パスワードを忘れた? アカウント作成
13367084 story
軍事

NHKカメラに映った北朝鮮の閃光が意味するもの 118

ストーリー by hylom
戦争は起こるのだろうか 部門より
masakun曰く、

7月28日深夜北朝鮮は大陸間弾道ミサイル「火星14」型の2次試験発射を行ない、翌日成功したと発表した(防衛省 北朝鮮による弾道ミサイルの発射について(第2報)朝鮮中央通信)が、このミサイルが日本海に落ちたとみられる時間帯にNHKの複数のカメラに閃光がとらえられたことが伝えられている(NHKニュース)。

NHK室蘭放送局の屋上と祝津町地区の2か所に設置されたカメラでは午前0時28分26秒ごろ「北西の空を流れ星のようなものが光りながら落下していく様子」が映っていたのだが、NHKのインタビューに応じた北朝鮮の弾道ミサイル開発をしているIISS国際戦略研究所のマイケル・エルマン氏は「大気圏への再突入の際の非常に強い圧力や高熱に耐え、その形をとどめているように見える。もしそうならば北朝鮮の技術は進んでいる」と述べて、北朝鮮の弾道ミサイルの再突入技術が進歩している可能性を指摘。

さらに7月31日の虎ノ門ニュースで青山繁晴氏もNHKカメラの件について触れ「こんなデカい輝きで映るというのは、バラバラになった破片ではないのです。つまりミサイルを打っていったん大気圏から宇宙空間に出て、大気圏に再突入したときに全部燃えてしまわないで弾頭(核弾頭相当の重さにしてある模擬弾頭)が落ちてきているのが映っているのですよ。これは僕も初めて見ました」。つまり遠くにミサイルを飛ばすことより、都市の上空まで弾頭を近づける能力があることのほうが重大で、この映像により米国が、核保有国同士の戦争に踏み出す可能性が高まったとしている(【DHC】7/31(月) 青山繁晴・居島一平【虎ノ門ニュース】

さらに青山氏は金正恩氏は2週間潜伏していたことについて、誤ってテストミサイルがロフテッド軌道で打ち上げられなかった場合速攻で米軍に打ち込まれる可能性があるため、ヒアリのような地下壕にずっと隠れていたと指摘。今回アメリカは2日前からミサイル発射の予定をつかんでいた(時事通信)というが、もし北朝鮮が公開した発射前動画がホンモノであれば何らかの秘密作戦が行えたのではないだろうか。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by NOBAX (21937) on 2017年08月03日 7時27分 (#3255125)
    英国のシンクタンク、国際戦略研究所(IISS)のミサイル専門家、
    マイケル・エレマン氏によれば
    「弾頭部分は再突入に耐え切れなかった、というのが合理的な結論だ」 [sankei.com]
    という見解もありますので
    よくわからないというのが実態でしょう。

    エールフランスの旅客機がニアミスしていた [jiji.com]というニュースもありましたね。
    • タレこみにあるmkrさんのコメント [srad.jp]で知りましたが、別の見解と言うより、詳しく調べてみたら分かった話ですね。よく分からないというより、

      38North の記事 [38north.org](7月31日公開)

      At an altitude of 3 to 4 km, the RV then dims and quickly disappears. This occurs before the RV passes behind the mountain range and is obscured from the camera’s view, indicating that it disintegrated about the time it experienced maximum stressing loads. Had the RV survived the rigors of re-entry, it would have continued to glow until disappearing behind the mountains.

      高度3~4キロメートルでRVで素早く消えたように見られることから、弾頭部は再突入に耐えきれなかったと判断したもの。もし今回模擬弾頭が再突入に耐えていれば、途中で消えることはなかったと判断するということではないかと。

      これを再突入の失敗とみるか、部分的な実験成功とみるか。

      なお青山さんの話は日本時間で7月31日朝にあったので、それ以前の初期見解だと思います。

      --
      「ごめん、今ポケゴ―で忙しい」
      親コメント
      • タレこみで紹介しなかったが、「飛行時間が過去最長」の北朝鮮ミサイルについて共同通信配信の原稿が読まれるや否や、青山繁晴氏は「7月28日夜世界は変わった」と述べたが、8月4日に長谷川幸洋氏も同じことを書いていたので紹介する。

        北朝鮮の脅威を前に、アメリカが採る可能性がある「最悪の選択肢」 [ismedia.jp]

        北朝鮮からみれば、核とミサイルの完成後に米国と交渉したほうがはるかに有利だ。逆に言えば、米国や日本は北朝鮮の開発を止められないことを前提に対応を考えなければならない。28日の発射実験はその点を明確にした。

        いかなる経済制裁を受けても北朝鮮が核やミサイル開発をやめそうになかったが、28日に実験したミサイルの完成度をみればもう一息の域に達している。長谷川氏によれば、再突入体の技術を完成させるまではいかなる議論にも北朝鮮は応じないとみるべきで、いよいよ米国は中国とロシアと取引(現代によみがえる「ヤルタ会談」)をしてまで、北朝鮮の政権を倒しにかかるだろうと。中露にとって最優先事項は東アジアから米国の影響力を取り除くことなので、米国は在韓米軍の撤退を取引条件に使うかもしれないと。

        すでに藤井厳喜氏も、5月10日の虎ノ門ニュースで、別の観点からアメリカ次第で軍事緩衝地帯としての韓国がなくなるシナリオがありうる [srad.jp]話をされていたが、北朝鮮制裁の方策のために時間をくれといいつつ何もしなかった現状を考えれば、北朝鮮のミサイル開発を野放しにしつつ取引条件を米国が持ち掛けてくるのを狙っているのかもしれない。

        そういうこともあって「軍事研究」(2017年8月号) [gunken.jp]を買って読んだが、七月開戦説についての福好昌治氏の記事には

        北朝鮮がいくら核実験や弾道ミサイルの試射を繰り返しても、それだけではアメリカは軍事力を行使できない。シリア攻撃を見ればわかるように、アメリカが軍事力を行使する基準は、大量破壊兵器の使用であって、実験ではない。

        とし、あとは北朝鮮が韓国を攻撃したときについて延々書いて、在韓米国人の退去が必要だからと米国が攻め込むシナリオはなくて拍子抜けした。そのくせ米韓連合軍の地上戦力と航空戦力は圧倒的だから北朝鮮が攻撃を仕掛けてきても、アメリカ海兵隊は在韓米国人の避難支援にまわるくらいで済むとか書いててガッカリして、続く記事を読むのを忘れたくらい(笑)

        そのため今改めて「軍事研究」を読み返しているが、ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー東京特派員高橋浩祐氏が書かれた「金正恩がICBM完成を急ぐ4つの理由 よく分かる「北朝鮮ミサイル」の正しい分類法」は、今年4月15日の軍事パレードに登場したミサイルやICBM級と目される発射筒について細かに分類されていて興味深かった。さらにこの記事には

        大気圏の再突入時には速度がマッハ24に達し、弾頭部分の温度は四〇〇〇~七〇〇〇度以上の高熱に達するが、韓国当局が指摘するように、それに耐えられる技術の開発はなおも時間がかかるとみられている(略)。…北朝鮮も二〇二〇年か二〇二一年に完成するとみている。

        とあったのだが、もしかしたら7月28日の実験結果をみて完成予定時期はさらに進められたか。だとすると、長谷川氏が予想する米国が中露と取引するための時間的猶予はあまりないのかもしれない。

        --
        「ごめん、今ポケゴ―で忙しい」
        親コメント
        • #週刊安全保障というハッシュタグは知っていたけど、番組 [houdoukyoku.jp]は初めて見た気がする。

          gdgdな番組冒頭を我慢して25分ほど見ると、北朝鮮のテレビが公開した発射動画をみながら、このミサイルは開けたところだけでなく林の中からでも撃てる、林の中では移動式の発射機を探すのは大変かもしれない、TEL(Transporter Elector Launcher)が車両(片側8輪の中国製 WS51200 トラックの改造車)と発射台に分離するやり方をとっている国がほかにあっただろうか、また発射台の設置にはまっすぐな舗装道路のわきの段差が必要なのかも、発射台には事前の基礎工事が必要らしい等々。

          さらに北朝鮮メディアによる実験評価「김정은위원장 대륙간탄도로케트 《화성-14》형 2차시험발사 지도」 [kcna.co.jp]の日本語訳の抜粋を紹介した。

          大陸間弾道ロケット「火星14」型の最大射程を模擬した試射を早い日時内に行ってロケットシステムの全般に対する信頼性を再び実証することに関する戦略的課題を提示した。
          (略)
          今回の試射は、大型重量核弾頭の装着が可能な大陸間弾道ロケット「火星14」型の最大射程をはじめ兵器システムの全般的な技術的特性を最終的に実証するところに目的を置いて行った。
          (略)
          わが国の西北部地帯で発射された大陸間弾道ロケット「火星14」型は、最大頂点高度3724.9キロまで上昇しながら距離998キロを47分12秒間飛行して公海上の設定された水域に正確に落ちた。
          (略)
          実際の最大射程飛行条件より過酷な高角発射システムでの再突入環境でも戦闘部の誘導および姿勢操縦が正確に行われ、数千度の高温の条件でも戦闘部の構造的安全性が維持され、核弾頭爆発操縦装置が正常に作動したということを実証した。

          今回のミサイル実験より、韓国国防軍は5000km飛距離が伸びて最大射程1万2000kmと見積もっておりワシントンやニューヨークが射程に入った可能性を指摘。

          その後火星14型祝賀会の模様から、黄色い先端部についてあれこれ述べているが、だんだん見るのが苦痛になってきたので 49分までにしたい。

          --
          「ごめん、今ポケゴ―で忙しい」
          親コメント
          • 【追記】51分54秒あたりから Twitter 民による発射推定ポイントについての指摘。

            この場所、朝鮮日報 [chosun.com]も報じていたが、

            우선 북한이 중국 국경과 가까운 자강도에서 장거리 미사일을 발사한 것은 처음이다. 미사일이 발사된 자강도 무평리는 중국 국경 압록강에서 30~40여㎞ 떨어진 곳이다. 압록강 등 중국 국경으로부터 수십㎞ 이내 지역은 유사시 한·미 양국군이 공습이나 순항·탄도미사일 공격을 하기 힘든 곳으로 꼽힌다. 이 지역에 대한 한·미 양국군의 공격이 이뤄질 경우 중국이 민감한 반응을 보여 군사적 개입을 초래할 수 있기 때문이다. 이 지역은 전면전이 나더라도 한·미 군이 개입을 자제하는 일종의 '완충 구역'으로 분류된 것으로 알려져 있다.

            まず、北朝鮮が中国との国境に近い慈江道で長距離ミサイルを発射したのは初めてだ。 ミサイルが発射された慈江道無ピョンリは、中国国境の鴨緑江で30〜40㎞離れたところである。 鴨緑江など中国の国境から数十㎞以内の地域は、有事の際、韓米両国軍が空襲や巡航・弾道ミサイル攻撃をするのは難しいところに挙げられる。 この地域の韓米両国軍の攻撃が行われた場合、中国が敏感な反応を示し、軍事的介入を招く可能性があるからである。 この地域は、全面戦争が発生しても、韓米軍が介入を自制する一種の「緩衝区域」に分類されたものが知られている。

            북한이 이 '완충 구역'에서 처음으로 ICBM을 발사한 것은 앞으로의 북한 전략을 가늠할 수 있게 한다는 평가다. 미사일 시험 발사와 실전 배치를 이 지역에서 함으로써 한·미 군이 선제타격이나 응징 보복을 하기 어렵게 만들겠다는 것이다. 이철우 국회 정보위원장은 30일 기자들과 만나 "미국이 선제타격을 하려 해도 중국 국경 가까이에 있어서 타격할 수 없다"고 했다.

            北朝鮮がこの「緩衝区域」で初めてICBMを発射したことは、今後の北朝鮮の戦略を見積ることができるようするという評価だ。 ミサイル試験発射と実戦配備をこの地域で行うことにより、韓米軍が先制攻撃や膺懲報復をしにくくするというものである。 イ・チョルウ国会情報委員長は30日、記者たちと会って、「米国が先制攻撃をしようとしても、中国の国境近くにあって打撃することができない」とした。

            今回弾道ミサイルを発射した地点は中国国境地帯で、米韓が攻撃を仕掛けにくいエリアだという。

            しかしながら週刊安全保障は、韓国軍の新しい弾道ミサイルは射程800kmだから届くとか、米国は韓国に依存するとか言ってて、この番組どうなの?と思った。

            --
            「ごめん、今ポケゴ―で忙しい」
            親コメント
      • by Anonymous Coward

        山陰に隠れるより前、高度3~4kmでパッと消えたので、負荷が最大になったタイミングで既にバラけていたと見られる。
        再突入に耐えていれば、山陰に隠れるまで光は増大し続けるはず。

        高度3~4kmでバラけたのかと思ったが、時制をよく見るとソレより前にバラけていたんだな。

    • by Anonymous Coward on 2017年08月03日 10時12分 (#3255209)

      途中で光が消えたということは分解したということでしょう
      米軍のMIRVの実験写真(おそらく長時間露光)では光がレーザービームのように海面まで突き刺さって見えます
      https://ja.wikipedia.org/wiki/MIRV [wikipedia.org]

      親コメント
  • by sakamishunji (36555) on 2017年08月03日 11時09分 (#3255245) ホームページ
    NHKのカメラって常時日本海を写していたのだろうか? しかも複数のカメラで
    これってNHKの仕事?
  • 何でタレコミ中に青山繁晴??
    喩えるなら、福島第一原発(事故)絡みのタレコミの中に「この問題に詳しいジャーナリストの上杉隆氏に依れば……」みたいな一文が有るようなモノじゃないの??

    • 虎ノ門ニュースの日替わりコメンテータの月曜日は青山繁晴氏だから。

      午後番組をみて青山さんのコメントを聞いたときに、このNHK定点カメラ画像の注目度はタイムリーで興味深いと思ったから一通り調べてタレこんだ次第。それだけだよ。

      対北朝鮮戦争が秒読みかもしれないと世界が注目する中優雅に首相をdisる [srad.jp]だけの人に「狂ったタレこみ」と一蹴されたのは残念だが、青山さんもそういう日本のメディアに言及しているから特に驚きはない。

      # ちなみに僕が虎ノ門ニュースを見るようになったのは、今年春スラドのコメントでニュース女子の沖縄問題が否定的に紹介されてから(それまでは知らなかった)。

      --
      「ごめん、今ポケゴ―で忙しい」
      親コメント
      • by Takahiro_Chou (21972) on 2017年08月03日 18時25分 (#3255552) 日記

        対北朝鮮戦争が秒読みかもしれないと世界が注目する中優雅に首相をdisるだけの人に

        すいません。確かに、当該日記エントリで、私は「個人的には、安倍晋三は、政治家としてコレっぽっちも評価していないが」と書いてはいますが、最後の一文を見れば、私が本当にdisってるのが、誰かは明らかだと思います。
        それとも、私の書き方が悪かったのでしょうか??

        親コメント
  • by Anonymous Coward on 2017年08月03日 9時12分 (#3255177)

    >北朝鮮の弾道ミサイル開発をしているIISS国際戦略研究所のマイケル・エルマン氏

    開発している本人??

  • by yaegaki (47415) on 2017年08月03日 10時44分 (#3255236) 日記

    映像がとらえられたことは大きいが、弾頭の落着という意味ではこれまでと同じ。

    今回は、EEZを狙ったのか、EEZの西の端を狙ったのか、命中精度が問題だと思う。
    元記事でもあるように、特定の場所を狙える能力は重大。飽和攻撃も成立しやすくなる。

    一般市民にとっても、関東一帯のどこかに落ちるっていうのと、東京に落ちるってのでは印象が違ってくるのでは?

  • by Anonymous Coward on 2017年08月03日 11時42分 (#3255269)

    今回のように終末速度が上がるロフテッド軌道だと弾頭は耐えられなかったけど、アメリカ本土を狙うようなミニマムエナジー軌道寄りにすれば耐えられるということはないのかな?
    ソースを斜め読みしたけど、そのような言及はなかった。的外れな指摘か、それともあえて言及していないのか。

  • by Anonymous Coward on 2017年08月03日 7時31分 (#3255126)

    ヒアリのような地下壕って何なんだろう?

    • by Anonymous Coward

      毒をもっていて噛みついてくる地下壕?

    • by Anonymous Coward

      ヒアリ言いたかっただけの脳死コメントだろ

    • by Anonymous Coward

      ヒアリって、日本のアリのような地下の巣じゃなく、地面の上に盛り上がるタイプのアリ塚だったような……。
      「良く知らないけど流行りものらしいからヒアリにしてみよう」ってとこなんじゃないの。

  • by Anonymous Coward on 2017年08月03日 7時45分 (#3255129)

    ICBMは使われたことの無い兵器って話だし

    さすがに試験発射くらいは保持してる国ならやってるか

  • by Anonymous Coward on 2017年08月03日 8時05分 (#3255139)

    しなかったのではなく、できないのではないか?
    という国民の不安がじわり。

  • by Anonymous Coward on 2017年08月03日 9時10分 (#3255174)

    >北朝鮮の弾道ミサイル開発をしているIISS国際戦略研究所のマイケル・エルマン氏は
    北朝鮮のミサイルはOEMか何かだったの?

typodupeerror

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

読み込み中...