パスワードを忘れた? アカウント作成
12825915 story
EU

英国、EU脱退によりコンテンツ産業は弱体化する? 13

ストーリー by hylom
国民の選択なのだからさっさと脱退してどうなるかを示して欲しい 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

英国の各種コンテンツ業界はヨーロッパへの輸出やヨーロッパからの人材の採用、ヨーロッパの助成金や基金に依存しているという。そのため、英国のEU離脱によって業界が弱体化する恐れがあるという話が出ている(CGPress)。

影響を受けるという各種コンテンツ業界とは、TV・映画業界(Hollywood ReporterScreen Daily)、ゲーム業界(The VergeEurogamerGamesindustry.bizWired)など。

実際に英国外への移転を計画している企業もあるとのことで、人材プールの減少が懸念されている。英国内に残るにしても、R&Dの費用が削減される可能性がある。これらコンテンツ業界は英国のGDPを押し上げており、英国のコンテンツ産業の弱体化は、ひいては英国経済へも影響を与えかねないとされる。

一方、助成金に反対していたVFX Soldierのブログ記事では、VFX業界にとって英国のEU離脱は有利かもしれないと説いている。EUは助成金の対象に文化テストを義務付けているため、米国向け映画のVFXであっても、文化テストによりイギリスのシーンが追加されていた。EUを脱出することにより、これが行なわれなくなることを利点として挙げている。一方、イギリスの労働法がEUに縛られなくなるため、労働法が弱まる可能性もある。英国のコンテンツ産業はどうなるのであろうか。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2016年06月27日 12時23分 (#3036826)

    映画業界の助成金問題は根深いですからねぇ。英国の助成金が減ったら、映画産業はカナダに集中することになるのかな?

    米VFX業界の闇。『ライフ・オブ・パイ』製作チームがアカデミー賞前夜の倒産ドキュメンタリー公開、会場前でデモ(動画あり)
    http://www.gizmodo.jp/2014/03/vfx.html [gizmodo.jp]

    ――世界中の視覚効果の会社が大手映画スタジオ6社からの仕事をめぐって競争している。この6社が価格操作に膨大な影響力を及ぼしている。

    「ギャラの相場は劇的に下がってます。原因のひとつは政府補助。同じ1000万ドルの仕事でも、カナダや英国は政府が税金を免除しているので、3割分の税金がスタジオに戻ってくる計算ですね。カリフォルニアだと300万ドル政府に税金を払わなきゃならないので同じ仕事でも安く働かなきゃならない」プラシャント・バイヤラ、インド支社MD

    「だから映画スタジオはVFX工房に『この仕事をやりたいならカナダのバンクーバーでやれ』と言うわけですよ。で、VFX工房は何億円もかけて進出する」スコット・ロス、ILM元プレジデント、デジタルドメイン元CEO

    [...]

    「今の暮らしはまるでピクセル・ジプシーさ。別に選り好みしてるんじゃない。いい仕事してる視覚効果の有名な工房5社の仕事してたんだけど全部倒産したんで、どの政府が一番補助してくれるのか見極めて常に動かなきゃならんのよ。ここ数年はずっとホテル暮らし。その方がずっと面倒もないしね。いつでもどこでも動けるように暮らしてる。車に積める大きさのスーツケース持って。好きな子ができても金曜の会議がくるとハートブロークン。もう何遍もその繰り返しで、こんな白髪の独身男になっちまった」デイブ・ランド、上級視覚効果アーティスト

  • by Anonymous Coward on 2016年06月27日 19時28分 (#3037050)

    うだうだ言うより、やってみなくちゃ分からない。

    そもそもEU統合っていうのも壮大な社会実験だったわけで・・・(大陸のほうで継続中)

  • by Anonymous Coward on 2016年06月27日 12時28分 (#3036829)

    イギリスがEU離脱を選んだ理由って、要するに「もう息ができないから水面に顔を出した」状態であって、
    何らか未来に向けたポジティブな主義や理想論の乖離や衝突が原因では無いので、正直一寸先は闇だと思う。
    もっと言うと「○○産業がどうなるか」と言った特定のメリデメで動いてはいないので、
    外の人間は見守るしか無い、ってのが現状かと思う。

    最初に離脱のニュースを聞いた時「何故」に対する答えで目についたのは、不勉強の為、
    保守党側による「自分の足で動ける大英帝国、と言う自負」に由来する部分が大きいのだろうと
    思ってしまったのだが = その変革による、1を10に出来ると信じる動きが原動力だろうと誤解したのだが、
    そんな馬鹿な理由じゃない事をここ数日の記事などを見て思った。

    「もう無理なので脱出を選んだ」ただそれだけの理由のようなので、
    こういう状況を鑑みると、「○○はどうなるか」ってのは本当に、誰にもわからないと思う。

    • by Anonymous Coward

      前もって投票すると分かっていたのだから、業界団体がメリット・デメリットを洗い出して、起こりうるシナリオを提示すべきだったと思います。
      しかしながら、今回、海外メディアではあまり、英国の業界ごとのEU離脱の影響が流れていなかったように見えました。

      一寸先が闇なのは、EU離脱を想定してなかった残留派の怠慢でしょう。

      • >一寸先が闇なのは、EU離脱を想定してなかった残留派の怠慢

        そうかな。英国独立党(UKIP)のナイジェル・ファラージ党首が盛った、英国がEU加盟国として支払っている拠出金の金額に騙された [mainichi.jp]といま大騒ぎになっているのに。

         投票前、離脱派は拠出金が週3億5000万ポンド(約480億円)に達すると主張していた。与党・保守党のボリス・ジョンソン前ロンドン市長らが全国を遊説したバスの側面にも、巨額の拠出金を「国民医療サービス(NHS)の財源にしよう」と書かれていた。

         一方で残留派は、EUから英国に分配される補助金などを差し引くと、拠出金は「週1億数千万ポンドだ」と反論。ファラージ氏は番組で残留派の主張が正しいことを事実上、認めた。

        正しい数字や起こりうるシナリオを提示したところで、投票する側に信用されなければそれまで。

        --
        今のスラドはアレゲサイトじゃなくてただの掲示板
        親コメント
      • by Anonymous Coward

        本当の影響って、離脱の「条件」によって決まるものなので。
        通貨とか株価とかはすぐ影響出るけど、それ以外はまだ今後の話。

        そもそも本当に離脱が成立するのかがまだ不透明でして。

        • by Anonymous Coward

          そもそも本当に離脱が成立するのかがまだ不透明でして。

          これで「なんかやばいので脱退しません!」とか言ったらイギリスの信用ガタ落ちでギリシャスペイン以下になるので、誰がトップになっても脱退はするでしょう。

          しますよね?これで無しになったら世界経済かき乱しただけで終わるんですが…

          • by Anonymous Coward

            一度かき回したっきりで済む方がいいでしょ

    • by Anonymous Coward

      スコットランドがアップをはじめました。

    • by Anonymous Coward

      もう無理なので、というのは大日本帝国の国際連盟脱退みたいなもんだよね。
      誰にもわからない?いやみんなわかってる。

typodupeerror

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

読み込み中...