パスワードを忘れた? アカウント作成
13278753 story
人工知能

中国の新興企業が人工知能を使って肺がんを正確かつ迅速に発見する技術を開発 28

ストーリー by hylom
人工知能による判断が主流になるかも 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

中国では毎年60万人が肺がんで死亡しており社会問題化している。中国のスタートアップ企業Infervisionは、機械学習とコンピュータビジョンを使用して、肺がん患者の病変や結節を迅速に発見するための技術を開発した。中国では放射線医師は8万人ほどしかいないにもかかわらず、1年に14億件の放射線検査を診断する必要があり、放射線医師不足が深刻なのだという(TechCrunchinsideHPCInfervisionSlashdot)。

今回開発されたInfervision AIプラットフォームは、2003年のSARS発生以降、中国病院に設置されたデジタルインフラストラクチャを活用している。中国各地の20の病院のデジタル健康記録リアルタイムで収集、機械学習させたことで、すべてのカテゴリーにおいて放射線医師より正確に予測することができたとしている。また従来は15分かかっていた診断プロセスを大幅に減らすこともできたという。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by nemui4 (20313) on 2017年05月12日 15時34分 (#3209671) 日記

    「青空は年に数日」 中国・大気汚染と闘う街
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/050900082/ [nikkeibp.co.jp]

     中国では毎年、推定110万人が大気汚染によって亡くなっている。唐山は国内で6番目に大気汚染が深刻な町であり、上位5位までの町もすべて河北省にある。一帯の工場や発電所から排出される石炭の煙は北京の方角へ流れていき、悪名高い大気汚染の一因となっている。

    • 機械的な診断のほうは短期間で技術開発して展開できるけど、大気汚染のほうは既存の産業・経済・法制度・利権など複雑に絡んでいて、すぐにどうこうできんでしょう。

      それより、1年に14億件の診断ってすごいな…。なんでそんなに多いんでしょう。

      親コメント
      • 日本の水俣病で考えてみると、メチル水銀が海に流され始めたのが、戦後すぐ。
        公的に認定されたのがそれから10年後、原因の究明に12年。
        水俣湾の安全宣言がそれから30年。

        ま、それに比べれば早いと思うぞ。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        つまり人工知能を使って中国の大気汚染の改善策を考えさせた方が、より効果的と言う事ですね!

        #そして人工知能が人間を間引くようになり、世界はスカイネットの支配下に。

        • by Anonymous Coward

          問題は実行力の方だろうから、どんなに優れた改善案が出せても意味がない。

          だから人工知能の思うままに操れる人間型インタフェースを官僚にして……。
          やっぱりスカイネットが必要なようだな。

      • by Anonymous Coward

        >それより、1年に14億件の診断ってすごいな…。なんでそんなに多いんでしょう。

        人口と同じだね・・・

      • by Anonymous Coward

        >機械的な診断のほうは短期間で技術開発して展開できるけど、大気汚染のほうは既存の産業・経済・法制度・利権など複雑に絡んでいて、すぐにどうこうできんでしょう。

        それ以前に中国の行政権はこんな新興のスタートアップ企業が保持していたのかってのが驚愕だ。
        いや規制の為の法整備なんかも考えると立法権も持っているのかも知れないな。

      • by Anonymous Coward

        中国国内でレントゲンが使用される延べ回数が14億回ってだけだからそんなもんじゃね?
        何らかの治療中の人は年に何度もレントゲン撮るだろうし、健康診断でも取る。人口14億人が年1回健康診断するだけで14億回やぞ

    • by Anonymous Coward

      だな。日本のタバコもだが目先の利益にとらわれすぎ

      • by Anonymous Coward

        何故か日本のタバコに飛び火してる・・・

        • Re: (スコア:0, すばらしい洞察)

          by Anonymous Coward

          そりゃ画像認識技術のベンチャー企業に「大気汚染をどうにかしろ」ってアホ言っているからな。
          無関係って所ではどっこいどっこいだろ。

        • by Anonymous Coward

          だって肺がんの話だろ?
          タバコなんて元凶そのものじゃん。

          だからCM規制とか入れる国が増えていたのに、なぜか日本じゃほぼ野放し。

    • by Anonymous Coward

      なんでそれを医学関連の技術開発している人に言うのだ?って疑問が。
      何故か貴方の思った優先事項に従っての行動しか許されないって前提でも有るのか?

      人間は一人っきりでは無いのだから(どころか12億人も居る国だろ)、それぞれの人間がそれぞれの事をやれば良いと思うのだが。

      それに本当に中国には一人も大気汚染対策について対策を考えている人は居ないの?
      なんかニュースでポツポツとは見た覚えも有るのだけど。

      • by Anonymous Coward

        >なんでそれを医学関連の技術開発している人に言うのだ?って疑問が。

        ここでコメントして議論しようとしてるだけだろうに。
        なんでこの人は中国の当事者に意見してると思うんだろう。
        これがアスペ?

  • by Anonymous Coward on 2017年05月12日 15時57分 (#3209688)

    画像診断には専用のカラーキャリブレーションされた色深度の深いモニタを使うとか。
    ヘッドレスGPUファームで処理できれば機材の性能保証の必要も減る。

  • by Anonymous Coward on 2017年05月12日 16時11分 (#3209701)

    Enlitic [nikkeibp.co.jp]とか、Riverain Technologies [nikkeibp.co.jp]などがCT画像からディープラーニングで肺がん検出をやっていますね。このあたり [ventureclef.com]参照。

    • by Anonymous Coward

      2012年に富士フイルムも似たようなことしてますね。
      http://www.news2u.net/releases/104774 [news2u.net]

      • by Anonymous Coward

        富士フイルムは画像診断系システムは結構進んでいて、マンモグラフィーの画像から乳がん診断とか、超音波断層撮影の動画から画像診断とか、ある意味この分野の最先端です。もしかして、中国企業がやったってことがニュースなのかい?

    • by Anonymous Coward

      米国FDAのPremarket Approval(PMA)で認可がおりなきゃ話は始まらないよな。

  • by Anonymous Coward on 2017年05月13日 2時09分 (#3209988)

    そのうち、人工知能を使って、食材の新しい調理法や、新料理の発見をするにちがいない。

    # 中国人、ついに飛行機を食べることに成功。次は両親か

    • by nemui4 (20313) on 2017年05月13日 7時34分 (#3210027) 日記

      >そのうち、人工知能を使って、食材の新しい調理法や、新料理の発見をするにちがいない。

      それらは既に発見されてますね。
      ・ダンボール肉まん
      ・古タイヤタピオカ
      ・プラスチック米
      とか

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        既にネタバレされているガセネタには引っかかり続けてる割に、実際に社会問題になっているメラミン混入や下水油が出てこないのは何なんですかね
        #まとめサイトだけで情報仕入れてるとそうなるのかな

    • by Anonymous Coward

      日本人なら病気になったらその人に責任を押しつけることで医療費を大幅に削減するに違いない

    • by Anonymous Coward

      ワトソンがやってたけど中華料理版も見たい。
      https://srad.jp/story/15/04/14/0223259/ [srad.jp]

  • by Anonymous Coward on 2017年05月14日 14時30分 (#3210500)

    「中国では放射線医師は8万人ほどしかいないにもかかわらず、1年に14億件の放射線検査を診断する必要があり、放射線医師不足が深刻なのだという」
    放射線医師がそこそこ足りてる国に比べ、大量の需要がある。そこに持ってきてああいう国なので鶴の一声で「じゃ全国で導入!個人医療データ?遠慮なく利用させてもらう」と。
    電話のない国が一足飛びに携帯電話になったりフィルムカメラの時代なしにデジタルカメラ普及したようなことが起こりそう。

    また、日本ではAI診断は最終診断も責任も医師が負うべきと議論されているが
    http://www.medwatch.jp/?p=12706 [medwatch.jp]
    あの国は「AI診断にする。責任?お前は何を言っているのだ。人間の医者を探してかかるのは自由な」とやりそうなこれまた民主主義ではない独裁メリットがあるので。

typodupeerror

身近な人の偉大さは半減する -- あるアレゲ人

読み込み中...