パスワードを忘れた? アカウント作成
10135625 story
アメリカ合衆国

ペンタゴン、「ヨーダ」と呼ばれる人物を解雇か? 16

ストーリー by hylom
フォースとともにあらんことを 部門より
taraiok 曰く、

ペンタゴン(国防総省)が米国を守るために所持している武器のうち、もっとも奇妙で機密度が高いとされているのが「アンドリュー・マーシャル」氏だ。ペンタゴン内で「ヨーダ」の異名を持つ92歳の彼は、40年もの間ペンタゴンのシンクタンク(ONA:Office of Net Assessment)室長を勤め、長期的視野に立った防衛戦略を立案する役割を果たしていた。過去にはソ連の崩壊、中国の世界的な重要度の上昇、戦争における自動兵器とロボットの役割などを予見、冷戦を終わらせるのもに重要な役割を果たしたという。ワシントン内でも信奉者が多いという(MOTHERBOARDDefenseNewsThe Voice of Rossia本家/.)。

しかし、米国では多くの部門が予算削減問題に直面している。これにより、国防長官はヨーダの所属するシンクタンクの再編成や閉鎖についても検討中だ。同氏も解雇される可能性があるという。これに対し、前国務長官のドナルド・ラムズフェルドに加え、6人の元国防長官などが、シンクタンクを維持するようチャック・ヘーゲル国防長官に強く働きかけているとしている。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

読み込み中...