パスワードを忘れた? アカウント作成
11418273 story
検閲

ドイツ政府が購入したとの話がある監視ソフト「FinFisher」のパンフレットや価格表などがリークされる 3

ストーリー by hylom
どこから出てきたんだ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

以前、世界36カ国で使われている商用スパイウェアとして話題になった「FinFisher」のドキュメントがリークされたそうだ(golem.deSlashdot)。

関連文書をリークしたのは、FinFisherの制作元であるGamma Internationalをパロディ化、皮肉などをつぶやいている@GammaGroupPRというTwitterアカウント。この文書はDropBox上にアップされているが、アクセス集中により現在アカウントが一時無効化されており、ファイルはダウンロードできない。また、The Registerによると、Gamma Groupのドイツ部署がドイツ政府と警察機関にFinFisherスパイウェアを販売し、書類の日付は今年の4月4日だという。

FinFisherは著名なウイルス対策ソフト35製品のチェックを回避できたこと、Windowsストアアプリ版Skypeは監視対象外であること、OS XのSkypeを監視しようとすると「記録モジュールがインストールされた」という通知が表示されるためにFinFisherの存在がバレるといった情報も出ているそうだ。

そのほか、Heise Onlineの情報によれば、ドイツ政府は15万ユーロでトライアル・ライセンスを購入したようだ。ただし、国家安全保障上の理由から契約内容は非公開となっているという。また完全版である「リモート監視ソリューション」を利用するには150万ユーロの費用が掛かるとも伝えている。

FinFisherはFinSpyの名前でも知られており、2011年10月にウィキリークスによって公開されたことで認知されるようになった。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

身近な人の偉大さは半減する -- あるアレゲ人

読み込み中...