パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのTwitterでストーリをフォローしよう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年11月3日の記事一覧(全8件)
13446334 story
携帯電話

裏でこっそりと仮想通貨のマイニングを行うスマホアプリ、Google Playで確認される 21

ストーリー by hylom
リソース泥棒 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

最近、一般的なアプリに偽装し、その裏でこっそり仮想通貨のマイニング(採掘)を行うようなスマートフォンアプリが登場しているようだ(ITmedia)。

トレンドマイクロによると、こういったアプリはGoogle Play上に複数存在しており、動的にマイニングのためのスクリプトを読み込む仕組みになっているようだ。また、正規のアプリに第三者が勝手にマイニングライブラリを追加して配布するケースもある模様。

すでにGoogleには通報済みで、Goolge Playからは削除されているという。マイニングされた仮想通貨は24時間で170ドル相当とあまり大きな収益にはなっていないようだが、インストールした端末のバッテリ消耗が激しくなったり、反応が悪くなるといった弊害があるという。

13446335 story
アメリカ合衆国

米軍、新兵器による戦術などを検証するゲーム「Operation Overmatch」を開発 19

ストーリー by hylom
プレイ要件がハード 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

米国国防総省が、新たな戦術をテストするためのオンラインゲームを開発したそうだ(The AtlanticSlashdot)。

このゲームは「Operation Overmatch」というもので、3Dレンダリングされた都市を背景に軍用車両による8対8のマッチ戦が行えるという。一般のゲームとの違いは開発者たちはこのゲームが米軍の戦闘方法を変えると信じている点だ。

国防総省の説明によると、開発中の初期段階にある兵器などを元にした3Dモデルを作成、仮想環境でこれらのモデルを使用した新戦術をテストする。プレイヤーは現実の米軍兵士たちで、ゲームにアクセスするには米軍関係者用の.milドメインの電子メールアドレスが必要になるという。

これまでの限られた人間が行うシミュレーションと異なり、このゲームでは当初計画で約1000人ほど、最終的には何万人もの兵士の参加を見込んでいる。年間数百時間のゲームプレイを通じて厳密なデータセットを生成、新技術に関連する仮説をテストするようだ。

13446336 story
アップル

iPhone/iPad、脱Qualcomm? 37

ストーリー by hylom
敵から塩は買わない 部門より

AppleはiPhoneやiPadの新モデルについて、米Qualcommのコンポーネントを使わない方向で設計を行っているという(CNETWSJSlashdot)。

AppleとQualcommは裁判で特許やライセンス料/リベート支払いについて争っていることが影響しているようだ。Qualcommはいかなる携帯端末も同社の技術が無ければ実現しないとも主張している。

Wall Street Journalによると、今後iPhoneやiPadではQualcommのコンポーネントの代わりにIntelやMediaTekのコンポーネントが採用される可能性があるという。

いっぽうのQualcommは、訴訟の影響で7~9月期決算の純利益が89%減という厳しい状況のようだ(ITmedia)。

13446770 story
英国

ロンドン・ヒースロー空港のセキュリティに関する機密文書入りUSBメモリー、道に落ちているのが見つかる 37

ストーリー by headless
発見 部門より
英国・ロンドンで、ヒースロー空港のセキュリティに関する文書を保存したUSBメモリーが道に落ちていたそうだ(Mirror Onlineの記事The Regisiterの記事Ars Technicaの記事Softpediaの記事)。

発見者の男性によれば、USBメモリーは図書館へ向かう道で落ち葉の間に落ちていたのだという。男性が図書館のPCで確認したところ、機密情報を含む文書が多数保存されていることがわかり、Sunday Mirrorに知らせたそうだ。USBメモリーには地図や動画、文書など2.5GBのデータが保存されており、機密扱いとマークされているものも含め、暗号化されていなかったとのこと。

内容としては女王や内外の要人が空港を利用する際の移動経路やセキュリティ基準、制限エリア内へ立ち入る際に必要なIDの種類、パトロールのタイムテーブル、監視カメラや避難用通路の位置を記載した地図といったものが挙げられている。

Sunday Mirrorではファイルを空港の責任者に渡し、男性も聴取を受けたという。警察や空港の責任者と協力して流出元の特定を急いでいるが、ファイルがダークウェブを通じてテロリストの手に渡ることを懸念しているとのことだ。
13446772 story
ロボット

Ford Europe、シートの耐久性を調べるロボットの尻「Robutt」を開発 23

ストーリー by headless
耐久 部門より
Ford Europeが自動車のシートの耐久性を調べるため、ロボットの尻「Robutt」を開発したそうだ(Ford Europeのブログ記事The Vergeの記事Quartzの記事動画)。

技術者は初めに圧力センサーを用いて実際に人が座った時の圧力パターンを調べ、それをもとにRobuttを作成したという。Robuttはロボットアームに取り付けられ、シートに人が座る動作をシミュレートする。テストは10年間の使用に相当する25,000回繰り返されるが、Robuttを使用すれば3週間で終わるとのこと。耐久性テスト用のほか、座り心地を調べる金属製のRobuttも使われているそうだ。

Robuttは新型Fiestaのシートをテストするために開発されたが、欧州向けの全車種にロールアウトを始めているとのことだ。
13446935 story
原子力

福島第一原発の燃料デブリ取り出し計画、当初は新規開口を設けずに既存の貫通孔を使用して作業を行う方針 36

ストーリー by headless
計画 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

2021年に開始が予定される福島第一原子力発電所の燃料デブリ取り出しについて、東京電力が計画を変更する方針を示しているという(テレ朝newsの記事)。

現在の中長期ロードマップでは、2021年までを「燃料デブリ取り出しが開始されるまでの期間」とし、2021年から燃料デブリの取り出しを行う方針とされている。今後の方針としては、まず小型ロボットを投入して小規模なデブリ採取を行っていくという。従来計画されていた、格納容器に穴を開けて大規模に燃料デブリを取り出す作業の時期については未定となる。

報道の内容は10月30日に開催された第56回特定原子力施設監視・評価検討会で発表されたものとみられる。概要はPDFの8ページ以降に記載されているが、初期段階では新規開口を設けず、既存の格納容器貫通孔からアクセス装置を挿入し、把持や吸引等といった方法で小石状・砂状の燃料デブリを取り出す。その後、設備を強化しつつ取り出し規模を徐々に拡大していくが、新規開口を設ける大規模な取り出し段階については今後検討を進めるとのこと。

中長期ロードマップでも燃料デブリ取り出しは小規模なものから始め、段階的に拡大していくとされている。そのため、より具体的な計画が示されただけで、計画変更というわけではないようだ。

13446919 story
プライバシ

iOSの「写真」アプリがブラジャーの写真を勝手に仕分けしていたことにソーシャルメディアが驚く 63

ストーリー by headless
写真 部門より
iOSの「写真」アプリがブラジャーの写真を勝手に仕分けしているというTwitterでの投稿から、驚きや困惑、面白がる声が上がっている(The Vergeの記事)。

iOS 10以降の写真アプリには「メモリー」機能が搭載されており、顔やシーン、被写体を自動認識してコレクションを作成できる。Appleの紹介ページでは「車」「木」「雪」「犬」「ビーチ」「山」「花」などが挙げられているが、これはごく一部で、実際には数千種類のシーンや物体を識別するのだという。

昨年のMediumの記事でKenny Yin氏が調査した結果をまとめており、4,000を超える検索可能なシーンの中には「Brassiere」「Bra」「Bras」「Brassieres」が含まれる。多くの語句は単数形と複数形があり、短縮形が含まれるものもあるので、実際に検索可能なシーンの種類は半分以下になるようだ。
13446940 story
Perl

Stack Overflow調べ、最も嫌われているプログラミング言語はPerl 150

ストーリー by headless
評価 部門より
Stack Overflowによれば、開発者に最も嫌われているプログラミング言語はPerlなのだという(Stack Overflow Blogの記事The Registerの記事)。

Stack Overflowでは開発者を対象にしたアンケート調査を定期的に実施しているが、今回のデータは求人情報サービス「Stack Overflow Jobs」の履歴書作成機能「Developer Story」で入力されたデータから抽出したものだ。Developer Storyには仕事を希望する(好きな)テクノロジーと希望しない(嫌いな)テクノロジーをタグで指定するオプションがあり、ここから好きと嫌いの比率を計算している。

嫌われているプログラミング言語については少なくとも2,000回以上出現したもので、Perlから少し離れてDelphiとVBAが第2グループを形成している。さらに大きく離れた第3グループはPHPとObjective-C、CoffeeScript、Rubyとなっている。最下位(嫌われていない)のはRで、KotlinやTypeScript、Rustが続く。
typodupeerror

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

読み込み中...