パスワードを忘れた? アカウント作成
13338080 story
テクノロジー

米国で受刑者がドローンを使ってワイヤーカッターを空輸し脱獄 12

ストーリー by hylom
いつかは起こると思ってました 部門より
taraiok曰く、

米国刑務所にて服役中の受刑者がドローンを使って脱獄をしていたことが判明した(USA TODAYWLTX-TVSlashdot)。

サウスカロライナ州で服役していたJimmy Causey受刑者(46歳)は7月4日、ドローンから空輸されたワイヤーカッターを使って刑務所の柵を切って脱獄に成功したと見られている。ベッドのシーツに紙を入れてダミーを作っていたため、しばらく刑務官を騙すことができていたようだ。

容疑者は翌日になって確保された模様だが、逮捕時には拳銃、ショットガン、弾薬、4万7000ドルの現金を所持していたとのこと。

刑務所側はドローンの悪用に対処するため、連邦政府に携帯電話などを利用できないように電波遮断機の設置などの対策を求めているという。 物理的に投獄されているが、(携帯電話が禁じられていない以上)事実上投獄されていないも同じだと批判する関係者もいるそうだ(The Post and Courier)。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

読み込み中...