パスワードを忘れた? アカウント作成
13199513 story
EU

円形の滑走路を持つ空港は成立するか? 179

ストーリー by headless
環状 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

空港の滑走路と言えば長い直線が縦横に交わるのが一般的であるが、これを円形にして360度任意の方向で離着陸可能にするという設計案が公表されている(プロジェクトページBBC World Serviceの動画記事Mail Onlineの記事フライヤー: PDF)。

「Endless Runway」と名付けられたこのコンセプトでは、空港が直径3.5kmほどの環状の滑走路1本で囲まれており、ターミナルビルなどは滑走路の内側に設置する。フライヤーにも記載されているが、滑走路にはバンクが付けられており、最大3方向同時に飛行機が離着陸可能だという。横風用の滑走路も不要となり、空港上空での待機時間減により燃料消費も削減可能。さらに誘導路は円の内側に設けられるため、効率的であることが謳われている。

効率もさることながら、既存の空港とは大きく異なるそのビジュアルが、実現すればインパクトがありそうである。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • ILSはどうするの? (スコア:2, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2017年03月20日 16時07分 (#3179395)

    有視界での着陸ならば可能かも知れないけど
    計器着陸で指向性電波で誘導するならば進入コースが
    限定されてしまって360度の意味が無くなってしまうよね。

    • by Anonymous Coward on 2017年03月20日 17時24分 (#3179447)

      Final Reportでは、ILSは当然使用できないので、D-GPSを使ったりマイクロ波着陸装置を使ったりする必要があり、
      さらに管制官から着陸『点』を伝えるためにHUDを使って管制・操縦するような物が必要とも書いてあります。
      (具体的にどうするかまでは書かれてない)

      現在の旅客機の管制も含めたシステムから変えなければいけない課題が多すぎて、
      対応飛行機じゃなきゃ離着陸できない案なので、まず実現は無理かも
      (そこまでして対応飛行機を買う航空会社があるのか?という問題と、航空会社が揃わないのにそんな変な空港を作るのか?って反対運動が起こるであろう事も考えると)

      「どうにかなる」が多すぎだし、専用の形状の飛行機も作るといいとか、「FlightGearの747-100のデータで飛んだけどだいじょうぶだったから出来るよ!」とか「こんなのでいいの!?」ってなるレポートかも・・・
      (滑走路の形状により発生する可能性があるウィンドシアの影響や、土木的にどう施工しどう維持するのか?等々、全く検討もされてない部分も多すぎかも)

      親コメント
    • 360度じゃなくたって16方向に限定しても現状の数倍、

      圧倒的ではないか我軍は…

      # もう少し半径大きい方がいいかなあ

      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2017年03月20日 15時34分 (#3179376)

    こんな都合のいい形状の敷地を調達できるところって限られるだろ。特にアジアでは。
    アメリカのテキサスやコロラドみたいな、なーんにもないところにそこそこ需要のある空港を作れる奴らにまず試してもらってほしい。

  • by Anonymous Coward on 2017年03月20日 15時50分 (#3179385)

    これは面白いね。
    ただ着陸が難しそうなのと、航空機メーカーが保証してくれなさそうなので、普及するまでが大変そう。

    それにしても思ったのは、電車とか道路には高架があるのに、飛行場にはなぜないんだろう。
    コストの問題だろうか。
    ビル群を覆う滑走路なんて、面白そうなのにな。

  • ついでに円の真ん中を横切る普通の滑走路も作れそう、と思ったけど真ん中に空港施設置くのを考えるとちょっと微妙。

  • by Anonymous Coward on 2017年03月20日 17時37分 (#3179453)

    タイヤが左右で負荷が変わるからその管理がめんどくさそう

  • by WindKnight (1253) on 2017年03月20日 21時43分 (#3179551) 日記
    粒子加速器を置くのもいいかもしれない。(笑)
typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

読み込み中...