パスワードを忘れた? アカウント作成
13454954 story
政治

TPP参加11カ国、新協定に大筋合意。著作権保護期間延長は凍結 5

ストーリー by hylom
著作権保護期間延長凍結で日本はどうする 部門より

TPP(環太平洋パートナーシップ協定)参加11か国が協定発効で大筋合意した。注目されていた著作権の保護期間延長については凍結された(NHK中日新聞産経新聞)。

米国のTPP脱退によって、20項目が凍結されたとのこと。うち11が著作権等の保護期間延長など知的財産関連のものだそうだ(ブルームバーグ)。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  •  そもそも世界的に著作権保持期間が延長延長を繰りかしてるのって根源には「ミッキーマウス法」があるわけでさ、TPPもアメリカが貿易で有利になるからねじ込んできてる項目。
     著作権が伸びて得をするのは「著作権保護期間が切れるほど長い期間、同じシリーズの作品を毎年のようにリリースし続けている企業」を多く抱えてる国なんだけど、どう考えてもアメリカ一強。

     アメリカが貿易的に得をする項目ってことは、相対的に見れば他国は損をする項目でしかない。凍結は当然じゃないかな。

  • by Anonymous Coward on 2017年11月14日 20時41分 (#3312296)

    TPPに適合するように法律は改正済みでTPP発効から施行するようになっているけど、
    今回の件でちゃんと凍結部分を法改正で施行停止するか心配(特に著作権の保護期間)

typodupeerror

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

読み込み中...