFクラフト」とは、骨格部分に紙以外のものも使用し、また販売するのはPDFデータであるためにこのように名づけたという。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2012年07月20日 19時36分 (#2197179)

    FRP [m-crafts.net]でさえ重心の配置とか微妙なノウハウが必要。

    作って飛ばされたり下敷きになったりしないように。

  • by wolf03 (39616) on 2012年07月20日 20時57分 (#2197231) 日記
    脚立かよ
    上手く設計できたら段ボールだけで乗れそうな気も・・・
  • と思ったら、売る方も購入者が実際に作ることは想定してないのね。
    「こんなすごいものが作れるデータ」を所有するだけで十分なのか。
    しかしまあすごい。よくこんなでかいもの自立できるように作れるもんだ。

    • by SAW_Z (15894) on 2012年07月20日 22時45分 (#2197311) 日記

      頭部だけ作ってもいいんじゃないかと思います。
      腕だけでもいいと思います。

      いっそ、ATXケースにスコープドッグの腕を艤装すればいいと思います(マドハンド的な意味で)

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2012年07月20日 19時57分 (#2197193)

      ペパクラで2mくらいのを作る人はいますね・・・。
      http://labaq.com/archives/51712821.html [labaq.com]

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      降着状態にデザインすれば、六帖か八畳くらいの部屋なら普通に作れそうなのに。

    • by Anonymous Coward

      > と思ったら、売る方も購入者が実際に作ることは想定してないのね。
      > 「こんなすごいものが作れるデータ」を所有するだけで十分なのか。

      原文中途半端にしか読まないやっちゃな。

      http://gadget.itmedia.co.jp/gg/articles/1207/19/news039.html [itmedia.co.jp]

      > マジカルマスケット砲と同じく、購入者が実際に作ることをサッパリ想定していない「スコープドッグ1/1」です。
      > ぜひ、来年の冬にワンフェス会場までお越しいただき、実物を見て「こんなのを、ホントに作るヤツがいるんだ!!」と大笑いしていただければ制作者冥利に尽きます。
      > その際にお笑い料として、オヒネリを

  • by Anonymous Coward on 2012年07月21日 8時31分 (#2197451)

    Open Source Toys Project [twin.ne.jp]を思い出しました。

    ぬいぐるみの型紙をオープンソースとして公開して、作るのはどうぞご自由に、パッチを公開して改良を加えることも可能、
    といったもので、オープンソースの概念をわかりやすく表現してみました、というものでした。

    ずいぶん昔の話なので、ページもリンク切れまくってますが。

    • by Anonymous Coward

      なつかしいな。

      「マルチリンガル環境の実現」だったかによしだともこさんのサインをもらったのを思い出しました。

      ミーハー丸出しだけどうれしかった。

  • by Anonymous Coward on 2012年07月20日 20時10分 (#2197201)

    むせる

typodupeerror

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

読み込み中...