パスワードを忘れた? アカウント作成
11415130 story
テクノロジー

脳波でフライトシミュレーターを操縦することに成功 38

ストーリー by hylom
BDIシステムへの第一歩 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ミュンヘン工科大学のTim Fricke教授らの研究チームは「思考の力」のみで飛行機を操縦するという実験に成功したそうだ(GIGAZINESlashdot)。

公開された動画では、脳波を検知するための電極付きのヘルメットをかぶり、ハンズフリーで操縦している様子が映されている。このデバイスでは脳波を計測し、飛行機を操縦するための指示に「翻訳」しているという。

実験では7人の被験者が頭の中で考えるだけで飛行機を操縦したが、どの被験者も上手にシミュレーターの飛行機を飛ばすことができたとしている。この研究は脳の構造を探る「Brainflight」プロジェクトの一環で、EUから60万ユーロ(約8300万円)の投資を受けているとのこと。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 動画プレイヤーの早送り!停止!巻き戻し!巻き戻し!
    ウィンドウ位置移動!別動画ファイル再生!
    マチルダさぁーん!

    #早い!早いよ!スレッガーさん!

    • by Anonymous Coward

      なるほど、一コマしかないパンチラシーンも逃さなくなるんですね。

  • OculusRiftみたいな360度の視覚も当然、内耳にはたらきかけて浮遊感もフィードバックできれば
    本当に空を飛んでいるような気分が味わえそうですね。

  • by Anonymous Coward on 2014年08月07日 16時59分 (#2653031)

    意思疎通も出来るしいろいろ出来るようになるということか。
    自分(のロボ)で自分の介護が出来るようになる・・とか最初に思っちゃったのは高齢化社会だからかなあ。

  • みんなとっくに実現してたよね?
    いや、”実現”とは言わないか?

    でも、脳内でうまくイメージできないものは、脳波でもうまくコントロールできないよね?
    「ここいらで、いい感じに着陸お願いいたします~」でいけるとしたら、シミュレーターじゃないし
  • by Seth (1176) on 2014年08月07日 16時13分 (#2653000) 日記

     なのかな(走召糸色木亥火暴)

    --
    ------------------------------ "castigat ridendo mores"
    • by Kuritsukasa (41955) on 2014年08月07日 16時45分 (#2653022)
      脳波で飛行機を操縦だったらロシア語だと思う。
      親コメント
    • パロディの方ではなく、元ネタのロシア語で考え [wikipedia.org]てくださいよ。

      #ファイヤーフォックス(1982)はさすがにオッサンホイホイかなと思って、ここはYF-21 [wikipedia.org]をネタにして若さをアピールしよう…なんてちょっと考えちゃったんですけど、マクロスプラス(1994)も、もう20年前なんですよね…

      最近は脳波コントロールネタな作品って何があるのかさっぱり思い浮かばない…

      親コメント
      • by aruefu (34582) on 2014年08月07日 17時06分 (#2653039) 日記
        YF-21のガルドみたいに、「ふと思ったビジョン」が反映されてしまわないかって怖さはありますねぇ。

        #ファイヤーフォックスみたいに「言語野」の情報使ってるとは思えないし・・・。
        親コメント
      • by PEEK (27419) on 2014年08月07日 17時31分 (#2653051) 日記

        イズミコのUSHP(うるとらすーぱーひーろーぷりてぃーず)。

        --
        らじゃったのだ
        親コメント
      • by nemui4 (20313) on 2014年08月07日 17時05分 (#2653038) 日記

        僚機を潰す妄想しただけで、実際にやっちゃうと怖いなぁ。
        思考logもブラックボックスに記録するようになると、炉なエロいこと考えてたら自動で通報されたりして。

        漫画で、思考と言うか体感でコントロールする宇宙船を整備するときに「股を思いっきり開け!」っていうのもあったっけ。
        #たぶんあろひろしさんの短編

        親コメント
      • 来年の冬シーズンあたりで放送される予定の「シドニアの騎士 第九惑星戦役」で出てくるはずです. ですが, この新脳集波制御装置は実は(以下ネタバレにつき自粛)

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        ヴヴヴ枠でツッコミどころが満載の「白銀のアルジェヴォルン」が脳波コントロールっぽいですね。
        #通称「駄目な方のアル」。アルドノア・ゼロが「良い方のアル」。

        何をするかではなくどうしたいのかイメージしないとダメだとかどうとか、説明がサッパリ意味不明ですw
        しかもそうしないと歩くこともできないとか、欠陥兵器も良い所。
        ファイアフォックスやYF-21やアーバレストとかも含め、脳波コントロール機は手動操縦装置も備え、
        基本動作なら州土操縦で特に問題ない奴ばかりなんですけどねえ。

        あとフルメタル・パニック!/フルメタル・パニック!アナザーのTAROSも脳波コントロール系かな。
        アーバレストはラムダドライバの制御に、TDD-1はウィスパードによる艦のフルコントロール、
        ブレイズレイヴンはアジャイルスラスタの制御にそれぞれ使ってます。

        #機動戦艦ナデシコのIFSも脳波コントロールに含まれるのかな?

      • by Anonymous Coward

        >最近は脳波コントロールネタな作品って何があるのかさっぱり思い浮かばない…
        機動戦士ガンダムUCとか。
        ユニコーンはサイコミュ使って機体制御もできるんだと。
        手動装置もあるけど、基本動作やバックアップ用かな?

        全身サイコフレームなので他にもゴニョゴニョ。
        #たかがコロニーレーザー一つ!

      • by Anonymous Coward

        しかも脳波コントロールできる!

  • by Anonymous Coward on 2014年08月07日 17時00分 (#2653034)

    マクロスで言うなら多分、BDI(YF-21)よりEXギア(VF-25)に近い気がする。

    BDIは操縦士の「こういう風に飛ぶ」みたいなイメージを読み取って翻訳し、機体にフィードバックする。だから妄想とかでも暴走することがある。他にも「敵がああしてきたらこう対応しよう」みたいな先読みとかも危険(なはず)。

    EXギアは人間の脳が身体に出す「手を動かす」「足を動かす」っていう信号の延長として、「エンジン出力を上げる」「尾翼を動かす」みたいな命令を可能にする。安定性は高いかわりに操縦士の機体への知識が足りないとマトモに飛べすらしない。
    なので身体が追従して動いちゃうような妄想でもない限り暴走の心配はない。

    #オタ以外には多分どうでもいい違いだけど、あえて書いてみた。

    • by Anonymous Coward

      いや、BDIシステムのほうが近いと思います。

      EXギアはバトロイドやガウォークモードにおいてマスタースレイブシステムとして機能しますし、
      ファイターにおいても筋電位を読み取ってパイロットの操作を先読みするような挙動を示します。
      #小説版のミシェルの台詞による。
      が、脳波を読み取る機構はなかったはず。
      だから、劇中では視線認識で敵機をロックしていましたし、EXギアが変形したフットペダルやスティックを操作するシーンもあります。

      BDIはBDIで、エルロンとベクタードノズルがそれぞれ手足と重なるかのようなイメージがあったり、
      ゼロシステムよろしくミサイルや敵機の未来位置が脳内に投影されるシーンがあったりと、
      なんだかよく分からない仕組みですけどね。

      • by Anonymous Coward

        筋電位もだけど、脳だか神経系だかのデータも読んでるっぽい。劇中にはないんだけど、マクロス関連のムック本 [amazon.co.jp]とかにはそういう設定が書かれてるんだよね。
        小説版のミシェルの台詞に関しては、どちらかっていうとフルメタル・パニックのASを拡張したような部分で、EXギアやバトロイド形態のVFは人間に近い動作をさせるために筋電位を読み取ってるっぽい。ファイター形態だとそのまま使えないから別の情報を使う、みたいな。
        劇中に出てきたわけじゃないけど、一応公式が出してるやつだから、公式設定の一部だと思ってる。

        BDIの場合、逆に機体からのフィードバック(レーダーの情報など)もパイロットの脳に送られてるから、その情報とパイロットのイメージが作中でごっちゃになってるのかもしれないね(これは仕方ないことだけど)

  • by Anonymous Coward on 2014年08月07日 17時02分 (#2653037)

    しかも手足を使わずにコントロールできる

  • by Anonymous Coward on 2014年08月07日 17時30分 (#2653050)

    それで「飛行機の操縦が出来た」と言ってしまうハッタリぶりも大した度胸だが、
    面白いのは被験者が事前の練習や操縦法の説明を受けずにうまくコントロールできたと言うこと。

    脳波で機器をコントロール(Brain Machine Interface)というのは以前からある [srad.jp]けど
    前もって被験者に合わせた機器側の調整や被験者側の練習が必要だった。

    なんか人類共通の「右」をイメージした時の脳波パターンとか見つけたんですかね。

    • by Anonymous Coward

      右翼を動かすには金をばら撒いて
      左翼を動かすには演説をする

      どちらも暴力は否定しない

      これなら万国共通のイメージでしょう。

      • by Anonymous Coward
        面白いこと書いたと思ってるの?
      • by Anonymous Coward

        違う。
        右翼を動かすには身の程以上に賛美を与え
        左翼を動かすには不安感を煽る

        • by Anonymous Coward

          あーしっくり来るなコレ
          だから物事を考えすぎちゃうインテリに左翼が多いんだな

          • by Anonymous Coward

            「明日戦争がはじまる」とか突然のポエムを載せた
            捏造新聞とかまさにこれですね。

        • by Anonymous Coward

          不安で動く奴はその時点で勢い有る奴につくだけでしょ。

          世界で左翼運動流行ってたときは、そっちが流行り。
          左翼運動が廃れて、右が流行ってきたら、そっちに行き。

        • by Anonymous Coward

          満州事変を民衆が指示したきっかけって、「中国がずるして満州鉄道の価値を落とそうとしている」というデマを、陸軍が流しまくったことらしいんだよね。
          このデマで右翼も影響受けてるんで、不安を煽ると動くのは右も左も同じはないでしょうか。

          あえて言えば、右は外国の脅威、左は国家権力の脅威を煽るってところが違うかも。

    • by Anonymous Coward

      人類が昔、翼を持った生き物であったことの証明ですよ

    • by Anonymous Coward

      なるほど。むしろ、人間が学習しやすいネタだったとか?

      赤ちゃんを観察していると、脳から適当な信号を出す→右手の動きを観察する、というのをひたすら繰り返して、
      どういう信号を出せばどう動くのかを学習して、最終的に右手の制御系を構築しているように見える。

      フライトシミュレータが選ばれたのは、「高度な操作が要求されるフライトシミュレータですら操作できるんだ!」ではなく、
      実は、「漠然と上下左右へ動く」という程度のなんちゃってシミュレータだったりして、
      その場合、脳波を発する→反応を観察してのフィードバックループによる学習が特にさくさく進みます、という発見、ってなことはないかな。

  • by Anonymous Coward on 2014年08月07日 22時36分 (#2653182)
    最初は、球の皮とか包皮部分と感知していた部分が、数ヶ月もすると形成された部分へリマップされましたし、 痛覚を失っていた部分も一年ほどで感覚が復活しましたので、人間の脳や神経系って意外といい加減だと。 たぶん腕を二本増やしても数ヶ月リハビリすれば、それでごはん食べられるようになると思いますよ。
  • by Anonymous Coward on 2014年08月08日 0時34分 (#2653226)

    正確な年数は知らない。でも20年前からある日本の技術では脳波を読みとるのにヘルメットは不要だ。読みとり装置をいつつけられたのかさえわからない。音声の入出力が可能なので頭の中に携帯が入っているような感覚だ。脳が想像する画像すら読みとることが可能だ。20年も前に、これだけの技術開発ができている。なぜこの技術が一般に公開されないか、それは犯罪に利用されているからだ。犯罪の成果によって、技術開発費、装置製造費、盗聴者の生涯賃金が捻出される。その金額は少なくない、つまり大きな犯罪をして荒稼ぎをしている。一般的には税金を無駄遣いするような人間に取りつくみたいだが、それは見逃してもらうための言い訳にすぎない。実際には税金を使う大企業の社員であればOKのようだ。成果をあげて出世しそうなやつに取りつくとさらに利益率がいい。

    犯罪の度合いが大きいのと、日本の優秀な人材を潰している問題もある。いつまでも見逃していいとは思えない。

    これはフィクションです。

typodupeerror

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

読み込み中...