パスワードを忘れた? アカウント作成
10925175 story
テクノロジー

腕時計メーカーはスマートウォッチに興味なし? 194

ストーリー by headless
機内ではスマートウォッチの電源をお切りください 部門より
スマートウォッチが話題に上ることも多いが、腕時計メーカーはあまり興味を持っていないようだ。スイス・バーゼルで開催された時計と宝飾の見本市、Baselworld 2014にはGPSを使用して時刻を合わせる腕時計や、スマートフォン連携機能を搭載した腕時計などが出品されていたが、実際のところスマートウォッチの展示は見られなかったとのこと(ITworldの記事本家/.)。

カシオは新たな利便性を提供できるものであれば新しいテクノロジーを搭載するとしつつ、腕時計は腕時計であり、利用者が見たときにいつでも時刻がわかるものでなければならないと説明したという。シチズンはスマートウォッチを作るのは腕時計を作るというよりもiPhoneやコンピューターを作るようなものだとし、同社では腕時計を作りたいというのが基本なのでスマートウォッチを作ることはないと述べたとのこと。また、タグホイヤーのCEOは「高級腕時計を充電する必要があるとすれば夢が失われる」とThe Financial Timesに語っており、スウォッチのCEOもソフトウェアアップデートが何度も必要になる可能性のあるスマートウォッチを腕時計愛好家は喜ばないだろうとコメントしているとのことだ。
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • カシオ (スコア:3, 参考になる)

    by hahahash (41409) on 2014年04月29日 14時45分 (#2590880) 日記

    ブルートゥースでスマホと連携を謳ってるコレ
    http://g-shock.jp/ble/ [g-shock.jp]
    は、スマートウォッチといっていいんじゃなかろうか……?
    というか、30年以上も前から、
    腕時計に電子辞書くっつけたり、計算機くっつけたりしてるじゃん?

    とか思って元記事の方見たんだけど、
    カシオ的には、『付加機能つきの時計』と『ウェアラブルコンピュータ』の間には、
    明確な違いがある。ということらしい。
    あくまでも時計は時計であって、どんなに多機能だろうと『時間を見る』ものだ。と。

    そのこだわりはかっこいいけど、
    カシオ以外のサイトでは、普通にスマートウォッチ扱いされてるんだな……

    • by 90 (35300) on 2014年04月29日 15時17分 (#2590901) 日記

      電池交換も充電もなしで二年間動作、をカタログスペックとしているところがこだわりなんでしょうね。充電しなきゃいけないのでは
      買う気にならない、という意見はよく見ます。充電間隔が3ヶ月とか6ヶ月とか長くなればまた変わってくるんじゃないでしょうか。

      親コメント
      • Re:カシオ (スコア:2, 参考になる)

        by Anonymous Coward on 2014年04月29日 16時04分 (#2590925)

        不人気で見切り売りで買ったGB-6900B-1JFの方持ってますけどbluethoothがONだと電池喰いますぜ、時計とスマホ両方。 あとG-SHOCK+ というアプリが微妙。

        親コメント
    • by LoadFF (27414) on 2014年04月29日 16時45分 (#2590945)

      カシオのそれは腕時計側にアプリを追加できませんからね。
      同じような理由でパイオニアのタッチパネル携帯はスマートフォンじゃないですしね。
      (だからといって、JAVAアプリなどを追加できるガラケーがスマートフォンか
      と言われると・・・う~ん・・・)

      --
      如何なる内容であろうとACでの書き込みは一切無視します。
      親コメント
    • カシオのbluetooth対応G-SHOCK(GB-5600B-1JFと、GB-6900B-1JF)の方向は
      なかなか良いと思います。機能の絞り方がうまい。
      時計画面への表示は最小限で、メール着信通知、電話着信通知。そして音楽再生停止。(あとSNS少々)
      カシオの機能をこのままでデザインの違う製品が出たらヒット商品になる予感はします。
      おおざっぱなイメージだとSputnik Watch [thebazooka.com]のページにある
      デジタルのSputnik Watchみたいな感じですかね。
      普段は時刻だけ表示しておいて通知する時にメールアイコンか音声アイコンが出てくるように。
      ストップウォッチ機能は切り捨ててもよいかもしれない。

       おまけ。現状でサムスン製やLG製のスマートウォッチに購買意欲がわきません。
      例えば2013年9月TechCrunch記事「SamsungのGalaxy Gearスマートウォッチを試した...」 [techcrunch.com]
      この記事の印象では299ドル出そうという気になりませんでした。

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2014年04月29日 15時06分 (#2590893)

      やー。
      スマートフォンが単なる「スマートな携帯電話」とは違うように、スマートウォッチも単なる「高機能腕時計」とは違うんじゃないでしょうか。
      カシオのは言うならば、フィーチャーウォッチとか、ガラウォとか……。

      # 電池が数日で切れてこそスマートウォッチですよ。2年も保つのは失格。

      親コメント
  • エレクトロニクスというのが低価格化、高品質で大量生産、というイメージだった時期があって、高級腕時計というのはそれへの反抗という
    面がありますよね。自動巻きや手巻きの機械式時計というのは絶対的にも性能比でもクォーツ時計より遥かに高価ですし、マイコン一個で
    できることをどうやって機械でやるか、という半ばスチームパンクおもちゃなわけで、反応が薄いのは仕方がないように思います。

    しかし、そうは言っても腕時計なんてまだまだ小さく安くなるんですから、いつかは溝も埋まらないといけないですよね…

  • なんやと!大昔に腕コン売っといてそんな事言うか!
    と、思ったら腕コン売ってたのはセイコーでした。 [dentaku-museum.com]シチズンごめん。超ゴメン。
    でも、10年程前にIBMと共同で [ibm.com] スマートウォッチを試作した [impress.co.jp]のもシチズンなんだよね。結局発売されず仕舞いだったけど。
  • たとえばその昔、電子手帳機能のついた時計なども出た時代がありましたが、ほんの一時の盛り上がりで普及せずに世間から消えていきました。
    スマートウォッチもいまのところ、新しい物好きが飛びついているにすぎません。

    新しい物好きの一部は「新しいものこそ正義。古い物にこだわるのは老害だ」みたいな主張する人々がいますが、
    たとえばあれだけ一世を風靡しているようにみえるスマートフォンですら、価格や使いづらさや電話・メール機能に劣っている事など様々な理由でお断りされ、普及率が半分程度です。
    ※ 昨年11月にはスマホの方が多くなったと話題になったこともありましたが、
      検索してみたところ2014年3月末時点でフィーチャーフォン53%・スマートフォン47%という調査結果がありました。

    スマートウォッチははたして多くの一般人にとって日常に導入したい物かどうか考えてみるべきではないでしょうか?

    --

    ψアレゲな事を真面目にやることこそアレゲだと思う。
  • Protrek自体は気圧計があり、高度計としても使え、気象予測もできるし
    他にも温度計・方位磁針・タイドグラフ・月齢表示ができる
    本当に多機能な腕時計です。もちろんG-Shockでも使えるタイマー・
    ストップウォッチ・目覚まし機能もついています

    でも、日常使うのはぶっちゃけ時計の部分のみ。
    あと目覚ましとタイマーを時々使う程度で、ほかの機能って
    都会で日常生活してる範囲の中では使う機会がないのよね。
    # もちろん、旅行やバイクでツーリングするときにはほかの機能も使うけど

    それ考えると、高い金出してスマートウォッチを買うかと聞かれると
    買わないって断言できる

  • これ http://smartcanvas.jp/ [smartcanvas.jp] を買ったので数年ぶりに腕時計をつける生活をしています。
    で思ったのは自分にとってこれは時間を知るためこ道具ではなくムーミンを見るためのアクセサリだ、ということ。
    ちなみに時間は長年の習慣でiPhoneで見てます。

  • 研究開発ぐらいはしてても人に見せられるものはまだ出来てないとか。

  • by Anonymous Coward on 2014年04月29日 16時33分 (#2590935)

    腕時計メーカーの言っていることは、
    当たっているのかもしれない。

    が、新技術についていこうとせずに凋落の一途をたどった業界の言うことに似ているのも事実。
    近年ではフィルムカメラとか。

    さて腕時計メーカーは、
    どちらに転ぶのだろうか。、

    • 年内にも何百種類もの時計スキンや天気予報アプリが Google Play に並ぶのは想像に難くない。面白くておしゃれなデザインの時計が超高解像度のディスプレイに映ると、案外、どうせ時計を買うならこっちだろと、スマートウォッチが時計の本流ってことになるかもしれない。

      「電話とコンピューターは違うだろ」と油断していた電話機メーカーが痛い出遅れたを喫したように、腕時計メーカーも、同じように大きな商機を逃すんだろうと思います。

      親コメント
    • 携帯電話の時点で,
      腕時計不要説は叫ばれています。
      彼らからすると「いまさら」なのだと思います。

      カシオにしろセイコーにしろ,
      新技術について行っていないわけではないと思います。
      ただ,商品化する,という段階には来ていない,そういうことなんだと思います。
      エプソンなんかは
      http://smartcanvas.jp/ [smartcanvas.jp]
      こんなのも出してます。
      ここまでしておいて,機能は時計のみです。
      でも,コレとアレをこうすればこうなる,みたいな試行錯誤は続けているようです。

      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2014年04月29日 21時06分 (#2591109)

    満足に電話機能が使えない商品ばかりですねぇ。
    誤操作は増えるし、どこを押しているのか分かり辛い。時にはハングアップして電話の機能すら使えなくなる。
    昔の携帯は2週間ぐらい平気で待ち受け出来たのに、今ではせいぜい3日程度。
    薄く、細く、邪魔にならないデザインが多くあったのも昔の話で、小柄な手では握りしめることも出来ない太さ。
    スマートフォンが出回り始める直前が、本当に携帯電話としての機能を追求していたころだったと思います。
    ガラパゴスと呼ばれようが、本当に使いやすいものを求める人にはそちらのほうが重要だった。利便さの代わりに、スマートさを失ったのが今のスマートフォン。
    そのような物に狂ってはいけない腕時計をつけるのは勘弁してほしいし、シンプルな高性能をこれからも腕時計には求めたい。

    • by nim (10479) on 2014年04月30日 11時10分 (#2591402)

      >昔の携帯は2週間ぐらい平気で待ち受け出来たのに、

      昔の携帯は、電話の機能しかついてないのに、待ち受け時間が公称8時間しかありませんでした。

      >薄く、細く、邪魔にならないデザインが多くあったのも昔の話で、小柄な手では握りしめることも出来ない太さ。

      手どころか、肩からかけてもグイグイ食い込む重さでした。

      私はあの時代より、今のスマートフォンのほうがずっといいですねえ。

      親コメント
typodupeerror

犯人は巨人ファンでA型で眼鏡をかけている -- あるハッカー

読み込み中...