パスワードを忘れた? アカウント作成
13121008 story
原子力

早野龍五教授曰く、「福島に生まれたことを後悔する必要はどこにもない」 182

ストーリー by hylom
差別は人が作る 部門より
masakun 曰く、

原子物理学者で東大を今年定年退職される早野龍五氏による、原発の廃炉を担う若い世代に宛てた聞き書き「科学者がいま、福島の若い世代に伝えたいこと「福島に生まれたことを後悔する必要はどこにもない」」が話題となっています(前編後編)。

記事の冒頭、福島県屈指の進学校での聞き取り調査を紹介し「自分の子供を産めるか不安か」と尋ねたところ10%くらいの挙手があったそうで。もし生徒から同じ質問を投げかけられた場合、福島県に住んでいる人々の地域より自然放射線量の高い地域はいくらでもあることや、広島・長崎の「被爆者」を対象とした疫学調査から、氏は「問題なく産める」と即答するとしています。さらに氏が5年間に集めたデータや調査をもとに、内部被ばくの実態について紹介し、「出荷制限がかかるような食品を食べたからといって、実は心配されるような線量には達していない」「(南相馬市の追跡調査でも)目立って内部被曝が増えている人はほぼいなかった」。そしてこれまでのデータの積み重ねから、福島県で増えたようにみえる甲状腺がんの増加という結果は「過剰診療」と判断(過去のストーリー1過去のストーリー2)。そのため福島県産の食材を避けるべき科学的理由はなく、むしろ「1ベクレル未満の食事が食べたいなら、福島市で給食を食べるのが一番いい」と。さらに震災から6年が経過しようとしている今、学校給食の丸ごと検査も止めるかどうか検討するべき時期に入ったのではないかとも。

とはいえ被ばくの影響はなくとも、また自分は何とも思ってなくても、将来就職や結婚をするときに「福島の人は……」みたいな調子で露骨に嫌がられることがあるかもしれない。その時のためにも、泣き寝入りではなく、若い世代は自分の言葉で自分の状況を説明できる必要があると論じています。

いろいろ考えさせられる文章ですが、放射能アレルギーの皆さんはどのように反論されるでしょうかね。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 目に見えない不安を何とかしたい,というのはよく分かるのですが,
    やはり「風化」が一番なのかなあ,と思わなくも。
  • 純粋に原子力という技術や研究そのものには、興味をそそるものがある。
    でも、これが事業化された原子力発電所とか電源・エネルギー政策とか、原子力を推進しようとする勢力にアレルギーとか不信感を感じるのは自分だけ?

    • by Anonymous Coward

      まさにこれ

    • 上のコメントへの感想はコメントタイトルに書いた文言しかない。

      • by Anonymous Coward
        その「お前」が相当程度に多く、政府や電力会社、原子力村民を見ているとあながち妄想でも無さそうなのが問題。

        実際思うよ。言ってることそのものは一理ある。でもお前が言うから胡散臭いんだ ってね。
  • by Anonymous Coward on 2017年01月11日 11時01分 (#3142040)

    十分に後悔してますが何か?

    • もっと線量高いのに平気で人が住んでる地域はごろごろあるだろうって指摘がストーリー中にあるんだが、住めなくなったのではなくて、住めるのに戻ってないだけなんじゃないの?

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2017年01月12日 19時47分 (#3143056)

        住めるようになって戻りさえすれば事故がなかった場合と同じだと思ってる?
        移住に伴う時間やお金、仕事の都合、環境の変化、その他いろいろあるでしょうに
        いくらなんでも短絡的じゃないですかね?
        ポジショントークも結構ですけど、もうちょっと現地の人たちの身になって発言してほしい

        親コメント
    • 一生、同じところに住み続けられる人の方が少ないのでは。
      親コメント
    • by Anonymous Coward

      原発事故でなくてもそういうことは起こりえますよね。

      • by Anonymous Coward

        10km半径もの居住地が数年、数十年にわたってそっくり使用不可能になるケースなんて、原発事故以外でどういうものがあるのか言ってごらん。

        • by Anonymous Coward on 2017年01月11日 17時09分 (#3142317)

          >どういうものがあるのか
          普通にたくさんあるでしょ。大地震、火山の大噴火、大洪水、etc。
          屈斜路カルデラは東西約26km、南北約20km程度よ。

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            噴火はともかく、地震や洪水で「数十年にわたって」居住不能となりますかねぇ
            事例があればお願いします 近代以降の日本の事例で(と限ったのは日本の土木技術は優秀だと思うから)

            あと「起こりえる」話だから後悔なんかしなくていいだろということをおっしゃりたいのでしょうか?

        • by Anonymous Coward on 2017年01月12日 18時00分 (#3142984)
          「防災のための集団移転促進事業に係る国の財政上の特別措置等に関する法律」によって
          集団移転した例なら、原発に関係なく、東日本大震災関連でいくつかありますよ。
          それ以外にも過疎地域で集団移転した例もある。

          原発事故だけが特別ではない。
          親コメント
        • Re: (スコア:0, すばらしい洞察)

          by Anonymous Coward
          自然現象は#3142317で述べられてるので、人為的なものとしては区画整理やダム建設、線路や道路の敷設などがありますね。範囲が狭くとも結局は離れたところに移動しなければならないのは変わりませんし。
          • by Anonymous Coward on 2017年01月12日 8時33分 (#3142609)

            北方領土を追われた島民たちのことも忘れてはいかんよ。

            親コメント
            • by Anonymous Coward on 2017年01月12日 16時21分 (#3142908)

              第一次世界大戦の戦場跡(毒ガス・不発弾・鉛汚染)とか、大規模地雷原とか、重金属鉱山跡地とか、有毒物質取扱工場爆発事故跡地とか、昨今の中国大陸都市周辺部とか(インドも負けていないそうだが)。
              古い話だが、モンゴル帝国による敵対都市・周辺農地への塩散布も、モンゴル帝国地域=乾燥地帯では、壊滅的環境破壊になった。

              親コメント
        • by Anonymous Coward

          沖縄米軍基地もお忘れなく。

      • by Anonymous Coward

        福島は原発事故でそうなったんですよ?

    • by Anonymous Coward

      他の事柄で同様に住めなくなる事があったとしても被害には違いないと思うんだけど、
      なんで「他にも有る」って頑張って宣伝する必要が有るのか分らんね。

    • by Anonymous Coward

      子供の頃に親が破産して、東京からクソ田舎に引っ越さざるを得なかった俺からすると、
      だから何? って感じ。

    • by Anonymous Coward
      生まれてから20回引っ越したオレからすると
      住めなくなったのがどうかしたの
      という感じ

      原発避難と名乗るだけで手厚くケアされているのはうらやましい
  • by Anonymous Coward on 2017年01月12日 16時08分 (#3142898)

    アトピーのストーリーもそうだが、不安商売の人たちはマメだなあ

  • by Anonymous Coward on 2017年01月12日 16時25分 (#3142911)

    「いろいろ考えさせられる文章ですが、放射能アレルギーの皆さんはどのように反論されるでしょうかね。」台無し感ある。

  • by Anonymous Coward on 2017年01月12日 16時03分 (#3142894)

    爆発当時の日本全国の混乱を納めるには功績があったけど。

    必要以上に恐れる必要はないが、
    今はもう、必要に軽視してはならない時期。

    • by Anonymous Coward
      なーに、万一何かあっても、被害者が日本国民だけなら、強烈な同調圧力かけて黙らせれば、それで解決できるんだから、ことさら重視する必要なんかないさ。
      むしろ今は軽視しておくべき、そうすれば後で何かあっても、みんなそうだった、みんなに責任があるという詭弁で、誰も責任をとらずにすむ。
typodupeerror

人生unstable -- あるハッカー

読み込み中...