パスワードを忘れた? アカウント作成
12814471 story
中国

国外の高速鉄道建設4箇所で次々と困難に直面する中国 112

ストーリー by hylom
そもそも高速鉄道の計画自体がヤバいという可能性 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

他に順調に建設進行している所はあるのかも知れないが、最近中国が進める国外の高速鉄道建設計画4カ所で、困難に直面したり、挫折したりしているという(海外の高速鉄道建設で次々と挫折する中国)。

この記事で挙げられているのは次の4つ。

  1. ベネズエラ・ティナコ~アナコ間、全長400km(75億米ドルで契約が交わされ、2012年に完成する予定だったが、その建設を放棄したという)
  2. 米国・ロサンジェルス~ラスベガス間、全長370㎞(昨年9月、米エクスプレス・ウエスト社と中国の国有企業「中国鉄路総公司」が率いる中国企業連合の合弁事業として契約し、今年9月にも着工予定だったが、エクスプレス・ウエスト社は6月8日に合弁解消を発表した)
  3. インドネシア・ジャカルタ~バンドン間、全長140km(日本と中国感で受注を巡って争ったが、結果中国が受注。しかしその後トラブルが頻発)
  4. タイ・バンコクを起点とする5線(タイ側が急に、自己資金で一部路線の建設を決めた)

中国側の計画自体とその管理にも杜撰な所はあったのだろうが、それより国外に於ける鉄道敷設が困難である事の他山の石とすべきであろう。もはやかつての欧州各国が、その植民地に好きに鉄道を引けた時代ではないのだから。

なお、高速鉄道の建設でトラブルになっているのは中国関連のものだけに限らない。たとえばスペインの12社で構成されるコンソーシアムが受注したサウジアラビアの高速鉄道建設計画については「砂問題」で紛糾している。

また、オランダ南高速線は当初は2007年の開業を予定していたが、設備トラブルなどで結局運行開始は2009年となり、そのうえ高速鉄道車両「V250」の納入が遅れたために開業時点では在来線向けの客車で営業運転が行われる事態になっていた。2012年にV250の運行が開始されたものの、相次ぐトラブルから約半年後にV250の利用を廃止、この路線を経由してオランダ・アムステルダムとベルギー・ブリュッセルなどを結ぶ高速鉄道「Fyra」計画も頓挫することとなった(東洋経済)。なお、このV250型車両を作ったメーカーはその後日立製作所に買収されている。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2016年06月17日 1時03分 (#3030967)

    V250の件は知らなかったんで調べてみたら、なかなか凄いですね。
    受注競争でTGV等に勝つために220km/hでの設計だったのを250km/hにしたりスケジュールが何年も遅延したり、は見慣れたものですが
    遅延率55%以上とか、終点まで行けなかった列車が5.5%もあるとか、
    たった一ヶ月で以下全部やらかしてしまい、営業開始から30日ほどで運転禁止とか、なかなかできないですよ・・・。
    ・電池が4回発煙or発火
    ・屋根部材はがれ
    ・床板落下や剥がれ
    ・ボルト?行方不明
    ・ドアが外れる
    ・部品が明らかに劣化
    ・劣化・保護部材も劣化
    ・床下に雪が侵入

    なお、最終的に鉄道会社が受け取り拒否して、返品しています。
    起きた事故の写真は以下PDFにあります。

    Beslissing NMBS over V250-stellen [media.rtl.nl]

  • by maia (16220) on 2016年06月17日 0時29分 (#3030958) 日記

    関連リンクにあったけどメキシコでもやらかしてたか(メキシコ、中国企業落札の5000億円契約取り消し 初の高速鉄道建設で [sankei.com])。

    あと高速じゃない鉄道だと、フィリピン(日本はフィリピンの鉄道整備を支援、中国の事後処理か [portal-worlds.com])とミャンマー(中国・ミャンマー鉄道建設計画がとん挫 [hkpost.com.hk])でもやらかしてますね。

    • by Anonymous Coward on 2016年06月17日 9時22分 (#3031064)

      どこにぶら下げるか迷ったが…雑談的にということで。

      スラド的には、発注側の覚悟や責任についての言及があってもいいのかなと思った。
      つまり、ビジネス的には皆が述べている通りだが、自国のインフラ、特に鉄道敷設なんかは国の骨格と将来像を描く最重要と言ってもいいような国家戦略をビジネス的に処理するのは問題だと思う。

      #日本も軌道の差や電力の周波数問題など、他国の技術を(結果論として拙速で)移植した事による弊害ってあるよね

      鉄道整備(や原発など)を「社会資本の蓄積」という観点で考えた時には、発注側の覚悟や努力が足りなかったという議論があってもいいのかなと思った。

      #単なるビジネスと見ると、中国ひでーなぁというのは平均的な日本人的感想だと思う。

      親コメント
  • by NOBAX (21937) on 2016年06月16日 17時43分 (#3030707)
    中国を見下したような書きっぷりだが、それは大間違い。
    失敗を糧として技術力やプロジェクト遂行能力を向上させて行くわけですよ。
    台湾しか実績のないニッポンは差を付けられて、追いつくことができない。
    原発の二の舞になりますね。
    • >失敗を糧として技術力やプロジェクト遂行能力を向上させて行くわけですよ。

      失敗して穴掘って埋めてるとプロジェクト遂行能力とかの向上は難しいかも。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      「糧となる失敗」が大きくて多すぎやしませんかね。

      • by Anonymous Coward on 2016年06月16日 19時14分 (#3030777)

        「糧となる失敗」は実験室や自社、せいぜい国内でやるべきものですよね。

        他国企業と契約して仕事でやってるのに失敗続きだと、次の仕事を貰えなくなるよ。
        国内でも事情は五十歩百歩だけど、国際問題になるよりナンボかまし。

        親コメント
    • Re: (スコア:0, フレームのもと)

      by Anonymous Coward

      それを行ったら中国はまだ海外の実績が一個も無いですよね。
      受注実績はあるが動いているものはなし。

      日本は台湾の他に中国でも実績がありますよ。中国はそれを自国の技術を使ったものだ、と途中から言ってますけども。この切り口だと一つのライバルTGVも域外の実績は韓国だけです。

      つまり実績0の中国、実績が2の日本、実績が1のTGVと言うことで、どれも五十歩百歩、事例が少なくて実績とか言える段階にありません。

    • by Anonymous Coward

      それな
      日本が欧米中韓との競争に敗け続けて契約締結ノウハウを蓄積してるように
      中国が技術面でのノウハウを蓄積しているのは当たり前と考えるべき
      新幹線や原発だけでなく、道路も橋も港湾も建物も同じ
      契約ノウハウは表にでること少ないが、技術的なノウハウは表に出る機会が多いから
      まねしやすいんだよな

      敵のささいな失敗や、日本のささやかな成功を例示して面目を保とうとするのは、
      日本の国民性なのかねぇ

      • by Anonymous Coward

        国民性といったら身内を貶して相手を褒める方では
        身内の頭に「愚」とかつけるのは日本人くらいだと言うぜ

        • by Anonymous Coward

          「愚妻」「愚息」等の事を言っているなら、それは考え違いだ。
          あれは「愚かな妻」「愚かな息子」という意味ではなくて
          愚かである私の妻/息子」という意味の、自分をへりくだって言う謙譲表現だ。

          最近は日本語も満足に知らないのに、それでもって得意げに日本を語るやつが多い。
          悲しいことだ。

        • by Anonymous Coward

          中国にも荊妻という言葉があるが。

      • by Anonymous Coward

        受注失敗やベネズエラみたいな相手国の財政上の都合での頓挫は些細かもしれんが、
        インドネシア、アメリカの高速鉄道のような受注後に相手が「中国企業が悪い」と罵って契約解除に到る事態は
        些細というにはあまりに大きな問題じゃないか?

    • by Anonymous Coward

      反省してもっと良い物を作ったり、要求以上の性能を追い求めないと、日本にあっても向上は無理よ。
      田舎の建築業とか工場と付き合ってみればわかる。
      客の要求をいかに下げるか、努力してるのはそこだけだもの。
      国の違いなんてない。

    • by Anonymous Coward

      引き換えに国際取引の信用を失ってたら意味ないと思いますけど、大間違いですか?

  • by Anonymous Coward on 2016年06月16日 17時02分 (#3030683)

    「砂問題でとん挫」「車両トラブルで遅れ」
    原因と経緯がはっきりしている。

    「杜撰な計画を問題ないと強弁」「債務問題などにイチャモンをつけ夜逃げ」
    のようなものとは問題の質が違う。

    技術的、論理的に解決に向かえる問題と、人的文化的な問題との差と言ってもいい。

    後進国の問題と先進国の問題の差と言ってもいい。

    • by Anonymous Coward on 2016年06月16日 17時29分 (#3030695)

      記事をどう読んでも、後進国の問題と先進国の問題の差、が見えない。
      先進国の場合、多数の責任者が絡んだ挙句責任の押し付け合いをしてるわけで、
      中国の場合一元管理しながらも、その内部が腐ってるわけだが、
      結果として大した差がない。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        確かに。
        後進国でも伸びる見込みのある国の場合、中国のようにはならないからね。
        謝罪の上、訂正します。

    • by Anonymous Coward

      「砂問題でとん挫」だってずさんな計画の結果としか思えないが。
      だれが砂をどける役を負うかを考えてなかったんでしょ。

      • by Artane. (1042) on 2016年06月16日 17時53分 (#3030716) 日記

        とにかく安く受注して、労働者とか本国から送り込んで後からなにか出てきたら、このくらいかかります。とぼったくる商売を国を挙げてやってきたのが大きいのでしょうね。
        戦車で昔そういう商売やってましたから [seesaawiki.jp]。

        まぁ、上のリンクの件にあるタイ相手の商売では、最近、最新の輸出向け戦車の契約をしたようなので [recordchina.co.jp]、商売のやり方を変えつつあるかも知れませんが。

        日本のようにこのくらいかかりますよ。と最初高い額を出しておいて、追加分に関してはある程度までは勉強するというのとは対象的に…まぁ、中国スタイルのほうが国際標準なのでしょうけど。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        >技術的、論理的に解決に向かえる問題と、人的文化的な問題との差と言ってもいい

        • by Anonymous Coward

          スペインが引き受けたはサウジアラビア高速鉄道の砂問題は、その人的文化的な問題で泥沼化しているようだが。

    • by Anonymous Coward

      >人的文化的な問題との差と言ってもいい。

      リンク先には
      >そもそも、スペイン人が2人集まると3つの意見が生まれると言われるくらい
      >スペイン人をひとつの方向に一致団結させることなど困難である。
      とあるけど。

  • by Anonymous Coward on 2016年06月16日 17時51分 (#3030713)

    受注する側(中国)の見積もりが甘々だったのもあるけど、
    発注する側の“見積書を読む力”が無かったのも原因の一つかと。
    発注側も、見積書の金額だけでなく内容をちゃんとチェックせなあかんっていうのは一般企業ではあたりまえなんだけどなぁ。

    ちなみに自分は仕事がらよく外部業者に見積もりを依頼するのだけど、
    内容を確認してみると、

     ・支払日期限などが基本契約に記載の期日と異なる。
     ・納入場所が、見積もり依頼した際に掲示した希望納入場所と異なる。
     ・明細が「○○一式」と一行だけ書かれていて詳細不明。
     ・明細に高額な「その他雑費」。
     ・明細の金額を合算しても合計金額と一致しない。(合計金額欄の額の方が高い)

    なんてのがたまにあって、その都度相手方に確認の電話を入れている。

    中には、部品4個の見積もりをお願いしたら、明細欄の個数が1個で合計金額が4個分というとんでもない見積書もあった。
    幸いこちらで気づいて見積書の再作成を依頼したけど、もしこの見積もりで発注したらどうなっていたのかは謎。

    • by Anonymous Coward
      あなたの事情を一生懸命書かれても何の役にも立たないんで
      この件に関してどのあたりが
      > 発注する側の“見積書を読む力”が無かったのも原因の一つかと。
      に該当するのか教えてほしいな。
      • by Anonymous Coward

        全く同感。
        なぜこういう書き込みが出てくるのか、不思議でならない。

    • by Anonymous Coward

      賄賂やハニートラップの前にはそんなもの関係ないのではないでしょうか。

  • by Anonymous Coward on 2016年06月16日 16時40分 (#3030672)

    「日本と中国感で受注を巡って争った」

  • by Anonymous Coward on 2016年06月16日 17時27分 (#3030694)

    つーか、
    かの国が絡んで、大成功、うまくいった、副作用も無い、
    万事うまくいったプロジェクト、あんの?

    • by Anonymous Coward

      絡んでなくてもこんだけデカけりゃ珍しいんじゃねの

    • by Anonymous Coward

      ゼンソクなの?

  • by Anonymous Coward on 2016年06月16日 17時30分 (#3030696)

    入札参加者に無理な競争を強いるために、当て馬で受注しただけでしょ
    最初から本気で受注した仕事を達成するつもりなんて無かったんだよ

    鉄鋼などでのダンピングといい、市場を荒らすだけで無法者と変わらない

    • by Anonymous Coward on 2016年06月16日 18時06分 (#3030723)

      >鉄鋼などでのダンピングといい、

      以前は日本も欧米からよく言われてましたね。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      頓挫したら国としての面子を失うんだから、わざとそんなことはしないだろう。
      実際これだけニュースになっているんだし。

      • by Anonymous Coward

        中国人は面子を重んじるという言葉を鵜呑みにしてはいけない。
        基本的には社会主義国なので集団においては実利を重んじる。
        実利を得ることが集団としての面子。個においての面子とは別物。

    • by Anonymous Coward

      当て馬で受注したなら金を持ち逃げする。

  • by Anonymous Coward on 2016年06月16日 17時44分 (#3030710)

    こんだけ失敗事例があると、逆に最近の高速鉄道輸出プロジェクトでうまくいった例ってどんなもんでしょ?
    ぱっと浮かぶのは、JR東海の台湾高速鉄道とか、フランスの韓国の高速鉄道、ドイツの上海トランスラピッドとか…どれも導入側も先進国水準の国という辺りがポイントなんでしょうか?

    • >JR東海の台湾高速鉄道
      いやこれだって問題発生後の改修案で、それも金を取損ねなかっただけで総体としては微妙。
      KTXは判らんけど、上海トランスラピッドはあれは国際空港のアクセス線であって独立した高速鉄道って感じではないよね。

      って考えていくと、実はほとんどが無理筋なんだろか?
      アセラも問題が有るしなぁ。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      日立のイギリス向けプロジェクトは、今のところ無難に進行しているのでは?

typodupeerror

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

読み込み中...