パスワードを忘れた? アカウント作成
13479987 story
テクノロジー

米を小麦粉の代わりに利用できるよう加工した「ライスジュレ」が開発される 29

ストーリー by hylom
餅みたいなものだろうか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

食品総合研究所(現・農業・食品産業技術総合研究機構食品研究部門)が開発した「ライスジュレ」が製品化されるとのこと。ライスジュレは炊いた米を加水して温度調整しつつ攪拌するといった加工を行うことで、粘性や弾性を持つようにしたもの(製造を行うライステクノロジーかわちのWebサイト)。また、ライスジュレ量産のためのプラントはヤンマーが開発している(ヤンマー)。

小麦粉の代わりに米粉を使うというのは今までも行われていたが、小麦粉とは特性が異なるため調理の際にコツが必要だったり、美味しく仕上がらないという課題があった。ライスジュレでは目的に応じて粘性や弾性を調整でき、ゴムのような弾性も実現できるという。さらに保水率も高く、これを利用して腰のある麺類や、時間が経っても軟らかいパンなどを実現できるそうだ(ヤンマーによる紹介記事)。

typodupeerror

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

読み込み中...