パスワードを忘れた? アカウント作成
9996004 story
Linux

Linus Torvalds氏のSSDが故障、Linuxカーネルの開発作業に影響 89

ストーリー by hylom
さすがにこの問題にはLinusも対処できず 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Linuxの開発リーダーとしておなじみLinus Torvalds氏がメインで使っているワークステーションのSSDストレージがお亡くなりになってしまい、そのためにLinux 3.12カーネルの作業が中断しているそうだ(本家/.)。

Linusの投稿した「RIP — dead harddisk..」というメッセージによると、当日分のpullはほぼpushしていたそうで、失われたデータは多くはないという。しかし、現在git.kernel.orgに含まれていないpullリクエストやパッチがある場合は再送したほうが良いとのこと。

ディスクはリカバリ出来ておらず、ブートセクタも復旧できていないため希望は薄いとのこと。復旧できない場合、残りのmergeは別マシンで行うとのこと。Linus曰く、この出来事がmergeウィンドウ開始タイミングで起きなかったことが唯一の救いだそうだ。

ちなみにバックアップは無いとのこと。後に投稿されたメッセージによると、Linusはリプレース可能なマシンを使う形を取っているとのことで、大事なものは基本複数台のマシンに載せており、キーなどは別の暗号化されたされたUSBメモリに入れているとのことだ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • ほらやっぱり... (スコア:5, おもしろおかしい)

    by jizou (5538) on 2013年09月12日 19時17分 (#2459128) 日記

    バックドアのこと、さわぎにしちゃうから.... :p
    # 当局、仕事早いなぁ。

  • 僕の業務用PCのHDDが壊れて、過去メール全喪失なんて
    よくあることだし、仕方ないことだし、この世界じゃ些細な出来事だよね

    #上司 激おこ

  • SSDに換装しようかと思っていたところだった。壊れかたが瞬間に全滅っぽい。 復活の呪文 chkdsk /r がきかないなんて・・・
    • Re:やっぱりやめた (スコア:5, すばらしい洞察)

      by miww (14929) on 2013年09月12日 18時21分 (#2459078) 日記

      HDDでも瞬間に全滅することはありますし、SSDだってchkdsk /r が必要な壊れ方をすることも
      あります。

      結局のところ、問題はHDDであるかSSDであるか、という話にはありません。
      復旧のシナリオがあり、そのために必要な準備が適切に実行されているかという話なのです。

      バックアップは取ってたよ!どこに取ってたかわかんないけど!とか
      バックアップは取ってたよ!戻すソフトそのPCにしか入ってなかったけど!とか
      バックアップは取ってたよ!どうやって戻せばいいかわかんないけど!とか

      こうすればリストアできるよ!って手順書通りに作業してみたら
      実はバックアップを正しく取得できてなかったことが判明するとか

      こうすればリストアできるよ!ただし丸3日くらいかかるけど!とか。

      どれもよくあることです。バックアップを取ってるってだけで安心していてはダメです。

      親コメント
    • by iwakuralain (33086) on 2013年09月12日 18時28分 (#2459087)

      そうですよね。
      HDDでもchkdsk /rが必要なこともあるのでHDDもやめほうがいいのかもしれませんね。
      ですのでフロッピーとかテープとかに変えておいた方が良いかもしれません。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        テープやフロッピーは触る場所を間違えるだけでダメになってしまうので止めた方がよいですよ。
        Linusみたいに大切な物はUSBメモリに入れるのがいいのかな。

        • by Anonymous Coward

          USBは記録が揮発するので紙媒体で・・・

          <中略>

          石板に刻んで下さい。

    • by Anonymous Coward

      SSDは、HDDに比べてコントローラが故障しやすいとか、
      ウェアレベリングとかで処理が多いし、 SandForce系は圧縮もかけるからね。

    • by Anonymous Coward
      安かろう悪かろうな製品だったけど、色んなファイルにまんべんなくビット単位化けが起こったことがあった。

      急に、いつも使っているアプリが起動しないなど調子が悪くなって。
      思いつく限りの原因を調べた後、ふと、アプリのバイナリのチェックサムを、別のマシンと比べたら違ってたりして。

      あれこれ壊れたファイルを見ていくと、テキストファイル中の「hoge」が「hnge」にずれてたりみたいな、ビット化けが起こっていて。
      そのファイル自体は、数年前に作ったもので、同じく作った直後に取ったバックアップ中では、「hoge」になっていたから、
      少なくとも、書き込んだ直後には、正しく「hoge」が読み出せたはず。
      その後、どのタイミングでかは分からないけど、1ビット化けたとしか考えられない。

      それ以降、名のあるブランドのしか買ってない。
  • by Anonymous Coward on 2013年09月12日 17時30分 (#2459051)

    Linuxには標準でmdraidがあるというのに。

  • by Anonymous Coward on 2013年09月12日 17時32分 (#2459052)

    (髭剃りCM風に)

  • by Anonymous Coward on 2013年09月12日 17時36分 (#2459054)

    Windowsは1台のPCが起動不能になった際に
    修復して、起動するようにしたいという人をよく見る。
    アプリケーションの再導入などが大変だとも聞く。

    Linuxの場合は、再構築するのが簡単で
    修復するよりも、再インストールからやるほうが早いと言う。

    /home下と/etc下のファイルをとっておけば再設定も簡単だとか
    aptの管理情報からリストを作っておけば
    aptで入れておいたソフトは全部、スクリプトで一括で再導入できるとか…

    でも、Linusみたいな人になると
    ソースからビルドしたものがかなり多くて
    同じ環境を二台作っておくことも、けっこう大変なんじゃないか?

    • LinuxじゃなくてFreeBSDですけど, サーバのシステムディスクをSSDにしたのを契機に, システムの構築・メンテナンスをハードディスク上のシステムディスクイメージで行い, そのイメージをSSD上のパーティションに物理コピーするような運用にしました.

      この運用の目的は, SSD上での細かい書き込みを排除することにより, 寿命を伸ばそうとするものですが, 副次的にシステム環境をパーティションの切り直しとイメージコピーのみで復旧できるようになりました. もっとも, こんな運用ができるのも, OSのディスク管理やブートローダの仕組みを理解した上で, さらに比較的シンプルなUFSを使っているからという条件付きですが.

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2013年09月12日 18時13分 (#2459075)

      Linuxは1台のPCが起動不能になった際に
      修復して、起動するようにしたいという人をよく見る。
      アプリケーションの再導入などが大変だとも聞く。

      Windowsの場合は、再構築するのが簡単で
      修復するよりも、再インストールからやるほうが早いと言う。

      親コメント
      • by SAW_Z (15894) on 2013年09月12日 19時39分 (#2459139) 日記

        たぶんCore i5くらいのPCなら、Ubuntuのインストールを開始して
        それから30分くらいあれば、Ubuntuの上に、LibreOfficeやGIMPや
        GCCその他の開発のためのひと通りのソフトを全部導入することができます。

        /homeからユーザー設定を全部コピーして
        データなどをすべてNASなどに保存していたら
        一時間もかからず、作業を再開できるはずです。
        精神的ダメージが無ければ。

        Windowsも、最近はそのくらい簡単に再構築ができるようになったのでしょうか?

        親コメント
        • by jobsa (39063) on 2013年09月13日 3時01分 (#2459387)

          こういう危機的な状態に陥った場合は、
          短い時間で戻せる、とかいうのはどうでもよくて、どれくらい正しく前と同じ環境を復元出来るか、の方が重要だと思うけどね。
          WindowsはXPを最後に使ってないからわからないけど、当時は全体をイメージバックアップするのが主流だったかな。
          これなら一応完全に戻せるとは思うけど、ソフト的な問題点も戻っちゃう難点。今はどうなんだろう?

          MacはLinuxと同じように、最初にOSをインストールして、あとはバックアップ(前のファイルシステムをそのままバックアップしたもの)をマウントして必要なファイルを戻す感じだね。書き戻すファイルを指定して全自動でやってくれる。TimeMachineの場合。
          マシンを買い替えた時も同様の方法で移行できる。

          親コメント
      • by Anonymous Coward

        Windowsの場合は修復するのは大変なことが多いですよ。
        設定ファイルやレジストリが・・・とかログがいたるところに散らかっていたりとか

        WinSXSフォルダの変態仕様もやめてほしい。
        壊れると復元できない。

        Linuxだから簡単だとは思わないけど・・・。
        設定やログがまとまっているのはやや救いかなとは思う。

    • by Anonymous Coward

      Linusくらいになるとどうだか知りませんが、パッケージ管理をしてるディストリを使ってるなら、
      自分でビルドしたパッケージをそのままmake installとかしないで、パッケージ化して
      パッケージ管理下に置くのではないですかね。
      自分はそうしてますが。

    • by Anonymous Coward

      Winでもメールをローカルで管理しなくなって、ホームディレクトリ(プロファイル他一式)を別ドライブに移したら、
      OSの再インストールにあんまり抵抗なくなったなぁ。

      ソフトによってはライセンス認証がめんどくさいけど(解除してからOS入れなおさないといけないのに忘れてたとかできないとか。サポートに連絡すれば済むけど電話なかなかつながらなかったり面倒)。

      Linuxもドットファイルとetcがあれば再設定はできるだろうねぇ。
      /var/www とかは戻ってこないけど、これはWin同様パーティション次第。

  • by Anonymous Coward on 2013年09月12日 18時21分 (#2459079)

    vzエディタの場合、ソースは正規ユーザー全員が持っているという究極の超冗長バックアップ

  • by Anonymous Coward on 2013年09月12日 18時35分 (#2459094)

    自分が使っていたSSDはあるとき認識しなくなり、
    電源を入れて30分くらいあれこれやってたら
    また復活したこともあった。

  • デスクトップのLinux、どうやってバックアップしてます?
    バックアップツール Déjà Dup (Deja Dup) 使ってる方はいらっしゃいますか?
    アイコンが金庫のやつです。
    Mac OSのTime Machineみたいで便利そうなんですが。
    --
    love && peace && free_software
    t-nissie
typodupeerror

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

読み込み中...