パスワードを忘れた? アカウント作成
12887216 story
交通

飛行船と航空機を組み合わせた「Airlander 10」、初飛行 49

ストーリー by hylom
近未来感 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

ヘリウムで浮かぶ飛行船と航空機を組み合わせた「ハイブリッド航空機」という「Airlander 10」が初めて飛行試験に成功した(businessNewsLineGIGAZINE)。

Airlander 10は、米軍主導で開発がスタートした「LEMV」が前身となっている(過去記事)。LEMVは2011年の配備が計画されていたが、その後米軍による開発が中断されたため、民間企業のHybrid Air Vehiclesが独自に開発を継続させていたという。

全長は92m、全幅は43.5mで、全長については大型旅客機のボーイング747よりも20m以上大きい。ヘリウムの浮力を利用することで5日間の連続飛行が可能であるほか、貨物積載量が10トンと大きいという。いっぽうで製造コストは大型飛行機と比べて大幅に安いそうだ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by tamaco (19059) on 2016年08月24日 12時26分 (#3068911)

    「お尻に見える」と話題の世界最大の航空機 最終組立を終えなおプリンプリン [itmedia.co.jp]によれば

    合成写真を取り上げるメディアも [twitter.com]

    かなり卑猥。職場注意とまでは行かないけど。

    • by Anonymous Coward

      リンク先開く前にキム・カーダシアンを想像してたが、案の定で笑ってしまった。
      定番ネタですね。

  • by Anonymous Coward on 2016年08月24日 7時13分 (#3068757)

    軍用無人機にぴったりだと。

    • by Anonymous Coward

      そんなに速度は出ないと思われるし、図体もデカいので簡単に撃墜されそう……
      (ヘリウムに毒ガスとか混ぜておけば撃墜されないかな?)

    • by Anonymous Coward

      その用途で発注されたものですよね。

  • by Anonymous Coward on 2016年08月24日 7時44分 (#3068768)

    どう見ても単なる飛行船にしか見えなかったので適当に検索してみたらどこがどうハイブリッドなのかはわかりました。ついでにアメリカ人の計算に衝撃を受けました。最大貨物重量が10,000キロということは、100名近い乗客を乗せることも可能ということにもなり [newsln.jp]

    • ハイブリッドというからには浮力+(動的)揚力 [wikipedia.org]だと思うのですが、リンク先を読んでも良くわかりません。少なくともホバリング時には「機体の形を利用して機体全体で浮力を得る」ことはできないでしょう。

      従来型の飛行船がヘリウムの浮力を利用して浮いていたのに対して、Airlander 10はエアフォイル型の機体の形を利用して機体全体で浮力を得ることがような構造ともなっており、

      巨大な船体を利用することで最大10,000キロの重量物を持ち上げて空中でホバリングしたり、運搬することが可能となっている。

      車輪もなく動画をみると [youtu.be]滑走せずに離陸するようですから、浮力だけで浮かぶことは必須のように見えます。

      オスプレイなら離陸後にローターの向きを変えて浮力を推進力に変換できるでしょうが、硬式飛行船では離陸後にヘリウム圧縮(もしくは排出)で浮力を減らしても意味は無いように思いますし。

      親コメント
      • 飛行船として見ると、繫留塔も舫い綱も外してしまってあんなに長時間置くのはおかしいです。飛行船なら、その状態でも浮きも流されも
        せず、ちょっと上に引っ張るとすぐ浮いていくという挙動はしないはずです。少なくとも、浮力を機体重量以下に設定しているでしょう。
        短い距離ですが尾部を引きずって数十mは滑走していますし、舵も効いているようです。固定翼機と飛行船のハイブリッドという区分は
        正しいと思います。

        親コメント
        • > 少なくとも、浮力を機体重量以下に設定しているでしょう。

          もし常時そうならホバリングできるか怪しいものです。

          > 飛行船なら、その状態でも浮きも流されもせず、ちょっと上に引っ張るとすぐ浮いていくという挙動はしないはずです。

          自前で空気排出機能をもっているなら舫い綱を解いた時には浮上せず、空気を排出(ヘリウム体積を増やす)によって浮力を増やして離陸できるでしょう。なんらかの方法でヘリウムの体積を圧縮調整する機能がないと、着陸時にヘリウム放出して浮力を減らすはめになり、これではヘリウムのロスが実用的で無いという気がします。

          ソースがあれば良いのですが。

          > 舵も効いているようです。

          ?これは意味がわかりません。純粋な飛行船も舵を効かせて進路を保持するはずですが。(気球と違って)

          親コメント
          • 飛行船は軟式でも硬式でも内部にヘリウム/水素袋と空気袋を持っていて、ヘリウムは出し入れせず空気袋に空気を出し入れして浮力を調整します。
            離着陸を含め、ヘリウムや水素の袋を開けるということはしません。

            https://www.youtube.com/watch?v=RB1uZ2F_NnA [youtube.com]
            https://www.youtube.com/watch?v=VH_h7rgMaXQ [youtube.com]

            どちらもこの飛行船と大きさは違いますが、離着陸の手順が全く異なることは分かるかと思います。通常の飛行船は常に風上に向かって進入し、
            綱で引きずりおろし、地上クルーが機体を掴んで押さえながら係留塔に係留します。固定翼機のように決まった方向に進入して、浮力を殺して
            地上の助けを借りずに停止しているということは困難なので、行わないものなのです。

            きちんと沈んでいられるし、止まっていられるし、風が弱ければまっすぐ進入してひとりで着陸できるようだ、というだけでも、普通の飛行船とは
            ちょっと違うな、と思います。まあ純粋な飛行船では目新しさがないのでハイブリッドと言っているだけのことかもしれませんが。

            親コメント
            • 離陸時に滑走していますかね。どうもそうは見えないんですが。すぐに浮力で浮いているようにみえます。揚力が効いているようにはどうも。

              通常の飛行船は下部にゴンドラだのがあるので、あまり浮力を落としきるとまずいからああいう着陸手順になっているのではないでしょうか。こいつは双胴?だか3つの胴だかがありゴンドラ?が胴の真下ではなくて胴と胴の間にあるのでしっかり着陸できるのでは、という気がします。

              どっちかというと、でっかい翼があるので、これで飛行機と同様に利用して旋回とかするのが「ハイブリッド」なのかも、という気もしますが、「エアフォイル型の機体の形を利用して」とは符合しませんね。

              親コメント
      • ティルトローターのローターのように、プロパルサーが方向を変えることで揚力を得られるようになっているんでしょうか。だとすると、飛行船とティルトローター(=飛行機とヘリコプターのハイブリッド)のハイブリッドですね。

        なお、タレコミにある「飛行船と航空機を組み合わせた」は意味不明ですね。飛行船はまぎれもなく航空機ですから。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        私もそれは思いましたが、高度が上がると気圧が下がる=空気密度が低くなる関係で飛行船の機能だけでは到達不可能な高度でも飛行できるのかなと考えたのですが、どうでしょう。
        高度上げて空気密度下がれば空気抵抗減るから巡航速度上げられて嬉しいという点で意味は無くはないかと。
        写真で見る限り上側がより膨らんでいるように見えるので、リフティングボディになってるっぽいですし。 もっと効果的な形状に出来ないのは飛行船としての部分の限界なのでしょうけど。
        最高速度が条件が良くても160km/hという事なので、そんな速度域では効果があるほど揚力は発生しないと言われると反論は出来ませんが。

      • by Anonymous Coward

        ハイブリッド自動車が作れなかったからだろ?察してやれよ。

    • 日本のエレベータだと75で割るんでしたっけ…

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        EVの定員は一人65kgで計算されてますよ……

      • by Anonymous Coward

        エレベーターは座席も荷物もいらないし荷物が入ればその分物理的に人が乗れないし

    • by Anonymous Coward

      荷物が平均20kgあったとしても、乗客が平均80kgか
      すげーな

      • 身長195くらいなら適正体重は80ちょいくらいなんで
        そんなもんじゃないの?ってのが私の感想だったんですが、

        米国人の平均身長ってどのくらいなんだろって検索すると
        178cmとか出てて、あんまり高くない!?

        なんか外国人って、大きなイメージだけどそうでもないのね

        親コメント
        • by nim (10479) on 2016年08月24日 13時58分 (#3068969)

          >なんか外国人って、大きなイメージだけどそうでもないのね

          インドやインドネシアなど、平均身長が日本よりも低い国も沢山あります。
          人口でみると、日本は真ん中くらいなんじゃなかろうか。
          大雑把に言って、寒い国ほど身体が大きいですね。

          親コメント
          • by Anonymous Coward
            つっ ベルクマンの法則
        • by Anonymous Coward

          白人、黒人(の一部)だとでかいイメージがあるけど、アジア系もいますしね米国人

      • by Anonymous Coward

        お、おう。
        客室内装や、座席や、トイレ(水、汚水タンク)、ギャレー(電子レンジなど)は省略するんだな。

        • by Anonymous Coward

          アメリカ人の平均体重は80キロ近いんでまあそんなもんではないかと。アメリカ人の平均体重が重いのは体が縦にでかいのもあるが横に大きいのも大きい。細かいこと言えば80近いだけで80もないのだがたまに規格外が居るので多少余裕をとったほうがいいだろう。

          • by Anonymous Coward

            アメリカのドメスティックの小型(レシプロ)旅客機に乗った時に、太った人にシートベルトの延長ベルト(片側メスで反対側オスの50cm位のベルト)をCAが普通に渡していたのが衝撃的だった。

    • by Anonymous Coward

      ボーイング737-900はペイロード20tで180人という仕様なので、そっちも大体一人当たりの重量は同じです。

      ちなみにエコノミークラスのシートは一人分あたり10-12kgあるそうです。ビジネスクラス以上は御察し。

  • by Anonymous Coward on 2016年08月24日 7時58分 (#3068773)

    ヘリウム代はどうなの?

    • by Anonymous Coward

      5日という連続滞空時間の制限はエンジンの燃料の搭載量からくるものでしょう。
      最初の軍用に開発されていたもっと小型の機体では連続滞空3週間といった仕様でしたからそんな簡単にヘリウムは抜けないと思われます。
      貨物などの積載量を取るか燃料を取るかの選択は用途次第なんでしょう。

  • by Anonymous Coward on 2016年08月24日 8時02分 (#3068775)

    こういうのがふわふわ飛んでる日常も良いな

  • by Anonymous Coward on 2016年08月24日 8時16分 (#3068780)

    結局飛行船がマイナーな物に留まった理由はこれに尽きる。

  • by Anonymous Coward on 2016年08月24日 11時19分 (#3068883)

    サイズの割にはすごく小さいね。アントノフ225が250tぐらいなわけで

    • by Anonymous Coward

      その代わり、5日間飛び続ける事が出来ますが。

      積載量上げるには、単純に大きくすれば良いので
      全長、全幅、全高をそれぞれ3倍にすれば
      単純計算では、アントノフを上回る積載量を実現できますよ。

      • 飛び続けることは出来ても速度はお察しなわけで。

        偵察と遊覧飛行にはよくても、輸送としては特殊用途しか使えそうもない。
        なら積載量は大した問題じゃないのだな。

        親コメント
        • 遅いといっても船舶よりは十分速いし地形に影響されない(高山は無理?)し
          ランニングコスト次第では十分需要は見込めそう
          そのランニングコストがよく分からんけど

          #断面積大きいから抵抗も大きくて案外燃料必要だったりする?

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            速度を船と比べるなら積載量がね…。
            トラックあたりと比べるべきなのか?

            航空機->速度が
            船舶->積載量が
            トラック->機体の価格が

            やはり微妙と言わざるを得ない。

            • by Anonymous Coward

              一般的な使用を無視して素直に大型ヘリのローターユニットと飛行船のエンベロープを組み合わせたリフター型にしてしまった方がペイロード稼げて良いと思うんだ。
              それこそ、使い道なんて僻地での大型プラントのどうしても分割できない大型部品運搬位なんだし。

              日通あたりと共同で作ると、モジュール化してポコポコ接続数増やして使いそうな奴を。

        • by Anonymous Coward

          遅くていいなら船があるしねぇ…
          船より早く飛行機よりだいぶ遅く、運べる量は飛行機より多いが船よりだいぶ少ない
          ビミョーだが嵌る用途があるのかもしれんね

typodupeerror

あつくて寝られない時はhackしろ! 386BSD(98)はそうやってつくられましたよ? -- あるハッカー

読み込み中...