パスワードを忘れた? アカウント作成
13508395 story
教育

昨年の京大入試における物理の問題に疑義 55

ストーリー by hylom
入試のプロによる指摘 部門より
maia曰く、

昨年京都大学の入学試験で出題された物理の問題に解答不能なものがあったとの指摘が出ている(産経新聞)。

昨年2月の大阪大学の入試でも出題・採点ミスが発生したが(過去記事)、問題となったのはこの事例に似た(?)音の問題で、条件が不足して「解答が導けず問題が成立していない」とする指摘が数件あったという。

実際に出題された設問は大阪大学の出題ミスを指摘していた吉田弘幸氏がTwitterで公開している。これに対し、予備校の解答速報や過去問でも解答が割れているそうだ。どうやら燻っていたようだが、阪大の問題報道を契機に(中略)京大の問題もあぶりだされてきたか。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • ただ、篩自体が壊れてるとなると、もうすっぱり入学試験とかセンター試験などというものは止めて、実績により卒業出来たり出来なかったりするのが良いと思うんだよな。

    • by Anonymous Coward

      全員に対処できるだけのコストが払えりゃね
      ♯人員、居場所。知識レベルや理解度がバラバラなのをどうするか
      ♯徴兵制論にも似たところがある。現状の自衛隊だと受け入れ能力が足りん

      卒業できなかった人にはさらなるコストをかけることになるだろうし

  • 現実世界だと、物理モデルを立てても、自由度が高過ぎてパラメータを恣意的に決める必要が在るとか、逆に制約が多くて特異な設定が必要な事が多い。
    それに、数式が複雑過ぎて解析的に解けないのは良く有って、解ける事の方が寧ろ少ない。

    だから、「絶対に解ける問題」ってのは、余程極端な条件に限られる。
    そして、入試対策はその極端な例を上手く解く事に特化してて、現実じゃ全然役に立たない事が多い。
    //上手く解く方向に導く技は使えるんだけど...
    なら、「解けない問題」を積極的に増やして、解けない場合の対応を求める方が、不毛な勉強を強いない分有益に思える。

    良く「科学万能」とか言って、何でも計算で解ける様な勘違いをしてる人が居るが、多分、入試問題が絶対に解ける問題ばかりってのが勘違いを冗長してると思う。
    なので、「解けない問題の方が普通」って事実を入試にも導入して欲しい所。

    でも、今回みたいな穴埋め問題で「解けない」は、流石に困るが。

    --
    -- Buy It When You Found It --
    • > 良く「科学万能」とか言って、何でも計算で解ける様な勘違いをしてる人が居るが

      そんな人居るか?
      「科学万能」なんて、実際には耳にしたこと無いけど。
      #「科学は万能ではない」ならよく聞くけど。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        「業務システムをチョイチョイといじれば解決できるだろう?」
        「ファイアウォール入れてるんだからウイルスなんて大丈夫だろう?」
        と言いそうな方、近くにいませんか?

        そういう思考の持ち主を指しているんだと思いますよ。

    • by Anonymous Coward

      それは大学教育を受けた人間だから言えるのであってまだ入学前の高校生に求めるのは酷だよ。
      解けない可能性まで考慮に入れると計算量は途端に膨れ上がるし時間制限のある入試にはふさわしくない。
      小論文みたいな特定の答えを求めない類の試験としてならいいけどさ。

  • by Anonymous Coward on 2018年01月22日 13時20分 (#3348687)

    受験生の人生左右するかもしれんのに割りにあってないんじゃないか
    レビューもまともにやってないんだろ?

    • by Anonymous Coward on 2018年01月22日 13時58分 (#3348703)

      あくまでも私個人の体験ですので一般化出来ませんが参考までに

      3月に召集がかかって10月位まで半日程度の打ち合わせを月2回、
      10月以降は半日程度の打ち合わせを毎週、
      年明け位に脱稿が終わり、最終チェックに付き合って、
      試験日は質問対策のため2日間カンズメ、
      体調管理なども厳命されるし、前二日間は出張などは原則禁止

      これだけでもトータルで100時間以上は費やしているが、
      前述したのは打ち合わせなどの時間なので、
      問題そのものを作成する時間は別です。
      (ちなみに予備用で内容が違う問題をもう1セット作っておきます)
      さらにメールなども使えないので、見えない手間も多いし、
      絶対ミスできない為に神経を使います。
      当然、通常の教育・研究・その他学内業務が減ることはありません。
      (理系なので、通常でも残業続きの業務です)

      で貰った特別手当は7万円位なので、単純な時給換算だと500円行かない程度かな?

      業務の一環だから仕方ないけど、昔と違って助教もつかず、
      研究費申請・研究成果に追われてる状況では、ミスが出ても仕方ないかな?
      (また、ネットの発達で粗探しと公表されてしまう機会が増えている部分もあるかも)

      だってさ「○○であることを示せ。」って問題作ったら、
      受験生が指で指し示す可能性があるからダメ、とか
      カギカッコ"["の横棒が水平のものと斜めのとは違うから根拠を示して統一せよ など
      そんなレベルの奴が居ることも配慮して問題作らなきゃならないんだぜ。

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2018年01月23日 1時34分 (#3349123)

        京大&大学入試ではないが、大学院の試験問題作成担当やりました。
        ・試験の委員会以外の人間に口外禁止
        ・報酬ゼロで建前では若手教員もちまわり
        ・問題、解答例は委員の人間を含めてチェック担当以外に渡してはならない
        ・問題に関する打合せは4人程度、委員会では問題の中身までは議論できない
        ・問題作成者以外に一人だけチェック担当(これも持ち回り)
        (解答を渡す必要は無いが、渡したらそれに流される可能性があるし、
         渡さないとそれはそれで...。京大は助教集めて解かせるという噂は
         聞いたことがあるが、それもプレッシャーだな)

        大学入試ほどのプレッシャーはないが、自分の時間だけとられて良いことは無し。
        採点して出来が悪いと悲しい(平均点60点程度を目指して作るが、
        瞬間的に0点確定、部分点つけて数点というのもざら)。
        大学入試問題は絶対関わりたくないな。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        漢字で書くと缶詰なので、「かんづめ」か「カンヅメ」です。

        カギカッコは「」です。
        [ ]は角括弧です。❲ ❳ は亀甲括弧です。

        #なんかあれなのでAC。
        #入試業務に関してはほんとお疲れさまです。

      • by Anonymous Coward

        大学法人化してだいぶ経つけど、体質的にはまだ国家公務員なんだよね。

        外貨を稼ぐって文化が根付くまでは、しんどいだろうな。

        • by Anonymous Coward

          私立大学も同じじゃないですかね。

      • by Anonymous Coward

        > 試験日は質問対策のため2日間カンズメ

        内容に関して試験当日に質問可能な大学入試試験てあるんですね。

      • by Anonymous Coward

        試験問題の作成はとても大変で報われることのない作業だと思います。
        ですが、その大変さを踏まえても、
        > 研究費申請・研究成果に追われてる状況では、ミスが出ても仕方ないかな?
        というのは、受験生やその近親者の立場からすると悲しい限りです。

        ご自身の研究費審査や投稿論文が、査読者が忙しいという理由で、内容にかかわらず誤って立て続けに落とされても仕方ないと思われる先生なら、あきらめるしかないのですが。

        少なくとも受験問題の作成に関わる立場ならば、教授会なり直属の上司なりに改善を求めることが、受験生よりは可能です。将来の受験生や教え子のために、今後改善されることを期待しています。

        • 悲しい気持ちはわかるけど、しかたないんじゃないの。
          選んでいるのは大学側だしね。

          だいたい、試験一発の場合、当落線上の受験者はもう博打みたいなもんでしょ。
          現実はそのくらいだと覚悟しとかないと、逆につらいんじゃないかな。

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          >ご自身の研究費審査や投稿論文が、査読者が忙しいという理由で、内容に
          >かかわらず誤って立て続けに落とされても仕方ないと思われる先生なら、
          >あきらめるしかないのですが。

          査読者はそれこそボランティアで忙しい中読むわけだから、勘違いや利害関係で落とすことも少なくない。
          で、そういう場合はこちらの意向を通すためレフリーやエディターと喧嘩することになる。
          余計な手間がかかるが、救済余地があるとも言える。
          入試の場合も採点に不満がある受験生には反論の機会を与え、聞く側が納得できるなら加点する、とできれば学術の方法論としても適切だ。
          とはいえ実際はそんな余裕は無いわけだが。

          • by Anonymous Coward

            「そんな余裕はないから受験生に対応できない」で切り捨てるのに、「予算に余裕がないから、問題作成にたくさんの時間がとられて手当てが安いのは仕方ない」と教授が納得していないのは矛盾。

      • by Anonymous Coward

        各研究室の校費を削って、その予算で入学試験を外注すれば、先生の悩みは解決します。

        教授: 試験問題作成・打ち合わせの時間が、研究に充てられるので、削られた校費を競争的研究資金の獲得で補える。むしろメリット。さらに問題作成の負担が一部の教員に偏る問題も解決される。
        受験生: ミスがあっても仕方ない試験問題を解くことから解放される。

        試験問題の外注は 2007年から2013年にかけて増加し、そこには [hatenadiary.jp]

      • by Anonymous Coward

        そんなレベルの奴が居ることも配慮して問題作らなきゃならないんだぜ。

        ”そんなレベルの奴”が受験しないレベルの大学に移れる研究成果が上がるといいですね。

    • by Anonymous Coward

      そもそもなぜ受験生側の視点で考えるのか。
      大学側からしたら将来優秀な研究者になるかどうかが重要なのであり、少々の得点のブレで落ちるような人間の重要性は落ちる。
      重要でない問題にコストをかけるのは不合理であり、それこそ避けるべきことだ。

      • by Anonymous Coward

        これを思い出した

        http://local.joelonsoftware.com/wiki/%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%83%A9%E7%9A... [joelonsoftware.com]
        なんともいえないんだったら不採用だ。別に難しい事じゃない。同様に、「 どちらともとれない」も不採用「基本的には採用だけど少し心配な点が・・・」などと言わない事。これも不採用 なのだ。

      • Re: (スコア:0, 荒らし)

        by Anonymous Coward

        #3348703のACです

        >そもそもなぜ受験生側の視点で考えるのか。

        世間が許さないからです。不可能な程の「平等」ってのを世間は求めるわけです。
        ですから、出題範囲は高校の教科書を一切逸脱してはならないし、
        常識で考えれ自明でしょってのも通用しないのです。
        (これは多々ある制約のごく一部です)

        ですから大学独自の問題を作るのは非常に困難ですし、
        テストで望むような人物を意図的に選別することも困難です
        それこそ、いかに誤字・脱字が無く、
        世間から余計な指摘をされないかが最重要視されてます

        まさに
        >重要でない問題にコストをかけるのは不合理であり、
        の状態ですね

  • by Anonymous Coward on 2018年01月22日 16時39分 (#3348809)

    同じく音波の問題だし、これに関しては、「大学入試で音波と言ったらこういう性質をもった特殊な音波のこと。それから外れる現象は起きないものとして無視して良い」という厳密な基準が無いのが問題なんだろね。その基準さえはっきりしていれば、それが非現実的だろうが何だろうが、入試における問題にはならない。

    例えば、「質点」とか「重さを無視できる」とか「十分に軽い」とかは、何を指すかが学習指導要領というルールブックに明記されていて、作題者も受験生も予備校も、みんながそれに従ってる。

    数学なんかでも「さいころ」と書いただけで「6面に6つの数字が書かれていて偏りが無く、特定の目を狙って投げるような事もしない」というような理想的な前提一式が付いてくる事になってる。作題作業に不慣れなゲーム勢が「6面って書かなくても大丈夫?」と疑義を出してみんなでルールブックを確認するのは定番の光景。池の周りを走るたかし君と弟は大きさ0だったりなんかも。

    • by Anonymous Coward

      固定端反射と自由端反射の言葉の定義に引っ掛かる部分はあるものの、変位波か粗密波かってのは問題の本質ではないし、実際にやってみれば「正解」の答えが正しくなるはずなんで、京大は折れる必要ないし、実際折れないと思う。

    • by Anonymous Coward

      そうか、4面や8面や10面や12面や20面や100面は「さいころ」ではないのか。

      #6面のさいころを1個ふるなら1d6って書くのが一番確実だよなぁ

      • by Anonymous Coward

        たぶんそれは「ダイス」なんだ。

      • by Anonymous Coward
        かけ算が可換でないのと同様で学校教育の世界では現実と違って6面以外のサイコロは存在しない
        そういうのは卒業してから好きなだけやればいい
  • by Anonymous Coward on 2018年01月22日 19時58分 (#3348959)

    京大数学なんて高校の範囲を超えた超えた問題普通に出題してくるから感覚がマヒしてるんじゃない?

    • by Anonymous Coward

      その場合は、どんな数学者がいちゃもん付けてきても解答の○×がきっちり定まるように注意して出題するはず。「高校の範囲」が曖昧な問題領域で、これは高校の範囲では別解は無い、と思い込んじゃったのがトラブルの原因。

      • by Anonymous Coward

        いや、実際に別解はないよ。

        • by Anonymous Coward

          >いや、実際に別解はないよ。

          予備校の解答速報や過去問でも解答が割れているそうなんだが... 仮に別解はないとしても、専門家が解いても微妙すぎる問題は入試問題として不適切じゃないの?

  • by Anonymous Coward on 2018年01月23日 12時32分 (#3349307)

    確かに応用力・柔軟性が皆無のとんでもなく使えない人は存在します。
    しかし、過去問も解ける人に対し過去問しか解けない人が問題になるほど多いとは思えません。
    丸暗記に価値はありませんが、暗記するほど繰り返すことは有意義だと思います。

    • by Anonymous Coward

      他大学の過去問をそのまま/一部改変して出題するための団体「入試過去問題活用宣言 [sankei.com]」に全国107の国公私立大が参加し、過去問を活用しています。
      過去問を使わない理由は、借り物ではない独自の問題を出題するという、有名国立大学のプライドでしょう。
      京都大学の場合はわかりませんが、大阪大学はそのプライドのせいで評判が落ちてしまったのですが。

  • 吉田弘幸氏の指摘は、
    1.位相分布が不明。
    2.音波が強め合うとは「変位波」としてか「密度波」としてか。
    3.反射点と運転者,音源の位置関係が不明で、進行波を観測するか定在波を観測するか決定できない
    というもののようですが、
    1.については、「音波は全方位に伝わる」ということから同位相ということになります。どちらかに逆位相ということがあると、その境目方向には伝わらないので、題意から外れます。
    2.「変位波」として考えようが「密度波」として考えようが物理現象は同一ですから答えは一緒にならないとおかしい。
    3.氏は三点が直線上にならんでいると想定しています。しかし、問題の車は壁と平行に走っているとしていますから、エンジンが運転者の横にあるような特殊車両でないとその想定には合致しません。この問題文から想起されるのは一般に普通乗用車としていいと思いますから、エンジンは前,あるいは後ろ,あるいは床下、またはエンジン音ではなく走行音としてもこれもまた床下のタイヤからと想定できます。そうすると定在波なんて関係なく、単に反射音と直接音の波の重ね合わせだけの問題であって、反射音の極性(あえて位相とは言わない)と遅延との関係だけ。
    唯一難があるとすれば、「"固定端反射"という言葉が何を固定として反射するとしているのかわからない」といちゃもん付けられそうなこと。まあ壁だから"圧力が固定"(つまり変位は自由)って解釈する人はいないとは思うが、"薄い壁の向こうは空気"ってのが微妙。そのまま壁を押して室内の暖かい空気との間で反射係数がマイナスってことが誘導されてしまう人が出てくるかも。

  • by Anonymous Coward on 2018年02月01日 6時51分 (#3354451)

    京大も出題ミス 追加合格へ [nhk.or.jp]

    京都大学が去年行った2次試験の物理で、出題ミスが明らかになり、大学は当時、不合格と判定した複数の受験生を追加合格にすることが文部科学省などへの取材でわかりました。京都大学は、1日、記者会見を開いて詳細を明らかにする方針です。
    この試験は、工学部などを志願する受験生が受けていましたが、今回、出題ミスが明らかになったことで、本来は合格となるはずが不合格の判定を受けていた受験生が複数いることがわかり、大学はこれらの受験生を追加合格にすることにしています。京都大学は、1日、記者会見を開いて、詳細を公表する方針です。

typodupeerror

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

読み込み中...