パスワードを忘れた? アカウント作成
6509857 story
テクノロジー

PCを動作不能にする機能を持つボーイングのCHAMPミサイル 68

ストーリー by hylom
電子兵器 部門より
taraiok 曰く、

映画などで核兵器が使用されたとき、クルマのエンジンがかからなくなるといった描写が行われることがある。これは広帯域の周波数成分を持つ電磁衝撃波(Electro-Magnetic pulse、通称EMP)が発生することが原因らしい。ボーイング社はこのEMPを軍事に転用するため、小規模に制御して発生させる機器をミサイルに搭載する「CHAMP(Counter-electronics High Power Microwave Advanced Missile Project)」を開発しているという(ボーイングCounter-electronics High Power Microwave Advanced Missile Project本家/.)。

米国空軍研究所(AFRL)指向性エネルギー総局チームとボーイングおよびミサイルメーカーのレイセオン社ら関係者が見守る中、10月16日の午前10時32分にヒル空軍基地で「CHAMP」のお披露目実験が行われた。実験ではコンピューターなどが数多く稼働する2階建て建築物に高電力マイクロ波の衝撃波を発射。すると屋内で稼働していたPCのモニタから明かりが消え、CHAMPが正常に対象建物内のPCおよび電気システムをノックアウトしたのが確認されたという。

このシステムが完成すれば、特定の建物のPCなどを動作不能にできるようになる。死者を出さずに敵側の電子回路を持つ機器や兵器を無効化できると見られている

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by iwakuralain (33086) on 2012年10月26日 18時35分 (#2259855)

    磁気をシャットアウトするために鉛が仕込んであったフロッピーケースを思い出した。
    20枚入れることが出来るケースだったけどやたらと重かった記憶がある。

    鉛なんかじゃこういうのは防げないレベルなんだろうけど、やっぱり核とかこういった攻撃を考慮すると、重要施設は地下深くってのが当たり前になってくるんでしょうかね。

    • by saitoh (10803) on 2012年10月27日 13時32分 (#2260328)
      鉛じゃなくて鉄板じゃないかなぁ。何か金属が両側に入っていた重たいフロッピーディスクケースは確かに実在しました。
      親コメント
    • by Anonymous Coward

      そもそも磁場って鉛で防げるの?

    • by Anonymous Coward
      電磁波防ぐならアルミホイルで覆えばいいんじゃないか? 厚みはそんなに必要ない気がする。 よくあるシールドケーブルの中身みたくメッシュで覆っただけだと、高い周波数のものは通してしまうと思うけど、アルミホイルならばっちり!のはず。 磁石のように固定された磁場を止めるのは相当な厚みが必要なはず。
      • 磁気シールドのサンプルを触らせて貰った事がありますが
        ほぼ鉄板な感じでした。磁石にも良くつく(ただし反対側には磁力が来ない)
        ってので感心しました。

        親コメント
        • by rhodamine (32563) on 2012年10月26日 20時43分 (#2259956)

          導体が電場を防ぐのは,導体表面に電場があると,それを中和する
          ためいくらでも自由電子が供給されるため,導体内部の電場が
          ゼロになるためです.

          一方,自由電子に相当する「磁荷」は無いので,全ての磁性体はいわば
          電場における誘電体の様に振る舞います.したがって,比透磁率が
          大きい物体ほど磁気分極が磁場の侵入を防ぎます.これが,磁場シールド
          の基本原理です.しかし,分極磁場では外部磁場をゼロまでは中和
          できないので,完全な磁場シールドは完全な電場シールドより遙かに
          難しい技術です.

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            そこで(第一種)超伝導シールドですよ!
            #あんまり強磁場だとダメだけど。

        • by Anonymous Coward

          よく使う磁気シールド材はミューメタルだね。
          まあ鉄板でも良いんだけど。透磁率が大きければ良いから。
          要は、「誘電率の大きい材料で囲えば電場が中に入ってこない」ってのの磁気版。

          • by Anonymous Coward

            正しくは「導電率の大きい材料で囲えば~」です。

            • by Anonymous Coward

              確かに通常の静電遮蔽では導電性の物質を使うことが多いけど、磁気に対するアナロジーで行くならむしろ誘電率の方が正しいのでは?
              #高透磁率材料での遮蔽に対応する電気現象は、高誘電素材での遮蔽だよね?

  • ボーイングのビデオ (スコア:2, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2012年10月26日 18時58分 (#2259868)
    CRTは一斉に落ちたけれど、右手前のPCは粘った。でも結局落ちた。
    そして何よりその間、カメラは動いていた……
    • by Anonymous Coward

      フィ、フィルムで撮影したんです!
      (フィルムも感光しそうだけど…)

  • by Anonymous Coward on 2012年10月27日 12時44分 (#2260303)

    とか言い出す人がいなくてよかたよ。

  • 困るのは米軍で、イラクや中国は平気で進軍してきそうに思うのは私だけだろうか。

  • by Anonymous Coward on 2012年10月26日 19時09分 (#2259883)

    動画見てたらこのミサイルでCDトレイが出てるんだが...ww

    • by Anonymous Coward on 2012年10月26日 20時00分 (#2259926)

      10年以上前になりますが、
      近所に落雷があったとき同じ現象が起きました。

      ♯突然、コンポから重低音が鳴り初めて、
      ♯CDとMDが排出、次の瞬間窓の外でドーンと

      落雷も瞬間的に強い電磁波を生じるものと思うので、
      この実験動画に妙に納得してしまいました。

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2012年10月26日 19時26分 (#2259894)
      メディアが飛んでますな。
      親コメント
    • by Anonymous Coward

      回転中のCDを排出という通常制御じゃありえない挙動を起こしたってことでしょうね

  • by Anonymous Coward on 2012年10月26日 19時04分 (#2259874)

    受信機のアンテナ側に静電対策用のダイオードをつけているように、パソコンにもEMP対策できないかな?

    2、3倍高くても需要はありそう。

  • by Anonymous Coward on 2012年10月26日 19時04分 (#2259875)

    よかった。
    ペースメーカーが停まって死んだ人はいなかったんだね。

    • by Anonymous Coward

      そのうちボーイングの旅客機が墜落するかもよ。

  • by Anonymous Coward on 2012年10月26日 19時55分 (#2259922)

    ここはノイズで画像が乱れるくらいの演出は欲しかったところ

    • by Anonymous Coward

      それは国際救助隊が特許とってるんで

      妨害装置を向けられたカメラが火を噴く機能はあれどうやって実現するんだろう。

  • by Anonymous Coward on 2012年10月26日 20時24分 (#2259940)

    で、そのCHAMPミサイルはいつ頃完成・実戦配備される見込みなの?

    • by Anonymous Coward

      実戦配備されても、使用したら、なぜかジャーナリストのいる建物にピンポイントで命中したりするんだよな。
      フラッシュメモリを消去できるような威力のが。

  • by Anonymous Coward on 2012年10月26日 23時31分 (#2260095)

    こんな事もあろうかと帳簿はソロバンで計算し、PCはそれを転記して印刷する為だけに使った

  • by Anonymous Coward on 2012年10月27日 0時09分 (#2260126)

    アイデア自体は昔からあったな。核使った地域規模ですがw(成層圏で核実験=>ハワイ大停電)
    ようやく、使いやすい形、建物単位で、実用化というところか。
    部屋、車両単位は手榴弾サイズが試作されてたと思うが。。。
    冷戦時代、高高度核爆発の対策で軍用電子機器は色々対策やってたが、
    今世紀になってからはやってないのかな?
    (微細化で耐性下がりまくってる?)
    あと、非核EMPの仕組みは今も同じかな?>通電中コイルを爆縮

typodupeerror

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

読み込み中...