パスワードを忘れた? アカウント作成
12165076 story
日本

連続児童殺傷事件の加害者の手記、啓文堂書店が取り扱いを中止に 83

ストーリー by hylom
反抗 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

1997年に神戸市で起きた、いわゆる神戸連続児童殺傷事件の加害者が「元少年A」名義で太田出版より手記を出版した。実名を出さないまま、被害者遺族への連絡もなしに出版に至ったことについて遺族らは反発しているが、この手記について、東京の啓文堂書店が販売を中止することにしているという(朝日新聞)。

いったん入荷はしたが、被害者遺族の心情に配慮し、発売前の時点で取り扱わないことを決めたとのこと。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 本の寿命 (スコア:4, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2015年06月17日 13時19分 (#2832232)

    ブックオフが買い取り拒否した方が「本の寿命」は短くなる気がします。
    地元の図書館はどうするんだろう?

    • by Anonymous Coward

      佐村河内のCDみたいにヤフオク価格が高騰しそうな

    • by Anonymous Coward

      逆でしょう。
      中古市場の大手が買い取り拒否をするとなれば、
      仮に消費者が好奇心から読みたくなった場合、
      中古でなく新品を買わざるをえなくなります。
      したがって、ますます増刷につながるでしょう。

      • by Anonymous Coward

        中古CDやレンタルCD廃止するとCDがよく売れるみたいな理論だな。

  • サムの息子法 (スコア:3, 参考になる)

    by EchoRelinquish (35648) <echo2944NO@SPAMgmail.com> on 2015年06月17日 14時01分 (#2832261) 日記

    アメリカでは犯罪加害者が犯罪の手記を出版することで得た印税収入は全て没収され被害者への保障にあてられる、
    サムの息子法 [wikipedia.org]」なるものがあるらしいです。
    日本でも同様の法律が制定されてほしいと思います。

    --
    一人以外は全員敗者
    それでもあきらめるより熱くなれ
    • Re:サムの息子法 (スコア:3, 参考になる)

      by Anonymous Coward on 2015年06月17日 14時31分 (#2832276)

      本件に関しては言えば民事で賠償判決が確定していますので、印税収入の大半は被害者への賠償となるでしょう。

      出版がなければ、本人に賠償額の支払能力がない事は明らかなので、とりっぱぐれが減るという意味では
      救われているように思います。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        ということは、販売中止によって少なくとも経済的には被害者の家族に損害が生じてるってことか?
        誰のための販売中止だよ

        • by Anonymous Coward

          被害者遺族自身が出版の停止、回収を求めてますから、彼らのためでよいのでは。

      • by Anonymous Coward

        普通に就職して働いて妻子持ちということなので、「本人に賠償額の支払能力がない事は明らか」には、疑問があります。

        • by Anonymous Coward

          額が判明しているだけで

          ・1億420万円の賠償判決
          ・慰謝料8000万円で示談成立
          ・慰謝料2000万円で示談成立

          普通に就職して働いて妻子持ち程度に、この賠償額の支払能力があると思いますか?

          • by Anonymous Coward on 2015年06月17日 17時35分 (#2832393)

            単純に疑問だけど、

            >・慰謝料8000万円で示談成立
            >・慰謝料2000万円で示談成立

            示談成立、ってことは訴えられた側(加害者)が支払う意思をみせた、ってことだよね?
            その「支払う」って意思を見せたのは、当時未成年者であった加害当事者の保護者である親、じゃないの?

            「当時未成年者であった加害当事者」は懐を痛めていないと思うんだけど。
            で、あとがきで「僕が生きて、生き抜くのに本を書くのが必要なので。被害者さんごめんね」で、この本出してるんですよね。

            親コメント
          • by Anonymous Coward

            ここの記事によると [livedoor.com]

            毎月7万円(Aが1万円、両親が6万円)を支払っていた。

            だそうです。特別払えない額とは思えません。

            #というか親大変だな

    • by Anonymous Coward

      そもそも30過ぎた妻子持ちが「少年A」って何だよ?
      実名と顔写真付きでやれば読んでやらないこともないが……

      便所の落書きで印税せしめようってのが世間なめすぎだ。

      • by Anonymous Coward on 2015年06月17日 17時12分 (#2832378)

        少年法61条

        家庭裁判所の審判に付された少年又は少年のとき犯した罪により公訴を提起された者については、氏名、年齢、職業、住居、容ぼう等によりその者が当該事件の本人であることを推知することができるような記事又は写真を新聞紙その他の出版物に掲載してはならない。

        少年の時罪を犯した者の実名は掲載してはならないのです。
        しかし、文責を明確にする意味で、著者名は実名で記載されてしかるべきと考えますね。出版によって傷つく方もいるわけだし。
        著者と元少年が同一と判断するかどうかは、読者に任せるということで。

        # そうだ!遺族に心的障害を負わせた傷害罪で、実名で起訴すればいいんだ!

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        よく見ろ、「少年A」だ。30歳だろうが60歳だろうが、男なら「元少年」だろうが。

  • by ymasa (31598) on 2015年06月17日 19時47分 (#2832461) 日記

    太田出版からコメントでましたね。

    『絶歌』の出版について
    http://www.ohtabooks.com/press/2015/06/17104800.html [ohtabooks.com]

  • by ncube2 (2864) on 2015年06月17日 12時58分 (#2832219)

    店長の裁量なのか、取り扱ったり、しなかったりと、支店によって違う書店チェーンもあるそうな。
    (ラジオで聞いたんだけど、どこのチェーンかは失念)

    • by Anonymous Coward

      > 店長の裁量なのか、取り扱ったり、しなかったりと、支店によって違う書店チェーンもあるそうな。

      朝日新聞は啓文堂書店38店舗で販売を中止していると書いてあるのにね。

      • by Anonymous Coward

        啓文堂書店はね
        他のチェーンには触れていない

        • by Anonymous Coward on 2015年06月17日 16時04分 (#2832338)

          地元だけど、元々啓文堂はこういう物議を醸しそうな物とか対立の種になりそうなものは扱わない方針なので、やっぱりって感じ。
          週刊誌とかが少年事件の犯人の実名報道とかやると、当該号は速攻で販売中止。たしか映画がR指定されて話題になったバトルロワイヤルの原作本も扱ってなかったし。

          親コメント
          • by qpwoeiru (47171) on 2015年06月17日 22時56分 (#2832577) 日記

            啓文堂書店はだって、京王書籍販売株式会社だぜ。バックは電車屋だぜ。
            藪をつついて線路に置石でもされた日にゃ、西東京サラリーマンの阿鼻叫喚が見れるぜ?

            親コメント
          • by Anonymous Coward

            本屋のくせに表現の自由を放棄する方を向いているとんでもない本屋だな

            被害者の家族が拒否反応を示すのは心情的にわかる
            しかし、出版業界はそれじゃいかんだろうに

            • by shibuya (17159) on 2015年06月17日 19時07分 (#2832440) 日記

              しかし、出版業界はそれじゃいかんだろうに

              書籍雑誌他売買の小売業者を出版業界の中に括ることに違和感が。

              // 自主規制するな、という話は共感しないでもないですが論旨が乱暴。

              親コメント
              • by Anonymous Coward

                書籍雑誌他売買の小売業者を出版業界の中に括ることに違和感が。

                多種多様な書籍を陳列販売することが求められてるため、再販制度で保護され確実に利潤を確保できるという点で間違いなく出版業界です。
                販売を取りやめるという行いは、再販制度を自ら否定しているとも考えます。

                日本書籍出版協会-再販制度 [jbpa.or.jp]

                また次のように、出版社の下部階層に書店が所属していることも確認できます。
                日本書籍出版協会-日本書店商業組合-各地方書店商業組合-各書店

                // 当該書籍が出版されたことは異常だと思うが、出版した以上書店に販売を中止する権利はないだろう。
                //(ただし売れる見込みがなくそもそも入荷(陳列販売)しないのは有り。その場合でも客からの取り寄せ要求があれば応じる必要はある。)

    • by Anonymous Coward

      取次はどうしているのだろう。
      絶滅危惧種の小規模個人経営書店では、逆に欲しいというところもありそうだけれど。

  • by ymasa (31598) on 2015年06月17日 19時22分 (#2832448) 日記

    地元ではこんな感じらしい。

    神戸連続児童殺傷 「手記」の対応、地元で割れる
    http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201506/0008127792.shtml [kobe-np.co.jp]

    ・神戸市立図書館も対応に苦慮。中央図書館に合わせる方針。
    ・喜久屋書店全店から手記を撤去(本社が神戸市)
    ・神戸市のジュンク堂書店三宮店。200部以上を販売。14日に売り切れ、購入予約が入っている

  • 現時点で総レビュー数1,044、平均1.5、星1つが851。
    が、しかーし ほとんど読んでないで文句付けてる(笑)
    押し売り正義マン多数 登場 カスタマレビュー機能せず
  • by Anonymous Coward on 2015年06月17日 14時40分 (#2832283)

    被害者遺族が更生後の加害者の邪魔する権利ないよな

    • by Anonymous Coward on 2015年06月17日 14時47分 (#2832285)

      加害者と出版社が共同作業で被害者をリンチ、追い撃ちを掛けてると思ったが。

      親コメント
    • 校正後の加害者は罪を償ってるんだから、基本的には普通の生活をする権利はあるし、告白本を出版する権利もある。
      でも、元加害者の出版した書籍で被害者遺族が傷つけられているのであれば、遺族には損害賠償や名誉毀損で訴える権利がある。

      ところで、大人になった元加害者が少年法を盾に匿名で被害者遺族を傷つけるような行動をとって訴えられた場合、裁判では被告人は匿名になるんだろうか。それとも普通の成人として扱われるんだろうか。

      親コメント
      • 私も同じような考え方かな。

        出版することにより誰かを傷つけたなら、それはそれで新たに償う責任が生じるというだけで、行為そのものが許されないというような特別扱いはおかしいんじゃないか。

        というか、こうやって騒がれることによって絶対売り上げ伸びてるよね。
        人の野次馬根性というのは度しがたい…

        親コメント
    • by Anonymous Coward

      本当に更正してたらあんな文かかんよなあ

    • by Anonymous Coward

      更生後の加害者が被害者遺族を傷つけなきゃいけない義務もないけどな

    • by Anonymous Coward

      更生後の加害者の何の邪魔する権利がないって?
      被害者の身を守る権利は無視ですか?そうですかw

    • by Anonymous Coward

      普通にセカンドレイプとなる可能性が。
      更に損害賠償請求しても追加では払えんだろ?

  • by Anonymous Coward on 2015年06月17日 13時30分 (#2832242)

    フライデーの時はもっと自粛多かったような。

    #状況が違うけど

  • by Anonymous Coward on 2015年06月17日 15時01分 (#2832297)

    元少年Aは酒鬼薔薇聖斗本人なのか?それとも他の誰かのペンネームなのか?
    前者ならば、太田出版はその元少年A(確かフライデーで本名を公開された為改名済み)が本人だとどうやって知ることができたのか?
    遺族が話していた、加害者の手紙を読んで持った印象と、今回の件での印象の乖離は、
    加害者と元少年Aが別人だとすれば、すごく納得いくものとなるのだけれど。
    どこかに書かれていた、あの本には内容がないという感想も、他人がそれらしく綴っただけに過ぎないからではないのか?

    仮に他人が元少年Aだと名乗っていたところでバラす必要もないですし、
    元少年Aが加害者だと証明する方法がないから、太田出版が強気に出ているように思えてなりません。

typodupeerror

あつくて寝られない時はhackしろ! 386BSD(98)はそうやってつくられましたよ? -- あるハッカー

読み込み中...