パスワードを忘れた? アカウント作成
11618110 story
犯罪

「自ら罪を求める」犯罪者に対して社会はどう対処すべきか 150

ストーリー by hylom
このタイプの事件は今後増えていきそうですが 部門より
insiderman 曰く、

2008年、秋葉原で17名が殺傷された秋葉原連続殺傷事件を起こした加藤智大被告に対する取材を続けているジャーナリスト、篠田博之氏が、被告からのメッセージをブログに掲載している。ここで興味深いのが、「自分を罰して欲しい、有罪にしてほしい」と考えている被告とどう関わるべきか、という話だ。

刑事事件の裁判の目的の1つに「事件を解明し理解する」というのがあるとされているが、被告が自ら罪を望むような事件の場合、十分な議論が行えないため「どうしてそのような事件が起きたのか」という点についてはおろそかにされてしまうという。記事ではその一例である奈良女児殺害事件について、次のように述べている。

小林薫死刑囚の場合は、自ら死刑判決を望み、検察側の主張をやってないことまで丸呑みし、死刑判決をくだされた瞬間ガッツポーズまでやってのけた。これまでの裁判のシステムではこういう被告人は想定されていないように思う。

秋葉原連続殺傷事件もそうだが、最近発生した「黒子のバスケ」関連の脅迫事件も似たようなものだろう。こういった、「自ら刑罰を望む」人たちに対し、社会はどう対処すべきなのだろうか。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • この一言に尽きるのでは…
    特に刑務所入りたさに犯罪を繰り返すホームレスなどはそういうケースだと思います。
    刑務所がある意味セーフティネットとして機能してしまっている現実を認識せねばならないでしょう。
    黒バスみたいなのはさすがにどうしようもないと思いますが…

    --
    一人以外は全員敗者
    それでもあきらめるより熱くなれ
    • by Anonymous Coward on 2014年10月03日 10時17分 (#2687267)

      「希望は戦争」という言論の中で、そんなことが述べられていましたね。。

      現状のまま生き続けたとしても、老いた親が病気などによって働けなくなってしまえば、私は経済基盤を失うのだから、首を吊るしかなくなる。その時に、社会の誰も、私に対して同情などしてくれないだろう。「自己責任」「負け犬」というレッテルを張られながら、無念のままに死ぬことになる。
      しかし、「お国の為に」と戦地で戦ったのならば、運悪く死んだとしても、他の兵士たちとともに靖国なり、慰霊所なりに奉られ、英霊として尊敬される。同じ「死」という結果であっても、経済弱者として惨めに死ぬよりも、お国の為に戦って死ぬほうが、よほど自尊心を満足させてくれる。

      私のような年長フリーターはとっくに「低賃金労働の機械」でしかない。(中略)「働く機械」は壊れるまで働かされて、壊れたらあっさり捨てられるだろう。

      だが、もしこれが兵士として「戦う機械」になるなら、死んでも先に記したように英霊として弔われるだろうし、生きていれば流動化した社会でチャンスも巡ってくる。また、軍務に就いていれば衣食住は保証され、資格もいくつかとれるだろう。今の日本で、年長フリーターが無資格で就業できて、賃金を得ながら資格をとれるような職業に就けるチャンスはどれくらいあるのだろうか?
      http://t-job.vis.ne.jp/base/maruyama.html [vis.ne.jp]
      http://www7.vis.ne.jp/~t-job/base/maruyama2.html [vis.ne.jp]

      「ネトウヨ」と切り捨てるのは簡単だけど、裏側には、そういう社会状況があるんだと思う。

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2014年10月03日 13時22分 (#2687411)

        AKBが夢と希望にあふれてると宣伝した自衛隊員。

        2,3年の任期付自衛隊員は非正規雇用のバイト兵士みたいなもので、将来性は無いし、定年付の本職自衛官からは酷い虐めを受ける。
        かといって自由に辞めることは難しい。
        そして、自ら死ぬ者も。

        経済弱者として自衛隊員になっても、何も変わらないんだよね。

        南洋のジャングルで、20数年間も一人で隠れていた日本兵が、投降して日本に帰ってきて持て囃されたことがあった。
        みんな、「終戦を知らずに20年以上も一人で戦争中だと思ってたんだ」と思ったのかもしれないが、そんなことあるわけがない。
        戦争が終わっていることはとっくに気づいていた。
        おかしいだろ?20年以上も戦闘が発生しないのに、ちょっとジャングルから出て調べようとも思わなかった?
        戦争が続いてると思ったとしても、普通は友軍を探して合流しようとしたりするだろ?

        では、なぜ早く投降しなかったのかは、個人の名誉に関することなので触れないでおこう。

        結局、兵士なんてそんなもの。靖国でとか、バカバカしい話だ。

        親コメント
    • by Anonymous Coward on 2014年10月03日 10時31分 (#2687277)

      安倍政権下で、弱者に対するセーフティネットはどんどん削減されて悪化してますが、気が付いてみたら刑務所にはいるほうがまだ良い状態になってる人もいるんですよね。

      生活苦で自殺する人、餓死する人なんて、まさにその通り。

      デマをツイートしてネトウヨたちを沸かせた片山何某が、生活保護受給者をバッシングしたら、本来は生活保護を受けないと生きていけないような人たちが受給困難になって命を失って言ったり犯罪に走ったり。

      やはり社会保障を改善しないと、生活苦や社会から弾かれた人たちが犯罪に走るのは減らないでしょう。

      みんなの党がアジェンダとやらを発表したみたいですが、老人に書ける社会保障を30%削減して、若者の雇用に振り替えるとか。
      老人は早く死ねってことですね。
      こっちを削減して、そっちに割り振るとか、アホ過ぎます。
      国民の大部分は、若死にするのでない限りは、将来みんな老人になるんですよ。

      老人刑務所なんか、もはや100%国費で運営している老人ホームとなってますよね。
      これももっと増えてしまうでしょう。

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2014年10月03日 11時06分 (#2687306)

        >こっちを削減して、そっちに割り振るとか、アホ過ぎます。

        「31歳フリーター。希望は、戦争。」より

         それを同列に弱者であるとする見方には、私はどうも納得がいかない。
         特に、仕立職人が、妻の葬儀のために手をつけずにいる貯金のために、生活保護を得られないことについて、識者が「妻の葬儀の費用を自力でまかないたいというのは人間の尊厳であり、それを捨てないと生活保護を得られないことに問題がある」と述べていたことが気にかかる。それが尊厳だというのなら、結婚して家庭を持つことや100万円の貯金など夢のまた夢でしかない我々フリーターの尊厳は、いったいどこに消えてしまったのか。

         格差問題の是正を主張する人たちは、高齢者が家族を養えるだけの豊かな生活水準を要求する一方で、我々若者向けには、せいぜい行政による職業訓練ぐらいしか要求しない。弱者であるはずなのに、彼らが目標とする救済レベルには大きな格差が存在するように思える。
        http://t-job.vis.ne.jp/base/maruyama.html [vis.ne.jp]

        親コメント
      • by Anonymous Coward on 2014年10月03日 11時10分 (#2687310)

        >老人は早く死ねってことですね。

        そうでしょう。
        どう考えても老人より若者を生かすべきです。

        親コメント
        • そうでしょう。
          どう考えても老人より若者を生かすべきです。

          若きを責めるな、いつか来た道。
          老いを嗤うな、いつか行く道。

          親コメント
          • by Anonymous Coward on 2014年10月03日 13時04分 (#2687400)

            >老いを嗤うな、いつか行く道

            このままだと老いる前に飢えて死ぬって言ってんだよ

            親コメント
          • いつか行く道に備えて今行く道をぶっ潰すとか…年金の発想と全く同じですね(笑)

            社会的価値の無くなった老人の自殺・老衰死に付き合うほど世界の余裕がなくなっているのですよ。
            特に大往生なんて昔はとても意義ある死としてもてはやされましたが、今や葬儀代墓石代や介護代ですらケチりたくなる世の中。
            かといって不労所得の権化である生活保護者やニートも同じくらいコストが増える(質量が多い分だけこっちの方が厄介か)。
            「生保・ニートを生かし老人を殺す」も「生保・ニートを殺し老人を生かす」のもどっちもイカンのですよ。

            だから、老人も生涯一工員として働け若者と老人の距離が非常に近い町工場や農林業の存在が消える・忌避されるというのは深刻だと思います。
            3Kであればこそ老人も準ニート(新卒失敗組)も非常に近い立場から教導や交流が発生するというのに、それが海外に流出して代わりにインフレ化甚だしい学歴社会と待遇差が甚だしいサービス業とIT業界ばかり興隆していては…
            #まこと民主党政権は日本を腐らせるのに十分な期間であった。あの仕分けと円高でどれほどの国富が腐り立ち枯れたことか。

            親コメント
      • コレの出番か

                 刑務所            さらりいまん
        ----------------------------------------------------
        労働時間  8時間厳守         大体10時間以上
        ----------------------------------------------------
        始業時間  7時50分          8時30分~9時
        ----------------------------------------------------
        終業時間  16時30分         21時~24時
        ----------------------------------------------------
        通勤手段  徒歩数分          満員電車1時間
        ----------------------------------------------------
        昼食     食う              食えない日がある
        ----------------------------------------------------
        夕食     食う              食えない日がある
        ----------------------------------------------------
        夕食後    テレビや読書など自由   仕事
        ----------------------------------------------------
        残業     全くない           ない日がない
        ----------------------------------------------------
        残業代    残業がないから無い   残業あっても無い場合がある
        ----------------------------------------------------
        休憩     午前午後それぞれ15分 上司次第
        ----------------------------------------------------
        土日祝    確実に休み         出勤する日もある
        ----------------------------------------------------
        年数     刑罰に応じる        自動的に40年
        ----------------------------------------------------

        親コメント
  • 無敵の人 (スコア:4, すばらしい洞察)

    by shadowfire (6584) on 2014年10月03日 10時32分 (#2687279) ホームページ

    数年前に西村博之氏が言っていた「無敵の人」ですね。

    無敵の人の増加。
    http://hiro.asks.jp/46756.html [hiro.asks.jp]

    この話に関連するブログ記事で、死刑すら恐れないのは「真・無敵の人」じゃないかという意見もありました。

    犯罪を恐れない「無敵の人」の増殖
    http://blog.goo.ne.jp/makemehappy_2006/e/4f4d179719719da564057749a404c92d [goo.ne.jp]

    資産やら社会的地位・ステータスやら家族、友人といった「大切な何か」が何も無く、
    失うものが何も無い人は無敵の人になりやすいのでしょう。

    抽象的でですが、失いたくないものを持たせる・得させるのが一つの施策になるんじゃないかと思います。

    --
    --------------------
    /* SHADOWFIRE */
    • by Anonymous Coward on 2014年10月03日 11時05分 (#2687304)

      3人に共通するのは「自ら刑罰を望む」という点のみ。同列に扱いすぎだろ。
      渡辺博史被告は自他ともに認める無敵の人で、失うものがなくので控訴を取り下げた。
      加藤智大被告は無敵の人という世間の分析を違うと否定しているし、実際に友人も多い。動機は掲示板でのトラブルだと本人は言っている。
      小林薫死刑囚の場合は、自暴自棄になって裁判を止めた。また、彼には死刑になって罪を償いたいという、贖罪の意味もあった。事件も典型的な行きずりの犯行で、殺人なのかどうかも疑わしい。

      無敵の人でくくりたがる人も、篠田博之っていうジャーナリストも、もう少し正しく分類してから述べるべきでは。

      親コメント
    • by bero (5057) on 2014年10月03日 19時32分 (#2687647) 日記

      お説ごもっともではあるが、(民事裁判に対して無敵の人である当人 [wikipedia.org]が第三者のように)おまえが言うな、と思う

      賠償金の債務が約5億円に上ると報道され、質問を受けた報道陣に対し「支払わなければ死刑になるのなら支払うが、支払わなくてもどうということはないので支払わない」、「踏み倒そうとしたら支払わなくても済む。そんな国の変なルールに基づいて支払うのは、ばかばかしい」と、支払いの意思がないことを明らかにした。

      一般的には民事も(特に商売相手にとって)社会的信用リスクの一つだと思うが
      出廷せず敗訴したうえで賠償を無視するのは、刑事と民事の違いこそあれ同様の「無敵の人」に見える。

      親コメント
  • 望んでない方の刑罰を与えればいいだけだと思う。
    死刑だったら無期懲役か(無いけど)終身刑とか、有罪を望んでいるような発言をしたら、
    それを後悔させるような重罰を与えればいいだろう。

  • by racco (37699) on 2014年10月03日 11時51分 (#2687338)

    なぜその犯罪が起きたのかより反省すべきなのは社会であって受刑者ではない。

    刑罰、隔離することや財産を奪うことに意味があるとしても
    社会が刑罰を課すことに、復讐代行を含意させようとすることがそもそも間違っている。

  • by Anonymous CodeRed (26003) on 2014年10月03日 8時51分 (#2687196) 日記
    ぜひ犯罪を犯す前に申請していただいて望む刑罰を受けていただくと。
    死刑以外の懲役は公営タコ部屋みたいなところで労働していただくと。
    自ら望んだことだから監視とかも必要ないんじゃないかな。
    • by Anonymous Coward

      え、それ無辜の被害者は甘んじて犯罪を受けろ、って言っているような気がしますけど本気ですか?

      • by Anonymous Coward

        「私はこれこれの強盗(傷害でも詐欺でもいいけど)事件を起こしたことにします」と宣言させて罰だけ与えようって話なんでは

        ・・・よくわかりませんが

  • by Anonymous Coward on 2014年10月03日 9時04分 (#2687210)

    小林死刑囚は死刑判決を受けた後に、再審請求 [47news.jp]をしています。
    死刑執行までに2回再審請求をしました。
    再審請求の内容は「自らの控訴取り下げは無効だ」というもので、裁判で誠実な対応を取らなかったことを悔いてのことだと思います。

    小林死刑囚が初犯で被害者1人の殺人でありながら死刑になったのは、「反省がなく、矯正は困難」との裁判官の判断によるものです。
    彼が死刑判決を受けることによって初めて悔いたのであれば、彼の場合は死刑判決は適切であったとしか言いようがありません。

    • by Anonymous Coward on 2014年10月03日 9時46分 (#2687240)

      ちなみに小林死刑囚は最期まで「裁判は茶番だ」と主張しながら処刑されていった。

      元記事のこれも明らかに嘘ですね。
      小林死刑囚は、自分の嘘の供述を元にした裁判をやり直して欲しいという意味で、「裁判は公正でなかった」と主張しただけです。
      また、彼は死刑が確定したのちに、遺族への反省の手紙を送っていますし、インタビューで事件を後悔していると述べています。

      ジャーナリストの篠田博之氏は自説を有効に見せるために、小林死刑囚については読者のミスリードを狙っているとしか思えません。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      「悔いを与えること」を罰の目的にしていいのかな。もちろん、社会復帰が前提なら悔いを感じるのは必要条件だろうけれど、死刑は社会復帰しないんだから。

      それとは別に、小林死刑囚の場合は、「頭を押さえつけて風呂桶に沈めて溺死させた」か「ハルシオンの過剰摂取で溺死した」かの点が裁判では全く争われなかった。誘拐の目的が邪なものだったのは疑いないが、ハルシオン説の方が合理的に思える。これは証拠を付き合わせれば白黒がはっきりする話だったんだから、万が一減刑の可能性があったとしても、それを理由に刑を作すことがあってはならないと思う。

      • いやむしろ死刑に際して「お前はこれに対して暴力を実行したのだ」「こうすればお前も同じ環境にいられた」という意味での悔いを与えるのは最高の刑罰かつ対外的な見せしめになると思いますが。
        米国の死刑に際しての「好きな物を与える」というのも、かなり短縮されてますが同じ意義を持ってますし。

        #だからこそ、そういう努力駆動要因としての欲望が取れ刹那的な快楽を追い求める異常犯罪者にはこのような見せしめが通用しないわけですが。

        親コメント
  • 事件で亡くなった人、怪我をした人だけでなく、現場にいて恐怖を味わって心理的なストレスを受けた人、
    一人の加害者の影響で、たくさんの人が被害を受けていると思います。
    どれだけ罪を償っても、その影響をすべて解消して、何もなかった状態には戻してあげられないのですよ。

    犯人にも、これからこういうい罪を犯す可能性がある人たちへも、まず、その罪の重さを理解させないと。
    犯人を理解するのではなく。

    無差別に人を傷つけて回るような人たちは、そういう意識が大きく欠けているとしか思えないのです....

  • 黒子のバスケの犯人は、重犯罪者( 殺人・強盗など ) 刑務所に送って欲しいが、弁護士などがついたら無理かな。でも、やったことは脅迫だから、チンピラや数年臭い飯を食いにきた駆け出しヤクザと同じ扱いになるのかな。こいつらのほうがよっぽどタチが悪そうだけど。
  • by Anonymous Coward on 2014年10月03日 8時06分 (#2687166)

    「自ら罪を求める」よりも「自ら罰を求める」方が記事の内容からして適切だと思われます。

    • by Anonymous Coward on 2014年10月03日 8時55分 (#2687201)

      たしかに、罰を求めてるんだけど、罰を求められても社会には迷惑があんまりない。それよりも、罰を求める過程で罪を求めているわけで、こっちはちょっと問題がある。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      元記事拾い読み

      「被告人が罪の軽減を主張し、検察側がそれを突き崩すというディベートを通じて真相に迫るというのが裁判の基本的フレームなのだが、現実には、その想定からはずれてしまう事件が増えているのだ。」

      「実は犯罪を犯した側も、自分の事件については自分なりに理解し解明したいという気持ちは持っている。(中略)自分が事件をどうして起こしたのかについては自分でもわからない面があり、自分なりに理解したいという欲求は、犯人自身も持っている。」

      「裁判は刑罰を決めるのが第一義の目的だから、どうしても事件の解明は二の次にされ、複雑な事件が単純なストーリーに押し込められてしまうことも少なくない。」

      「既存のメディアのように被害者感情に配慮してそれにそわない加害者の言葉は封印してしまう、一定の文脈に沿った言葉だけ選び出して報道するというのも、それはひとつの考え方だとは思うが、そうでない試みがあってもよいと思う。」

      という話が、なんかズレてるなぁと。

      • by Anonymous Coward on 2014年10月03日 10時46分 (#2687289)

        これって完全に記事を書きたいジャーナリスト視点ですよね。
        「想定から外れてしまう」事件が増えているという証拠もない、犯罪者が「理解し解明したい」なんて思っていることも根拠はない、ただ傍観者として納得したいとか記事やら本やらにするのに都合のいい情報が欲しいと読めます。

        現実は犯罪者は犯罪を思い出したくもないかもしれないし、裁判が長くなればそもそも忘れてしまっているかもしれない。犯罪自体も判決文には一定の理由やストーリーが書かれていても、実際は犯人自身もこれといった説明可能な動機などなかったかもしれない。

        裁判を真相解明の場と考えるから間違った期待を持つのであって、あれは社会の安定のための調停システムだと思っておけばよいと思います。
        その上で「真相」なるものを知りたい人向けに情報を公開する制度はもっと充実して良いと思いますが。

        親コメント
  • by Anonymous Coward on 2014年10月03日 8時17分 (#2687171)

    どちらかを区別して議論した方がいいかな

    • by maia (16220) on 2014年10月03日 12時42分 (#2687373) 日記

      suicide by copと同類の問題なら、死刑制度廃止が一つの解答になると思った。その是非はともかく。

      元コラムを読むと、事件の解明という裁判の重要な要素が危うくなっている、というような話だった。

      サイコパスを常人が理解できなくても、それは無関係で、有罪無罪や量刑だけ決まればいいという考え方もある。いやいや、それらを妥当に判断するためには事件の解明が欠かせないという考え方もある。

      そんな葛藤は解決できない気もするが(社会が納得するために裁判があり、裁判所は納得を義とする。多分)、本質的な問題は精神医学の問題として、実効的、政策的に予防をどうするか、という課題に集中するのも手。

      相談のシステムが社会にあっても効果的とは思いがたい。親身な人は、かえって最初の犠牲者になりかねない。

      色々逃げ場があればいいかなとも思う。そういう引き出しを複数持てる事は大切。そうなると、家庭や教育なのか。本稿は結論なし。

      --
      #説明責任はないです
      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2014年10月03日 8時19分 (#2687173)

    死刑とか人権を尊重しすぎてるだろ
    一生シベリア(でなくてもいいけど)で強制労働させろや
    それが出来なくなったら薬物実験でも臓器提供でも好きにすればいい

    まあ加害者保護を優先する日本じゃ無理だろうけどな

  • by Anonymous Coward on 2014年10月03日 8時25分 (#2687178)

    公衆自殺機(エンド・ペイン)の設置でOKですね。

    • by Anonymous Coward on 2014年10月03日 8時36分 (#2687186)

      今でさえ自分でやろうと思えばできることを
      設備だけ用意してもあまり意味なさそうですね。
      こういう人にとって死ぬのは結末に過ぎないし。
      「社会にケンカ売って損害を与え、反応を見届け、社会の敵と認定される」
      この一連のプロセスを無害に解消させるなんて無理でしょう。

      群れで生きる以上、はじかれ者の逆恨みを根絶できるわけがない。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      どちらかといえば公営安楽死施設の"ホーム"の方がいいかな

      #そして工場で緑色の食品に加工されると

    • by Anonymous Coward

      自殺幇助を刑法から消す。これだけでよい。
      安楽死が公に認められれば、利用する人も出てくるだろう。

      現在はもちろん自殺幇助は認められてないため、
      誰にも迷惑を掛けずに自殺することは不可能。
      実質的に自殺を禁じている。

      加藤も、事件を起こすまでは尊い市民であり、
      例え本人の希望であっても命を投げ捨てることは許されない。

  • by Anonymous Coward on 2014年10月03日 8時25分 (#2687179)

    生活保護目的で刑務所に入りたくて仕方がない人もいるからなあ。下手に生活保護を申請するより、犯罪を犯して刑務所に入ったほうが楽だという現実もあるしね。

  • by Anonymous Coward on 2014年10月03日 8時39分 (#2687189)

    そもそもの原因作った人間が無罪放免なのがいけないかと。
    問題を解決するには原因を排除しないといけないんだから、罪に問われない現状のままだと永遠に減らない。
    秋葉原の例だと母親を中心とした両親。

typodupeerror

犯人は巨人ファンでA型で眼鏡をかけている -- あるハッカー

読み込み中...