パスワードを忘れた? アカウント作成
12907920 story
テクノロジー

EmDriveの原理について説明する論文、査読を通過 68

ストーリー by hylom
続報を待て 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

電磁波から推力を得る「EmDrive」については中国NASAが研究を進めているが、先日、NASA・Eagleworks研究所のホセ・ロダル博士が、EmDriveの原理について説明する論文を発表したそうだ。この論文はピアレビューを通過し、The American Institute of Aeronautics and Astronautics(AIAA)の査読付き論文誌に掲載されることが決まったという(IBTimesIBTimesの続報Slashdot)。

論文はJournal of Propulsion and Powerに近く掲載されるという。ホセ・ロダル博士がNasa Spaceflightフォーラムに投稿した論文名を含むコメントが根拠となっている模様。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by manmos (29892) on 2016年09月06日 10時36分 (#3075788) 日記

    まさか、マイクロ波の光子の運動量?

    まあ、光の反射でも多少の駆動力はあるけど、「光」と「マイクロ波」だと光子一つの運動量って4から6桁違うから…

    #受験生の時、光子一つを閉じ込めた球体の中の圧力を計算した。

    • by Anonymous Coward

      光子「一個」の運動量を議論しても仕方ないんじゃないかな。
      ビームとしてのトータルの運動量。それは電磁波を生み出すエネルギーに比例?

      #エネルギーはE=hv 運動量はp=hv/c
      #らしいのでp=E/c

      #まさに光子エンジン?

      • by Anonymous Coward

        勘違いしていた。
        光子エンジンってのは宇宙船のお尻から外部に光を出すけど、このEMDRIVEってのは宇宙船の内部で発光&反射させてるのね。だから運動量保存則に反すると。

        だとするなら光子エンジンがなぜ実用化しないのだろ?LED電球を宇宙船のお尻につけるだけでよさそうだが。

        • 太陽電池式やレーザーセールの様に宇宙船の外部からエネルギを供給しない, いわゆるロケット方式の場合, 推進に使う媒体の最適な噴射速度というのは燃料のエネルギへの変換率によって決まってきて, この最適噴射速度が光速となるのは変換率100%, すなわち反物質と物質による対消滅の場合になります.

          ですから, 例えば核融合ロケットの場合でも, 発生したエネルギで光子推進しようと思えばできなくはないですけど, 残った未変換の燃料がらがデッドウェイトになって加速を鈍らすことになってしまうのです.

          # このあたりの計算は石原藤夫の「銀河旅行」に詳しい

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          役に立つレベルの推力が得られないからだろ。

          • by Anonymous Coward

            一応熱放射の光子を推進力にした核光子ロケット [wikipedia.org]の研究はされてるのよ?
            熱放射だからって馬鹿にはできない。パイオニア・アノマリー [science.srad.jp]という実例があるんだから。

            • by Anonymous Coward

              核光子ロケットって、核爆弾レベルなのかな?
              そうじゃなくて太陽電池レベルのエネルギーで、はやぶさのイオンエンジンを置き換えるくらいの光子エンジンって出来ないのかな?

          • by Anonymous Coward

            でも比推力はおそらく無限大だし、電力さえあればいいという点でも話題のEM DRIVEに比べて遜色ない。EM DRIVEが実験されてるのに何で?という思いがある。

          • by Anonymous Coward

            ソーラーセイル [www.jaxa.jp]じゃあかんのか?

        • by Anonymous Coward

          1Wのレーザーを台座に付けて総重量1kgにして1sec撃ったとき、反動はどれくらいあるんだろう? 反動があるとしたらドギャンと来るのかじんわり来るのか? もし反動が(ほとんど)無いなら何故なんだろう?

  • by Anonymous Coward on 2016年09月06日 6時37分 (#3075681)

    これが初めて、という事に驚き。
    普通仕組みの提唱から先に入るものだと思ってたけど、業界によるのかな。

    • by T.SKG (20663) on 2016年09月06日 10時36分 (#3075789) 日記

      1.運動量保存の法則を無視したような「理論」が先にありました。

      2.そういう理論に基づいて実験を行っても動作しないのが普通ですが、EMドライブの場合、無視できない実験結果が出るようになりました。

      3.言い方は悪いですがこのトンデモ理論を従来の科学から説明するために色々と仮説は出ているのですが、査読付き論文誌に載るようなレベルの説明はこれが多分初めてということです。

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2016年09月06日 6時48分 (#3075684)

      麻酔薬についての仕組みを解説した論文てないんですってよ。

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2016年09月06日 6時58分 (#3075685)

        効能が(二重盲検法で)証明されていれば原理なんかどうでもいい、とまでは言わないが別に原理が明らかになっていなくても普通に承認されるからな。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          そもそも古くから使われてるものは数えきれない臨床例が存在するわけだから
          作用機序の解明なんて待つまでもなく承認するしかないじゃん。

          • by Anonymous Coward on 2016年09月06日 10時46分 (#3075793)

            いや、「古くからある臨床例」の報告は、開発のヒントにはなるけど承認用のデータにはならんとですよ。
            分かって書いてるのかもしれないけど。
            元コメの人の言うように。「効果が(ちゃんと管理された試験にて)確認されていればいい」(あと安全性とか安定性とか開発管理・製造管理とか色々あるけど)、であってる。

            #でももちろん原理も無視されるわけではなく、”推測されている作用機序”は治験の例数とか含量とか安全性評価とか色んなところに影響もするけども。

            親コメント
      • by Anonymous Coward

        局所だと分かってるのもあるし
        全身でも部分的には分かってたり推測つけてたりするんで、
        全く不明ってわけじゃないんだからねっ!

    • by Anonymous Coward

      現象が先に発見されて、その後にそれを説明する理論が提唱されるのは普通にあることだろう。
      鳥がなぜ空を飛べるのか人間が説明できるようになるまで、鳥は空を飛んじゃいけないのか?

      • by Anonymous Coward

        おれもそうだと思うけど、EmDriveは確か理論が先

        でも現象が起きるのと理論が正しいかは別の話だからね
        この論文の理論も正しいかどうかはこれからだと思う

      • by Anonymous Coward
        鳥が空を飛ぶことと、それを人間が説明できることになんの関係があるの?
        • by Anonymous Coward

          国語の成績悪いでしょ。

          「鳥が空を飛ぶ」というのは現象の例。
          「それを人間が説明する」というのは#3075681 [srad.jp]の言う「仕組みの提唱」。

          「普通仕組みの提唱から先に入るもの」だと思ってるなら、仕組みが提唱される前に現象が知られているようなことは
          普通じゃないと思っているのか?という話。

          どこの「業界」についていかほどに御精通されているのか存じませんがw

          • by Anonymous Coward

            字面しか読めずに騒いでる人っていますよね。。。
            比喩とか修辞的疑問文とか特に。

  • by Anonymous Coward on 2016年09月06日 7時13分 (#3075692)

    ドエムライブ

    • by Anonymous Coward

      ???

    • by Anonymous Coward

      お前ら平日火曜日の朝っぱらからぶっ飛ばしやがって

      俺も膝に矢を受けなければ・・・

  • by Anonymous Coward on 2016年09月06日 9時45分 (#3075765)

    これで十分な推力が得られればSFで描かれたような有人で太陽系内を飛び回るような宇宙開発が可能になるかなぁ
    恒星間で探査機送る事も実現できそうだよねー

    • by Anonymous Coward

      これが目指すのはイオンエンジン以上の効率であって大推力じゃないと思う
      SF的には何も噴出しないので見た目が重力制御っぽくて良いですね

      • by Anonymous Coward

        仮にこれの実用化がうまくいくと
        イオンエンジンはお役御免になっちゃうの?
        棲み分けとか性能競争の余地あり?

        • by Anonymous Coward

          イオンエンジンがあるから液体や固体ロケットがお役御免になったかというと、使い分けが必要。
          EmDriveが実用化しても、やっぱり棲み分けることになるだろう。
          効率、最大推力、コスト、など全てで上回ればわからないけど、そううまくは行かない。

    • by Anonymous Coward

      「太陽系内を飛び回るような」
      ・・・
      十分な推力というより、使っても減らない燃料(電力だけなら無限供給可能として)というのが着眼点で。
      単純な推力は大きくないの。

      後方にロケット噴射して、目的地まで一直線に飛ぶなんていう宇宙旅行は、いまのところない。

      • by Anonymous Coward

        でも火星に人を送り込むってのは帰還も含めて現実的になるんじゃないかな?

        • by Anonymous Coward

          火星の衛生軌道上に人を送り込むのは帰還も含めて実現が見えてくるでしょうね。
          火星の地上(火上のほうがいいのか?)に帰還を前提として人を送り込むのは実現性が増すだけで非現実的なことに変わりはないでしょう。
          完全に整地された地球上のスペースシャトル着地地点へスペースシャトルを着地させてそれを再整備して発射台に載せて再度撃ち上げるだけであれだけ苦労したわけですから。
          現実的な問題として打ち上げ基地を現地に建設してなんだかんだとやってると時間がかかりすぎる。
          多分予算が降りないし仮に通ってもやってる途中で停止かな。

          • by Anonymous Coward

            月ほどではないけど地球に比べれば衛星軌道上に乗せるエネルギーは少なくて済むだろうから
            (ちょうど悪いニュースがあったけど)Space Xのグラスホッパーの開発が進めば応用できんかのう…

          • by Anonymous Coward

            火星の地上(火上のほうがいいのか?)
            →太陽面、月面のように面を使うことも多いな。では全部に適用してみる。

             太陽面
             水面
             金面
             地面-月面
             火面
             木面
             土面
             |
             |

            • by Anonymous Coward

              木面
              土面

              木星・土星のようなガス惑星だと、表面ってどこでしょうね?
              太陽だと発光している(核融合している)外縁が表面?

            • by Anonymous Coward

              地面ってそういう意味だったのか()

    • by Anonymous Coward

      恒星間で探査機送る事も実現できそうだよねー

      一番近い恒星でも数光年先なんでちょっとやそっとの推力アップでは話にもなりませんよ。
      大体推力が上がれば探査機にかかるGも大きくなるから探査機の強度の問題も出てくるし。

      • by Anonymous Coward

        強度の心配はないんじゃない?
        1Gの加速を無制限に続けられるだけでも(近いのに限るけど)恒星間飛行は現実的になるでしょう。

        • by Anonymous Coward

          もちろんEmDriveで1Gの加速は無理なんでしょうけど

          • by Anonymous Coward

            なんで「もちろん」と言えるの?

          • by Anonymous Coward

            なんかすごいの作ってるみたいだよ。本当にできたらいいねえ。
            てかこの記事の日付からもう3年たってるけど。

            A prototype 2G thruster, giving 3kN for 1kW microwave input could be available in 3 years. A large prototype 2G thruster giving 800kN [80 metric ton-force] for an 80kW input would take 6 years.

            http://www.buildtheenterprise.o [buildtheenterprise.org]

typodupeerror

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

読み込み中...