パスワードを忘れた? アカウント作成
13176137 story
医療

WHO、抗生物質耐性を持つ「危険な病原菌」リストを公表 25

ストーリー by hylom
少なくない 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

世界保健機関(WHO)は27日、抗生物質が効かず、世界的に大きな問題になっている12種類の病原菌のリストを公表した共同通信NHK)。

WHOがこのようなリストを公開するのは初めてで、新しい抗生物質の開発などの助けになることを意図しているという。リストでは「CRITICAL」「HIGH」「MEDIUM」という3段階で優先順位が付けられており、もっとも優先順位が高い「CRITICAL」にはアシネトバクター、緑のう菌、エンテロバクターの3種類、「HIGH」ではメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、サルモネラ菌、ピロリ菌など6種類、「MEDIUM」では3種類の病原菌が挙げられている。

また、これらの菌は新たな抗生物質への耐性を比較的容易に獲得でき、さらに耐性を他の菌に伝える能力を持っている点も懸念点として挙げられている。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2017年03月04日 23時44分 (#3170992)

    高くない上に一回で効いちゃうから個人輸入する人が後を勃たないのよね

  • by Anonymous Coward on 2017年03月04日 8時39分 (#3170675)

    抗生物質を処方された覚えがあるが、いまではああいうことやらなくなっているのかな。
    それとも今でも結構抗生物質って安易に処方されるの?

  • by Anonymous Coward on 2017年03月04日 12時57分 (#3170769)

    20年前に受けた大学の授業で見た学名ばかり。この順位付けがどういう仕組みで開発業界に影響をおよぼすと考えたんだろう。風と桶屋ぐらい想像つかない。

    • by Anonymous Coward on 2017年03月04日 13時18分 (#3170776)

      「WHOの作ったリストにも挙げられている、高耐性菌に効く抗生物質の開発をするんですよ。成功すれば儲かります」
      と研究課題に箔をつけて、開発資金を集めやすくする効果がある。

      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2017年03月04日 14時00分 (#3170795)

    ただそれが言いたかっただけです。はい。

  • by Anonymous Coward on 2017年03月04日 15時13分 (#3170832)

    CRITICAL のって、通常だとただの日和見菌だよね

  • by Anonymous Coward on 2017年03月05日 12時07分 (#3171070)

    「抗生物質が効かず」だから○○耐性まで含めないと正しい情報にならない。耐性というのは薬剤(抗生物質など)が効かないもしくは効きにくいこと。このような病原体がいる状況で該当の薬剤を使うと、他の病原体は減って、一旦病気は良くなりますが、効きにくい病原体だけが生き残り、増殖するのでますます薬剤が効かなくなります。

    誤)「CRITICAL」にはアシネトバクター、緑のう菌、エンテロバクターの3種類、
    正)「CRITICAL」にはカルバペネム耐性アシネトバクター-バウマニ、カルバペネム耐性緑のう菌、カルバペネム耐性ESBL産生エンテロバクター

    誤)「HIGH」ではメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、サルモネラ菌、ピロリ菌など6種類、
    正)「HIGH」ではバンコマイシン耐性もしくは中間感受性のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、フルオロキノロン耐性サルモネラ、クラリスロマイシン耐性ピロリ菌など6種類

    抗生物質を処方された場合は病気が良くなってもお薬は最後まで飲みきってください。

    よく効く抗生物質ほど、次回のためにと症状が落ち着いた段階で手持ちにストックする患者さんが多いので、ごく少数の効きにくい病原体が生き残ります。別の薬へと渡り歩くうちに上記のようなとんでもない病原体が出来上がることがあります。

    ちなみにカルバペネムとは医療側から見ると最終手段に近い薬剤です。

    • by Anonymous Coward

      > 抗生物質を処方された場合は病気が良くなってもお薬は最後まで飲みきってください。

      これはよく聞く話だが、菌が残ってしまうのは耐性を持っているからで、飲み切ったところでそれらが残ってしまうのは
      変わりないのではないのか?

      実験で、少量の抗生物質の投与は耐性菌を生み出しやすいという結果が出ているの?

      • by Anonymous Coward

        だいたい。あってる。
        薄い濃度なら耐えられるようになった菌が濃い濃度でも耐えられるよに進化する前に、殲滅する必要がある。

      • by Anonymous Coward

        全く効かないなら変わりないけど、効いてるけど強いからまだ残ってる場合は中途半端で止めるとそれが増殖して手に負えなくなる
        別に難しい話ではないと思うけど
        まさか、耐性は有るか無いかのどちらかしかないと思ってた?

        • by Anonymous Coward

          量の問題、抗生物質の量が多ければ死ぬような菌なら、それが増えても投与する抗生物質を増やせばいいのだから、
          「使える抗生物質が無い」と困るようなことはないんじゃいの?

          耐性菌というのは量的な変化じゃなくて質的な変化じゃないの?

      • by Anonymous Coward

        他の人のに補足すると、菌との戦いは免疫パワー+薬パワーなので、飲みきった時に耐性菌が残っていても、免疫パワーがやっつけます。

        薬が中途半端にしか効いてない状態で止めたりすると、免疫は残りの通常菌+耐性菌と戦わなきゃいけない=治らない/耐性菌が体外に逃げ出る可能性が高まります。
        「免疫が耐性菌に割くパワーが足りなくなる」のが問題。

        • by Anonymous Coward

          > 飲みきった時に耐性菌が残っていても、免疫パワーがやっつけます。

          それで済むようなら、WHOがこんなリスト作らんのではないか?

          • by Anonymous Coward

            めんどくさいけど書いてみる。

            耐性菌ってのは、通常の菌が複製を続けるなかである程度の割合で産まれてくる。
            抗生物質には耐性があるけど、それ以外には通常の菌より弱いことが多い。
            だから一定の環境下では通常の菌が大多数を占め、耐性菌の割合は小さいか通常の菌に負けて死ぬ。
            他人に感染させる菌は通常の菌である可能性が高いというのは分かるよね。

            「病気になってる人の体内」ってのは菌がその人の免疫を上回って増殖している状態。耐性菌は居ないかごく少数。

            そこで体内に抗生物質が入ってくると、通常の菌はどんどん減る一方、耐性菌はあまり減らない。
            免疫も仕事をし

            • by Anonymous Coward

              > そこで体内に抗生物質が入ってくると、通常の菌はどんどん減る一方、耐性菌はあまり減らない。

              ここがわからん。耐性菌は抗生物質に対して耐性があるけど通常の菌がある状況下では
              通常の菌に負けて増えられないだけというなら、抗生物質が入ってきた状況下では
              「あまり減らない」ではなく増えだすのではないか?

              • by Anonymous Coward

                「あまり減らない」はまあ通常菌との対比であって減るのか増えるのかは病状の推移にもよるんだが、まあモデルを書いてみよう。

                菌の増殖量>免疫力 というのが病状が悪化する状態で、
                菌の増殖量<免疫力 というのが治癒していく段階。
                なので抗生物質ってのはあまり直接菌を殺すというより「増殖をさせない」効果が主要だったりする。

                例えば免疫さんが「1日につき敵の6割を殺せる」って言ってて、菌が1日の終わりに2倍になるとしよう。
                通常9万個+耐性1万個(耐性菌10%)のときだと6万殺しても残り4万が次の日に8万になって襲ってくる。いつかは治るけど長い戦いだ。

              • by Anonymous Coward

                > 例えば免疫さんが「1日につき敵の6割を殺せる」って言ってて、菌が1日の終わりに2倍になるとしよう。

                免疫の力ってのは、量にかかわらず「必ず何割殺せる」というような割合で効いてくるものではなくて、
                「キャパがこれだけ」というような処理用の上限があるようなものではないのか?

              • by Anonymous Coward

                どっちの要素もあるんで単純化して書いたんだけど、仮に一日に○万個としても合致するモデルは書けるとおもうのでがんばって。
                おれはもうつかれた。ぎぶあっぷ。

    • by Anonymous Coward

      誤)「CRITICAL」にはアシネトバクター、緑のう菌、エンテロバクターの3種類、
      正)「CRITICAL」にはカルバペネム耐性アシネトバクター-バウマニ、カルバペネム耐性緑のう菌、カルバペネム耐性ESBL産生エンテロバクター

      もと記事の誤訳がそのままなので、一応修正を…

      原文はEnterobacteriaceaとなっていて、これは「腸内細菌科細菌」のことです。
      エンテロバクター(Enterobacter属)もですが、その他大腸菌(E.coli)、肺炎桿菌(Klebsiella属)などかなり幅広く含みます。
      また、カルバペネム耐性 and/or ESBL産生、ですね。

typodupeerror

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

読み込み中...