パスワードを忘れた? アカウント作成

あなたのタレコミがスラドを支えます。さぁ、タレこめ!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年4月18日の記事一覧(全12件)
13236745 story
Ubuntu

Ubuntu 17.04(Zesty Zapus)がリリース、ついにコードネームが「Z」に 26

ストーリー by hylom
次はどうする 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

4月13日、Ubuntu 17.04(コードネーム「Zesty Zapus」)がリリースされた(KledgebOSDN Magazine)。

本リリースではコード名がついにアルファベット最後の一文字「Z」に到達しました。次はどんな命名規則でコードネームをつけるのでしょうか。アンドロイドのように似たような方式でコードネームをつけるプロジェクトにとっては良き先例ないし反面教師になるのでしょうな。まあアンドロイドZは当分先だけど。

13236746 story
サイエンス

なぜ靴ひもはいきなりほどけるのかを実験で解明 71

ストーリー by hylom
そんな気はしていたが 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

なぜ靴ひもは歩いているときにいきなりほどけるのか、という長年の謎が解き明かされたそうだ(AFPProceedings of the Royal Society A掲載論文)。

トレッドミルで走っている間に靴ひもがほどけていく様子を高速カメラで撮影して分析したところ、足が地面を蹴る衝撃が伝わって結び目に伸びや緩みが発生し、さらに足を前後に動かすことによって生じる慣性によって靴紐の端に生じる力によって靴紐がほどけていくことが分かったという。

また、ほどけにくい靴ひもは存在するものの、絶対にほどけない靴ひもは存在しないことも分かったという。

13236747 story
中国

深圳はiPhoneの自作に必要な部品すべてが手に入る 106

ストーリー by hylom
闇ルート 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

多種多様な電子部品や関連部材が入手できる中国・深圳で、iPhoneの部品を買い集めてiPhoneを組み立てることに挑戦した人が現れた(STRANGE PARTSiPhone ManiaGIGAZINE)。

パーツをそれぞれ入手してiPhone 6sを組み立てているが、日本では無理な気がする。スマホを売ったことがある人、他人のスマホの一部になってるかもよ。

というか、こういったパーツを秋葉で売ってもらえれば、独自で好きなケース・パーツ・OSの組み合わせができて面白いとおもう。どこかやってくれないかな。

ちなみに、部品代は合計で約300ドル程度だったそうだ。

13238411 story
Intel

ムーアの法則は少なくともまだしばらくは破られない 43

ストーリー by hylom
続けられる革新 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

「集積回路上のトランジスタ数は18か月ごとに倍になる」というムーアの法則は2021年には終わるという説も、逆にまだ数十年は続くという説もあるが、とりあえず来年の時点ではまだ成り立っているようだ(PC Watch)。

PC Watchの記事によると、2012年以降Intelのプロセスの微細化は遅くなっており、2014年の14nmプロセス量産開始からはしばらくプロセスの新たな微細化は発表されていなかった。10nmプロセスでの量産は2018年になる計画だが、この間にIntelはプロセス数を微細化するのではなく、実装密度を高めることでトランジスタ数を増やすということを行っているそうだ。これによって、ムーアの法則に沿ったトランジスタ数の増加を実現できているという。

13238433 story
ハードウェア

シャープが70インチの8Kディスプレイを6月末に発売 25

ストーリー by hylom
ご家庭への導入はまだまだ先のようで 部門より

シャープが70インチの8Kディスプレイを6月30日に発売する。実売価格は800万円前後になるようだ(ASCII.jpシャープの発表)。

解像度は7680×4320ドット。内蔵チューナーは4K/8Kには対応せず、4K/8K放送を視聴するには外付けチューナーが必要となる。チューナーとはHDMIケーブル4本で接続するとのこと。チューナーの実売価格は700万円前後だそうだ。シャープはすでに85インチの8Kディスプレイ「LV-85001」を発売しているが、これを比較すると本体の厚みが大幅に薄くなり、また重量や消費電力も大幅に削減されている。

13239890 story
テクノロジー

ヤマト運輸とDeNAが共同で「オンデマンド配達」の実証実験を開始 33

ストーリー by hylom
動く宅配ロッカー 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ヤマト運輸とDeNAが神奈川県藤沢市で「オンデマンド配達」の実証実験を開始した(日経ITpro)。

この実証実験では、任意の場所・時間で荷物を受けられるサービス「ロボネコデリバリー」と、地元商店の商品を購入して配達するサービス「ロボネコストア」の2つが提供される。「ロボネコデリバリー」では専用サイト経由で場所と10分単位での時間を指定できるのが特徴。配達に使用する車両にはロッカーが内蔵されており、利用者はQRコードを利用してロッカーから自分で荷物を受け取る仕組み。また、ロボネコストアでは現在12の加盟店の商品が購入できるという。

国家戦略特区として指定されている藤沢市の一部エリアでしか利用できず、また現在配達に使用する車両は人間が運転しているが、今後自動運転の導入も計画しているとのこと。

13239906 story
テクノロジー

空飛ぶ球体ディスプレイ 27

ストーリー by hylom
大量に飛ばしたら色々楽しそう 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

NTTドコモが、映像を表示しながら飛行できる球状のドローンを発表している(ITmediaNTTドコモの発表)。

LEDが球状に配置されているわけではなく、弧状に曲げられた棒内にLEDが組み込まれており、これを高速回転させることで球状の表示を実現するというもの。

球の直径は約88cm。コンサートなどのイベントなどでの利用を想定しており、2018年度の商用化を目指すという。

13239943 story
ニュース

配送員が荷物を届けた先の女性に私的に連絡した事案 84

ストーリー by hylom
無人化が待たれる 部門より
maia 曰く、

ヤマト運輸が業務委託していた運送会社の配送員が女性宅に荷物を届けた際に「今日は家にいるんだね」と声をかけ、30分後、配達伝票に記載された携帯電話番号を利用して女性にSMSで「良かったらLINEしませんか?」と連絡をしていたことが分かった(毎日新聞)。

こういうのは宅配便の根幹を揺るがしかねない話だろう。電話番号を隠蔽するくらいなら技術的対応は出来るかもしれないが、自宅訪問は荷物宅配の前提である。

13239946 story
携帯電話

米FCC委員長、旅客機内での携帯電話音声通話を引き続き禁止することを提案 22

ストーリー by hylom
隣席との会話は許すのに携帯通話は許さない謎 部門より
headless 曰く、

米連邦通信委員会(FCC)委員長のAjit Pai氏が、旅客機内での携帯電話サービスを使用した音声通話を今後も禁止することを提案したそうだ(USA TODAYThe Next WebRegisterArs Technica)。

FCCは旅客機内での電子機器使用制限緩和を受け、音声通話を含む携帯電話の使用許可を2013年から検討していた。しかし、2014年に実施したパブリックコメントでは音声通話に反対する意見が数多く寄せられている。当時FCC委員だったPai氏も強く反対していたという。

Pai氏は音声通話の禁止について、自身を含め、3万フィート上空で静かな時間を過ごしたい人の勝利だと述べているとのこと。ただし、禁止されるのは携帯電話サービス経由の音声通話のみで、Skypeなどを使用した音声通話は対象外となる。提案には委員会での採決が必要となるが、可決される可能性が高いようだ。

The Next Webによれば、機内での音声通話利用はまれであり、短い傾向があるとのこと。米国行きの機内で音声通話を利用する人は5%で、通話は平均2分間だという。

ネットの中立性などの問題で批判されることが多いPai氏だが、この件について批判的な意見はあまり見られない。The Registerでは読者投票を実施しているが、禁止すべきという意見が多数を占めている。スラドの皆さんのご意見はいかがだろうか。

13240191 story
携帯電話

Apple、端末の落下時にバンパーを繰り出す特許を出願 59

ストーリー by hylom
一応特許化しておこう的なやつだろうか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ハードウェアに内蔵された加速度センサーなどを使ってハードウェアの落下を検出し、自動的にバンパーのような物理的な保護装置を出して落下の衝撃から本体の損傷を防ぐという特許をAppleが出願しているとのこと(CNET Japan)。

特許請求に記載された図面では、iPhoneのようなデバイスの四隅にこの保護装置が内蔵されており、衝撃に対応してこれらが飛び出すという仕組みが記されている。このバンパーは立体的に展開され、角だけで無く正面や背面へのダメージも防げるようになっている。以前ホンダがジョークとして公開したエアバッグ付きスマホケースに発想は近い。

13240192 story
テクノロジー

自律走行するロボットが出前を届けるサービス、米サンフランシスコで開始 18

ストーリー by hylom
ドローンよりも有望 部門より

米サンフランシスコで、「ランチを運んでくるロボット」が試験運用されているそうだ(CNET Japan)。

ロボットと言っても人型ではなく、どちらかというと車輪付きコンテナといった風貌。高さは約122cmほどで、時速約4.8~6.4kmで町の中の歩道を自律走行できるという。稼動時間はおよそ6~8時間ほど。

利用者の注文に応じて飲食店に移動し、注文した商品をコンテナ内に収納して配達を行うというもの。利用者はこのロボットが到着したら、注文時に受け取った解除コードを使ってコンテナを開けて商品を受け取る仕組み。また、路上の状態を検知して記録・フィードバックする仕組みもあるという。

13240805 story
テクノロジー

大手コンビニ、2025年までに全店舗でRFIDを使ったセルフレジを導入するという計画を発表 85

ストーリー by hylom
中国が先駆けて大量導入してその結果コストが下がったりして 部門より

国内コンビニ大手5社がこのほど、2025年までに国内全店舗でセルフレジを導入する方針を明らかにした(ハフィントンポスト日経新聞日経ITpro)。

昨年末、ローソンとパナソニックがコンビニ向け自動レジシステムの実証実験を開始したという報道もあったが、こちらは米Amazon.comが画像処理を使って瞬時に商品を認識するシステムを構築したというニュースがあった直後だったため、客が自らバーコードを読み取る必要がある「ローテク」っぷりが話題になっていた。今回のシステムはRFIDを使用し、利用者がバーコードを読み取る必要がないという。

ただし、現在は1枚10円程度のRFIDタグが1枚1円以下になることや、タグの貼り付けが機械で自動化されることが前提となっている点は気になるところだ。これが実現されれば有人レジでも会計が大幅に高速化されるが、コストや技術の問題は解決できるのだろうか。

typodupeerror

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

読み込み中...