パスワードを忘れた? アカウント作成
13133909 story
法廷

最高裁、広告も消費者への勧誘にあたる場合があるとの判断を示す 10

ストーリー by hylom
ケースバイケース 部門より

最高裁判所が24日、不特定多数に向けた広告も消費者契約法の「勧誘行為」に該当するとの判断を示した(日経新聞朝日新聞「弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS」ブログ)。

この裁判は、健康食品メーカーが高血圧や糖尿病への薬効をうたった健康食品に関するチラシを新聞の折り込みチラシとして配布したことについて、消費者団体が「不当な勧誘」に当たるとして広告差し止めを求めていたもの。一審では医薬品と誤認される恐れがあるとして差し止めが命じられたものの、二審の大阪高裁では「不特定多数に向けたものは『勧誘』にはあたらない」との判決が出ていた。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 健康食品が今回の事例なんで、医薬品との線引き問題が連想されますけど
    これ、特に金融商品やリースなどの契約商品全般の広告に影響が多いんじゃないかと思います。
    まあちっちゃい文字で長々と免責事項など入れることになるんでしょうけど・・・
    • by Anonymous Coward

      ちっちゃい文字だと読ませる気がないからダメですって展開まで見えました。

  • 水素水の騒動のときも思ったんだけど、問題は科学的根拠のない薬効を吹聴すること、にあると思うんだよね。
    特定メーカーの商品広告でなくとも、テレビ番組なんかである成分に○○の効果があることが分かりました、みたいな感じで印象操作をしておいて、「今テレビで話題の成分配合」みたいなうたい文句つけて売るとかやり方だってある。
    あるある大辞典の納豆ダイエット事件だって、捏造って報道があるまでは多くの人が信じてたわけで、直接商品名宣伝しなくてもやり方次第でどうとでもできるわけです。

    というわけで、結果として消費者への優良誤認が発生するようなやりかたを考えていくと、消費者契約法だけじゃあ対処しきれないんじゃないかと思ってます。
    EM菌、やさしいと声かけした水、みたいないわゆるニセ科学事例にだまされる人をなくすような根本施策ってできないものですかね。

  • by Anonymous Coward on 2017年01月27日 9時37分 (#3150978)

    タイトルオンリーです

    • by Anonymous Coward

      スラド民がよく接する出鱈目なネット広告も、当然この判決に含まれてきます。
      関係者はよくよくご用心を。
      (タレコミ子の感想です https://srad.jp/submission/69564/ [srad.jp])

  • by Anonymous Coward on 2017年01月27日 10時12分 (#3151002)

    これ、広告でも違反なんじゃなかったっけ。

    深夜のCMでも※個人の感想ですって文字が踊ってるよね。
    チラシにもちっちゃく※個人の感想ですて書けばOK()
    そうでなきゃアウト、という線引はされてるはず。

    • by Anonymous Coward
      本文くらいは読もうね
    • by Anonymous Coward

      ブログ/コラム/ポータルの体裁を取ったステルスマーケティングにも適用されるのだろうか?
      広告であることを表示していない、個人サイトを装っているので法人・運営団体名の表記はない
      やや個人サイトっぽいものから、怪しい折込チラシそのもののデザインで個人サイトですと書いてある説得力のないものまでちゃんとレーティングできるのかな?とおもう

      • by Anonymous Coward on 2017年01月27日 12時42分 (#3151105)
        もともと消費者契約法を改正して広告も勧誘に含めようという話だったんだけど、事業者が一斉に「勧誘かそうでないかの線引きが難しいから絶対無理」って抵抗して廃案にされたから、消費者庁はじゃあ改正やめるわ後は全部裁判所に丸投げねってなった経緯があっての今回の判決なわけ。
        これからもグレーゾーンにしといてその都度裁判、消費者団体が怖い企業は安全側に倒しておかないと酷いことになるよ、って運用が続くはず
        親コメント
typodupeerror

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

読み込み中...