パスワードを忘れた? アカウント作成

アカウントを作成して、スラドのモデレーションと日記の輪に参加しよう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年1月26日の記事一覧(全13件)
13511409 story
アメリカ合衆国

米カルフォルニア州を分割して新たな州を作ることを目指す「ニューカリフォルニア運動」 71

ストーリー by hylom
格差 部門より
taraiok曰く、

カリフォルニア州を2つの州に分けようという「ニューカリフォルニア」運動が始まり、2018年1月15日に「独立宣言」が発表されたそうだ。

この運動では現在のカリフォルニア州を沿岸部と内陸部の2つに分割し、内陸部側が51番目の州であるニューカリフォルニアになることを目指すという。ニューカリフォルニアの企画者によると、都市部と農村部での税制や政策の違いなどに不満があるとしている(WQAD8CBS SacramentThe San Diego Union-TribuneSlashdot)。

法律上は可能であるとされるが、カリフォルニアを分割することは簡単ではなく、正式な離脱を行うためには政府やカリフォルニア議会の両方から承認を得る必要がある。こうした分離運動は今回が初めてではなく、USA TODAYによるとカリフォルニアでは6回ほど独立に関係した議論が行われているようだ。

13511406 story
ビジネス

高機能なAndroid向けマルウェア「Skygofree」が発見される、LINEなどの通信内容も狙われる 21

ストーリー by hylom
営利目的か 部門より

感染した端末からさまざまな情報を盗み取るAndroid向けマルウェア「Skygofree」が発見された。セキュリティ各社がこれに対する注意喚起を行っている(INTERNET WatchKaspersky LabMcAfree Blog)。

このマルウェアは監視ソリューションを提供するイタリアのある企業によって開発されたとされており、確認されたのは2017年後半とのことだが、2014年から活動していたものと推測されている。特徴として非常に多機能な点が挙げられており、端末内の情報を収集して送信する機能や、指定した特定の場所に端末が移動すると自動的に録音を開始する機能、端末のロック解除時に自動的に写真を撮る機能などを備えているという。さらに、自動的に攻撃者が指定する無線LANネットワークに接続する機能もあるという。これは設定で無線LANを無効にしている場合でも機能するそうだ。

監視対象のアプリとしては欧米で普及しているFacebook MessengerやSkyper、Viber、WhatsAppなどに加えて、アジア圏で利用者が多いLINEも対象になっているそうだ。最近のAndroidではアプリケーションのバックグラウンドでの動作を制限する機能があるが、この制約をすり抜けるような仕組みも実装されているという。

このマルウェアは大手通信キャリアを装った偽Webサイトで配布されていたとのことで、ターゲットとする端末には日本の通信キャリアが発売するものも含まれていたという。すでにアップデートが提供されなくなっている古い端末などが主要なターゲットとなっているようだ。

13511408 story
犯罪

自作の火炎放射器を公園で使用した段背、軽犯罪法違反で書類送検 64

ストーリー by hylom
安全なところでやりましょう 部門より

神奈川県横須賀市で、自作の火炎放射器を公園で使用した20歳男性が軽犯罪法違反(火気乱用)で書類送検された。男性はこの火炎放射器を使用する様子をYouTubeにアップロードしており、販売なども考えていたという(NHK産経新聞)。

燃料には灯油を使用しており、銃器のような形状をしている。軽犯罪法第1条(「各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する」)第9号では「相当の注意をしないで、建物、森林その他燃えるような物の附近で火をたき、又はガソリンその他引火し易い物の附近で火気を用いた者」とあり、これに該当した模様。

なお、YouTube上にはこの男性以外にも火炎放射器を作って使用している動画が多数存在する。

13511636 story
Google

GoogleとAmazonのSTBを巡る争いは続く 27

ストーリー by hylom
巻き込まれる消費者 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

YouTubeが、AmazonのSTB「Fire TV」から同サイトにアクセスした場合、強制的にモバイル版ではなくPC版のサイトにリダイレクトするよう変更を加えたという(CORD CUTTERS NEWSTHE VERGESlashdot)。これによってFire TVでYouTube動画を視聴する際の操作性が大幅に悪化したという。

Amazonが自社サイトでGoogleのTV接続デバイス「Chromecast」の取り扱いを禁止していることを発端とし、GoogleがAmazonのSTB「Fire TV」からYouTubeへのアクセスを制限する事態になったことが昨年報じられた。その後Amazonは一時的にChromecastの取り扱いを再開したのだが、昨年末にまたAmazonでのChromecasatの取り扱いが停止され、AmazonはFire TVデバイスではWebブラウザ経由でYouTubeを視聴するよう方針を転換していた(TechCrunch)。

13511642 story
NTT

I・O DATA、固定電話のIP網への移行後でも利用できるアナログモデムを発表 41

ストーリー by hylom
アナログモデムは死なない 部門より

NTTは固定電話網をIP網へと移行させる方針を出しているが(過去記事)、アイ・オー・データ機器が固定電話のIP網への移行後も利用できるというV.90準拠のアナログモデムを発表した。USB接続モデルおよびRS-232C接続モデルの2モデルが展開される(アイ・オー・データ機器の発表)。

どちらのモデルも受信/送信速度は最大56kbps/33.6kbps。価格はUSB接続モデルのDFM-56Uが7,400円、RS-232C接続モデルのDFM-56Sが1万5,700円。

13511971 story
Windows

ロンドン警視庁、ついにWindows XPからの移行が完了へ 8

ストーリー by hylom
2018年の話題とは思えない 部門より
headless曰く、

英国・ロンドン警視庁では、ついにWindows XPからの移行が間もなく完了するそうだ(IT PROSoftpediaOn MSFT)。

ロンドン警視庁のWindows XPデバイスは、Windows XPのサポート終了から1年経過した2015年4月時点で35,000台2016年8月には27,000台、2017年6月には18,000台まで減少していた。現在は古いWindows XPデバイスを新しいデバイスに置き換えている段階であり、4月~5月までにはすべて完了する見込みだという。2016年時点ではWindows 8.1へ移行することが問題となっていたが、現在の移行先はすべてWindows 10になっているそうだ。

クライアントの置き換えだけではなく、全スタッフを対象にBoxのクラウドコラボレーションツールのデプロイを進めており、第2四半期の終わりまでに完了する予定とのことだ。

13511975 story
テクノロジー

ロイヤリティフリーで高性能というコーデック「AV1」とその静止画版、 普及なるか 42

ストーリー by hylom
ソフトウェア側の対応次第か 部門より
maia曰く、

2015年に発足した「Alliance for Open Media」(AOMediaまたはAOM)のプロジェクト、オープンかつロイヤリティフリーな動画コーデック「AV1」が2017年末から2018年1月にかけてフィックスされたようである。AOMの幹事会社は、Amazon、Apple、ARM、Cisco、Facebook、Google、IBM、Intel、Microsoft、Mozilla、Netflix、およびNVIDIAである(About)。

AV1はVP9の後継をベースに(VP10はキャンセルされた)、Daala(Xiph/Mozilla)とThor(Cisco)の技術も加えて開発された。カラースペースはITU-R BT.2020、色深度は10ないし12ビットで、ロッシー圧縮が基本だが、ロスレス圧縮にも対応する。性能としては、HEVC/H.265より25%良いようだ。エンコードは非常に重たいが、2020年にはチップ化される予定で、ブラウザの対応は2018年~2019年に普及すると思われる。

そこで問題となるのがAV1を応用した静止画版のコーデック(CNET)。まだ開発中だが、HEVCの静止画版より15%改善されるという。という事は、JPEGの後継はAV1の静止画版となるのか?(Slashdot

13511977 story
軍事

戦前コニカ製の機関銃カメラがeBayに出品 15

ストーリー by hylom
買えない値段ではないものの 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

カメラ・フィルムの老舗コニカ(現コニカミノルタ)の前身である六櫻社が戦前・戦時中に製作した「89式活動写真銃 改二」がeBayに出品されているDPReview)。記事によると、これは軍用機の機銃手の訓練用で、実際の銃の代わりに訓練機に装備され、機銃手が銃弾を撃つ動作をすると35mmフィルムが回り、狙っていたものを撮影する仕組みになっている。フィルムには備え付けのストップウォッチから時間も投影されており、これを参考に機銃手の指導をしていた模様。スミソニアン航空宇宙博物館にほぼ同型のものが所蔵されているが、それと同じならレンズはHexar 75mmであろう、とのこと。

eBayの即決価格は$4,500で、過去の相場より高いようだが、保存状態も良好なようなので、スラドのミリオタの皆様はコレクションに加えることを検討してみてはいかがだろうか。

13511980 story
政府

新元号の発表は今年の年末以降に 187

ストーリー by hylom
一部大手企業のみにリークされるというのを想像してしまった 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

日テレNEWS24が22日に報じたところによると、2019年5月1日から施行される新たな元号について、政府は公表時期を今年の年末以降として検討しているという(日テレNEWS24ハフィントンポスト)。

新元号の公表時期をめぐっては、官公庁のシステムなどへの影響を鑑みてできるだけ早い時期を求める声がある一方、政府内からは「あまり早いと盛り上がらなくなる」「早い方がいいが、早過ぎてもよくない」「2019年に入ってもよい」といった声が上がっており、後者を優先する形となっているようだ。

この報道に対して、一部のSIerからは「システム屋を殺す気かと思いました」との悲鳴も上がっているとのこと。

13512098 story
スラッシュバック

すべてのiOSに署名するようAppleに求める署名運動 33

ストーリー by hylom
署名のための署名 部門より
headless曰く、

Appleに対し、iOS全バージョンに署名するよう求める署名運動がChange.orgで実施されており、署名件数はタレコミ時点で9,000件を超えている(キャンペーンページSoftpedia)。

iOSファームウェアにはSHSHという仕組みがあり、Appleが署名したバージョンのみがデバイスへインストールできるようになっている。通常は新しいバージョンのiOSがリリースされると、短期間で旧バージョンへの署名が停止される。そのため、新バージョンをインストール後に不満があっても、署名が停止されたバージョンにダウングレードすることはできない。

この署名運動はAppleがiOS 10.2.1以降でバッテリーの劣化したiPhoneのパフォーマンスを低下させていた問題を受けたものだが、それ以外にも新バージョンへの不満がある場合にダウングレードをユーザーが選択できるようにすべきだと主張する。旧バージョンを使い続けることはセキュリティ上の問題があることも認識したうえで、ユーザーそれぞれの責任でダウングレードできるようにすべきとも主張している。

13512099 story
テクノロジー

デジタルナンバープレート、米国で実用化 33

ストーリー by hylom
日本ではいつ 部門より

米国で「デジタルナンバープレート」の実用化が近いという(Response)。

このデジタルナンバープレートはReviver Auto社が開発するもので、ナンバープレートの代わりにディスプレイを設置し、そこにナンバーを表示するというもの。ディスプレイとは無線で通信が可能で、ナンバープレートの更新作業などが簡単になるほか、メッセージなどを表示させることもできるという。また、さまざまな管理機能や統計情報収集機能も提供されるという。

こういったデジタルナンバープレートはテキサス州とフロリダ州ですでに利用が認められており、またカリフォルニア州とアリゾナ州では試験的に導入が行われているそうだ。

13512226 story
オープンソース

今こそ「オープンプロセッサ」について考えるとき 96

ストーリー by hylom
OS、プラットフォームと来たら次はプロセッサ 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

CPUの脆弱性「Meltdown」や「Spectre」が世間を騒がせており、また少し前にはIntelのCPUが備えている管理機能の脆弱性が発覚するなど、最近CPU関連の問題が多く話題となっている。このような状況を受け、Linuxカーネル開発者の一人として知られるJonathan Corbet氏が「オープンプロセッサ」について考えてみても良いのではないかという考察記事を公開した(LWN.netSlashdot)。

記事では我々のシステムで使用されているCPUが独占的な存在であり、それ故に「不愉快な驚き」がもたらされているとし、それへのカウンターとして設計が公開されているオープンプロセッサという考え方が存在すると述べている。

オープンプロセッサはすでに複数が存在しており、たとえばPOWERアーキテクチャに基づいたOpenPOWERは(開発参加にはクラブ会員になる必要があるものの)共同開発によってプロセッサの設計を行える一例だという。

また、まだ先の見通しは不透明なものの、SPARC T1およびT2プロセッサの設計を完全にオープンにした「OpenSPARC」も存在する。さらに組み込みアプリケーション向けには「OpenRISC」が存在しており、すでに「OpenRISC 1000」などのプロセッサ製品が登場している。そのほか、「RISC-V」アーキテクチャも最近勢いがあり、これは命令セットアーキテクチャ(ISA)に重点を置いたものだがフリーハードウェア設計が存在しているという。

ただ、オープンソースのハードウェアにはいくつかの利点があるものの、万能ではないという。コンパイラは無料で利用できるが、プロセッサ自体の製造にはコストがかかるし、設計を検証する方法も必要となる。またRISC-Vが市場で成功を収めたとしても、市販のプロセッサには自由なライセンスが適用されないという可能性もある。

また、完全にオープンなプロセッサであっても、脆弱性がなくなるわけではない。しかし、以前はフリーなOSを作成することは困難だとみられていたが実現している。従来のCPUから離れる挑戦をすることは、自由を保つための最良のチャンスかもしれないとしている。

13512230 story
メディア

共同通信、京大・山中教授に対し批判的な内容の記事を公開後大幅に差し替えて騒動に 83

ストーリー by hylom
はやく変更履歴を参照できる機能を実装したい 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

共同通信が1月25日、「山中氏、科学誌創刊に深く関与か 京大、iPS研の論文不正発表」という記事を公開した(Internet Archiveに保存されている公開当時の記事)。記事の内容としては、実験結果が改ざんされた研究論文を掲載した論文誌「Stem Cell Reportsについて、京都大学・iPS細胞研究所所長の山中伸弥氏が創刊時から深く関わっていたというもの。また、記事では「科学誌の論文審査制度に対しては不正を見抜く仕組みが不十分」などとも記されていた。しかし、論文誌に専門家が関わるのは当然であり、あたかも山中氏が論文不正に関わっていたかのような印象を与えかねない報道に対し批判が集まっていた。

ここまでなら最近よくある話なのだが、その後共同通信がこの記事の内容を大幅に書き換え、タイトルも「山中所長が給与全額寄付」というものに変更、さらに批判が集まることとなった(現在の記事「データイズム」ブログITmedia)。

ITmediaの検証によると、記事の全文字数のうち68%の文字が書き換えられているという。これに対し新聞関係者らが「最新事実を伝えるためのものだ」、「業界の慣習」などと発言しさらに議論を呼ぶ事態となっている(Togetterまとめ)。

typodupeerror

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

読み込み中...