パスワードを忘れた? アカウント作成
13215377 story
スポーツ

「銃剣道」が学習指導要領に記載される 214

ストーリー by hylom
連盟の地道な活動により 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

文部科学省が2020年度以降の学習指導要領で、中学の「部道」に「銃剣道」を追加したことが話題となっている(読売新聞NHK全日本銃剣道連盟)。

なお銃剣道は、21世紀前半の今日でも現役の武術、軍隊格闘術≒近接格闘術の一部をなす銃剣術を競技化した種目で、タレコミ子は形式化の進んだ剣道・弓道などよりは実用性が高く、暴漢制圧に使う刺又術の基礎にもなると思う。

全日本銃剣道連盟は3月にスポーツ庁に対し、中学学習指導要領に銃剣道を明記すべきと要望していた。同連盟は中学校における銃剣道授業の実現に向けた活動を続けているが、学習指導要領に明記されていないとの理由で採用を断られた経緯があるという。

いっぽうで競技者の多くが自衛官であり、指導できる人材が不足しているという問題もあるようだ(産経新聞)。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by simon (1336) on 2017年04月03日 19時16分 (#3187061)

    「暴漢制圧に使う刺又術の基礎にもなると思う」ってタレコミだがじゃあ普通にサスマタ術を練習すればいいんじゃね?38式歩兵銃とほぼ同じ長さの木銃を使って訓練する意味はなんにもないと思う。

    • 「暴漢制圧に使う刺又

      ところで、学校防犯用に刺又配備なんてのを耳にするが、あれは大丈夫なのかな。
      制圧する意図と力量のある者が扱えば、制圧に効果的なのは分かる。しかし、相手側にテコ比の大きいハンドルを与えてしまう道具である。体育教師以外の教師が扱うには、複数で一斉に、といった運用条件が満たされねば使えないと思うが、どうなんだろう。
      気迫を以って臨めば暴漢はたじろぐかもしれないが、そんな気迫があるなら、教室の生徒用の椅子を振りかざした方が防衛効果が高そうに思う。

      親コメント
      • 梯子よりは持ちやすいのが利点で、奪われやすいのが欠点ですね。

        でも、暴漢制圧なんて一人でやるバカは体育教師にも向かないので、数人で囲むには刺股は学校に置ける防衛としてよい道具だと思う。
        別に一斉である必要な無いでしょう。波状攻撃で充分だと思います。

        #今の時代袖がらみは意味ないし。今の日本で乱射事件は…それば無理。

        親コメント
  • by Oh-MissSpell (37716) on 2017年04月03日 17時58分 (#3186996) 日記

    銃剣道よりも戦車道の方が良くね?

  • by manmos (29892) on 2017年04月04日 10時35分 (#3187423) 日記

    #一応剣道の経験者です。成長期の剣道は肺活量を大きくするのには役に立ちました。

    授業の剣道で「木刀で突き」をやらしたらどうなるかってのと同等ですね。

    あと、日本の銃剣道ではないらしいが、銃床でカチあげるってことも、先生の話を聞かないいじめっ子がやるだろうね。

    竹刀で叩くのと、樫とかの棒で突くのは威力が違いすぎて怖い。
    突きは素人でも体重をのせやすいから体重がある奴にやられると軽い奴が簡単に吹っ飛ぶ。

    大体、中学という、同じ歳でも体格差が最大になる時期に格闘技は授業としてどうかとは思ってる。
    #身長が140cmなかった私が170cm以上のやつと柔道で組まされる悲劇。

    やりたいなら個人で道場にいくべき。

  • by Anonymous Coward on 2017年04月03日 17時31分 (#3186971)

    銃剣道報道に騙された説も
    http://anond.hatelabo.jp/20170401111105 [hatelabo.jp]

  • 銃に剣を付けて人を打ったり貫いたりするっていうイメージが悪い

    剣道は、人を切り裂くイメージが無いのは、侍の時代が随分古いからなのかな。
    ハンティングは、まぁ、残酷だけど動物を撃つ狩猟のイメージが強いのと、長銃で遠距離だからあまりグロいイメージがない。
    近距離で人を対象にナイフで刺す動作を子供が模倣するなんて、気持ちが悪いな。
    競技の練習とは言え、手にもった凶器で切り裂く感覚を想像させるのは、ちょっとなぁ。

  • by vax730 (32985) on 2017年04月03日 21時05分 (#3187135)

    部活もありそうで,いいのかもしれませんが。

  • by st1100 (45287) on 2017年04月04日 0時01分 (#3187231)

    銃剣道じゃないけど、自衛隊(少年工科学校改め高等工科学校)の部活でドリル部の演技が見ごたえがあった。

    • by manmos (29892) on 2017年04月04日 10時47分 (#3187437) 日記

      え、ハードディスクをぶっ壊す演技?
      最近では「毛細血管がいっぱいつまってるとこ、わ、きー」とかの演技でもよい。

      #吹奏楽部じゃなくドリル部なんですね。

      親コメント
  • 銃剣道部で検索してみると自衛隊以外でもないわけでもないみたい
    https://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E2%80%9D%E9%8A%83%E5%89%A... [google.co.jp]
    と言うか知り合いで銃剣道部出身の人がいた。
    俺も当時名前にびっくりしたが、普通の武道の模様。

    まぁ全員に必修でもないんだし、人数の多い学校ならいいんじゃないでしょうかね

    なお9と言うのは
    柔道、剣道、弓道、相撲、空手道、合気道、少林寺拳法、なぎなた、銃剣道
    らしい。
    銃剣道よりはジークンドーとかテコンドーとかのほうがメジャーっぽいけど。

  • 弱者にとっての護身術としては、剣道よか実用的だろうし、指導員がいるなら選択肢にいれてもいいと思う。
    指導員がいないならそもそも採用する必要もないわけで、選択肢を増やすことに特にデメリットはないだろう。

    • by Anonymous Coward on 2017年04月03日 18時00分 (#3187002)

      http://www.st.ryukoku.ac.jp/~kjm/security/memo/2017/03.html#20170331__hige [ryukoku.ac.jp]
      色々まとまってるけど。安全性に対する指摘が興味深い。

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2017年04月03日 18時17分 (#3187021)

      言うほど意味はない。

      知人で、実家がいわゆる古武道(剣道・薙刀・柔道みたいな感じらしい)の家元、という人がいる。
      家はその人の兄が継ぐらしいけど、その人も相当に強いらしい。

      でもナイフ持った相手に素手で戦うのは避けたいし、刀剣類を持ってたとしてもナイフ持った素人2人を相手にしたら重傷は覚悟すると。護身術なんてその程度らしい。

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2017年04月03日 18時36分 (#3187038)
        そらそうや
        剣道三倍段といって武器もてば個人の戦闘力は3倍になる
        一方人数が倍になったらランチェスターの2次則で合計戦力は4倍になる
        単純な算数だね
        親コメント
      • by Anonymous Coward on 2017年04月03日 19時29分 (#3187069)

        攻撃側は、相手の武力にかなわないと思ったら武器を持ったり人数で圧倒することを考える
        つまり、攻撃された者は、その時点で圧倒的に不利であることを覚悟しなきゃならない
        そこで「必死になって戦え」という奴はバカ(ただし、敵と対峙している軍人を除く)
        護身術の基本は、人に襲われるようなことをせず、やむを得ず襲われたらとにかく逃げる、足手まといを連れてて逃げることもかなわない状況になって初めて必死に戦う状況になる

        よく、刃物で襲われたらどうするんですか?背中から差される時はどう対処するんですか?という質問を受けるけど、「よほどロクでもない人間限り、そういう目に遭いません」といってる
        まあ練習はするけどね、「刑務所に入りたくて(その辺歩いている男を)刺した」なんてオバサンもいたし

        相手が武器持っているのに、こちらは素手で戦わなくちゃならない理不尽な話はない
        躊躇なく何か手に取ること
        全裸で砂浜に放り出されても砂が掴めるが、泳いで逃げるに越したことはない

        護身術って結構かっこ悪いよ

        親コメント
      • でもナイフ持った相手に素手で戦うのは避けたいし、刀剣類を持ってたとしてもナイフ持った素人2人を相手にしたら重傷は覚悟すると。

        そりゃそうだろ。
        積極的にケンカしたいって考えてたら、そりゃキチガイだよ。

        「ナイフ持った素人2人」って言うのも、仮定の話でしか無いわけで、実際に護身の場面では、三人目以降が控えてるかもしれないし、持ってる武器はナイフだけとも限らない。
        そう考えれば、可能な限り、戦うのは避けるべき。

        護身術なんてその程度らしい。

        正確には、格闘技的護身術はその程度、ってこと。
        護身術一般には例えば、普段から走りやすい靴を履いておいて、いざとなったら走って逃げるとか、危ないところには近づかないとか、そういうものも含む。

        セキュリティと言って、ファイアウォールだけで十分ってことはない。
        ソーシャルエンジニアリングなんかへの対策も考える。
        それと同じ。

        親コメント
    • by Anonymous Coward on 2017年04月03日 20時37分 (#3187115)

      武道で護身術っていうけど、現実的に一番役立つ護身術ってボディビルなんだよな・・・
      ガタイが良ければDQN由来の大抵のトラブルは自動的に回避できる。

      親コメント
    • 弱者にとっての護身術としては、剣道よか実用的だろうし

      そんなことは無いだろうね。
      銃剣道は、歩兵銃の形をした得物で刺すことに特化した競技。
      「弱者」が普通にそんな得物を持ち歩くことは無いだろうし、そこらに代用できるようなものが普通に転がっているとも思えない。

      「弱者にとっての護身術」というなら、速く走る工夫をした方が、よほど実用的だろうね。

      親コメント
  • ジビエとかで狩猟が注目されてるから、その関連で学校でも銃を扱う授業でもするのかと思ってた。

  • 指導できる人材が不足

    極秘裏に開発されているロボット官が2020年には配備出来る目処がたったということか?自衛官の転属先として学校での指導員が用意されると。

typodupeerror

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

読み込み中...