パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのTwitterでストーリをフォローしよう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年12月20日の記事一覧(全12件)
13483977 story
Google

Amazon、Apple TVやChromecastの取り扱いを再開 21

ストーリー by hylom
日本ではどうなるのだろう 部門より

Amazonが自社製品の直接の競合となるGoogleのChromecastやApple TVを自社サイトで取り扱っていないことが以前から問題とされていたが(過去記事)、このたび米Amazon.comがChromecastやApple TVの取り扱いを開始したという(ITmedia)。ITmediaの記事では日本のAmazon.co.jpでもChromecastの販売が確認できたとされているが、現時点では「Google Chromecast」で検索してもヒットしない状況となっている。

AmazonのGoogle製品取排除については、Googleがこの「報復」としてAmazonのFire TVからYouTubeへの視聴をブロックするという措置を発表していた。

13483978 story
インターネット

インターネット発展指数、トップ3は米、中、韓に 37

ストーリー by hylom
4位じゃダメなんですか 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

中国・浙江省で行われた「第4回世界インターネット会議 烏鎮サミット」にて、世界の「インターネット発展指数」なるものが発表された(AFP中国網産経新聞)。

世界38か国を対象にした調査で、基礎設備、イノベーション力、デジタル経済の発展、ネットワークの応用、ネットワークセキュリティ、ネットワーク管理という6つの角度から評価を行ったもの。これによると、国別では、米国は57.66ポイントで1位、次いで中国、韓国、日本、英国の順だった。

13483979 story
お金

ビットコイン、バブルと言われながらも価格は19,000ドルを突破 88

ストーリー by hylom
今後どうなるんでしょう 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

ビットコインの価値は過去3週間で2倍になり、昨年より20倍以上も上昇しているという(Ars TechnicaCNBCSlashdot)。

多くの経済専門家はビットコインについて「バブル」だと評しており、CNBCの調査では、ウォール街の経済学者や市場戦略担当者の80%がバブルだと回答。また、現在の通貨価値は正当だと回答したのはわずか2%にすぎない。さらにウォールストリートジャーナル紙によると、53人のエコノミストのうち51人がBitcoinの価格は持続不可能なバブルであるとの見通しを示しているという。

最近のビットコインの価格は乱高下を繰り返しており、12月8日には1ビットコインが17,000ドルを超えたもののその2日後の10日には13,000ドル近くにまで下落、その後また盛り返して12月17日にはビットコインの価値が始めて19,000ドルを突破する、という状況になっている。

なお、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は日本時間18日、Bitcoinの先物取引を開始した。2018年1月物は1Bitcoin当たり2万ドルを超えて始まった。その後は伸び悩んでいるという(日経新聞)。

13484498 story
お金

キャッシュレス社会に男性は肯定的、女性は否定的という傾向 98

ストーリー by hylom
宵越しの金は持たない人たちなのだろうか 部門より

博報堂が行った調査から、電子マネーや仮想通貨などの利用について男性は肯定的、女性は否定的という傾向が分かったそうだ(ITmedia)。

この調査は今年11月に全国の20~69歳の男女3600人を対象にインターネットを使って行われたもの。現金を使わない「キャッシュレス社会」に「なったほうが良い」か、「ならないほうが良い」かを問う設問について、男性はすべての年代で「なったほうが良い」が「ならないほうが良い」を上回った一方、女性は逆にすべての年代で「ならないほうが良い」が「なったほうが良い」を上回ったそうだ。

キャッシュレス社会に反対する理由は「浪費しそう」「お金の感覚が麻痺しそう」「ありがたみがなくなりそう」などだったという。

13484501 story
テクノロジー

日立などのエレベータ1.2万台の戸開走行保護装置で仕様不適合が発覚 15

ストーリー by hylom
これは怖い 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

日立製作所と日立ビルシステム、サイタ工業の3社のエレベータおよそ1万2000台について、それらの戸開走行保護装置が国の認定仕様に適合していないことが判明したと国土交通省が発表した。

問題の戸開走行保護装置は、エレベータのかごの停止位置が著しく移動した場合や、扉がすべて閉じる前にかごが昇降した場合に籠を停止させるもの。速度監視装置やブレーキシュー、ブレ-キコア、特定距離感知装置などで大臣認定仕様と製品仕様が適合していない状態になっていたという。国土交通省はこれを受けて3社に対し所有者への説明や迅速な是正措置の実施などを指示している。

13484505 story
アメリカ合衆国

シリコンバレーの社員パーティでは雰囲気を良くするために社員を装った美男美女モデルが派遣される 67

ストーリー by hylom
いっぽう日本企業はコンパニオンを呼んだ 部門より
insiderman曰く、

シリコンバレー企業では、社員が集められる社内休日パーティーにおいて雰囲気を良くするために美男美女のモデルを雇って社員エンジニアらに紛れ込ませる、といったことが行われているそうだ(ultravioletのTweetBloomberg)。

シリコンバレーのモデル派遣エージェンシーによると、FacebookやGoogleといった大企業だけでなく、それよりも小さい規模の企業や、比較的資金のある部門でもこういった行為は行われているとのこと。料金は1時間・1人当たり50~200ドルだそうで、たとえばあるエージェンシーは12月の週末に行われたサンフランシスコのゲーム企業のパーティに、グッドルッキングな25人の女性と5人の男性を派遣したという。派遣されたモデルは事前に写真で選ばれ、社員の友人のフリをするように指示されたそうだ。

米国では最近セクハラが大きな社会問題となっており、このようなモデル派遣もそういった男性優位な社会を示しているという。

13484513 story
医療

米政府が米疾病予防センターに対し予算案で「証拠に基づく」などの語句の使用を禁じると報じられる 24

ストーリー by hylom
証拠と科学に基づかない政府だったのか 部門より
headless曰く、

米疾病予防センター(CDC)は来年度の予算書で7つの語句の使用を米政府から禁じられたそうだ(The Washington PostThe Verge)。

禁じられた7つの語句は以下の通り。

  • vulnerable(脆弱な)
  • entitlement(受益権)
  • diversity(多様性)
  • transgender(性転換)
  • fetus(胎児)
  • evidence-based(証拠に基づく)
  • science-based(科学に基づく)

「evidence-based」や「science-based」については「CDC bases its recommendations on science in consideration with community standards and wishes(CDCの勧告はコミュニティの標準と要望を考慮した科学に基づいている)」といった代替のフレーズが提示されたが、他の語句の代替は提示されなかったようだ。

アナリストに禁止語句のブリーフィングを行ったCDC財政部門幹部のAlison Kelly氏によると、「vulnerable」「entitlement」「diversity」に関しては提出した予算案の草案で要修正として返されたもので、そのほかについては口頭で伝えられたものだという。Kelly氏は言われた通り伝えているだけだとし、禁止の理由については触れなかったとのこと。

CDCの仕事の多くは超党派の支持を受けており、CDCのベテランアナリストによれば、これまでイデオロギーによって変更を要求されたことはないそうだ。ブリーフィング出席者の反応は「にわかに信じがたい」といったもので、今後CDCの科学者の多くに伝われば強い反発が予想されるとのことだ。

この件についてCDC所長のブレンダ・フィッツジェラルド氏が「CDCに禁止された言葉はない」と反論している。The Washington Postの記事には米保健福祉省(HHS)の声明として「(HHSは)すべての米国人の健康を改善するため、最良の科学的証拠を使い続ける」と記載されているが、フィッツジェラルド氏によれば、この声明の冒頭にあった「HHSに'禁止された言葉'があるという主張は、予算案作成過程に関する議論を完全に誤って表現したものだ」という部分を割愛していたようだ(フィッツジェラルド氏のツイートArs Technica)。

13484528 story
中国

iPhone Xそっくりの廉価なAndroid端末、中国メーカーが発売へ 47

ストーリー by hylom
意外性はない 部門より

中国のメーカーがiPhone XとそっくりなAndroid端末「Leagoo S9」を発表した(iPhone Maniaギズモード・ジャパン)。

iPhone Xの特徴の1つである、上下に切り欠きのある全面ディスプレイを再現。さらにこのディスプレイは液晶ではなく本家と同じ有機ELを採用しているそうだ。背面にもデュアルカメラを搭載。また、iPhone Xには搭載されていない指紋認証センサーも背面に搭載されているそうだ。ただしプロセッサはミドルレンジのもので、RAMは6GB、ストレージは128GBと、液晶以外のスペックは特筆すべきところはなさそうである。その分お値段はお安く、価格は300ドル以下だそうだ。顔認証ができるかは不明。

13484568 story
娯楽

Opera Software ASA、名称を「Otello Corporation」に変更する計画 16

ストーリー by hylom
商標問題なのか 部門より
headless曰く、

Opera Software ASAが名称をOtello Corporationに変更する計画が18日明らかになった(OperaのツイートgHackThe Next WebReuters)。

Opera Software ASAは昨年、Webブラウザーやパフォーマンス/プライバシーアプリケーションなどを含むコンシューマー事業を中国企業のコンソーシアムに売却し、Operaブランド及び商標権はコンシューマー事業側(Opera Software AS)に移動している。

Opera Software ASA側には広告事業AdColony旧Opera Mediaworks)やBemobiを含むアプリストア事業、インターネットテレビ事業Vewd旧Opera TV)などが残り、18か月間は関連するブランドおよび商標権の使用権を保持することになっていた。この期限が近付いたため、ベルディのオペラ「オテロ」にちなんだ名称に変更する計画を明らかにしたものとみられる。

13484574 story
日本

政府、「イージスアショア(陸上型イージス)」2基の導入を決定 89

ストーリー by hylom
費用対効果はどんなもんでしょうね 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

政府が陸上型イージスシステムを2基導入することを決定した(読売新聞)。

秋田・山口両県に配備予定。なお陸上自衛隊から航空自衛隊に移管されたMIM-3 Nike Ajaxや、最初から航空自衛隊に配備された地対空誘導弾ナイキJ(MIM-14 Nike-Hercules日本仕様)、地対空誘導弾ペトリオット(MIM-104 Patriot PAC-2ファミリー弾及びPAC-3弾)より長射程にもかかわらず、ナイキJと同時期に陸上自衛隊に配備され始めた短射程の地対空誘導弾(改良)ホーク等のように、陸上自衛隊の装備となる点が特筆される。

13484581 story
スパコン

NVIDIA、GeForceソフトウェアのデータセンターでの利用を利用規約で禁止 70

ストーリー by hylom
裁判沙汰になってほしいなあ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

NVIDIAが一般向けGPUであるGeForceシリーズのソフトウェア(ドライバ)のライセンスを変更し、データセンターへの導入を禁止することが明記されたという(WirelessWire News)。

確かにライセンス文章には、次のような文言が記述されている。

データセンターへの導入の禁止。データセンターへの導入の目的では、本ソフトウェアのライセンスは付与されていません。ただし、データセンターにおけるブロックチェーン処理を行うことは許されます。

このライセンス条項には、GeForceシリーズよりも高価な(だが費用対効果は低い)TeslaシリーズGPUを導入させようという意図があるようだ。

これに対し、NVIDIAは「大学の研究室等での利用を妨げるものではありません」としているものの、NVIDIAがGeForceを使わないよう圧力をかけるような行為を行った事例もあるという(WirelessWire Newsの別記事)。

13484755 story
セキュリティ

特定の企業や個人を狙ったマルウェアが増加 53

ストーリー by hylom
セキュリティ企業は守ってくれない 部門より

セキュリティ企業Sophosによると、近年特定の企業や個人を狙ったマルウェアが増えており、最近のマルウェアの約75%は1つの企業でしか発見されないものになっているという(マイナビニュース)。

こういった傾向は「標的型攻撃」と呼ばれており、攻撃によって企業から情報や金銭を得ることが目的と見られる。日本企業もターゲットとなっており、さまざまな企業や公的機関が狙われているという(読売新聞)。さらにこういったマルウェアは企業が行っているセキュリティ対策をすり抜けられるような対策が取られており、気付かずに感染したPCが使われているケースも少なくないのではないかとみられている。

typodupeerror

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

読み込み中...