パスワードを忘れた? アカウント作成
10654815 story
Intel

Intel、Atom搭載タブレットの普及に向けてAtomチップを原価割れで販売していた? 62

ストーリー by hylom
WindowsタブレットとするとAtomはちょっとパワー不足? 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Intelはタブレット市場でのシェア獲得のため、タブレットメーカーなどに「Bay Trail」コアのAtomチップを原価以下で提供しているという(fudzillaBARRON'Sslashdot)。

Bernstein ResearchのアナリストであるStacy Rasgon氏によると、タブレット市場が成長してもIntelのタブレット収入は「ほとんどゼロに近い」という。同氏はIntelが1タブレット製品に対して提供している補助金の平均は51ドルになると見積もっている。一方、Intelの最高財務責任者のStacy Smithは、Stacy Rasgon氏の数字は間違ってると発言する。Intelは補助金を与えているのではなく、チップをほぼ原価で提供しているというのだ。Intelは、本来Bay Trailが受け持つと考えていた500ドルタブレット市場と異なる、199ドルから299ドルデバイスでの競争を余儀なくされている。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2014年02月10日 14時02分 (#2542851)

    期間限定なのかwindowsタブレットの市場が十分大きくなったところで本来の価格に戻すのか…。

    • by Anonymous Coward on 2014年02月10日 14時31分 (#2542863)

      いや、期間限定セールをやってるわけじゃなく、「工場の生産量は保たなきゃいけないし作ってしまったものは安値でも売らなきゃいけない」という事情が今の状況を生み出しているのですよ。
      http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/20131227_629062.html [impress.co.jp]
      の「Intel CEO交代」のとこで後藤弘茂氏が論じてますけど

      【後藤】Intelが今抱えてる問題は、Fabを埋めることができなくなりつつあること。Intelのこれまでの強みは、膨大なFabを持って、それを常に最先端設備に展開して、すごく高い平均単価の製品を膨大な数作り、その利益を研究開発にあて、他社よりも進んだプロセスを展開するというサイクルを作り上げたところ。ところが、PC向けCPUのダイはどんどん縮小していて、22nmから14nmになると、全生産キャパシティを埋められなくなるんですよ。そうするとIntelは立ちゆかなくなる。
      【笠原】あの釜(Fab)は埋めない限り、逆に重荷なんですよね。だって、存在するだけでお金がなくなっていくわけだから。
      【後藤】だから、IntelはFabを埋めるだけの市場を作り出せなかったら、ある日転げ落ちる。

      そんなIntelですが立ち止まる様子もなく、BayTrailの次のCherryTrail(14nm)は今年中にも出てくると言われてるので、BayTrailは在庫にさえならなきゃいいんじゃないでしょうか。
      独禁法かなんかで刺されるんじゃないかと心配になりますけど。

      親コメント
      • 転げ落ちる前に委託製造を受けるんですかね
        その場合、できるだけ単価が高くて直接敵にならないところとなりますが

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          共通の敵がQualcommとSamsungだということになるのでAppleの噂が出るんでしょうね。
          敵の敵は敵であっても見方。

      • by Anonymous Coward on 2014年02月10日 14時51分 (#2542876)

        その内容は、「他チップ製造者も同じ苦境にある」という観点を無視しているため、意味がありません。

        最先端半導体生産において真っ先に必要なのは、より微細なプロセスルールで歩留りよく製造する技術です。
        まずこれがないと同じ技術レベルのものを製造することすらできません。
        そしてここでIntelは他企業の3年以上先を行っています。

        その先として、同じプロセスルールならなるべくウェハーの面積を大きくしてより大量生産しより大量販売する、
        という観点がありますが、
        ここでプロセスルールがシュリンクしたことによる「作”れ”すぎ」が問題になるのは
        Intel以外の他企業も同じです。

        その先どうなるかと言えば、企業の力のぶつかり合いです。
        そこでIntelが負けることはありえませんので、結局は

        ・最新プロセスルールで作られたIntelプロパチップを使った製品は、バッテリーがとても長持ちする、より小型でWin8Proなども動作できるようになるなど付加価値がありそこそこの価格を維持する

        ・最新プロセスルールではないチップは、よりIntelでの製造寡占が進む。

        ・Intelにシェアを奪われた他企業は縮小(ディスクリート半導体のみへのシフトなど)や撤退を余儀なくされる。

        ・Intelを含め残った企業は、ウェハー面積を縮小し生産力を下げチップ価格を一定以上に維持する。

        となります。

        親コメント
        • by Anonymous Coward on 2014年02月10日 15時39分 (#2542935)

          > ここでプロセスルールがシュリンクしたことによる「作”れ”すぎ」が問題になるのは
          > Intel以外の他企業も同じです。
          >
          > その先どうなるかと言えば、企業の力のぶつかり合いです。
          > そこでIntelが負けることはありえませんので、

          ところが、そうとも限らないんですな。
          Intelが微細化で他社に対して明らかなリードがあるのはその通り。

          かつては微細化=コスト低下でしたから、これは他社に対して、コスト面でも明らかなリードがある
          ことを意味していました。

          ところが、微細化が困難になるにつれ、この構図が崩れてきました。
          その結果、以下のようなことが起きるわけです。:
          http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/1month-kouza/20131226_629046.html [impress.co.jp]
          > 面白いのはこのSoFIA、Intel社内での製造ではないことだ。

          > これは、IntelのFabは確かに高い技術を誇っているが、その反面生産に要するコストも高い。
          > つまり販売価格を高くできるBoxtonはともかく、低価格製品向けのSoFIAまで製造するとコストに見合わないことになる。
          > このため、SoFIAに関しては外部のファウンダリを使うことにした、ということだろう。

          半導体生産技術においてインテルが世界トップの地位にあることを疑う人はいませんが、
          そのインテルも、分野によっては、既にその地位を失ってるわけです。

          だから、投資を生かせず、Fabを休眠させるみたいなこともあるわけです。
          http://www.usfl.com/?p=34834 [usfl.com]
          >  インテルは14日、アリゾナ州チャンドラーに昨年末完成した大規模な最新半導体工場「ファブ42」(総工費52億ドル)に
          > ついて、当面は使わない予定であることを明らかにした。

          > 生産能力が必要を上回ったという状況。過去にも不況の時期にそういうことがあったが、上昇期には珍しい

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            > かつては微細化=コスト低下でしたから、これは他社に対して、コスト面でも明らかなリードがある
            > ことを意味していました。
            >
            > ところが、微細化が困難になるにつれ、この構図が崩れてきました。

            崩れてませんよ。

            チップ製造で利益を出すには、高収益のチップを作れることが不可欠です。
            これはたとえば最先端プロセスルールで製造されるサーバー向けチップなどです。
            サーバー向けチップでは処理性能とならんで消費電力軽減が非常に重要視されますので、
            ここで最先端プロセスルールを持っていないということは許されません。

            なので、上記を持っているインテルからすれば
            圧倒的に収益率の良いサーバー向けチップ(など)向けのラインで、
            空いているところがあればBayTrailなどを埋めとけば小遣い稼ぎになるし自社のシェアも増える、
            程度の話でいいわけです。

            • by Anonymous Coward

              > チップ製造で利益を出すには、高収益のチップを作れることが不可欠です。
              > これはたとえば最先端プロセスルールで製造されるサーバー向けチップなどです。

              これはある程度までは正しいですが、Intelほどの高収益が必要かというと、そうでもないですね。
              Intel以外のFab各社も、Intelには利益率の点で劣りますが、おおむね利益を出しているわけです。
              ここで、利益率はちょっと低くても、生産数が十分多ければ、次世代Fabの建設に必要な資金を捻出できる
              ことに注意が必要です。
              逆に、利益率は高くても、生産数が少なすぎると、次世代Fabの建設に必要な投資の絶対額を賄えなくなり

              • by Anonymous Coward

                あなたの話は
                「Intel以外の企業は影響を受けず、Intelだけひどい目に逢うんだ」
                にしか向いてないので、ぶっちゃけ長々書かれても面白くもなんともないんですが・・・・。

                たとえばその記事ではほとんど触れられていない、
                しかし非常に重要なセグメントであるx86サーバ向けCPUが
                今後急激に伸びなくなるという明確なソースがあればぜひ出してください。
                Intelからすれば、高収益であるx86サーバの下の(主な)セグメントが
                PC用CPUからスマホやタブレットのCPUに挿し替わるっていうならそれはそれで問題ないんですよ?

                その先で、すべてがInte

              • by Anonymous Coward

                > あなたの話は
                > 「Intel以外の企業は影響を受けず、Intelだけひどい目に逢うんだ」
                > にしか向いてないので、

                誰もそんなことは書いてないと思いますが…
                私が書いているのは、「インテルは、半導体生産技術における、現在の特別な地位を失い、
                ふつうのファブになる可能性がある」という話ですよ。

                > しかし非常に重要なセグメントであるx86サーバ向けCPUが
                > 今後急激に伸びなくなるという明確なソースがあればぜひ出してください。

                絶対性能よりも性能電力比を要求するというトレンドがあることですね。
                もちろん、絶対的なシングルスレッド性能を要求する市場は残ると思

              • by Anonymous Coward

                「インテルは、半導体生産技術における、現在の特別な地位を失い、ふつうのファブになる可能性がある」

                そんな状況で、Intel未満の半導体屋がふつうのファブ以下になるとは思わんの?
                他社に比べてアドバンテージを持ってるIntelでさえ崩れる時に、他のファブがそう簡単に漁夫の利を得れる根拠はなんですか?

                そういう話でしょうに…。

              • by Anonymous Coward

                > Intel未満

                Intelって最高の半導体メーカーなんですか?

                研究開発費や設備投資が大きいということは、見方を変えれば損益分岐点が高いということです。
                量的に主力であるx86CPUを搭載したPCの販売台数が減少傾向で、IntelのFabを使い切れないというニュースが流れるから、こんなストーリーが立つわけで。

              • 単に噛み合っていないだけで、評価基準はお二人とも同じように思えます。Intelふうに考えると、彼ら自身に求められる利益率とか賭けの期待値とかがとても高いので、片方のACさんは「利益率が下がる、今後は危うい」という論を展開する。もう片方のACさんから見れば危機と言っても常識的には大したことではなくて、今後IntelがAMDとかかつてのDECやらと同じくらいには維持できる、と考える、というふうに見えます。

                Intelが気にするのは絶対的繁栄、コンピュータ産業の独占的なコントロールであって、同じ市場の一企業として協力してやっていくという意識がなさそうに見えるということはありませんか? Qualcommのようにある分野で50%のシェアを持っている企業を"人並み"と定義するような基準であれば、Intelの今の状況は危機的、先行きは暗い、といえるのではないでしょうか。外から見ると眩しくて困るわけですけども。

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                >Intelからすれば、高収益であるx86サーバの下の(主な)セグメントが
                >PC用CPUからスマホやタブレットのCPUに挿し替わるっていうならそれはそれで問題ないんですよ?

                大問題だとおもいますが。
                PC用のCPUはそれこそ最低価格が50USD-500USDほどですけれど、スマートフォンとタブレットのCPUは20USDで最高峰ですから。
                それだけのIntelの売上が削られる事になります。
                しかもサーバー向けより数が出ているPC向けが置き換わるインパクトは大きい。

            • by Anonymous Coward

              サーバでは性能及び燃費と並んで安定性が重要視されるのであまり意味がない。
              実際この分野におけるIBMや富士通オラクルのCPUとインテルの製品の世代には差があまりない。

        • by Anonymous Coward

          高性能が付加価値になって、顧客がその価値を認めて理想通りに買ってくれるならそうなんでしょうな
          性能が高くても値段も高くて、顧客がその価値を認めず、性能そこそこで安い製品を買うようなら、理想は崩れるだけでしょうな
          現実は後者だと思いますがな
          実際、当初の想定よりも安い価格帯で原価?で売ってるというのが、この記事ですもの

          • by Anonymous Coward

            > 高性能が付加価値になって、顧客がその価値を認めて理想通りに買ってくれるならそうなんでしょうな

            今の場合、22nmや14nmなら明確に電力消費が減る、x86ならWin8Proが動作する、など目に見えたものがありますし、
            市場でも実際売れてますよ。

            > 性能が高くても値段も高くて、顧客がその価値を認めず、性能そこそこで安い製品を買うようなら、理想は崩れるだけでしょうな
            > 現実は後者だと思いますがな

            それだとまずIntel以外の企業が死にます。残ったところをIntelがまとめるだけですね。

            > 実際、当初の想定よりも安い価格帯で原価?で売ってるというのが、この記事ですもの

            他コメで書いてますが、表面上の単品パーツ販売価格だけがすべてじゃないですよ。
            その話はやるならそっちのほうで。

        • by Anonymous Coward

          > その内容は、「他チップ製造者も同じ苦境にある」という観点を無視しているため、意味がありません。
          Intelの競合はチップ製造者ではなくファブレスな設計会社です。違う業界と比べても意味がありません。

          • by Anonymous Coward

            Intelには、半導体生産工場としての側面と、設計会社としての側面があります。
            どちらの面でも競合は存在します。

            そして、設計会社としての側面は安泰です。

            しかし、生産工場としての側面は、
            ・世代ごとに大きくなる生産技術開発・工場建設費用
            ・PCの相対的な地位低下に伴う、生産数横ばいの危険
            という2つの要因から危機にさらされているわけです。

          • by Anonymous Coward

            > Intelの競合はチップ製造者ではなくファブレスな設計会社です。違う業界と比べても意味がありません。

            話のすり替えですね。

            ファブレスな設計会社が設計したチップはだれが作りますか?作れますか?
            それは時代遅れのプロセスルールでいいんですか?
            なぜIntel以外の企業は
            「時代遅れのプロセスルールで製造されていてもIntelを叩きのめせるほど付加価値が高いものを
             都合よく作り出せる前提とする」
            ことができるんですか?

            あなたはアンチIntelの意識が強すぎです。

      • by Anonymous Coward

        生産キャパシティを埋められなくなったら、余ったFabを一つ閉じればいいじゃないか
        Intelより進んだFabを持ってる同業者は無いんだから、競争に負ける心配は無い
        転げ落ちるんじゃなくて、高収益の優良企業からほどほどの儲けで生きながらえる普通の会社になるだけだ

        • by Anonymous Coward

          >高収益の優良企業からほどほどの儲けで生きながらえる普通の会社になるだけ

          それを「転げ落ちる」と言っているのでは?
          別段同業他社より下まで転げ落ちるとは言っていないのでは…。

          • by Anonymous Coward

            高コスト体質であっという間に転げ落ちた企業は数知れず
            特に差別化が難しいコンピュータ分野だと

      • by Anonymous Coward

        だったらARMSoCも作ればいいのに。
        自社で開発しなくても他社から受注して委託生産すれば設備の稼働率が上がるだろ。
        Windowsの対応がイマイチでも
        Andoroid、Ubuntu,FedoraといったLinux勢とiOS等のBSD勢が急速にARM対応を強化しているからメーカーの施設がアレでも安値を武器に台頭してくるのは目に見えている。
        特に、底辺メーカーが安値競争をやめて、高性能、多機能化競争を始めたのはインテルにとっては逆風になるだろ。
        安値競争をやめたと言っても数千円で端末がでっち上げられるわけだから十分すぎるほど安い。
        他社から受注生産してでも稼働率上げて設備の優位を守ったほうが賢明だと思うけどなあ。

        • by Anonymous Coward

          全てIntelの都合のいいように事は運ばないから

    • by Anonymous Coward

      半導体屋の発想としては、ムーアの法則が生きている限り、時間がたてばチップシュリンクしてコストが下がる.......
      チップシュリンクは1回とは限らず、製品寿命が長ければ2回・3回と続く場合がある

      • by Anonymous Coward

        本当に法則が成立していればそうなんだろうな
        当事者発表はかなり盛り込んでいるからそのまま鵜呑みには出来ない

        • by Anonymous Coward

          じゃあ、「ムーアの努力目標」って事でw

      • by Anonymous Coward

        Bay TrailコアのATOMは22nmプロセスで製造されているそうですが、これは結構なコストをかけて製造されているのではないですか?これをさらにシュリンクするとしてそんなに製造原価は下がるものでしょうか。

        • by Anonymous Coward

          ムーアの法則が全面的に有効だった時代は、プロセスが新しくなってもウェハーが大きくなってもウェハー単価は一定、またはコストアップはそう大きくなかった
          当然、シュリンクすればウェハー一枚から取れる収量が増えてコストダウンになる
          今はなかなかそうもいかないので、3番手以下のLSIメーカーが最先端のプロセス/製造ラインにバンバン投資して気軽に最先端の高集積LSIを作れるわけじゃない

  • by Anonymous Coward on 2014年02月10日 14時40分 (#2542866)

    チップ単体として見ても、
    iPod初期、中身のストレージユニット単品のほうが高価なので
    iPodを買って中身のストレージユニットを取り出して別に使うなんてのもありました。

    また、合わせ技で見れば
    インテルのCPUを採用させることで、
    周辺チップでインテルのものを採用させたり、
    各種ライセンスでカネが取れる技術を追加で使わせたりできます。

    その先、たくさん使わせれば技術の成熟も早く、先行投資とみることもできます。

    上記のようなことはどこでもやってることですね。

    • by Anonymous Coward

      >iPod初期、中身のストレージユニット単品のほうが高価なので
      >iPodを買って中身のストレージユニットを取り出して別に使うなんてのもありました。

      確かにあったよね。
      でも、あれって大量購入したAppleは割引価格で安く入手できてたらしいけどね。

      東芝だったかな?使い道がない小型HDDをAppleに採用してもらって、大量生産できたのでコストも下げることが出来たんだよね。
      だからiPod前に生産した分については、量も少ないし儲けもなかった(原価割れだった?)

      • by Anonymous Coward

        > 東芝だったかな?使い道がない小型HDDをAppleに採用してもらって、
        > 大量生産できたのでコストも下げることが出来たんだよね。

        当時はメモリストレージの容量が非常に小さい時代で、
        デジカメなどで小型HDDの需要は普通にありました。
        つーかだからiPodを買って即分解がはやったくらい行われたわけです。

        使い道がなくなってくるのはその何年も後で、1.8インチHDDの時代になってからです。

        • by Anonymous Coward
          取り出されたのは04年発売のiPodminiのいわゆるマイクロドライブですよね。
          iPod自体は01年の発売当初からずっと1.8HDDだったので。
  • by Anonymous Coward on 2014年02月10日 15時12分 (#2542898)

    http://blog.goo.ne.jp/krmmk3/e/441978f63efcaddeca40a6074be207e9 [goo.ne.jp]
    こんな話があるんだが。ブログの人は自分が買ったものは否定しない人なので柔らかく指摘してるけど、要は

    ・MPEG2-TSの再生にハードウエア支援がきかないのでもたつく
    ・H.264はよくあるプロファイルで単純にデコードするならば1080pまで再生できるが、ちょっとフィルタが必要になるともたつく
    ・高ビットレート・高画質のH.264/AVCは再生不可

    これらはライバルになるようなチップでは普通にできるわけで、今、1080pをまともに再生できないってキツい。

    同じ石でもWindowsなら余裕でこなすだけの能力があるんだから、値段下げるよりまずドライバを成熟させてよIntelさん。
    そして、できたら、既存のユーザにもアップデートかかるように採用各社に依頼してよ・・・。

    #なんか初期のTeglaにそっくりだと思った
    #成熟するまでに3世代ぐらいかかるのかな…

    • by satomi (9415) on 2014年02月10日 16時57分 (#2543002)
      >これらはライバルになるようなチップでは普通にできるわけで、今、1080pをまともに再生できないってキツい。
      本当にそうですか?フィルタかかってたり高レートを流すことを普通に出来るのって何がありますか?

      >同じ石でもWindowsなら余裕でこなすだけの能力があるんだから、値段下げるよりまずドライバを成熟させてよIntelさん。
      本当にそうですか?CloverTrailも先代までと比べれば随分マシにはなりましたが。
      親コメント
      • by Anonymous Coward

        本当にそうですか?とか他人の言う事を疑う前に少しはしらべてみるべきじゃね?

        とりあえず手元のNexus 7 2013モデルでは"生の"MPEG2-TSをインターレース解除しながら再生できるよ。
        同系統のCPUを使ったWinodwsとの比較は採用機種のレビューなんかは、ぐぐれ [google.com]ば出てくるじゃん

    • by Anonymous Coward

      安売りに巻き込まれて品質も低いとな?

    • by Anonymous Coward

      fonepad note6に搭載されているのはBayTrailではなくClover Trail(+)という一世代前のチップです。
      (+がつくのはAndroid用の位置づけ)
      ですのでそもそもそのサイトの内容自体が今回のタレコミに関係ありませんし、
      そこに矛先向けて批判しようとしても通りませんよ。

      具体的な違いはこの辺を参照。

      http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ubiq/20130912_615175.html [impress.co.jp]

      • by Anonymous Coward

        世代の差とかじゃなくってさ、Windowsなら余裕にこなしてる事を、同じ石を使ったAndroidだと駄目ってところが主題なのよ。
        もっと性能を引き出してくれっていいたいわけなのよ。

    • by Anonymous Coward

      > http://blog.goo.ne.jp/krmmk3/e/441978f63efcaddeca40a6074be207e9 [goo.ne.jp]

      この記事で指摘されている ASUS Fonepad Note 6 は前世代の Atom Z2580 (Clover Trail+) を積んでおり
      GPU は PowerVR SGX 544MP2 (533MHz) です。

      intel の PowerVR系GPUのドライバサポートは相当今ひとつであったことには大いに同意しますが、
      Bay Trail-T の GPU は intel HD Graphics (Ivy Bridge と同系列)なので、成熟度は全く違うと信じたい…。

    • by Anonymous Coward

      >今、1080pをまともに再生できないってキツい。

      って書いてるけど、あなたが挙げた例のうち、1080pで再生できないのはMPEG2-TSとフィルタが必要なH.264だけってことだね。
      生のMPEG2-TSを再生する必要性があるのは、DLNAサーバとかから再生があるからなのかな。
      逆に言えば、それ以外は問題ないってことだね。

      • by Anonymous Coward

        問題点をずらっと挙げててあっても

        「逆に言えば、それ以外は問題ないってことだね。」

        これをつければ何もかも問題はないことにできる、と?
        ハードウエアデコード支援って、動画再生をやってないアプリでも結構使って処理速度上げたり、電池消費抑えたりしているんで、貧弱だと結構影響多いよ。

        • by Anonymous Coward

          「問題点をずらっと」と言っても、そんなにそれに困る場面がなさそうだね、という感想なんだけどね。
          気に触ったら悪かったよ。

          • by Anonymous Coward

            技術がどうやって使われているか想像できないことは悲しい事だね。
            小麦無いからパンが焼けないと困っているのに、同じ小麦から作られるのにケーキはあると勘違いしてしまうような

            • by Anonymous Coward

              > ハードウエアデコード支援って、動画再生をやってないアプリでも結構使って処理速度上げたり、電池消費抑えたりしているんで、貧弱だと結構影響多いよ。

              具体的にはどのアプリが処理速度をどれだけ上げたり、電池消費を抑えているんですか?
              Atomに対してどれほどの数値的な優位性があるのですか?

              想像するだけなら小学生でもできるわな

  • by Anonymous Coward on 2014年02月10日 15時50分 (#2542945)

    大手メーカ向けの提供価格は確かに低水準な感じはします。

    というのは、怪しい中華ベンダからもBay TrailコアのCeleron CPU N2910搭載Android/Windows8タブレットが販売されてるけど、
    Windows8 OS抜きで$352という、なんというか微妙な価格での販売なんですよね

    10.1インチ 1280 x 800px
    メインメモリ 2GB
    内蔵ストレージ 16GB
    バッテリー 6700mAh
    重量 578g
    (ちなみに上記は、fastcardtechで販売中のMeeGoPad F10のこと)

typodupeerror

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

読み込み中...