パスワードを忘れた? アカウント作成
9230812 story
GNOME

デスクトップ環境「Cinnamon」のマスコットキャラクターを巡る騒動 143

ストーリー by hylom
いきなり擬人化とはハードルが高いよ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

2012年の1月にLinux Mint Teamによって発表されたGNOME 3ベースのデスクトップ環境、「Cinnamon」について、「マスコットキャラクターが必要か」どうかという議論がGitHub上のIssue #2186で生じた。しかし、反対意見が相次ぎ1時間ほどでIssueは閉じられたようだ。

このIssueを立てたのは日本人のOSS翻訳者であるlindwurm氏で、彼自身は必要だと思っていたらしくIssueを閉じた後にTwitter上で「クールジャパンが伝わらず残念」とジョークを口にしていた。

Issueに対する反応はなかなかのもので、Issueが投稿されてから十数分でSnowlinuxの開発者でありCinnamonの開発にも参加しているdalcde氏から「No.」と否定された他、lindwurm氏と同じ日本人OSS翻訳者のkptech氏からは「I feel cuteness is not enough...(意訳:可愛さが足りない気がする……)」とよくわからない否定を受け、ついにはCinnamonの開発に参加しているgauravjuvekar氏から「Cinnamon doesn't need a mascot. It speaks for itself!(意訳:Cinnamonはマスコットなんて必要としていない。今更何言ってるんだ)」と真っ向から拒否されたことで決着が付いた模様だ。

日本ではオープンソースチャンネルを中心に日本国内のOSSコミュニティでマスコットキャラクターを擁立するところが増えてきたが、やはり世界規模になる本家コミュニティにマスコットキャラクターを立てるにはまだまだ壁は高いということだろうか。

GitHub上での議論

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

読み込み中...