パスワードを忘れた? アカウント作成
12770936 story
医療

韓国で多数の死傷者が出ていた「謎の肺疾患」の原因となった加湿器殺菌剤 63

ストーリー by hylom
負の連鎖 部門より

韓国で加湿器殺菌剤による肺疾患問題が話題になっている。経緯についてはハフィントンポストの記事が詳しいが、原因となったのはPHMG(ポリヘキサメチレングアニジン)やPGH(塩化エトキシエチルグアニジン)という物質だ。この物質は殺菌剤や洗剤などとして使われており、人体の皮膚への毒性は比較的少ないとされていた。問題となった殺菌剤は加湿器内に入れて殺菌を行うものだが、これによって殺菌剤が室内に散布され、これを吸入することで肺疾患が発生するという。

2000年代初頭よりこの殺菌剤は広く使われるようになったようだが、その後2011年の大規模調査で肺疾患を引き起こす危険性が明らかになり、その後製品は販売中止となった。被害者団体によると、これによる死傷者は1500人を超えるという(産経新聞)。

2011年に危険性が判明したものの、これに対する公的な調査は進んでおらず、昨年秋にやっと検察による捜査が本格化したという(NHK)。また、殺菌剤メーカーの1つであるレキットベンキーザーの依頼でソウル大学の研究チームが一般マウスと妊娠したマウスを使ってPHMGの影響を調査したところ、「妊娠したマウスの胎児は、15匹中13匹が死亡した」などの結果が得られたそうだが、レキットベンキーザーはこの報告を受け取らず、一般のマウスを使った「加湿器殺菌剤と肺疾患の因果関係は明確ではない」との研究結果のみを受け取り、これを検察に提出していたという。同社はソウル大学や湖西大学に数百~数千万円の資金提供を行っていたほか、教授ら個人へも数百万円の資金を提供していたそうだ(ハフィントンポストの別記事)。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by manmos (29892) on 2016年05月06日 18時26分 (#3008120) 日記

    部屋の中が乾燥しやすいのでしょう、加湿器の普及はかなりなのだそうです。

    • by Anonymous Coward

      オンドルで一酸化中毒というのは聞いたことがある

    • by Anonymous Coward

      マンションなんかもオンドルなのか?って思ったら床暖房全般をことをオンドルっていっているのか。
      電気やガスよる温水床暖房の類だろうから、本来加湿器不要なのではないだろうか。
      昔(?)ながらの薪や練炭を燃やすやつならばその熱で湯を沸かすだろうし、加湿器(電気だよね?)なんてつかわないようなきがす。

      • 暖房して飽和水蒸気の値が上がっても、新しく水分を補給しないと湿度が下がります。

        昔ながらとおっしゃいますが、戦後すぐにもオンドルが普通だったと、満州から引き上げてきた人に聞きました。

        ちゃんとしたオンドルだと、換気をしなくても良いので、かなり低温の外気を取り入れる必要がないので、暖房効果が高いです。

        親コメント
    • by Anonymous Coward

      加湿器が必要なのは太平洋側だけじゃなかったのか

      • by Anonymous Coward
        大陸(湿度低い)→日本海(ここで湿度上がる)→日本海側(湿度高い)→山(ここで湿度下がる)→太平洋側(乾燥)
        だからね
  • by kalb (19692) on 2016年05月07日 10時23分 (#3008446)

    同じ会社が発売している芳香剤だが発売中止になっていた
    http://www.airwick.jp/ [airwick.jp]
    韓国から輸入していたものもあるようだし
    http://www.airwick.jp/company/index.html [airwick.jp]

    楽天とかではまだ買えるようだし今回のネタで突然発売中止にしたのか?
    http://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%BC%E3... [rakuten.co.jp]

  • by Dobon (7495) on 2016年05月08日 9時53分 (#3008865) 日記

    吸入毒性試験での濃度は、どの程度だったのでしょう?
    この製品の通常の使用濃度の何倍で実験したのか、ちょっと興味があります。

    妊娠状態のマウスに吸わせた濃度が高かった可能性があるんじゃないかと。
    同じ濃度なら、文句をつけられても仕方ないでしょうけど、高濃度で吸わせたなら、別の報告として扱うのは正当でしょう。

    --
    notice : I ignore an anonymous contribution.
  • by Anonymous Coward on 2016年05月06日 19時05分 (#3008147)

    クレベリンも同じような方向性ですよね。
    良くも悪くもそこまでの効果はなかったみたいですが。

    • by Anonymous Coward on 2016年05月06日 19時33分 (#3008166)

      私自身潔癖症でダニアレルギー持ちだったりするので、ハフィントンポストの記事にある

      「加湿器は、ちょっと掃除しないだけで、湿度が高いので細菌が簡単に繁殖します。加湿器の水蒸気は直接人体に吸い込まれるので、この製品を使わないと、あなたは細菌を吸っているのと同じです」
      「人体に安全な成分を使用して、子供にも安心」

      という煽り文句とともに日本に紹介されたら、試してた可能性高いです
      「オンドルの普及した韓国では、政府も認めています」
      とか言われたら件の殺菌剤が入手できなくても、似たような薬品を加湿器に投入する人がいるんじゃないかなあ

      じん肺(珪肺)のような症状になるとのことで被害者の苦しみは想像を絶します
      iPS細胞でもなんでもいいから、早く助かって欲しいな

      親コメント
      • >加湿器の水蒸気は直接人体に吸い込まれるので、この製品を使わないと、あなたは細菌を吸っているのと同じです
        を信じるならスチーム式(手入れが面倒だけど)を撰択しない理由がない。

        さすが狂牛病蝋燭デモ [wikipedia.org]が発生する国だ。
        #ちなみに、そのデモの後にアメリカ牛肉の販売が再開されると、その安さに釣られて群がっていたぜ。

        年々スチーム式の選択肢が無くなっているのは寂しい限りだ

        • by Anonymous Coward

          スチーム式、析出した塩を取り除くのがめんどくさいんですよね。
          タンクがフッ素樹脂コートされてるので給水するときに指でこすり取ってましたが
          指の皮が薄くなって痛くなったので最近はスポンジでこするようにしてます。

          それでもカビや細菌を吸い込むよりはいいかなと。

      • by Anonymous Coward

        だが日本でも既に、ディスカウントストアやコリアンショップ辺りで、販売済みの様な気がしないでもない。

        • by Anonymous Coward

          こんなときこそ、メディアはもっと大騒ぎして注意喚起しないと。
          安全とは言えない可能性が無いとは断定しきれない、ぐらいのしょーもないネタでも大騒ぎする癖に。

      • by Anonymous Coward

        同じく、発想としてあったのでヤバかった。
        手入れがめんどくさいから、なにかアレに消毒液を入れて誤魔化せないかなぁ、と考えてググって、
        いろいろ試して残念な結果に終わった失敗事例とかにぶち当たって諦めた。
        それ用として売ってたら買ってたなぁ。

      • by Anonymous Coward

        既にいっぱい死んでるっての。

    • by Anonymous Coward on 2016年05月06日 19時25分 (#3008162)

      呼吸器疾患が流行る
      →予防には加湿器が有効だという説で加湿器が流行る
      →加湿器に水を入れっぱなしだと有害菌類が繁殖し肺炎患者が発生
      →加湿器の水に殺菌剤を入れるのが流行る
      であって、「空気を殺菌」ではないはずなんですけどね…。
      24時間風呂でレジオネラが繁殖することから、(24時間)風呂用殺菌剤が販売された、というのと同型。

      温泉や銭湯、温水プールなどでは「水の殺菌」「常に循環」「頻繁に清掃」ってやらなければこの手のものの集団感染が起きちゃうんですよね。結構たいへん。

      親コメント
    • by KAMUI (3084) on 2016年05月06日 19時23分 (#3008156) 日記
      日本でも空間除菌剤に含有された次亜塩素酸ナトリウムでで化学熱傷 [livingfk.com]って事例はあったけど、あれは汗で湿ったのが原因で解けた薬剤成分が皮膚に付着して・・・だからなぁ。

      今回のPHMG [srad.jp]は「細胞膜を壊す」薬剤の成分を、気化させて肺の奥まで取り込んじゃった訳なんで・・・肺胞とか壊れて呼吸できなくなったのかね。ぞっとしない話だ・・・
      親コメント
    • by Anonymous Coward

      空間に既に存在する細菌を殺すのと
      加湿器内の水を殺菌して空間への細菌の放出を抑えるのは
      考え方として別物であると思う。

  • by Anonymous Coward on 2016年05月06日 19時24分 (#3008159)

    液が多過ぎる。

    まあ電力は食うが単純に加熱式加湿器にしておけば良かったのだが、超音波式等を水を毎日交換せず、薬剤で誤魔化そうとするからそうなる。

    • by Anonymous Coward

      俺は気化式を使っているけど、一番安全なのは沸騰させるやつだよな。
      超音波式は問題外だ。
      帰化式やハイブリッド式でもフィルターの掃除をさぼるとカビぽくなる。
      水も毎日足して塩素分が常にあるようにする必要あるしね。
      でも電気代も安いし、毎日水足すのなんか簡単だから帰化式が良いけどね。

      • by Anonymous Coward

        5年ぐらい前?超音波式は殺菌作用がないため、雑菌をばらまく可能性があると騒がれた時とあったみたいだけど、
        最近は、聞かなくなった気がする。改善されたのかな。

    • by Anonymous Coward

      超音波式の加湿器って置き場所近くがカルキで白くなるので拭き掃除が大変になったのでポイしちゃいました。
      韓国の水だとそうでもないのかな?

  • by Anonymous Coward on 2016年05月06日 19時38分 (#3008170)

    「因果関係は明確ではない」ってどゆこと?と思ったけど、
    肺疾患の発症そのものを確認出来なかったからか。

    毒性はドウデモイイのか。すごいな。。。

    • by Anonymous Coward

      妊娠したマウスでは胎児の死亡が確認できたが、
      一般マウスについては異常が確認されなかったということかと。
      記事によると、メーカーがその2つを別々の報告書にするように指示し、後者のみ受け取ったという。

  • by Anonymous Coward on 2016年05月06日 22時00分 (#3008248)

    鉄腕ダッシュだったと思いますが、撮影中に散布してる現場に遭遇していて記憶が。
    バイクに散布機載せて、4輪車が通れないような、香港映画のチェイスシーンに出てくるような、狭い路地走ってました。

    煙幕出しながら走っていてかなり近づきたくない感じでしたが、ナレーションかテロップで安全と言っていました。
    やはり自称安全だったということでしょうか。

    • by Anonymous Coward

      「韓国 口蹄疫 散布」でググると韓国の新聞を翻訳したやつが見つかるけど、
      ホルムアルデヒドなどが混じった消毒薬を大量に散布して死亡者も出た模様だね。

  • by Anonymous Coward on 2016年05月07日 8時40分 (#3008394)

    加湿器とは違うけど日本でも昔、似たような事故があったのを
    知ってる人って今どのぐらいいるのだろう。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E6%B0%B8%E3%83%92%E7%B4%A0%E3%... [wikipedia.org]
    すらどは年齢層高そうだからいっぱいいそうだけど
    平成生まれとかは99%知らないだろうね。

    こういう事件は決して対岸の火事じゃないよ。
    今後もまた日本で、世界で絶対起こりうることだと肝に銘じておこう。

    # こういう痛ましい話を防げる手立てってないものかな

    • シュレッダーでは、たしか事故報告が社内で処理されるだけだったので騒ぎになりましたよね。 これがきっかけで報告義務が課せられるようになったと思いました。
      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2016年05月07日 20時09分 (#3008679)

      ちなみに,現在の森永では新入社員は全員研修でいやと言うほどこの事件のビデオを見せられて、徹底的に教育されるそうです。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      これのどこが似た事件なんだ?

      • by Anonymous Coward

        生活に必要なものに毒入ってて、それを隠蔽してたのが、あっちこっちに被害出て深刻化してからバレて大騒ぎって点では。
        パロマの一酸化炭素中毒も。

    • by Anonymous Coward

      日本でも起こりうるって点では、次亜塩素酸空気殺菌ブームのほうが適当。
      結局人体に害がない濃度では効果もないというシロモノだったのに売りまくったんだから。

      幸いにして「効果のある製品」はなかったわけだけど。

      • なんてものもあるらしいので油断はならないと思うよ。

        http://bonds-inc.jp/ [bonds-inc.jp]

        「※2 厚生労働省が認定する食品添加物(次亜塩素酸調整水・希塩酸)を原料に使用した生成水なので、安心安全で、残留性もありません。」

        とかあるけど、それ霧状にして散布したなんて実験じゃないだろ?まったく今回の事件と同じ構造が透けて見えるぜ(げんなり

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        コロナ放電器による、オゾンとかも。

typodupeerror

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

読み込み中...