パスワードを忘れた? アカウント作成
12927955 story
Twitter

オランダ警察、ドローン対策としてワシを配備 47

ストーリー by headless
配備 部門より
オランダでは悪質なドローンを捕獲するため、警察がハクトウワシを配備したそうだ(ニュースリリースThe Next Webの記事)。

オランダ警察は1年ほど前にドローン対策としてワシの利用を検討しており、検証が成功したためハクトウワシを購入して訓練を行っていたという。ワシはドローンを餌とみなして空中で捕らえ、群衆の頭上にドローンを落とすことなどがないよう、指示された場所に運ぶように訓練されている。9日にはドローンによる要人の攻撃を想定したシナリオでデモンストレーションが行われたそうだ。

迅速な対応を可能とするため、ワシは国内各地に配備される。現在訓練中の若鳥もおり、プロペラから爪を保護するためのプロテクターの開発も行われているという。このような目的で猛禽類を利用するのはオランダ警察が世界で初めてとのことだ。



いろいろと雑なデモ動画

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by abies (39185) on 2016年09月19日 17時12分 (#3083544)

    日本でも、山の中でドローンを飛ばすと、トンビが近づいてくるのだけど、周りを旋回するだけで、攻撃はしてこない。
    でも、なんか怖いので、しばらくドローンを引っ込めるとトンビはどこかへ飛んでいく。
    大丈夫かなと思い、また飛ばすと再度どっからともなく近づいてくる。

    向こうさんも、そりゃドローンは怖いんじゃないかと思う。けど警戒はしないとなぁという感じでつきあってくれているのかなと思っている。

    ワシとトンビでは、性質が違うのかな?

    • by Anonymous Coward

      動物園の中とは言え、猿は道具を使って撃墜することもあるらしい。
      http://news.aol.jp/2015/04/18/saruwaku/ [news.aol.jp]
      https://www.youtube.com/watch?v=Z_zw8h4epQM [youtube.com]

      しっかり待ち構えてやんの。

    • by Anonymous Coward

      トンビはあまり大きく無い(カラスより一回り大きいくらい)のと、飛んでいる鳥などを捕食することは無い。で、結構臆病。
      一方、ハクトウワシは翼を広げると2mを超える大型のワシで、飛行中の鳥や自分よりも大きな獲物でも捕食することがある。

      それにしても、ドローンのローターに触れずに捕まえるのって難しそうだけど、訓練でどうにかなるものなのか。

    • by Anonymous Coward

      鳥凧をあげると、本物の鳥(カモメなど)が寄ってくるはなしが複数のサイトに載っています。
      鷲は知りませんが...

    • by Anonymous Coward

      トンビがダメならゾンビで

      #ゾンビがくるりと輪をかいた。

  • ぱっと見てhylomが「わしがドローン対策に抜擢されたんじゃけん」とかいう記事かと思いました。

    • by Anonymous Coward

      残念、headless氏でした…という話でもなかった。

  • って、最後に流れる。

    あ、あれは鷹なんですか。そうですか・・。
  • by Anonymous Coward on 2016年09月19日 15時37分 (#3083512)

    と、空飛ぶ爺さんたちを夢想した

  • ハヤブサだけどね、あっちは

  • どうせ (スコア:1, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2016年09月19日 16時03分 (#3083519)

    「虐待だ」って騒ぐ連中が出てくるんだろ?

  • by Anonymous Coward on 2016年09月19日 16時55分 (#3083535)

    それでいいのか?と思ったが… やっぱりそれでいいな。

    • by Anonymous Coward

      獲物狙うときにさえずったりしないので大外しの感じがします

  • by Anonymous Coward on 2016年09月19日 21時34分 (#3083605)

    鷲を運用するよりコストの安いドローン捕獲ドローンとドローン捕獲ドローン妨害ドローン捕獲ドローンを作って売ったら一財産できるかもしれん

  • by Anonymous Coward on 2016年09月19日 16時43分 (#3083530)

    今は増えたから絶滅危惧から外されたとはいえ、
    いまだにレッドリストに掲載されてる種をなんで使うんだ?

    自動追尾ソフトを組み込んだドローンでカミカゼアタックさせればいいんじゃないのか。

    • by Anonymous Coward on 2016年09月19日 17時07分 (#3083541)

      ハクトウワシであるのはカラダの大きさがマッチした感じでしょう。
      目的としては他の種でも良いのでしょうが…

      カミカゼアタックしないのは落下させる場所をコントロールできないと危ないからじゃないですか。
      そのための捕獲からの回収ではないかと。

      親コメント
    • by I-say (18650) on 2016年09月20日 9時22分 (#3083701)

      食用の話でもないし、むしろ有用だからとより手厚く繁殖促進される可能性

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      警察は、要人を守るためだからといって、ドローンをその辺に落下させて近隣の人に怪我させることも許されないのですよ。

    • by Anonymous Coward

      絶滅危惧種だろうがそうでなかろうが、人間が繁殖させて利用する分には自然にいる個体数に何ら影響はないのではないでしょうか?

    • by Anonymous Coward

      アメリカのリストからは削除されてますから、IUCNの掲載基準がアレなんじゃ…

  • by Anonymous Coward on 2016年09月19日 18時33分 (#3083563)

    30年以上前、幼稚園で読んだワシの絵本を思い出した。
    それは、猛禽類のワシが自分自身がどのような鳥なのかを自己紹介のような形で明らかにしていくという内容だったんだが、
    その書き出しが「わしはワシだ」だった。
    今でも鮮明に覚えてる。

    • by Anonymous Coward

      まずは公理系の定義から始めるわけですね。やるなーw

  • by Anonymous Coward on 2016年09月19日 19時09分 (#3083577)

    そしてドローンとの間に芽生える友情

    • by Anonymous Coward

      充電しないと長く保たないのが問題(アニメなら別にいいか)

      • by Anonymous Coward

        そこは日中ソーラで充電して、夜にウロウロと

        • by Anonymous Coward

          夜警用のドローン(昼にソーラーで自動充電)と屋敷の木に住むコキンメフクロウの心温まるストーリーですね。
          主人の居ない夜に泥棒を撃退したりするという。

  • by Anonymous Coward on 2016年09月19日 20時21分 (#3083590)

    ドローンによる害鳥駆除も、もうありそう。
    領空侵犯した鳥をみつけて、ぎりぎり近付いたり発砲したり。
    追い出すレベルで。
    # 人知れず空飛ぶ人々には不評です

  • by Anonymous Coward on 2016年09月19日 23時25分 (#3083638)

    ドローン対策として日本中から集められる鷹匠達。

  • by Anonymous Coward on 2016年09月20日 1時32分 (#3083662)

    動画を見てもいまいちどうやって落としてるのかよく分からないな

  • by Anonymous Coward on 2016年09月20日 9時08分 (#3083697)

    ワシがドローン撃退に使われることが分かっているなら、ドローンを使って何か悪いことをしようとしている奴らだって対策するよ。
    例えばワシが接近してきたら熊撃退スプレーみたいなのを噴射するとか。

    せいぜい、マナー違反な迷惑ドローンを取り締まるくらいにしか使えないな。

typodupeerror

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

読み込み中...