パスワードを忘れた? アカウント作成
9642806 story
サイエンス

線虫は死ぬときに青い光を放つ 38

ストーリー by hylom
メガンテ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

University College Londonの研究者David Gems氏が、線虫が死ぬときに青色の光を発することを発見したそうだ(WIREDArs TechnicaPLOS Biology掲載論文)。

氏らは、死にかけている線虫の一種である「Caenorhabditis elegans」が死んでいく状況をマイクロスコープで観察したという。その結果、その際に内部から青色の蛍光が発せられることを発見したという。

魂が抜けるときに光が……とも思ったが、細胞膜が壊死する際に細胞内からアントラニル酸という物質が放出され、それによって蛍光が発せられるという話らしい。細胞膜の壊死についての考察もされており、「細胞の死」がどういうことかという話にもつながるようだ。

ちなみにこの線虫が観察対象に選ばれたのは、サイズが小さく透明で比較的寿命が短く、またその遺伝子についてもよく研究が進んでいるからだそうだ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

読み込み中...