パスワードを忘れた? アカウント作成
13180298 story
書籍

筒井康隆のラノベ「ビアンカ・オーバースタディ」の続編、新人が勝手に書いて賞に応募した結果入賞、刊行へ 45

ストーリー by hylom
できすぎ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

「時をかける少女」などで知られる小説家、筒井康隆氏によるライトノベル作品「ビアンカ・オーバースタディ」の続編というライトノベル「ビアンカ・オーバーステップ」が3月15日に発売される。本作は新人作家「筒城灯士郎(とうじょう・とうしろう)」のデビュー作となるのだが、筒井康隆に無断で執筆され、星海社の「星海社FICTIONS新人賞」に投稿された結果受賞して刊行に至ったという異色の経緯となっている。

公開されている新人賞の座談会では「全部80点」「破綻がないことこそが不満」と高く評価されており、編集者から「筒井さんのご承諾をいただけなくても、受賞はさせるべき」といった声があったようだ。その後正式に筒井康隆氏の承諾を得ての刊行になったという。

  • あとがき (スコア:1, 参考になる)

    by Anonymous Coward on 2017年03月07日 15時50分 (#3171935)

    ビアンカ・オーバースタディのあとがきに、「ビアンカ・オーバーステップ」という続編のアイデアはあるがもう年なので誰か続編を書いてくれというようなことが書いてある。

    それでも新人賞に応募して受賞とはすごい。

    ここに返信
    • by nemui4 (20313) on 2017年03月07日 15時54分 (#3171940) 日記

      過去にタイムトラベルして、密かに若い頃の康隆細胞からクローンを育て上げ英才許育を詰め込み書かせたのに違いない。

      • by Anonymous Coward

        元作品がひどい方法でクローンを作る話だからなあ。
        前髪垂らしたのっぺらぼうのカエル人間?

      • by Anonymous Coward

        そういえば「タイムトラベラー」は「時をかける少女」が原作だけど、「続・タイムトラベラー」は筒井さん全然関わってなかったんだね。しかし、映像が残っていないとは…

        • by Anonymous Coward

          「シナリオ・時をかける少女」はずいぶん後になって書いたんだったかな。
          映像化不可能作品の一つ。(無理すればできる?)

  • こんな紹介されたら合わせて読みたくなってしまうではないか。
    Kindleあたりでまとめ売りやらないかな。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2017年03月07日 15時40分 (#3171930)

    ... ナニコレ... R18?

    ここに返信
    • 普通に「筒井的」

      「俗物図鑑」とか、高校時代に読んだが、おもしろいにもかかわらず、読み進むのに時間がかかるほど体がかゆくなる感覚を味わった。
      もう少し年をとっていれば、まだ、マシだったか、よりひどかったか…

      「蟹甲癬」とかも、かゆさがひどかった。ショートショートだから助かったが。

      • by Anonymous Coward

        「顔面崩壊」とか、中二心をくすぐる作品でした。

        • お食事処で見かけた家族連れの子供が出来立ての鍋焼きうどんを犬食いするさまを
          書く価値ありとして叙述に専念したのとか、家で食べようとしたら金魚の水槽に
          中味を入れてしまったあとの惨劇とかは『玄笑地帯』だっけ?
          実母がお饅頭を買って帰ると喋っている話も方向性は違うけど同作品かな。
          痛痒感とはまた異なるのは中篇の「鍵」か。眼が離せずめくる手を押しとどめられない。

      • by Anonymous Coward

        幼女をレイプするとか普通にあるからね……

        いち時期読んでたけど有る時ふと気づいたよ。
        このままでは脳が侵食されると。

        で学校の図書館に全部寄贈した(被害拡大)。

    • by Anonymous Coward

      「ライト」な「筒井康隆」なんやで

  • by Anonymous Coward on 2017年03月07日 16時14分 (#3171946)

    E.G.Fマダー!?
    DB03マダー!?

    // 秋山瑞人せんせーの次回作にご期待し過ぎてもう無理

    ここに返信
    • グリンゴ2002と火の鳥すすきの編…

    • ミナミノは諦めたんですか?

    • by Anonymous Coward
      田中芳樹と佐藤大輔と星界のデブも頼むよ。新人でいいから。
      でも秋山節は本人の筆のがいいかなー
      • 『ゼロの使い魔』最終22巻ってヤマグチノボル名義だったのでちょっとびっくり。

        // 奥付の著者名の数行下に“©HEXAGON 2017”というコピーライト・ノーティスあり

      • by Anonymous Coward on 2017年03月07日 17時06分 (#3171979)

        田中芳樹は完結したり続編も続いてる作品も多い。「自転地球儀世界」「KLAN」「灼熱の竜騎兵」「七都市物語」等は
        すでに他の作家が引継いだりシェアワールドにしたりしている。
        森岡浩之は大病でやっと最近執筆を再開した。

        佐藤大輔は……  
        早川の新作はちゃんと出るんだろうか?

        • by Anonymous Coward

          田中芳樹は完結したり続編も続いてる作品も多い。「自転地球儀世界」「KLAN」「灼熱の竜騎兵」「七都市物語」等は~

          創竜伝のイメージというか、知名度と終わらせるの無理っぽい感がなぁ・・・

          #あとアルスラーン戦記も「悪い意味でソードマスターヤマト的な」感じだし・・・

    • by Anonymous Coward

      火浦功は許されたのか

      • by Anonymous Coward

        許すからガルちゃんを・・・
        って、もう中の人が何人もお亡くなりに(ノД`)シクシク

    • by Anonymous Coward

      グインは……もうやってるか。

      小説ではそんなにないけど、漫画は最近(も?)そんなの多い。
      元々プロダクション制でセンセイがロクに書いてないことが多いせいかな。
      でも元のプロダクションとは全然関係ないところが新規参入するのも多い。
      最近聞いてびっくりしたのは「キャプテン」。それがありなら「アストロ球団」が読みたい。

  • by Anonymous Coward on 2017年03月07日 16時23分 (#3171949)

    筒井御大、いつでも引退できますね。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2017年03月07日 17時57分 (#3172009)

    1980年代半ばだったと思うけど、雑誌「コバルト」の新人賞受賞作が
    さだまさしの「聖野菜祭」の世界観をマルっとパクった作品だった。
    たしか受賞取り消しになったと思うんだけど、
    ノベル大賞 [wikipedia.org]第1回の受賞作に名前が残ってるのな。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2017年03月07日 23時30分 (#3172225)

    筒井康隆は自分がラノベをはじめて書いたと発言してるからビアンカは唯一のラノベ作品でなくて二作目だろ

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      「ラノベ作家」になったのはビアンカから。
      今出そうと思ったらライトノベルのレーベルになりそうだけど、当時としては「ジュブナイル小説」で、
      ジュブナイルとライトノベルの違いは出版社側の分類上の違いでしかない、とかなんとか。

    • by Anonymous Coward

      ラノベの定義にも拠りますが、ジュブナイル作品も表紙イラストがこんなだと [tsubasabunko.jp]ラノベに見えてしまいますね。

  • by Anonymous Coward on 2017年03月07日 23時31分 (#3172226)

    ベタすぎて誰もつっこまない。
    # このまま改名せずプロになって長期で活躍してもらいたい

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      「ToToの奇妙な小説」でヨロ

typodupeerror

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

読み込み中...