パスワードを忘れた? アカウント作成
13515141 story
交通

NEXCO中日本、プロピオン酸ナトリウムを使った新型凍結防止剤を試行散布へ 36

ストーリー by hylom
塩化カルシウムじゃないのか 部門より

中日本高速道路(NEXCO中日本)が富山県立大学や土木研究所寒地土木研究所と共同でプロピオン酸ナトリウムを使った新たな凍結防止剤を開発した(NEXCO中日本の発表)。今後この凍結防止剤を高速道路本線で試行的に散布し、散布作業における課題への対応や散布効果の検証を行うという(発表の続報)。

現在高速道路では凍結防止剤として塩化ナトリウムを使用していたが、これらは金属を劣化させる効果(いわゆる塩害)があるため、新たな凍結防止剤が求められていた。

プロピオン酸ナトリウム(CH3CH2COONa)は食品保存料としても使われており、ほとんど金属を腐食しないという。また、濃度20%の水溶液の凝固点は-17.0℃で、凍結防止剤として利用できる可能性があるという。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by manmos (29892) on 2018年01月30日 17時12分 (#3353445) 日記

    カルボン酸のRが2価しかないのか。

    • by nim (10479) on 2018年01月30日 18時56分 (#3353528)

      酢酸ナトリウムに一つ増えただけだから、界面活性剤としては役に立たないのでは?

      親コメント
      • 逆に界面活性剤としては役に立ったらヤバいですね。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        弱酸すぎて、アルカリ性が問題にならないんだろうか。

        • Re: (スコア:0, 荒らし)

          by Anonymous Coward

          アルカリ性=水素イオンが少ないことが金属を腐食を抑えているのでしょう。塩化ナトリウムがかなり含まれていても蒸留水より腐食性が少ないというのはそういうことかと。

          • by Anonymous Coward on 2018年01月31日 7時06分 (#3353745)

            > アルカリ性=水素イオンが少ないことが金属を腐食を抑えているのでしょう。
            > 塩化ナトリウムがかなり含まれていても蒸留水より腐食性が少ないというのはそういうことかと。

            鉄の錆で問題となるのは孔食と呼ばれる現象で、これは塩化物イオンによって促進されるものだわな。
            アルカリ性に寄せた場合でも塩化物イオンによる孔食は発生する。
            「塩化ナトリウムがかなり含まれていても蒸留水より腐食性が少ない」とは、一般的な知見とは言えないだろう。

            親コメント
            • by Anonymous Coward

              タレコミのリンク先の記事には、
              1:実際に撒くのは、塩化ナトリウム:プロナト=9:1の混合物
              2:上記の混合物であっても金属腐食は蒸留水程度。
              蒸留水、塩ナトおよび塩カル(塩化カルシウム)の腐食減少量(mdd)は、それぞれ8.6、22.5、27.5であったことに対して、プロナトの腐食減少量は0.3

              プロナトには防食効果があるらしい。

          • by Anonymous Coward

            鉄がアルカリで錆びにくいってのはそうなんでしょうが、世の中にはああすんなり両性金属(Al, Zn, Pb, Sn, ...)ってジャンルがあるので、どうなんですかね。

    • by Anonymous Coward
      なんか滑りそう
  • by Anonymous Coward on 2018年01月30日 18時23分 (#3353506)

    融雪剤といえば塩化カルシウムのイメージがあるのですが
    高速道路では普通の塩を撒いていたのですね。知りませんでした。

    • by Anonymous Coward on 2018年01月30日 18時28分 (#3353509)

      同じように思って調べてみたら、以下の解説を見つけました。
      古い解説記事なので、今現在と状況が違っているかもしれませんが。

      http://thesis.ceri.go.jp/center/doc/geppou/koutsu/00046010701.pdf [ceri.go.jp]

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2018年01月30日 20時45分 (#3353598)

        あんまり気にしたことなかったけど、融雪剤は凝固点降下を起こすことが目的だから、溶解度が高くて質量あたりのモル濃度が高くなる必要があり、分子量(イオン結晶だから正確にはモル質量)が小さい方が有利でNaClはかなり効果的なんだな。ただ、それだけが必要な要素ではなく、現に積もってる雪を融かして溶液にするには溶解自体が発熱反応である必要があり、特に乾燥剤でもある塩化カルシウムは水を加えるとかなりの熱が出るので、即効性に優れて北海道で多用される、ってことか。

        しかし、この記事によると、平成3年(1991年)の時点で酢酸カルシウム・酢酸マグネシウム・酢酸カリウムなどのカルボン酸塩は実際に融雪剤として使われてるんだね。特にプロピオン酸ナトリウムと近い酢酸カリウムはなんで没になっちゃったんだろう。カリウムの値段の問題?酢酸ナトリウムじゃダメだったのかな?

        親コメント
    • by minemo (41273) on 2018年01月30日 18時29分 (#3353511) 日記

      近年、国土交通省が方針を出しました

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      国管理の国道でも、10年くらい以前から塩化ナトリウムになってる。

  • 塩のほうが圧倒的に安いと思うんだけどなぁ....
    何かを作るときの副産物を再利用できるのならいいけど。

  • by Anonymous Coward on 2018年01月30日 18時17分 (#3353501)

    長い間、幹線道路で冬になると凍結防止剤をまく地域に住んでいるけど
    もう、車がぼろぼろになるよ。
    かといって、まかないと、除雪車が削った路面が滑るんで、怖くて走れなくなる。
    スパイクタイヤがほしい。ホント

    • by Anonymous Coward
      削った面に傷をつけて凹凸をつけるような除雪車も増えていますので、なにとぞお待ちいただきたく。
    • by Anonymous Coward

      良い考えがある!
      道路にスパイクを着ければ良いんだ!

  • by Anonymous Coward on 2018年01月30日 20時05分 (#3353577)

    低級脂肪酸って、基本的に臭いんじゃないか?

  • by Anonymous Coward on 2018年01月30日 21時20分 (#3353623)

    雪が積もらないアスファルトとか、
    水たまりができにくいアスファルトとかを
    開発してほしいのだが、
    できないものでしょうか。

    • by Anonymous Coward

      透水性アスファルトがあるじゃん

      • by Anonymous Coward

        ザルの上に雪が積もるんだから、無駄なんじゃないかな。降ってないところの凍結防止にはいいんだろうけど。

      • by Anonymous Coward

        アスファルトにしみ込んだ水が凍ると
        アスファルトがボロボロになりますよ
        路面下にヒータを入た「融雪道路」としてすでに実現していますが、、維持費が凄いですよ

        • by Anonymous Coward

          >アスファルトにしみ込んだ水が凍ると
          なんとなく霜柱が林立した道路を妄想した。
          #タイヤに刺さって意外と滑りにくい?

    • by Anonymous Coward

      融雪機能付き道路はかなり前から存在しますよ?
      ググってみればいくらでも出てきます。

  • by Anonymous Coward on 2018年01月31日 6時34分 (#3353743)

    道路にまいた場合に、シカなどが舐めるのか気になります。

typodupeerror

Stay hungry, Stay foolish. -- Steven Paul Jobs

読み込み中...