パスワードを忘れた? アカウント作成
11853442 story
医療

多くのがんは遺伝や環境的要因では無く、「不運」のために発症する? 36

ストーリー by hylom
がーん、だな 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

がんは『細胞分裂時に起きるランダムな変異の「不運」に見舞われることによって発生する場合が多くを占める』という論文がScience誌で発表された(AFP)。

調査対象とした成人がんのうち、全体の3分の2がランダムな変異が要因とみられるがんだったという。ただ、残りの3分の1は環境的要因や親から受け継いだ遺伝子に起因するものだったそうだ。ただし、「幹細胞分裂の速度に関して、信頼性のあるデータが科学文献に示されていない」としてこの論文では前立腺がんや乳がんについては対象としていないとのこと。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Patilise (45974) on 2015年01月03日 19時08分 (#2737428) 日記

    不運で片付けられる癌の種類が多いだけ。
    「癌の種類でなく、割合でいうと、環境要因に起因して発生する癌のほうが多い」とのこと。(ソース [cnn.com])

    • by Anonymous Coward

      すみません、そうは読めなかったのですが、「割合でいうと、環境要因に起因して発生する癌のほうが多い」って、そのソースのどこに書いてあるでしょうか?

      • by bghtyu67 (46369) on 2015年01月04日 13時58分 (#2737648) 日記
        これの誤訳ではないでしょうか?

        But nine others appeared at rates noticeably higher than could be expected from cell division alone

        ここ [hopkinsmedicine.org]に挙げられている31種には,(多分)胃・肝臓・前立腺・乳がんが入っていないみたいですから,これだけでは言え無さそうですね.病名の専門用語が私には難しく,ちょっと正確ではありませんが.

        また,9つの癌の運と環境等の因子の大小関係については記事からは"noticeably higher"以外では読み取れませんね.
        運:運以外 が,20:80なのか,10:90なのかでも結論が変わるかもしれません.

        運で決まると言われると色々気になってきて,
        例えば男女や年齢ごとの罹患率の違いは説明できるのか,とか,その辺から見えてくることもありそうです.

        親コメント
        • by Patilise (45974) on 2015年01月04日 22時46分 (#2737855) 日記

          今確認したところ、編集されたのかわたしが読んだときの内容とは違うようですね。
          今見られる内容だとたしかに割合には言及していないようです。
          ですが、論文の図を見ると、Lifetime riskが0.1以上の6種類の癌はすべて環境要因に起因して発生する癌のようです。
          # すみません、サブスクリプションが必要なのでリンクが貼れません

          もっとも、論文の結論としては「環境的要因を減らすことにも、癌の早期発見にも取り組むべき」なので、研究者としては割合で比べるよりどちらも防ぐべき、と考えているかもしれません。

          親コメント
  • ガン家系の人はろくに休息もとらず無理して仕事/遊びをする人が多いと思う。
    休めって言っても聞かないしね。そういう性格ががんを招いているような。

    自分のようなすぐ休むけど暴飲暴食タイプは糖尿病家系ね。

    そういう傾向があるんじゃないかな~?

    • by USH (8040) on 2015年01月04日 0時37分 (#2737530) 日記

      論文の内容を読んだわけでも、読んで理解できるわけでもないけれど、がん細胞の発生原因なら、ランダム要素が大半を占めるには、それほど違和感はない。

      それよりも、発生してしまったがん細胞を、人体の免疫機構がはたらいて排除する、そのシステムの不具合が、がん細胞増殖をゆるしてしまい、影響が出るまででかくなる、そこの部分が大事なのでは?
      で、免疫機構の働きを阻害する要因として、過労やストレス、暴飲暴食、喫煙、睡眠不足があると。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

         その不具合は、往々にして、食事が偏ってる(野菜嫌い等)や無理をしがち、病院が嫌い等が原因で起きることも多く…。
        まぁ、動脈硬化に起因する病気程ではないにせよ、癌も生活習慣に起因する割合は無視できないかと。

    • >ガン家系の人はろくに休息もとらず無理して仕事/遊びをする人が多いと思う。
      >休めって言っても聞かないしね。そういう性格ががんを招いているような。
      そういうのも「ガンの家系」と呼ぶのかも知れないけど、
      それは「ガンの家系」という言葉の定義問題でもあるなあ。

      たとえば
      - タバコを好む遺伝子
      - 危機においては、睡眠時間を削ってもガムシャラに頑張る遺伝子
      - ストレスをため込む性格の遺伝子
      みたいなのを持ってれば、それは先天的/遺伝的な物だろうか。
      それとも後天的/性格的な物だろうか。

      #とりあえず「DNAコピー時の変異を修正する酵素に欠陥がある人」みたいなのも
      #いるそうなので、遺伝子変異は性格だけの問題じゃないよっと。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

       確かに、食事が偏ってる(野菜嫌い等)や無理をしがち、病院が嫌いなどと言った生活習慣に起因する癌は少なくないと思う。
      そして、そういう生活習慣は往々にして、親を真似しているなんてことも。

       なお、病院が嫌いな人を見ていると、嫌いというよりは怖いという感じの人も。
      注射が怖いとか、白衣高血圧なんてかわいいもので、普段は威勢の良いことを言ってても、病気になると悲観症なんて人も…。
      この病気になると悲観症ってタイプは、「癌=絶対助からない」なんて知識が戦前って感じのが多く、医者も悲観が原因で死ぬが怖くて病名告知ができないタイプ。
      そのうえ、人間ドックで要再検査と言われるのも怖くて人間ドックを逃げまくるので、発見時には手遅れということも多く…。
      まぁ、医療費を無駄に浪費しているタイプでもありますな。

    • by Anonymous Coward

      >ガン家系の人はろくに休息もとらず無理して仕事/遊びをする人が多いと思う。
      >休めって言っても聞かないしね。そういう性格ががんを招いているような。

      風邪引いて、38°の熱があっても出社するベキ。
      努力した分だけ、報われる。
      この努力を神様が見ている。

      という根拠のない家系思想=宗教と同じですからね。

      体に悪いことを、知らず知らずに習慣でやっていることが原因の可能性もありえる。

  • 記事を読むと、31種類の癌のうち約1/3の9種類に関しては、遺伝要素や環境要因の影響が見られて、
    他の22種類は癌がランダムな遺伝子のエラーで起きると考えて計算した場合の予測値に沿っていたという話なのね。

    その9種類の癌で、環境要因に起因して発生した癌の割合はどれくらいなのだろうか。そこが知りたいところだ。

  • by Anonymous Coward on 2015年01月03日 17時56分 (#2737384)

    環境適応のためには
    現在必要なくとも日々
    変異細胞を作らなきゃならない

    破滅的な何かが起こってからじゃ
    発現間に合わずに全滅しちゃうから

    けど1000年後に価値を持つ変異が
    現在では単なる害にしかならないと
    1000年後まで存続できんような気も

    このランダムな不運をなくすには
    あらゆる破滅的状況を思考し
    それに対抗しうる遺伝子を網羅
    または
    特化個体を全通り用意するしかないのかな
    必要を満たせば退化するでしょうし

    まぁそんなん不可能だから
    日々不幸を生み出して賄っているんでしょうけれど

    # 実はこの世界がそのシミュレーターだったのだよ

    • by Anonymous Coward

      癌も高齢になってからが大半だし時間オーバーで退場する人間をクジ引きで選んでるだけかもな

    • by Anonymous Coward

      >環境適応のためには
      >現在必要なくとも日々
      >変異細胞を作らなきゃならない

      環境適応のための変異と、一個の生体における部分的な細胞の変異とは、共通するところはあるものの別の話だよ。
      ストーリーのは一個の生命体として産まれた後の問題を話しているものだから、ちょっと話がズレてる。

      環境適応のため、というのに関わるのは生殖細胞における変異だけど、
      癌とかは単なる細胞の複製や分化における作業ミスで特定の部位だけがおかしくなっちゃうもの。

      で、部分的な変異って奴は基本的には免疫とかそこらが頑張って日常的にメンテして治してるんだけど、治しきれないと癌として表面化する。
      この癌が、何かの拍子に環境適応に有利に働いたとしても、その変異は子孫には伝わらないんだよ。生殖細胞と「変異した細胞」とは遺伝子が別々だろうからね。(この辺、ちょっと怪しい部分はあるけど気にしない)

  • by tnka (39757) on 2015年01月03日 18時08分 (#2737393) 日記

    ふぅん。ですね。

  • by Anonymous Coward on 2015年01月03日 18時25分 (#2737400)

    まだ論文を読んでないので何ともいえないが、STAPの例もあるので慎重に見たいところ。

  • by Anonymous Coward on 2015年01月03日 20時34分 (#2737453)

    ガンにならないほうの統計はチェックしたのか?

  • by Anonymous Coward on 2015年01月03日 20時48分 (#2737458)

    タイトルで終わったのでAC

  • by Anonymous Coward on 2015年01月03日 22時22分 (#2737488)

     そもそも進化ってのは其の場其の場の出来合わせ継ぎ接ぎの拡散累積なのだから、個体エラーも計算(してる訳じゃ無いが)のうちって処かな。 でも、本質的見度く云われても、全く有益な情報では無いからそして括りが大雑把に淫してるから、受け入れてもしょうが無い情報だよね。

    • by Anonymous Coward

      よく読んでないね
      親の因果も言及してる

  • by Anonymous Coward on 2015年01月03日 22時53分 (#2737491)

    運者生存という言葉もあるし、古くは生病老死という言葉もある。

    • by Anonymous Coward

      そうだよな。遺伝の機構はがんが知られる以前からあるわけで、安定して発現する条件があるならとうに先人の知恵として集約されているか、遺伝子の持ち主が淘汰されているだろう。

typodupeerror

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

読み込み中...