パスワードを忘れた? アカウント作成
12367365 story
お金

車の運転データを収集して保険料に反映させる「テレマティクス保険」 74

ストーリー by hylom
ペーパードライバーなのがバレる 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

自動車に専用機器を取り付けて運転データを収集し、それを元に保険料を変動させる「テレマティクス保険」なるものが登場しているらしい(NHK)。

国内でテレマティクス保険を導入しているソニー損害保険では、急ブレーキ/急発進の頻度など安全運転レベルを点数化し、それに応じて保険料を最大20%分返金するという商品を提供している。また、ほかの保険会社も同様の商品を導入し始めているとのこと。自分で安全運転の度合いを確認できるのであれば、ドライバーにとっても好ましいのではないだろうか。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 行動を売る代わりにその分を代金に充てるって話かと思った。

    30日は無料で試せるようです。
    自動車保険「やさしい運転キャッシュバック型」販売開始について
    http://from.sonysonpo.co.jp/topics/information/20022015_190543.html [sonysonpo.co.jp]

  • 「本人の運転の努力が保険料に反映されるので公平な仕組みだ。今後、計測技術を高めてより便利にしたい」と話しています。(元記事からのの抜粋)

    「努力」の結果としての保険会社が指標とする「安全運転」で事故削減なららいいんだけど、契約者が次年度保険料の割引を目的とした「努力」で事故を誘発する…なんて懸念はないのかな?

    • by Anonymous Coward

      契約者が次年度保険料の割引を目的とした「努力」で事故を誘発する…なんて懸念はないのかな?

      心配ですよね。
      点数が下がるのを嫌って急ブレーキが必要な場面で急ブレーキせず事故になる、なんてことになったら目も当てられません。

      • by Anonymous Coward

        あなたはそんなとっさのときに保険料のことが頭によぎってブレーキをかけるのをためらうほど判断速度が速いのですか?

        • by backyarD (36899) on 2015年08月12日 14時12分 (#2863252) 日記

          走馬灯のように保険料を払い続けた年月を追体験した後、
          ブレーキ可否の判断をするのですね。

          #映画やテレビやアニメでは走馬灯の時間は実時間とは別の流れっぽくなってたので
          #多分そうに違いない。

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          普段から「急ブレーキを避けよう」と過剰に意識して運転していたら
          急ブレーキするかどうか迷う場面で迷う要素が増えてしまうんじゃないでしょうか。

          普通に運転しててもブレーキ踏むべきかどうか迷う場面って意外と多いですし。
          #隣の車線を走る車が急にこちらの車線に寄ってきた時とか
          #駐車場から出ようと車道ぎりぎりで待機している車が動きそうなそぶりを見せたときとか

          • by Anonymous Coward

            保険料の割引を目当てに”過剰に”運転傾向を変えてしまう人って、本質的には安全なドライバーじゃないってことでしょ。
            ”過剰に”意識するあまり必要なブレーキを踏まないようになってしまうのもやはり、もともとの適正に疑問があるんですよ。

    • 最近、自分の運転が燃費志向で危険になっている(カーブで十分に減速しない、信号無視気味)のを自覚しているので、さもありなんって気がする。

      # カメラ用の三軸スタビライザみたいなの(ソフトは専用)に載せてしまえば、前後加速度は簡単にごまかせそう
      # やりすぎるとGPSと整合が取れなくなってばれそうだけど

      • 外して家に置いとけば良いんですよ
        走行距離とかでバレそう^^;
        --

        ------------
        惑星ケイロンまであと何マイル?
        親コメント
      • もしかすると、ハイブリッドカーに乗り換えたら、
        カーブ減速や信号停止での燃費について、
        考え方が変わるかも知れません。

        私も以前から親の車を借りる際は、燃費志向で運転していて、
        「ここまで加速・これから再加速する分のガソリンが…」
        と思いながら、ブレーキを踏んでいました。
        (事故で掛かる費用より安いだろ?と自分に言い聞かせながら。)

        ガソリンなそのカローラアクシオの燃費は、リッター8キロでした。

        親の車がハイブリッドカーになってからは、
        「減速時の発電効率をあげるブレーキのかけ方」
        を意識して、心に重りなくブレーキを使うようになりました。

        カローラアクシオハイブリッドでは、燃費を考えずブレーキ使っても
        (標準搭載の燃費インジケーターによると)リッター16キロ。
        発電効率を意識すると、リッター26キロ。
        ってな感じになってます。ガソリンを切れる回数が激減しました。

        私的にカローラアクシオハイブリッドに変わっての最大の恩恵は、
        「気兼ねなくブレーキを使える」です。
        次点は「4人乗っても、アクセルを踏んで即走り出せる」です。
        以前は4人乗ったらそれなりに踏み込まないと走り出しが遅すぎて後続車が気になるし、
        すぐにアクセルを戻さないと不要な加速になるので、
        アクセル加減にかなり気を使っていたので。

        親コメント
        • 酷い書き間違えをしてしまいました!

          「ガソリン切れる回数が激減」
          ではなく
          「ガソリン入れる回数が激減」
          です。

          なお、カローラアクシオハイブリッド(初代)は、説明書によると、
          バッテリが満充電でもガソリン残量が5リットル未満だと、
          「始動しない」そうで、説明書読んでてビックリしました。

          親コメント
      • by Anonymous Coward

        速度、加速度はメーター直結されるとか、ドップラー効果使って地面との反射を測られたらどうしましょ?

    • by Anonymous Coward

      事故を誘発するような努力を求めては保険会社にとっても本末転倒なので、
      そこは考えてるでしょう。
      もし事故が起きる運転で点数が上がるなら、そりゃ採点が間違ってる。あるいは「テレマティクス保険」という仕組み自体が間違っているか。

      • by Anonymous Coward

        ナガレガーとかいって速度超過を正当化する向きがありますけどあういうのどうなんすかね。

        • by Anonymous Coward

          新御堂筋の40km/hの区間とか、50km/hで走っててもクラクション鳴らされることありますね。

      • by Anonymous Coward

        > もし事故が起きる運転で点数が上がるなら、そりゃ採点が間違ってる。
        > あるいは「テレマティクス保険」という仕組み自体が間違っているか。
        その考えが間違っている。

    • by Anonymous Coward

      もし交差点で一時停止しない方が評価が高くなったりしたら問題がありますよね。
      検索エンジンに対するSEOみたいに変なことにならなきゃいいですが。

      • by Anonymous Coward

        まあそうはいっても「SEOがある以上、検索結果は無意味だ」とも言い切れないわけで、「ちょっとは変なのも混じっているがだいたい合ってる」くらいであれば実用的と言っていいんではないかと。
        テレマティクス保険でぐぐってみると、このストーリーのソニー損保以外でも導入事例があるようだし。

    • by Anonymous Coward

      まず、「掛け金」と「支払った保険金」の総額を比べるようにしないと。99%なら優秀だけど、っていう尺度を消費者が持たない限り保険に公平なんてものはない。

  • by Anonymous Coward on 2015年08月12日 14時04分 (#2863241)

    おおざっぱに言うと「良い運転者は得する」システムですね。実際に小さな所作まで計測してしまうのがこれまでと違ったところ。
    これを応用すれば様々な保険で人の行動を導けそうです。
    ・天ぷらやたばこなどをしないとボーナス(火災保険)
    ・栄養管理がうまいとボーナス(生命保険)
    ・ホテルにひきこもってたらボーナス(レジャー保険)

    計測技術が洗練されれば、保険以外にも応用できそうです。
    ・ポイ捨てなどせず、むしろ拾ったりしてたら税金軽減
    ・わるいともだちと付き合わなければ税金軽減
    ・社内では、大きな声でコミュニケーションで給料アップ
    ・幸せそうだったら税金軽減
    ・笑顔とジョークを絶やさなければ税金軽減
    ・コンピュータを愛していれば税金軽減

    • by Anonymous Coward

      > ・社内では、大きな声でコミュニケーションで給料アップ
      声が大きい人の中には他人の意見を聞かない人もいるので、これだけ合理的ではない気がします。

    • by Anonymous Coward

      善良な市民にとって、コンピュータ様を愛するのは当然です。
      全ての市民の税が軽減されるのですから、コンピュータ様を愛していればという前提も不要です。
      しかも、税金を支払えることは市民の幸福ですから軽減は不要な筈です。

      よって、#2863241は市民ではなく反逆者である(zapzapzap

  • 急加速はどうでもいいけど、急ブレーキはそれなりの頻度で練習しておくべきだ。
    もちろん、後続車や周囲に迷惑がかからない場面でな。

    本気でブレーキ踏んで、どれくらいでABSが有効になるかとか、
    その上で、どれくらいの距離で停止できるかとか、運転者は知っておくべきだと思う。

    あと、単純に、普段やってないこと緊急時に初めてやって大丈夫か? って話もある。
    車種にもよるだろうけど、初めてABS効かせると、結構びっくりすると思うんだ。

    緊急時に少しでも余裕を増やすために、みんなもっと急ブレーキ踏もうぜ。
    例え、それで保険料が増えたとしてもな……

  • 同じような目的の機械で脆弱性がありリモートコントロールができたようです。
    http://gigazine.net/news/20150812-wireless-car-control/ [gigazine.net]

    同じような問題がないといいのですけど。

  • by Anonymous Coward on 2015年08月12日 13時39分 (#2863211)

    凍結路面では急ブレーキのかけようがないから、すべてゆったり運転になるのか?

  • by Anonymous Coward on 2015年08月12日 13時42分 (#2863216)

    この機械の間に繋ぐ加減速を緩やかに見せるバッファ回路だ・・

    • by Anonymous Coward

      どこにも繋がないから。

      • by ymasa (31598) on 2015年08月12日 16時24分 (#2863330) 日記

        「OBDIIコネクター」と接続すると思います。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          加速度センサーだけで済ませているようです。

          http://www.sonysonpo.co.jp/auto/cashback/acsb002.html [sonysonpo.co.jp]

          保険始期日頃に、ご契約者の自宅住所にドライブカウンタをお届けします。ドライブカウンタが届きましたら、
          同封の「スタートガイド」をご確認のうえ、契約車両にドライブカウンタを設置してください。
          両面テープまたはマジックテープでとりつけるため、取付工事は不要です。

          • by ymasa (31598) on 2015年08月12日 17時03分 (#2863353) 日記

            > 加速度センサーだけで済ませているようです。

            加速度センサーだけになったんですねぇ。

            https://newswitch.jp/p/1639 [newswitch.jp]

            同社のデバイスは自動車整備用ポートのOBD―IIに接続し、約150種の情報を取得。スマートフォンと連携して必要な情報だけ分析サーバーに送る。
            (2015年8月6日付)

            親コメント
            • by Anonymous Coward

              その記事の「同社」は「スマートドライブ」という会社のことを指しているのではないですか?
              同記事中に「同社にはアクサ損害保険から出資も決まっており」とありますから別の保険会社であれば別の
              センサを使用する可能性はありますね。

              ソニー損保の発表によれば
              http://from.sonysonpo.co.jp/company/news/docs/20141113_02.pdf [sonysonpo.co.jp]

              > ドライブカウンタは、ソニー損保とオプテックス株式会社両社が共同で開発した「やさしい運転キャッシュ
              > バック型」専用の計測器です。

              であって、、オプテックスの方をみると

  • by Anonymous Coward on 2015年08月12日 13時54分 (#2863227)

    > 保険料を最大20%分返金する
     
    導入に金かけてしかも保険料が安くなるだけとかありえないでしょう。
     
    平均的顧客に対して、運転が荒いと称して保険料上げるとか、
    事故時スピード違反してたから約款により保険金支払わないとか
    なにかしら契約者が損になる仕組みがあるのではと疑ってしまいます。

    そのへんどうなんでしょう?

    • Re:裏がないか? (スコア:2, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward on 2015年08月12日 14時06分 (#2863242)

      この施策によって保険会社の支払い(=事故)が減れば、その分は保険会社の儲けになるので割引の原資にもなるんじゃないですかね。

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2015年08月12日 14時11分 (#2863251)

      自動車保険は事故率が低いほど黒字になります。
      こういったオプションを好むドライバーは安全運転指向が強いと思われるので、保険会社からすればリスクの低い客と見積もれます。
      加入者に占める低リスクドライバーの割合が大きくなれば、利益率の向上が見込めます。
      保険料も下がりますが自動車保険は掛け捨てなので、事故さえ起こされなければ保険会社側は損はしません。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      > 事故時スピード違反してたから約款により保険金支払わないとか

      例えばこれをやることで、ルールを守らない人に無駄に充てる保険金支払いが減ることで
      優良ドライバーへの保険料負担が減らせるんだと思います。

    • by Anonymous Coward

      それで全体に運転が荒くなくなれば、事故率がヘリ、保険会社は保険料減の引き換えに、保険金の支払が減ります。win-winという。

      しかし、
      運転が荒くないほうが「得をする」という点で、運転が荒い人は「損をする」わけですね。
      保険会社の基準で運転荒いと言われたが、俺は事故なんか起こしてないのに保険料高い差別だ云々、
      という可能性はあるでしょうね。

      • by Anonymous Coward

        >運転が荒い人は「損をする」わけですね。
        別に運転が荒くても保険料は上がりませんよ。荒くないと下がるだけで。

        • by Anonymous Coward

          「損」と「得」は相対的なものだ、という意味ではないでしょうか。

    • by Anonymous Coward

      >事故時スピード違反してたから約款により保険金支払わないとか
      悪質な重過失による場合は免責されるようになってるはず。
      そうでなくてもスピード超過だと過失割合が悪くなるので支払いは減る。

  • by Anonymous Coward on 2015年08月12日 16時11分 (#2863326)

    ペーパードライバーがいちばん安全なんですよ。
    だって運転しないんだから事故りようがない。
    なので、テレマティクス以前に距離別保険料ってのができていて、これはもうだいぶ定着してますし、ゴールド免許割引も実質的にはペーパー割引を含んでいるしょう。

    もちろん、ペーパーがいきなり乗り出したら危険ではあるでしょうけど、それよりもはるかに多くの人が、免許とっただけで運転はしないという統計があるんでしょうね。

  • 急ブレーキ・急発進が頻繁に行われる運転というのは、大きく分けて2つあります。

    • 危険を顧みずできる限りスピードを出し、少しでも速く流れている車線に強引に割り込む・交通量の多い道路でろくに安全確認をせずにフルアクセルで加速などを繰り返し、乱暴で危険な運転をした結果、急ブレーキ・急発進が多い状態になる。
    • 到着時間を変えずに、見通しの悪い場所や歩行者がいる場所を徐行するために、安全な場所で急加速や急減速を行う。

    急ブレーキ・急加速と事故の関係の統計をとると、前者による事故の影響が反映されて、急ブレーキ・急発進をしている車は事故が多いという結果になると思いますが、後者のような安全運転をしている車が(到着時間を変えずに)急ブレーキ・急発進を止めて、安定した速度での走行にすると、歩行者の死亡事故の増加の原因となるでしょう。

    日本では大多数の人が、燃費と同乗者の乗り心地を良くするために同じ速度をなるべく維持するような運転をしています。

    しかし、

    1. 交通量が少ない田舎道
    2. 見通しが良く近くに歩行者や他の車両が殆ど居ないような場所
    3. 1人で乗っているので急加速・急減速で頭をぶつけたりする同乗者が居ない

    という場所では、安定して法定制限速度で走り続けるような運転よりも、

    1. 見通しが良く近くに他の車両・歩行者が全く居ない場合では、フルアクセルで急加速し、法定速度を上回る速度で走行する。
    2. その代り、少しでも見通しが悪かったり近くに歩行者等がいるエリア(青信号の交差点を含む)に入る前には、急減速して法定速度を遥かに下回る速度に減速して通過。
    3. 前や後ろに車が居ない場合には交差点の度に信号無視の自転車などが居ても安全なように、青信号であっても交差点突入前に急ブレーキで減速、その後フルアクセスで急加速して元の速度にする。

    のような急ブレーキ・急発進だらけの運転の方が、一般的な運転の仕方(法定制限速度+αを維持するような安定した運転)よりも安全でしょう。それに、眠くならないし、メリハリがあってカースポーツをしているような楽しい気分になれます。

    私は、田舎道を走るときは、普段走っている都会や都市部の道(後続車や先行車が居るような場所)では決してできない、前述したようなメリハリのあって安全な走行方法をしているので、将来急ブレーキや急発進で保険料が上がるような契約が強制されるような世の中にならないか心配です。

    1行で書くと、到着時間を変えない・先行車や後続車が居ない田舎道という前提の場合、ずっと法定制限速度で走り続けるような運転よりも、安全な場所=ぶっ飛ばす 危険な可能性が少しでもある場所=徐行 青信号の交差点=突入前に急減速して徐行に近い速度で通過した後急加速(後続車・先行車が居ない場合)  のような運転の方が安全でしょう。

    • by Anonymous Coward

      ネタですよね…?

      • by Anonymous Coward

        ネタですね。
        "急"の文字を取れば、田舎の交通事情を考えれば目くじら立てるほどではないですが。

      • by Anonymous Coward

        そうかね?
        極端だとは思うが、特に間違ったことを言っているとは思わないけど。

typodupeerror

犯人はmoriwaka -- Anonymous Coward

読み込み中...