パスワードを忘れた? アカウント作成
10816733 story
交通

「空飛ぶ船」、中国の空に浮かぶ 49

ストーリー by hylom
トンデモではない 部門より
zakkaeye 曰く、

2014年4月4日、人民網日文版が南方日報の記事を紹介する形で中国初の地面効果翼機「翔州1」が実用化段階を迎えたことを報じた。 

地面効果翼機とは、地表付近を移動する翼に発生する揚力を利用して低空を飛行する飛行機のこと。翔州1の最大飛行高度は30~50mにとどまるようだが、最高速度は210km/h、巡航速度でも140~160km/hとかなり高速。同記事は「地面効果翼機は世界最速の船舶」とぶち上げている。

価格について記事はまったくふれていないが、飛行艇などの水上機にくらべて安価に製造できるのは確実。航空機や船舶との棲み分けがうまくいけば、ビジネスとして成り立つ可能性はありそうだ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2014年04月08日 15時27分 (#2577909)

    もう、有無を言わせないほどに圧倒的じゃないか。

    http://labaq.com/archives/51416865.html [labaq.com]

  • カスピ海の怪物に比べるとずいぶん小さな機体ですね。 その分運用しやすくて使いではあるかもしれません。 #あとは写真の影の方向があっているかかだなぁ、とか言ってみたり
    • 日本も20年位前に [nmri.go.jp] 研究してたんだけどねえ…。 [archive.org]

      中国は実機作っちゃうもんなあ。調子が上向きの国っていいな。
      親コメント
      • 日本も20年位前に [nmri.go.jp]
        研究してたんだけどねえ…。 [archive.org]

        中国は実機作っちゃうもんなあ。調子が上向きの国っていいな。

        スピードはずっと遅いけど、テクノスーパーライナー(TSL)ってのがありましたな。
        東日本大震災のときに仮設宿泊所として活躍したのでしたっけ?

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          あれはどちらかというとホバークラフトに近いんじゃないかな。
          双胴船の中央の空間を仕切って空気を送り込んで浮き上がるんですよね。
          これはTSL-A船型ってやつでもうひとつTSL-F船型ってのもあるんですが、こっちは水中翼船タイプ。
          どちらも、表面効果を使ってませんので今回のものとはまったくの別物と考えたほうがよろしいかと思います。

      • by Anonymous Coward

        いや、国で云々以前に民間で作っている様なもんだろ。
        アメリカでも個人向けが有ったはず。
        もちろんこの手が大好きなロシアでは

    • by Anonymous Coward on 2014年04月08日 15時52分 (#2577930)

      全ての船舶に対する回避義務があって、飛行高度が低いからダウンバーストを喰らっていつ水面に叩き付けられるか知れたものではないし、形状・規模からしてレーダー無しの有視界飛行専用みたいだし、そのくせワイパーの存在も疑問(荒天時どうやって運用するのだろう)があって、中翼だから波高50cmでも主翼に波を被りそうだし、下手すると自分の立てた波も主翼に引っかけそうで、ステルス性が高いと云うことは非作戦飛行時に航空・船舶事故をよく起こすと云う事だけし、基本水上機だから飛行艇の操縦技能証明(この機体翔州1ならピストン単発かな?)と船舶免許両方が喩え中共でも必要だろうけど、着陸可能なタイヤが無さそうだから飛行場で運用出来ないけど、陸上ピストン単発操縦技能証明が不要なのはメリット(陸上運用不可能なデメリットの方が大きいという人もいるだろう)かな?
      耐塩水構造・運用が要求されコストがかかる飛行艇がマイナーで、さらに前述の問題を抱えた地面効果翼機が実用化しないのは、故有っての事だ。

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2014年04月08日 17時28分 (#2577990)

        追記
        船舶等の回避しなければならない物体が針路上に現れた場合、当然高度を上げるか・変針するかして回避する訳だが。
        高度を増す場合、大体が地面効果を当てにして最低燃費(=最低高度を多分失速しない最低速度)で飛んでいる訳だから揚力を増し高度を増す速度エネルギーマージンなど有る訳も無し、速度を上げる為推力を増してから機首を上げる訳だが、プロペラが機上にマウントされているから、頭下げの傾向が増して間に合わないケースが多そう。
        変針して回避する場合、機首垂直舵翼が無い以上、通常の航空機と同様に機体を傾けて変針するのだが、大体が地面効果を得るために最低高度飛んでいる訳だから、傾けて下がった主翼(それも中翼にマウントされている)が水面を打ちかねないし、機体を傾けた結果の鉛直揚力の低下も併せ、其れ等を補う為に上げ舵で高度を増す速度マージンも無いから、速度を上げる為推力を増してから機首を上げる訳だが、もう此処からは同様に、プロペラが機上にマウントされているから、頭下げの傾向が増してやはり間に合わない、或いは主翼が水面を打つケースが多そう。
        随分事故が多発する事になるだろうけど、衝突した電車と同じ様に沈めて、魚礁にする(埋めた電車と違ってこちらは役に立つ)のかな。まあ後に引き揚げられて売り飛ばされそうだが。
        小形飛行艇では飛沫避けやプロペラが水を打つのを避ける為、推進器を機上にマウントするのは一つのセオリーなのだが、地面効果翼機としては筋が悪い様な気がする。
        じゃあ代案はと問われれば、機首部に若干上向きにマウントすべきと応えるしか無いし、ソ連の先人もそうしている様だ。

        ああ、他人が苦労して開発しているのを貶して悦に浸るのは楽しいなぁ。(ゲスめ)

        親コメント
    • by Anonymous Coward

      > ずいぶん小さな機体ですね。

      結構平原の広がるカスピ海の周辺と違って、中国から海の向こうを見れば、狭苦しい場所が多いからじゃないでしょうか。
      ホバークラフトなら浜へ上陸し、条件が良ければさらに内陸まで侵攻できますが、こちらはそういう運用は出来ないものの速度は倍ですね。< 何を物騒なことを考えているんだ?

    • by Anonymous Coward

      なんだよ反重力じゃないのか

  • 海面に飛行機の影が無いですよ。

    http://j.people.com.cn/mediafile/201404/04/F201404041117168011892621.jpg [people.com.cn]

    明らかに合成写真に見えますが。
    ホントに飛んだんでしょうか?

  • by hgsdrk (13085) on 2014年04月08日 16時29分 (#2577951)

    飛行艇っぽい見た目と違って、ホバークラフトに近いんですよね。原理も機体性能も。
    エンジン駆動のファンでスカート内に空気を送り込んでエアークッションを形成する代わりに、
    飛行機よりも短い翼を使って、機体下に連続的にエアークッションを形成して、超低空を滑るように進むという。
    (だから、見かけと違って、水面近くより上には浮き上がれない。)

    飛行機より重量物運べるし、機体が巨大なほど安定して運航できるらしいんですが、
    (そのためカスピ海の怪物はデカく作っている)
    ホバークラフトが、荒天に弱いのと、港湾施設側の設備に大改修が必要なため
    民間用途ではほぼ完全に駆逐されていったのと同じ理由で、そもそも、始まりすらしなかったと。。。。。。。

    まあ、個人的には、是非、リバイバルして頂きたいアレゲ乗り物ではあります。

    • by saitoh (10803) on 2014年04月08日 17時16分 (#2577983)
      アーサーCクラークの「未来のプロフィル」だったかにGEM(ground effect machine) が広く普及するって予測がかかれてたのを思い出しました
      親コメント
    • by Anonymous Coward

      >飛行艇っぽい見た目と違って、ホバークラフトに近いんですよね。原理も機体性能も。
      大型化して効率を考えるとそうなるだけで、レジャー用とか連絡用を考慮した物は小っちゃかったりもっとずっと飛行機に近かったりしますよ。
      通常の飛行艇より着水速度をずっと遅い物も作れるので、用途次第なら小型にも有利だったりします。

      継続運用するのなら、ずっと大きな船や空港を整備して通常型の飛行機を運用した方がローコストなんですが。

  • 30年ほどか、もっと前にルイジ・コラーニって人の
    エアロフォイルボートっていう船(飛行機?)の写真を見たんですが、
    これとはまた違うものですかね?

    画像探したらありました。

    http://www.rcgroups.com/forums/attachment.php?attachmentid=542535 [rcgroups.com]

    --
    --------------------
    /* SHADOWFIRE */
  • by i_i (22332) on 2014年04月08日 21時40分 (#2578179) 日記

    リンク先の画像を見て海面スレスレを飛ぶ一式陸攻 [wikipedia.org]を思い出した。

  • エンジンと本体のバランスがマンガみたいですね

  • by Anonymous Coward on 2014年04月09日 8時53分 (#2578340)

     地面効果は機体の大きさと速度によりますが 高度十数メートルでもあります。
     航空機で地上数メートルを高速でパスすると 空気のクッションでフワフワしてけっこう気持ちいいです。
    この気持ちよさに嵌るとついいろいろ画策してしまうんだろなと おもいます。

    • by Anonymous Coward

      エースコンバットって、そんな遊び方も出来るのか。

  • by Anonymous Coward on 2014年04月08日 15時08分 (#2577905)

    韓国の地面効果翼機構想はもう消えて無くなったはずだが
    アメリカではホビー機が飛んでるという話はあるが

  • by Anonymous Coward on 2014年04月08日 16時02分 (#2577938)

    地面効果と言えば、エアロトレイン [wikipedia.org]もよさげ。

  • by Anonymous Coward on 2014年04月08日 17時22分 (#2577987)

    駄目なの?

  • by Anonymous Coward on 2014年04月08日 20時16分 (#2578108)

    次は火を吐く車ですね。

  • by Anonymous Coward on 2014年04月08日 21時04分 (#2578149)

     比べてはいけないと思うんですが、ボートのドラッグレースだと、400km/hを超えるようで……
     
     http://www.youtube.com/watch?v=w0sv01Z16zU [youtube.com]
     260mphなんで時速418kmですね。

  • by Anonymous Coward on 2014年04月08日 21時05分 (#2578150)

    「30−50メートルの高度に上昇し飛行し、障害物を回避し、遠くを眺めることも可能だ。」
    ってあるけどそんなに上昇できるものなの?

  • by Anonymous Coward on 2014年04月08日 21時07分 (#2578153)

    そこはかとなく漂う先行者風味からか?

  • by Anonymous Coward on 2014年04月08日 21時11分 (#2578156)

    記事中に「ステルス効果を発揮」とあることからも、軍事利用するつもりなんでしょうね。
    大型化して強襲揚陸する、とか。
    海を挟んで向かい合ってる日本としては、どんな対策すればいいんだろう?
    高さ50mぐらいのネットでも張り巡らす?

  • by Anonymous Coward on 2014年04月08日 21時48分 (#2578184)

    飛行艇にしか見えないのだけど。
    地上効果かなんかしらんけど、高速で水上すれすれを飛ぶリスクのほうが怖いと思うけど。
    普通に空飛べばいいわけじゃん。

    • by hgsdrk (13085) on 2014年04月09日 10時41分 (#2578398)

      飛行艇は軽いものしか運べませんが、WIGは重量物が運べるので、
      飛行艇ではWIGの機能を代替することはできません。
      ということになっています。スペック上は。

      ただ、波浪に弱くて使い物にならんじゃないか、というのは、
      おっしゃる通りで、結局のところ、WIGは商用化出来ていません。
      ただ、飛行艇も運航経費があまりにも高額すぎて、ロクに普及してませんが。。。

      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2014年04月09日 10時08分 (#2578378)

    飛行艇じゃあないの??
    US2のほうが速いような・・・

    • by Anonymous Coward

      US-2:一機100億円、乗員11名、出力3100kW×4+1166kW、(運用経費も)高けーぞー。翔州1(多分レシプロ単発100kW程度?)相手なら、大型観光バス(交代運転手・交代ガイド付)と第二種原付(二人乗可)を比べるようなもの。

  • by Anonymous Coward on 2014年04月10日 0時58分 (#2578960)

    タイトル見てきっとあると思ったのに...
    なんで誰もボアジュースに言及しないんだorz
    # そんなに年くってたのか俺

typodupeerror

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

読み込み中...